FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

まとめて連結する時の流れ!

イラストレーターでまとめて連結する時のイメージ!

1、断線しているアウトラインをコピー。

2、それをライブペイントで色を塗る。

3、分割・拡張で分解。

4、引っ付いているのでグループ解除で分離。

5、ペイントした部分を切り離してベタを線種表示にして元データに重ねる。

6、元データを削除して出来上がり。

写真での説明はこちら!
「イラストレーターの一括連結方法!」

| カッティングシート | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ソフトウェア | コンピュータ | EDIT

イラストレーターの一括連結方法!

CADデーターからイラストレーターに変換した時
よく線が断線していることが多い。
対策としては2つ!

 1、元データーのCADの時にポリライン化してもらう。

 2、1ヵ所ずつアンカーポイントを結合して行く。

しかしソフトの新旧バージョンによっては互換性が合わず
CADでポリライン化してもらっても繋がっていないことが多々ある。
そんな時はこちらで処理する事になるので
簡単に連結して袋文字のような1本線化したアウトラインを作る方法をメモしておく!

 手順はこちら!
  「まとめて連結する時の流れ!」

(詳細な方法はこちら!)
連結1
左のように線が断線している物を
右のように繋がった1本線にして行く。

P_20180913_081729_R.jpg
まずは修正したいデザインを丸ごとコピー。
そして選択して
「オブジェクト」 の 「ライブペイント」 の 「作成」 を選択!

P_20180913_081825_R.jpg
一見では変化したのか分からないが
色を線種からベタを選択して
パレットから赤を選ぶ!

P_20180913_081836_R.jpg
するとライブペイントされた部分が赤色になる。
(これで線が繋がったのが認識出来る。)
現時点では元の線種データが1つ。
ライブペイントで出来たベタ部分が1つで
合計2つのデザインが一体化している状態。
次はこれを分離させていく。

P_20180913_081905_R.jpg
一体化デザインを丸ごと選択して
「オブジェクト」 の 「分割・拡張」 を選択!
出てきたコマンドをOKする。
これで個々のデザインに分離出来た。

P_20180913_081924_R.jpg
しかし分割していてもグループ化しているので分離出来ない。
なので一体化デザインを丸ごと再選択して
右クリックして 「グループ解除」 を選択!

P_20180913_081946_R.jpg
するとライブペイント化した部分を隔離出来る。

P_20180913_082025_R.jpg
ベタを線種に色を変更してアウトラインだけにする。

P_20180913_082055_R.jpg
それを元データに重ねる。

P_20180913_082132_R.jpg
元データを削除してアウトラインだけを残せば
差し替え完了で
一本化したアウトラインの出来上がり!

P_20180913_083329_R.jpg
文字などの場合はこのパターンで
複数の閉じたアウトラインが複合している。
この時は閉じたデザインごとに一括連結させていく。
(今回の場合は内側と外側の2種類。)
それぞれの1本化したデータが出来たら重ねて
「パスファインダ」 の 「重なり合う形状エリアを除外」 で
あとオプションの 「拡張」 で仕上げれば
抜き文字のような穴の開いたデザインが完成。

デザインによっては
1つずつアンカーポイントを連結させる方が早い時があるので
この方法は時と場合で使い分けると良い方法である。

| カッティングシート | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

超難関カッティング極小文字「プ」の巻!

「対極小文字専用カッティング7つ道具!」
からの続き!

DSC09481_R.jpg
文字高=5.5mmの「プ」。
丸の中のめくる部分は0.4Φと
今回一番の難関となった部分である。

DSC09490_R.jpg
5円玉と比較すると分かりやすいが
普通の方法ではこの部分をめくる事は不可能である。
しかしこれをめくって行く所に極小文字カッティングの醍醐味はある。

DSC09486_R.jpg
フォークとナイフを器用に扱うが如く
爪楊枝と待ち針で立ち向かう。
めくり方は至ってシンプルなのだが
歯医者さんの顕微鏡治療に匹敵する位その作業は緻密で繊細である。
少し待ち針で突く位置がズレると失敗。
余りの小ささに拡大鏡が欲しい位である。
でもハズキルーペ位では追いつかない。
出来ればスライド式の電子顕微鏡が欲しい所である。
この極小文字を仕上げて行く時は技術的な部分よりも
むしろその瞬間に対する集中力が重要。
そして集中力が極限に達すとその瞬間は時間が止まって感じる。
多分息もしていないのではないかな?
無我夢中でその一点に集中してますので。
シチュエーションは違うが
愛車オデッセイで走っている時と相通ずる所ですね。
一番楽しい時間であります。
しかし終わるどっと疲れに襲われて体が重くなる。
もう何もしたくないって状態。
でもやり切ったという充実感で気分は晴れ晴れ。
これが走りの魅力に匹敵するカッティングの魅力ですかね。
彫刻の方も然りですけど
ものづくりって夢中になれる部分多いですね。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

| カッティングシート | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

対極小文字専用カッティング7つ道具!

時々作っている極小文字のカッティングシート。
しかし通常のカッティング用具では製作出来ないので
幾つか専用道具を用意している。

(対極小文字用7つ道具!)
DSC09487_R.jpg
 1、カッターナイフ
 2、お箸
 3、画鋲
 4、爪楊枝
 5、待ち針
 6、定規
 7、ピンセット
大体この7つで極小文字は仕上げていく。
7つ道具という程大げさなものではないが
しかしこれが一番使い勝手がいい!
意外とシンプルな極小文字の道具。
あとは根気と集中力で仕上げて行きます。

続きはこちら!
「超難関カッティング極小文字「プ」の巻!」

| カッティングシート | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ベンツも納得?極小文字仕様の明朝体カッティング!!

今回オーダーでベンツの
すっごく小っちゃい明朝体のカッティングステッカーの依頼が入る。
角ゴシック系だと全体的に均一の線種の太さがあるのでまだ作りやすいが
明朝体は文字先端のあのハネ部分が細いのでカット出来るかかなり不安?
しかし展示車両の何かと一緒に貼るのにどうしても必要みたいで
「何とかなりませんかね~?」という事だったので
とりあえずテストしてみてOKだったら製作するという事で引き受ける。
まずは何度かチャレンジ!
しかしカット圧の負荷に耐えれず巻き込んでめくれてしまう。
「やはり書体的に無理があるかな~。」
微妙なカット圧、刃長、データ調整を繰り返しテストして行く。
すると6回目位かな?
上手くカット出来たパターンに辿り着く。

DSCB09367.jpg
写真では拡大しているので分かりにくいが
雰囲気はこんな感じ!
これで文字高は5mmを切っている。
かなりシビアな諸条件が合致して切れた状態なので
通常ならちょっと無理と言っているデザインだが
今回は1、2枚程度なのでOKとしておきましょう。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

| カッティングシート | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ルームナンバー!連番タイプのカッティングシート!!

今回ルームナンバー用カッティングシートの依頼が入る。
枚数で350枚。
結構あります。
ただ枚数よりも
今回はデータも作成しないと行けないのでこちらの方が大変!
同じものを350枚ならコピーして並べればいいが
連番となると350種類分作らないと行けないので
少し時間が掛かりそうである。
まあシートを取り寄せている合間にこちらは作成すると致しましょう。
指定シートが入荷してくる。
早速カットしてどんどんめくっていく。
切ってはめくってを延々と繰り返す。
ノンストップでするとピンセットを握る指が攣りそうである。
「はあ~!ちょっと休憩!!」
すると現在大相撲で日馬富士がやっているとの事。
2連敗しての阿武咲との対戦。
あまり知らない相手だが幕内力士で今勢いに乗っているらしい。
すると日馬富士が負けたではないか。
何という事か。
横綱が3連敗!
これは他の横綱ゆっくり休んでいる場合ではないぞ。
いやはや大波乱の大相撲。
これは明日からも荒れそうである。
話がちょっと逸れてしまったが息抜きをしたので指が回復。
それでは残りシートを一気に作ってしまいましょう。

DSC08621_R.jpg
こんな感じの物で350枚!
何とか無事製作完了です。
それでは急いで出荷の段取りもしてしまいましょう!

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「カッティングシート」 に載せてあります!

| カッティングシート | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

少し癖ある中川ケミカル フォグラスシートの切り方!

今回中川ケミカルのフォグラス指定で1件製作が入ってくる。
余り使ったことがないシートだったので
メーカーの営業さんに言ってサンプルシートを取り寄せてもらう。

DSC08582_R.jpg
フォグラス C-18 サンドスモーク
表面は軽いブラスト調で
通常シートより3倍位厚い感じ。
雰囲気から見るとスリーエムのダイノックシートと似ているので
多分普通にプロッターで切れるかな?
ただ裏面の下地シートがフィルムになっていて
これがセロテープ位の薄さなのが気に掛かる。
カット時薄いので刃が貫通しそうな予感。
普通にカットすると危なっかしい素材である。

DSC08581_R.jpg
セッティングをシビアに詰めるとこの状態でも切れるが
1歩誤るとフィルムを貫通して刃を傷めてしまう。
なので少しアレンジしてカットしやすいように修正して行く。
まずは裏面のフィルムに更にラミネートを張り付けて厚さを確保。
そして通常設定でカットすると良い感じで切り抜けた。
この品番だけが裏地がフィルムなのかなとメーカーに聞いてみると
フォグラスは全てこの仕様になっているとの事。
なのでフォグラスカットの時は
裏面は何かしら厚さ処理をしてカットする方が良さそうである。
それでは本番をカットして納品致しましょう!

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「カッティングシート」 に載せてあります!

| カッティングシート | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

カッティングシート小文字テストカット完了しました!

頂いたデータ試しにカットしました。
一応文字高H=7mmの英字は問題なくカット出来ました。

DSC06527_R.jpg
小文字カットの写真です!

フォントがA-OTF ゴシックMB101 Proの角ゴシックだったので
比較的切りやすかったです。
これで一番小さい文字が切れましたので他の大きな文字は
特に問題なく行けそうです。
それではこれでOKでしたら本番行ってみますので
またご連絡下さい!
よろしくお願い致します。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「カッティングシート」 に載せてあります!

| カッティングシート | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

0.5Φ丸の超極小文字カッティングシート!

今回0.6mmの大きさの丸が作れませんか?と問い合わせが入ってくる。
どうやらあまりにも小さすぎて
どこのカッティング屋さんにも作ってもらえなかったみたいです。

「確かに!これは多分どこも断るだろうな・・・。」

それ位0.6mmの丸って小さいんですよね!

一応真ん中に穴が開いている文字の丸か普通の図形の丸かを聞いてみる。
すると図形の丸印とのことなので
これならカット出来そうな気がしたので一度サンプルを作ってみる。

DSC05924_R.jpg
あまりにも小さすぎてカス取りするのが超困難です。
めくると一緒に丸がどっか行ってしまって分からなくなったり
確かにこれはかなり手強いですね。
歴代稀にみる程の強者です。
でも何とか0.6Φの丸を1つカットする事が出来ました。

0.6Φの丸印が作れましたとまずはお客さんに連絡すると
電話の向こうで
「おおっ~!」
と言う歓声の後に
「0.5Φは無理かなぁ~?」
と言う声が聞こえる。
すると
「0.5mmの丸は切れませんかね~?」
と言う質問が告げられる。
自分的にはここまで来たら0.6mmも0.5mmもあまり変わらないと言う感じなので
「分かりました!一度チャレンジしてみます!!」
という事で出来たのがこちら!

DSC05930_R.jpg
0.5Φと0.6Φの丸印です。
まあ自分でもよく作れたな~って思う程の小っちゃな丸印ですね!

DSC05932_R.jpg
こちらは完成品!
パッと見0.5Φも0.6Φもあまり大きさに差がないように見える位の小ささです。
でもこれがどうしても必要だったみたいですね。
こんな小さなもの何に使うのか気になったので聞いてみると
腐食をする時のカッティングシートで
フィルムがちょっと足りなかった時
その足りない部分を補うため用のシートに使いたかったみたいですね。
無事使えればと思います。
それではまた1つお困りごとを解決出来たみたいで良かったです!

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「カッティングシート」 に載せてあります!

| カッティングシート | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

0.2mm線種の超極細カッティングシート完成!

今回また小文字のカッティングシートについて問い合わせが入ってくる。
デザインデータを見せてもらうと一番細い所は太さが0.2mmしかない。
「どこも作れるところが無くて・・・。」
確かに!
これはすでにカッティングシートで作るレベルを越えているので
通常は作れないのが普通と言ったデザインであった。

「し・か・し・・・、」

作れないというのは世間一般的なお話で
これを作って行く所に極小文字のいわゆる醍醐味と言うものがあるんですね!
なので何となく今回のは作れそうな気がしたので
一度テストしてみますねという事で試し切りしてみた!

DSC05851_R.jpg
結果はカット可能OKって感じです!
文字と違ってラインだったので何とかカット出来ました。
文字の時の最小の太さは0.26mmまでは切ったことがあったので
今回の線の太さが0.2mmと言うのは記録更新です!
最近ちょくちょくと小さい文字を切っていたので
腕もちょっとは上がって来たかもです!
このまま極小文字を追及して行っていると
いつかはギネスブックにも載れるかもしれませんね!
日本一之兵を越えて世界に行く日がやってくるかも!
日々精進!腕を磨いていつかは世界一と言われてみたいものです。
それではまた面白いものが出来たらご紹介致しますね!
お楽しみに!

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「カッティングシート」 に載せてあります!

| カッティングシート | 16:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT