| PAGE-SELECT | NEXT

ドライブ記 | 車・バイク | EDIT

暴れん坊将軍の城が姫路城とは知らなかった!

「姫路城の茶処ちせんに忍者が集まる!」からの続き!

それでは初の姫路城に訪問です。
まずは駐車場から天守閣入口までは10分位で
雰囲気的には大阪城の豊国神社から天守閣入口までを
往復する位の距離である。
その道中には大きな広場があって正面に位置するという事もあってか
写真を撮る人が多かったです。
そしてそのまま緩い坂道を登っていくと
正面に天守閣の入口ゲートが見えてきました。
どうやらここが本日のメインエリアとなるようです。

P_20180203_122600_vHDR_On_R.jpg
正面にど~んと大きく真っ白な姫路城が見えます。
しかしこの光景!
どこかで見たような気が致します。
すると横から姫路忍者会の人が
「実は暴れん坊将軍のお城って姫路城なんですよ!」
って教えてくれました。
そうなんですね!
大阪ではいつもお昼時に再放送されている暴れん坊将軍。
それを義母が毎日楽しみに見ているのを一緒に見ていた為
この城には見覚えがあったんですね。
多分将軍吉宗公がエンディング間際によく城下町を見ている時に
写っているアングルですよね~。
思わず気分はめ組の親分って所です。

P_20180203_123006_vHDR_On_R.jpg
記念に姫路城をバックに写真を1枚。
おっ!
甲冑とお城で紅白を奏でてくれましたか。
これはめでたい!
年初めから縁起のいい写真が撮れましたよ!!

続きはこちら1
「本日のメインイベント!赤穂のかましま牡蠣づくし!!」

| お出掛けイベント情報 | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ記 | 車・バイク | EDIT

姫路城の茶処ちせんに忍者が集まる!

伊賀忍者の黒影さんよりお誘いがあった
姫路城のイベントに行く日が来ました。
しかし生まれてこの方、
実は一度も姫路に行った事が無かったりするのであった。
なので今回の姫路城はすっごく楽しみ!
とりあえず「お城は真っ白だよ!」って位しか
ほどんど知識がない状態だったので
久しぶりに胸が高鳴っておりまする。

P_20180203_083259_vHDR_On_R.jpg
大阪から走る事約2時間!
遂に姫路城が見えてきました。

P_20180203_084019_vHDR_On_R.jpg
朝9時到着だったのでまだ駐車場はガラガラ状態!
なので迷う事なくお城入口に一番近い所に止めました。

P_20180203_084224_vHDR_On_R.jpg
今日は東は関東エリアから西はここ姫路エリアといった所から
忍者が集ってくる予定でその集合場所というのは
ここちせんという茶処と言っていました。

P_20180203_084236_vHDR_On_R.jpg
見た目は純和風な喫茶店といった感じだがそれは仮の姿。
実はここは知る人ぞ知る忍者が集いし場所であるとの事であった。

P_20180203_085748_vHDR_On_R.jpg
中に入ると地元忍者の写真とかがたくさん展示中で
ちょっと伊賀の忍者屋敷の雰囲気にも似ていました。
そしてこちらの紅一点のくノ一さんも本日はやって来るらしく
色々と楽しい1日になりそうな感じでした。
それではマスターお手製のモーニングを頂きながら
各地区の忍者がやって来るのを今しばらく待つ事と致しましょう。

続きはこちら!
「暴れん坊将軍の城が姫路城とは知らなかった!」

| お出掛けイベント情報 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

8連発火縄銃の修理開始!

近々出かける予定のイベントに向けて昨年末行われた
三光神社の真田まつりで壊れた火縄銃を修理して行く。

DSC09032_R.jpg
欠けたシリンダー部分。
100均製だったので材質がオールプラスチックという事もあって
子供ちゃんに撃たしていたら1日で壊れてしまった。

DSC09033_R.jpg
左が元々の100均製の銃。
右上が壊れた銃。
そして右下が新たに買ってきた松屋町で仕入れてきた銃である。
今回のは300円程度の銃ではあるがシリンダー部分は金属製になっているので
耐久性は飛躍的に向上する仕様となっている。

DSC09034_R.jpg
まずはグリップの部分を大雑把に糸鋸でカット!
シリンダーはデリケートなので加工中は外しておく。

DSC09037_R.jpg
そして注意点はこのトリガー用のピンを切り過ぎない事。
あまり短いと使用途中で折れやすいので
はめ込みする時に出来るだけ削らないように
よく確認して作業を進めて行く。
外寸が大体出たら仕上げは鉄ヤスリで削って行く。
また削りすぎると元に戻せないので
ここは焦らずゆっくりと微調整して行くのが大事である。

DSC09039_R.jpg
ちなみに今回使った工具はこの4点で
作業時間は大体1時間といった所である。

DSC09038_R.jpg
それでは出来上がったのでシリンダーをはめてセットして行ってみよう!

DSC09041_R.jpg
ガタなし!緩みなし!!
ばっちり火縄銃の中への仕込み完了です。
試しに薬莢を入れて撃ってみる。
「パ~ン!パ~ン!!」
乾いた爆発音でよく響きます。
やはり新しい銃は音がいいですね。
今度のイベントでは大活躍してくれそうです。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 甲冑アイテム | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

第8回 三光神社真田まつりレビュー!

2017年 平成29年 三光神社真田まつりに参加してきました。

P_20171105_080211_vHDR_Auto_R.jpg
今日は朝からいい天気!
ちょっと肌寒いが甲冑を着るにはちょうどいい気温である。
朝8時に三光神社に到着!
すでに飲食店関係の人が準備を始めていました。

P_20171105_100440_R.jpg
10時に本殿で神事を執り行うと
続いて真田の抜け穴を開門しに行く!

P_20171105_094701_R.jpg
横を見るとすでに隣の公園を越えて陸軍墓地まで並んでいそうな勢いである。
これを見ると昨年の真田丸ブームとは関係なく
多くの人にこの真田まつりが浸透しているのだと実感する。
そんな心情でこの光景を見ると感慨無量!
嬉しくなってきます。

P_20171105_130300_R.jpg
今年は河内忍軍が伊賀忍者屋敷のイベントが忙しくて不参加だったが
それでも例年と同じ面々がここに集ったのだと思うと嬉しく思う。
また新しい顔ぶれが増えているのは有難く少しずつかもしれないが
共感してくれる面々が増えてきてくれているのだと思うと
真田まつりが地元に根付いてきたのだと実感致します。

DSC_2163_R.jpg
本日は引っ込み思案の甥っ子も参戦!
しかし面白かったのか徐々に気分もヒートアップ。
その雰囲気はこちらの動画にてご紹介!


興味はあるがちょっと恥ずかしい。。。
なのでとにかく火縄銃を打たせてみる。


火縄銃の衝撃が強かったのか
体を電撃が走ったのかのように何かに目覚める。
そして次は甲冑も着てみたいとなり
気が付くと引っ込み思案にもかかわらず甲冑を身にまとい火縄中にもう夢中!

子供試着体験は子供にはちょっと刺激的?
でも初めての経験に本人は大興奮!
そんな初めて見る子供ちゃんの表情に親御さんも大興奮!
思わずスマホのシャッターにも力が入ってしまいます。
楽しいですよ!
来年は見たこともない子供ちゃんのベストショットを撮りに
是非三光神社へ遊びに来てね!

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

真田まつりに向けて火縄銃をチューンナップ!

いよいよ明日は三光神社真田まつりである。
準備がほとんど出来てなくてただ今急いで甲冑などを確認中!
その中で愛用の火縄銃の蓋が少し緩んできているのを見つける。
このままでは蓋がブ~ラブラって感じになるので少し補強をしておこう!

DSC08860_R.jpg
何度も繰り返される蓋の開閉により
少し曲がって隙間が大きくなっていた。
なので逆さにすると蓋がパカッて開いてしまう。

DSC08864_R.jpg
対策として色々と考えたがネジ止め、テープ等
ちょっとしっくりと行く方法が思い浮かばない。
しばらく火縄銃を眺めているとこの部分に閃きが舞い降りてくる。

DSC08866_R.jpg
アイデアとしてはマグネットで引っ付けてしまうアイデアを思いつく。
方法はマグネットシートに両面テープを貼って淵の部分に取付ける。
蓋が金具なのでぴったし面が揃えばその面積でも引っ付くと考える。
ポイントは大きすぎず小さすぎずの絶妙の幅に切って
淵からはみ出さないように注意する。

DSC08867_R.jpg
イメージ通りに淵にマグネット貼り付け完了!

DSC08868_R.jpg
試しに閉じてみるが蓋が変形している分
微妙に隙間が出来て接着力が弱い。
なのでここはダブルマグネットで磁力も2倍!2倍!計画である。

DSC08870_R.jpg
蓋の方にも同じくマグネットを受けとして追加!

DSC08872_R.jpg
今度は2重になっている分
緩衝材効果で隙間もほとんどなくなった。
そしてその結果密着度が上がった分接着力も上がり
逆さにしても蓋は開かなくなった。

DSC08874_R.jpg
まあよく使っているのでこの部分がすり減って蓋が緩んできてましたね。
でも補強したのでもう大丈夫です。
それでは人気アイテムの火縄銃もチューンナップ完了で
いよいよ明日は年に1度の真田まつりです。
頑張らなくっちゃね!

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 甲冑アイテム | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

平成29年度 第8回 三光神社真田まつりプログラム決定!

さて三光神社真田まつりまであと2週間を切りました。
ちょっと忙しかったので中々神社の方に顔を出しに行けませんでしたが
本日やっとのぞきに行けたのでイベントの内容を教えてもらって来ました。

P_20171024_111957_R.jpg
まず夜行う予定の盆踊り用の櫓(やぐら)の骨格が完成していた。
しかし色々あったらしく今年は中止になったとの事。
なのでこの櫓は今回は見る事が出来なくなったとの事。
残念!

112125_R.jpg
今年の真田まつりのポスターで
これがプログラム一覧!
10時 戦勝式典を封切に
14時 真田の抜け穴閉鎖までが今年のプログラムとなっている。
また今年目を引く演目は
10時の殺陣サークル眞で信州は上田からやって来るらしいとの事。
かなり本格的な予感!
楽しみである。

P_20171024_112132_R.jpg
そしてもう1つは月亭八光の落語。
こちらは大阪24区落語めぐりの一環みたいで
観覧には入場券が必要との事であった。
一応入場料は前売り¥1,000円、
当日券¥1,500円位みたいだが
絶対見たいなら前売り券を入手しておいた方がいいだろう。

112143_R.jpg
あとは当日は屋台がいくつか出るみたい。
しかし今回のは屋台というよりは屋外版のフードコートっぽいらしく
かなり本格的なテナントが出る模様。
一応こちらのお店は当日9時から開店との事であった。

それでは大体以上が今年の真田まつりの骨格となる様子。
昨年は大河ドラマの真田丸ブームでかなりの人出であったが
今年はそんな一過性のブームもどこ吹く風といった状態。
それ故にどれだけ人が来るのかという点にはすごく興味がある。
これで安定した訪問客が来るようであればこの真田まつりも事実上
地元真田山に根付いたと言っていいだろう。
第1回目を始めてから早8年目!
いよいよこの真田まつりが一人発ちする日も近づいてきました。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

今年の真田まつりの課題は試着体験のスタッフ人数か!

「宮司さん曰く!今年の真田まつりには月亭八光が来るらしい!!」
からの続き!

さて大分日取りが近付いてきた三光神社の真田まつりだが
現在進行具合はどんな感じなのでしょう?
ちょっと宮司さんに近況を教えてもらいましょう。

状況を聞いてみると
どうも今年も試着体験で鉄砲を撃つにはスタッフが不足している様子。
昨年は大河ドラマ真田丸の影響ですっごい人、人、人で
もう試着体験は着替えさせるのだけで手いっぱいでひっくり返ってた状態だったが
今年もこのまま進んで行くと鉄砲は数が揃っているが
弾を入れたりする人が不足で
火薬を入れて発砲出来ないといった可能性が大きいです。
せっかく楽しみで来ている子供ちゃんたち。
2年連続鉄砲が撃てない姿を見るのはやっている方からしても辛いですね。
何とかお手伝いをしてくれるボランティアの人数が増えないかな。
もしこのブログを見ている人の中で
「そんなだったら手伝いましょうか?」 って
有志の方がいらっしゃったらと思います。
それでは地元、県外問わず興味のある方が集る事を願いつつ
準備は進めて行っておきましょう。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

宮司さん曰く!今年の真田まつりには月亭八光が来るらしい!!

9月に入ったのでそろそろ三光神社の方も
夏祭りの後片付けも終わったかと思い様子を見に行く。

P_20170902_140809_R.jpg
去年の今頃は真田まつりのポスターをあちこちに貼っていたが
今年はこれ1枚だけですね。
まだ何も決まっていないのかな?

P_20170902_140703_R.jpg
もう真田丸ブームの影響は終わったような感じかな。
真田の抜け穴前は以前のように落ち着いていた。
それでは宮司さん元気にしているかな?
ちょっとご挨拶に行ってきましょう。

社務所に行くとちょうど御朱印を書いていた。
こちらに気付くと
「おお~、こっちこっち!」という感じで中に誘われる。
そして今年の真田まつりの段取りはどうですか?って聞いてみると
今年は真田山連合の方は参戦しないで
神社が所属する町内会と開催するとの事。
あと盆踊りをするので夜もするらしく
1部が真田まつり、2部盆踊りといったような2部構成を検討しているらしい。
「盆踊り?だったら櫓を建てるんですか?」って聞くと
町会で使っている分があるのだが借りるのは嫌なので神社の方で作ると言っていた。
「おお~!気合入ってますね!!」
かなりやる気満々な感じです。
これは盆踊りも面白くなりような予感です。
あとこれは朗報になるのかな?
今年は落語の月亭八光がやって来るらしい。
どうやら商店街の人が呼んでいるみたいで
こちらは決定で見てくれていいよと言っていた。
昨年は真田丸ブームで盛り上がったが
今年はまた違う趣向で盛り上がりそうかも。
まだ構想を練っている状態だが
この辺りから一気に形を作って行く流れとなるだろう。
今月どこかで一度メンバーを招集する予定と言っていたので
その辺りから準備は加速しそうである。
それでは平成29年度 第8回 三光神社真田まつりの準備!
いよいよ開始である。

続きはこちら!
「今年の真田まつりの課題は試着体験のスタッフ人数か!」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

鹿が出るのはSのキセキの発動か?

私事ではあるがただ今Sのキセキ続出中!

Sのキセキについてはこちら!
「岐路に現れる次の場所へと導く S「エス」のキーワード!」

   「鹿の現れるところ転換期あり!」

鹿=SIKA で頭文字がS

こらがいわゆるSのキーワードで人生の岐路に出て来る頭文字である。

まあセドナを境に一旦落ち着いたのかなと思っていたが
最近特に影響力のあるSのキーワード
鹿ちゃんに遭遇するのが頻発している。
別に奈良公園に鹿を見に行っているという訳ではなく
出先で突然野生の鹿と遭遇する事が多いのである。
最初は 高野山の龍神スカイラインでの遭遇 であったが
このあと先日 富士山スカイライン でも鹿に2回遭遇する。
そして今回伊勢と吉野郡を繋ぐ街道の村落で真夜中走っていると鹿と遭遇。
3度目の正直ではないがもう遭遇するのは偶然ではないような気がした。
確かに今年は節目になる事案が頻発している。
これは何かの予兆なのだと考えると少しずつ感覚が研ぎ澄まされてくる。
この感覚は環境が変わる前触れ、
もしくは何かが始まる予兆、
今までの経験で何かは確信出来ないが
何かの変化が訪れる前兆だと思う。
大きな波の気配を示唆してくれているのか?
見逃すことなくアンテナを張っておく必要がある。
ちなみに振り返ると
最近よく行っていた所の阪奈道路に
Sのキーワードがあった事に気付く。

「サブロク」

「最終コーナー」

どうもこの2ヶ所が気になって
何故気が付くとよくここに訪れていたのかを振り返ると
何かを暗示していたのかもしれない。
それが一段落ついたのを示唆するかの如く3度目の鹿の登場。
現在上半期が終わり後半戦に突入といった所だが
今後大きな変化を生む可能性のある仕事、お客様との出逢い、
ちぐはぐに散らばっていたピースが今再び動き始めた感じがする。
今年は運勢的には大きな転換期になっている。
それを考えると
何か大きな波?=大きなチャンスが近くに来ている可能性がある。
その波に乗るためにそして掴むために
感覚を研ぎ澄まし
そして目の前を通るその一瞬を見逃さないようにする為に・・・、
「はっ!その為のトレーニング?」
最近よく走りに行っていたのはもしかしてこの感覚を研ぎ澄ます為なのか。
自分では気づいていなかったが
本能が直感で成しえた行動だったのかもしれない。
今多忙で1つの事を集中して出来ていない今日この頃。
そんな時だからこそ敢えて1つの事に集中する必要があるのかもしれない。
甲冑を作った時の感覚に少し似ているかも。
何か新しい発見、発明が生まれそうな気がしてきた。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

日の本一の兵化計画って何?って方はこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

日本一の兵化計画の中にはこんなのもありますよ!
カテゴリ 「三光神社真田丸化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

| 日本一之兵化計画 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

10、道の駅 京丹波 味夢の里!

「9、五老スカイタワー!」 からの続き!

五老スカイタワー ~ 道の駅 京丹波 味夢の里の地図!

(グーグルマップ)
道の駅 京丹波 味夢の里情報!
 「京丹波 味夢の里 ホームページ!」

16時40分、
帰り道に最近お気に入りの
道の駅 京丹波 味夢の里にて小休憩!

P_20170715_160719_vHDR_Auto_R.jpg
中に入ると能勢のくりの郷みたいな
朝一とれとれ野菜コーナーがあるのだが
今日はもうすぐ夕方だというのにわんさかと野菜がてんこ盛りである。
あまり売れていないのかな?とお店の人に聞くと
その逆で今年は野菜の成長が早くて幾らでも入荷してくるとの事。
いわゆる大豊作状態という感じでした。
そんな中、家族であれやこれやとお土産代わりに大量仕入れ!
あっという間にかご一杯になってしまいました。
調子に乗って買ってしまった結果
オデッセイのトランクは
またまた野菜でいっぱいになってしまいました!

PS.
本日一押しの野菜は丹波しめじ!
超巨大なぷりっぷりのしめじで
バターたっぷりでソテーにして食べたら最高でした!

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT