メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

オデッセイの補強パーツ取り付け風景の写真!

「ついにオデッセイが帰ってくる!」 からの続き!

派手さはないが乗る者を納得させる手応えがあるとの一言から始まった
比較的地味なリジカラチューニング!
その取り付け風景!
今回は立ち会って見る事が出来なかったのだが
雰囲気だけでもという事でスナップ写真幾つか頂きました。

image2_R.jpg
ロアアームバー①
かなり下に飛び出している。
まさかマフラー下を這わすとは想像していなかった。

image3_R.jpg
ロアアームバー②
こうして見るとかなりフロントの地上高を押し下げてます。

image5_R.jpg
リジカラ フロント①
基本的にはショック回りの可動部分に填めて行く感じである。

image7_R.jpg
リジカラ フロント②
材質は真鍮で
理由は一番均等に変形するからだと言う。

image10_R.jpg
リジカラ フロント③
締めるとかなりペッちゃんこ!

image11_R.jpg
リジカラ フロント④
こちらも同じく!

image12_R.jpg
リジカラ リヤ①
BCレーシングの車高調は部分部分が金色なので
このリジカラとは色味的には相性がいい!

image13_R.jpg
リジカラ リヤ②
ダンパーの付け根に入れて行くみたいである。

image14_R.jpg
リジカラ リヤ③
カパッと填める。

image15_R.jpg
リジカラ リヤ④
横からだとこんな感じ!

image16_R.jpg
リジカラ リヤ⑤
それを締める!

image17_R.jpg
リジカラ リヤ⑥
キラッとリジカラ!

image18_R.jpg
リジカラ リヤ⑦
反対側も!

DSC08055_R.jpg
最後はストラットタワーバーを装着!
ブルーで統一しているのでドレスアップとしてもいい感じ!
少し部品の移動が必要みたいだったが
一応綺麗に収まりました。
あとは少しテスト走行してサイドスリップなども調整してくれたとの事なので
たぶん4輪アライメントは取らなくても大丈夫だと思いますとの事だったので
雰囲気はまた少し慣らしも兼ねながら見て行きましょう。
それではどんな感じになったの?って聞くと
「う~ん、ハンドル重くなったかな?」 とにんまり!
ちょっと含みを持たせる返事でありました。
その雰囲気!
たぶんこれは何かありますね!

TOPページはこちら!
  「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

外付けタコメーターのレビューはこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

オデッセイの足回りテスト報告などはこちら!
「ショック&足回り情報」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

ついにオデッセイが帰ってくる!

「プリウス!熱しやすく冷めやすいではある意味最速である!!」
からの続き!

補強パーツ一式を取り付ける為しばらく山野自動車にお泊り中の
私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
今回は車の年度末と言う事ですっごく混んでいる中
合間を縫っての取り付け作業となりました。
それでやっと完了したと電話が入ったので早速引き取りに行ってきました。

車が込み合う駐車場からオデッセイが出てきます。
その姿を見ると嬉しくって早速どこがどう変わったかあちらこちらを見て回る。
すると床下を見ると何やら青く飛び出すステーを発見!

DSC08068_R.jpg
これはもしかしてロアアームバーか?
どんな風に取りつくのかを知らなかったのだが
まさかこんな感じで装着されるとは・・・。
思いの外かなり地上高を押し下げていますね。
もしかしたら車庫から出る時こするれるかも?
しかしそれでもこうして青いパーツが垣間見えるのは中々渋いね!
やっぱりクスコのブルーパーツは見た目も格好良かったです。
それでは作業中のスナップ写真を幾つか撮ってくれていたので
そちらもアップしておきましょう!

続きはこちら!
  「オデッセイの補強パーツ取り付け風景の写真!」

TOPページはこちら!
  「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

外付けタコメーターのレビューはこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

オデッセイの足回りテスト報告などはこちら!
「ショック&足回り情報」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

プリウス!熱しやすく冷めやすいではある意味最速である!!

「プリウス in 阪奈道路!」 からの続き!

今回初ハイブリッドとなったプリウス!
今までの車とは根本的に操作性が異なったのにはびっくり仰天であった。
その為やる事なす事すべてが未体験の事が多く久しぶりに熱くなってしまった。
しかし一通り走ってプリウスに慣れてしまうと
フッ!と何かが切れたような脱力感に包まれる。
この感覚!何と言えばいいだろうか?
そう!
まるで恋から覚めたような
一気にトキメキなるものが消え去ってしまっていた。
一体何なんだ?
何かすっごく冷めきっている感情に自分でも驚きである。
このプリウスなる車!
確かに最初乗った時は見るもの触るものがすべて未体験の物が多かったので
すごく感情高ぶるものが多かったが
いざ知ってしまうと言うか慣れてしまうと
その先に新たな情熱みたいなものが込み上げてくることはなかった。
「それは何故?」
たぶんそれは運転操作が単調というのがあるのかもしれない。
自分が長年乗っているオデッセイは今でもハンドルを握るとドキドキして
気が付くといっつも何処かしこと走りまわってしまう次第だが
そんな走りたいって気持ちが起こりにくい車みたいである。
そこでその原因をちょっと振り返って検証してみた。

プリウスには人間が危機管理を判断して運転するのではなく
車が機械的に危険を回避するシステムが装備されている。
その為運転しているという感覚は薄くどちらかと言えば仕事で使っている
NCの機械を操作というか管理している気分である。
なので車は基本的には間違った操作をしなければ安全に動くといった状態で
感情移入して走るオデッセイとは全く別物と思ってもいい。
基本的には自分の意志で走るというよりは人間は車が間違ったように走らないように
管理していればいいと言われているようなそんな錯覚すら覚える。
そのドライビングスタイルはまるでゲームの車を運転しているようで
運転していると言うよりは運転させられていると思わずにはいられない
あまりにも車の意志というものが存在しないと言うか
機械的すぎる部品の集合体のようであった。
まるで戦争で使うドローンみたいなマシーンのように
自分が運転者(当事者)であることを自覚させない
まさに蚊帳の外状態な気分にさせられる操作感である。
なので気持ちが高ぶりその思いをマシンにぶつけようとしても
素っ気ない素振りで手応えがない。
車の中枢神経には精密なセンサーが間に入る為
こちらの感情的な動作はセンサーによって精査され
そして安全、確実な信号に変換され各機器に伝送されてしまう。
なので限界スレスレを求めれば求める程
車と自分の間隔は乖離して行き結果
アクセル踏んでブレーキ踏む!
シフトレバーでエンブレ&ドライブ操作でハンドル切る!
ほぼコーナーを攻める時はこの操作位しかすることがなく
あとは決まったタイミングで操作出来れば
車が勝手に走って曲がってくれるといった印象であった。
まるでバーチャルでほぼゲーム感覚と言ってもいい。
なので一通り走ってみてプリウスの操作に慣れてしまうと
あとは空虚な脱力感だけが残るだけで気が付くと
「さっきまであれほど高揚していたのにどうしてしまったんだ?」
って位冷めてしまった。
この感覚!
これは車を運転しているというより
電車に乗って決まったレールの上を走っているような感じである。
それを感じた時オデッセイにあってプリウスにない物を確信する。
それは通常生活から解放してくれる自由な翼!
そうオデッセイの場合年式は古い車かもしれないが
その運転席に一度座り
エンジンをかけ
そしてステアリングを握ると自分の思い通りの世界に連れて行ってくれる。
行きたい所に行き
そして好きな音楽を思いっきり聞き
そして人馬一体のように颯爽と走り抜ける。
これはバーチャルでは体験出来ない現実の体験であり
ひとつひとつが記憶となって心に刻まれて行く。
そんな自分の欲望を満たしてくれる車がタイプで言うと
プリウスではなくオデッセイと言う所なのだろうと思う。
まあ自分でもまさかこんなに同じ車を
それもミニバンを乗り続けるなんて思ってはいなかったんですけど
自分に合った車がそうだったので仕方ないですね。
結論!
多分ハイブリッドは自分には合わないかも!
なのでまだしばらくはオデッセイと二人三脚でしょう!
それでは最速好きの自分にとってプリウスは
ある意味マイブームを最速で駆け抜けた1台であった。

続きはこちら!
  「ついにオデッセイが帰ってくる!」

TOPページはこちら!
  「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

外付けタコメーターのレビューはこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

オデッセイの足回りテスト報告などはこちら!
「ショック&足回り情報」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT