| PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

ナルディの鳴りにくいホーンボタンを改造する!

「写真で見るオデッセイのハンドル交換方法!」 からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2に取付けた
NARDI(ナルディ)GARA3TYPE3のステアリングは
使ってみると気が付くのだがホーンボタンが実に固くて使いづらい。
どんな感じに使いづらいかというと
カバーと一体式になっているからだと思うが
押しても音が中々鳴らないのである。
ボタン部分がカバーが一体式で分離していないのと
ホーンボタンと内部のホーンボタンスイッチとの間に
結構隙間が空いているのが原因だと思う。
なのでとっさにホーンを曝そうとしたら音が出ず
思いっきり押しても
「ポフッ!」 って程度しか鳴らないホーンボタンは
これは問題という事で今回改造して
しっかり音がなるように改良して行こうと思う。

DSC08740_R.jpg
まずはこちらが取付けたナルディ!

DSC08744_R.jpg
そしてこちらがカバー裏のホーンボタンを押すラバー部分!
大体直径45mmといった所。

DSC08745_R.jpg
まずは隙間は2~3mm位かなと見て
2mm厚のアクリルをNCで45Φでくり抜く!

DSC08746_R.jpg
そして両面テープを貼って淵をカット!

DSC08748_R.jpg
そして先程のホーンボタンを押す突起部分に張り付けて
ハンドルにセットしてみる。
取付けてみると
「ビビ~~っ!」って音が鳴る。
どうやらスペーサーが分厚過ぎたようである。
これは失敗!
再度取り外してもう少し薄いスペーサーを作ってみよう。

DSC08749_R.jpg
取付けるとすぐに音が鳴るという事は全く隙間無しという事である。
なので隙間0(ゼロ)にするのにー0.5mm!
そして隙間分を確保するのにもうー0.5mmで計算して
次はー1mmの1mm厚スペーサーを作ってみよう!
まずは1mmのアクリル板がないので今度は塩ビの1mmを使う。
塩ビは柔らかいのでここは作業を簡略化してハサミで切ってしまう。

DSC08750_R.jpg
使うのはハイブリッド甲冑を作る時に使った厚紙切り用のハサミ!
こちらで使った分です!
「厚紙の手作り甲冑用にお勧めの万能ハサミ!ついに到着!!」
あとは同じく両面テープを貼って張り付けてしまおう!

DSC08754_R.jpg
今度は取り付けても音が鳴らなかったので0~0.5mm程隙間が出来た計算!
試しにホーンを押してみるとノーマルの時みたいに
力一杯押さなくても鳴るようになりました。
これで道を譲ってくれた時に安心してホーンを鳴らせます。
いい感じ~!

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ19万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

コンプレッサー用エアフィルター!オリオンRA11用エレメント!!

NCのバキュームで使っているコンプレッサーに付いているエアフィルター!
かなりの年代物というのもあって
適応するフィルターをなかなか見つけれていなかった。
しかし今回偶然このフィルターを知っている機械屋さんの営業さんと出会い
15年ぶりに交換することが出来た。

DSC08699_R_20170926151232713.jpg
左が長年使い続けていたフィルター。
右が新品のフィルター。
15年も使っていたのですっかり色が変わってしまっていたのがよく分かる。
いや~もう入手は不可能と諦めていましたが
まさか同じフィルターを見つけれるとは。
まさに奇跡!
嬉しい限りです。

DSC08707_R_201709261512323f2.jpg
製品名は
オリオン機械の純正部品で
東洋工業 RA11用 エレメント
型番 0401303810 となる。
この型番が分からなくて今まで見つけれなかったので
忘れないようにいつでも見れるこちらにメモしておきましょう。

DSC08703_R_20170926151231921.jpg
それでは新しくなったフィルターで吸引力も倍増!
これでまたバリバリとコンプレッサーも活躍してくれそうです。

| 彫刻&エッチング切削加工 | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ジュラコン製インターフォンカバーの穴開け加工!

今回はジュラコン樹脂で出来た
インターフォンカバーの穴開け加工である。
内容は表面に貼る新しいデザインシールの穴用に
追加で穴を開けて欲しいと言った内容である。

DSC08627_R.jpg
この穴の上下に追加で穴を開けて行く!
穴位置誤差は±0.3mm以内とする。

DSC08628_R.jpg
それではまずは穴を基点に
チェック用のマーキング穴を軽く付ける。

DSC08630_R.jpg
そして念の為
カッティングシートで張り付け用ステッカーのレプリカを作り
先程のマーキング用穴に被せて位置を確認。
ズレがある時はここで座標を修正して
問題なければ本番をNCで加工して行く!

DSC08631_R.jpg
最後シールを張る時にバリが干渉しないように
バリ処理をしたら出来上がり。
これできちんとシール穴が一致する追加穴が完成しました。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

リフォーム!傷んだ窓板をアクリル板で補修する!!

今回はアクリル板を使って出窓を修理して行きます。

DSC08648_R.jpg
古くなった出窓の床板!
修復方法は剥がれた板をすべて取り除いて
アクリル板のカバーを敷く計画である。

DSC08641_R.jpg
端材を何枚か取り出しサイズカットする。
そして繋ぎ合わせてきっちりと填める予定である。

DSC08638_R.jpg
まずは簡単にCADで図面を引く。
一応出窓の角は段違いの出っ張りがあるので
その段にきちんと入るよう角を落として行く。

DSC08639_R.jpg
切削イメージをチェック!
確実に入るように心持ち大きめに切り落とすデータとする。

DSC08646_R.jpg
NCでカットした状態。
後はバリ取りをして整えたら張り合わせ作業をして行く!

DSC08647_R.jpg
3分割の板を結合して接着して行く。
そして裏面に補強用板を追加して更に強度を確保して行っておく。

DSC08651_R.jpg
古くなった板を除去して作ったアクリルカバーを置いてみる。
角の断面にも干渉しないで納まりました。
これで問題ないと思うのであとは張り付けて固定して行きましょう!

DSC08649_R.jpg
古くなっていた出窓の板が綺麗になりました。
今回は端材で作ったので色が統一していませんが
在り合わせで作ったにしてはいい感じです。
それではこれで台風が来ても安心!
無事リフォーム完了です。

| 彫刻&エッチング切削加工 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

押出しアクリル板をNCでくり抜く!

シルク印刷した押出しアクリルをくり抜いて行く。
通常は焼けるのでしない加工だが
もう廃番した製品で代品がないので注意しながらくり抜いて行く!

DSC08570_R.jpg
エンドミルを入れると案の定すごいバリである。

DSC08573_R.jpg
あと少し負荷を掛けるとアクリルが溶けてこんな風にはバリが取れないが
上手くセッティング出来ている感じで
融点ギリギリをクリアして切削出来ました。

DSC08567_R.jpg
あとは手作業でバリ処理をして綺麗にする。
切削面の仕上がり具合は許容範囲内といった所か。
それではくり抜いたプレートをドアハンドルにはめ込んで仕上げて行きましょう。
完成品は某百貨店用なので
運が良ければまた見掛けることが出来るでしょう!
それでは押出しプレートの切削加工、
無事完了です。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

半月型アクリル透明レンズの試作開始!

「繊細アクリル加工用のハッチング確認!」 からの続き!

近日迫る展示会用のドアハンドル製作に向けて確認用試作パーツを作って行く。
海外の注目を一手に集めるような製品目指して製作開始である。

DSC08346_R.jpg
今回一番こだわっているレンズ部分の試作品。
エンドミルで荒加工した後
先日テストしたハッチングデータを組み込んだプログラムで切削して行く。

DSC08349_R.jpg
注意点は淵に行く程厚みがなくなり
最後一番外側は約0.1mmの厚さとなる。
普通の段落ちのアクリルならもっと厚みがあるのでバフで磨けるが
これだけ薄いと強度不足でバフの回転圧力で淵が欠けてしまう。
なので安全策を取って今回は手で仕上げる。

DSC08355_R.jpg
手作業での研磨なので最後0.1mmの淵を慎重に削って
更に薄く0mmジャストを目指して削って行く。
最後の鏡面仕上げだけ軽くバフする以外はオール手作業での研磨作業。
余り強く持つと欠けそうな程の淵回りだが
その分ほぼ段差無しのいい仕上がりである。
シンプルな形ではあるがそれ故に雑に作るとすごく目立つ。
ごまかしが利かない分品質面を比較するにはいいアイデアだと思う。
この試作品で次回会議で認可が下りるようであれば
いよいよ先日頂いた図面のハンドルを作る事になるかと思う。
いつ発注が来ても対応出来るよう工具をメンテナンスして準備しておこう。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 08:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

繊細アクリル加工用のハッチング確認!

今回アクリルレンズの製作が入るにつけて
ハッチングの確認をして行く。

DSC08476_R_20170830083037847.jpg
2Φボールエンドミル用のハッチングテスト。
今回は形状上素材に強度がないので
最後の鏡面仕上げ以外は手で磨く予定として
極力切削時に綺麗になるようセッティングして行く。

DSC08481_R_2017083008294921f.jpg
0.2mmのハッチング。
バフで全工程を仕上げるにはこのピッチでもいいが
手でペーパーで研磨して行くとなると少しまだ粗い。
許容範囲だがもう少し精度を上げて行ってみよう。

DSC08480_R.jpg
0.1mmハッチング。
時間は倍位掛かるが
段差はほぼ平面に近い位に仕上がる。
ロット数が多い時は実践的ではないが
今回はサンプル用なので精度を優先してこちらの設定を選択する。
それでは設定が決まったので次は本番に行ってみる事とする。

続きはこちら!
「半月型アクリル透明レンズの試作開始!」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

補強も兼ねてオデッセイのドリンクホルダーを修理!

オデッセイのドリンクホルダーが壊れていたので修理する。

DSC07871_R.jpg
ちょうどこの部分が引っ掛かりやすくそんなに強度がないので壊れている。

DSC07878_R.jpg
ネジの付け根部分ごと折れているので接着剤程度では修復不可能状態!
なのでネジ穴加工とボルトオンで固定する修理を施す。

DSC07880_R.jpg
まずはボール盤で新規にネジ穴を開通させる。
DIYレベルでするならこの部分は電動ドリルで穴開けでも可能である。

DSC07883_R.jpg
4mmビス用の穴開け完了!

DSC07885_R.jpg
余っていたL=20のネジ挿すと5mm程長い。
なので長い分を削って行く。

DSC07886_R.jpg
グラインダーでカット!
5mm削ってこれでジャストサイズと思うのだが
一度取り付けて行ってみよう!

DSC07888_R.jpg
取付けは裏から止めて行く。

DSC07891_R.jpg
0.5mm程まだ長いが
特に引っ掛かり具合は許容範囲なのでこれでOKとしておこう!

DSC07890_R.jpg
あとは黒で塗って見栄えを揃えて出来上がり!
今までガタついていたドリンクホルダー復活です。

PS.
ドリンクホルダーに缶コーヒーを入れて走るとコーヒーが零れるぞ!
たぶんリジカラでボディーを補強したのと
ドリンクホルダーをボルトで補強したのとで
大分振動がダイレクトに伝わるようである。
これは足回りを一番柔らかいのにしないと収まらないかも?
しかしそれはちょっとためらいがあるので
一息つく時は缶コーヒーやめてキャップの付いたペットボトルタイプで
これからは寛ぐ様に致しましょう!

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ19万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

リジカラって何?って方はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ブリッツ タコメーター用アクリルカバー&台座完成!

「ナイスなカーショップ!オートリアル Auto Real!!」
からの続き!

オデッセイ用にブリッツの外付けタコメーター
BLITZ RACING METER SD TACHO METER 52Φ を付けるにあたって
少し追加パーツを製作して行こう!

このSDタコメーターはスモールとイグニッション電源に対応しているので
ライトのオン、オフで明るさが変わる常時点灯型のバックライトを搭載している。
なのですごく見やすいのだが
少し明るすぎてどうも運転中気になってしまう。
なのでこの明る過ぎを抑えるためにスモーク系のアクリルカバーを付けて
サングラスで見る程度の明るさに抑えようと思う。
あと付属のホルダーだと少し背が高いのと
ピークホールドの設定をするのにスイッチを付けないといけないので
それを解消するためにオリジナルのアクリル台座も一緒に作ろうかと思う。
そこで用意するのは
端材であったアクリル板5tのスモークブラウンを使う。

DSC07654_R.jpg
付属のホルダーに入れるとこんな感じでかなり背が高くなる。
そして背面をカバーで隠すのでスイッチが押せず
代わりに線を引っ張ってスイッチをホルダー横に取付けるのだが
これがまた52Φのタコメーターにだとかなり大きく目立ってしまう!

DSC07655_R.jpg
遠目で見るとこんな感じなのだが
フロントサイドピラーに近く
そしてサイドのガラスにも映り込み易いので
やはりもう少し低床と言うか低く配置したい所である!
なので余計なスイッチ排除と低床化の為に台座も作って行く。

DSC07627_R_20170111081049c36.jpg
本体は奥行き28mm位。

DSC07628_R_20170111081909396.jpg
そして4mm厚のアクリル板に載せると
先端部分に1mm程隙間が出来る。
そこで本体の52ΦのRを考慮すると
4t板2枚を貼り合わせた物を削って行くと
ちょうどタコメーターの収まりが良いと思うので
ベースとなるアクリルを貼り合わせて切って行く!

DSC07631_R_20170111081051f88.jpg
ベースとなるアクリルをまずはベルトサンダで大まかに削る。
そしてタコメーターと重ねながら微調整して行く!

DSC07642_R_20170111082825721.jpg
少し隙間が大きく直線的なラインだが
まずは雰囲気はこんな感じで良しとする!

DSC07640_R_20170111082827919.jpg
今で隙間は2mm位なので
今度はもう少し直線部分を削ってなだらかな曲線にして行きましょう!

DSC07636_R_201701110810528c1.jpg
続きはグラインダーでもう少し小径のRを付けて行く!

DSC07641_R_201701110828260a0.jpg
0.5mm位までギリギリに削っておいて
あとは両面テープの厚さを加えて隙間は微調整して行く!

DSC07644_R_20170111083613421.jpg
両面テープはコーナン等のホームセンターで売っている
1mm厚の再剥離タイプの物を今回は使う!
大きさは先に貼って耳を切り落として調節。

DSC07646_R_20170111083614acb.jpg
タコメータ自体は軽いので
多分これで粘着力の強度は足りていると思うが
もし走行中に振動で外れるようだと
もうすこし深い台座を作ってもいいだろう。

DSC07645_R_2017011108361583e.jpg
これで隙間は1mm位。
このままだとアクリルカバーを入れる隙間はないのだが
あとは前後の傾斜をつけると思うので
もう少しフロントが上がってカバーを入れる隙間が確保出来る計算である。
それでは次はアクリルカバーを作って行こう!

DSC07661_R.jpg
これはちょっと精度が欲しいので本業のNCを使って行く。
カバー内径はジャストフィットさせる為に0.1mmずつオフセットして加工!
そしてピッタリとなる寸法が出たらくり抜いて貼り合わせる。

DSC07662_R.jpg
見た感じもう少し濃い色が欲しいと言った所だが
今ちょうどこれしか端材がなかったので
一応これで様子を見てみましょうかね!

DSC07663_R.jpg
はめてみるとカメラのレンズカバーみたいに
見た目もバッチグ~です!
ちょっと板厚があったのでカバーが底付きしてしまうので
両面テープを底に重ね貼りして高さを調節しておきましょう!

DSC07718_R.jpg
それではデフロスターの穴から引っ張って来ている線と接続!
低く接地出来たのでピラーに手が当たらず
裏面のスイッチも押しやすいです!

DSC07743_R.jpg
取付け完了!
なかなかいい感じだね!

オーダーで仕事で製作なら
アクリルは張り合わせではなく1枚物の厚板を使い
CADで図面を引いてNC加工してバフ仕上げといった所なのだが
今回はプロトタイプという事で
端材と手作業で一気にハンドメイドで作ってしまいました。
しかし思いのほか景観も損ねることなく
さりげなくタコメーターって感じで取付けれたかなと思う。
また照度もノーマルよりも大分落ちて見やすくなっので良かったです。
それでは使用感などについてはこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

 続きはこちら!
 「オデッセイとブリッツSDタコメーター!昼&夜レビュー!!」

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
もしくはブログコメント欄にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

穴径10mmと15mmの砥石をボール盤にセット出来るアタッチメント!

「ボール盤とグラインダー砥石と15Φ穴用ドリル用アタッチメント!」
からの続き!

今度はコーナンPROで見つけた面白アイテム第2弾!

DSC07501_R.jpg
RELIFE 六角軸変換アーバー
(商品コード 30027)
穴径10Φ&15Φのディスクグラインダー等の切断砥石を
ボール盤等に取付け出来るジョイントである。

DSC07504_R.jpg
分離して使うと穴径の違う刃をセット出来る。

DSC07508_R.jpg
先程の15Φ穴の砥石をセットした写真 (裏側)

DSC07511_R_2016121508542869d.jpg
表側写真。

DSC07520_R_20161215085428564.jpg
ボール盤にセットした状態。

DSC07521_R.jpg
六角軸なのでボール盤にきちんと取り付け出来るだろうかと思ったが
特に問題なく固定出来た。

DSC07540_R.jpg
それでは今度は切断面を綺麗にする為の
ダイヤモンド砥石ディスクカッターをセットしてみる。
(メーカー) ホーザン HOZAN
(型番) K-210-3 
(刃厚) 0.8mm
(粘度) #150
いわゆる切削用のダイヤモンド切断砥石である。

DSC07545_R_201612150854494bf.jpg
こちらは15Φ穴用の更に下となる部分を使うのだが
はめてみると6mmほど隙間が出来る。
なのでアクリル製のスペーサーを作って調節しよう!

DSC07541_R.jpg
NCで端材を切削!

DSC07547_R_20161215085450a12.jpg
出来上がったアクリルスペーサーと
取り付け前の六角軸アタッチメント!

DSC07549_R.jpg
裏面は厚みが増すので
スペーサーを入れずにダイレクトにネジ止め!

DSC07551_R.jpg
表側にはスペーサーを入れて隙間を埋める。
こちらはスパナ用の切り掛けがあるので
六角ネジと併用して締めるとがっちりと固定出来る。

DSC07554_R.jpg
前回の15Φ用アタッチメントと比べると
下部の突起部分は少し大きい。

DSC07555_R_201612150855545b1.jpg
外径85mmΦのダイヤモンド砥石だと程よく
ちょうどいい感じで取り付け出来た。

DSC07556_R.jpg
試し切りをしてみたが中々の切れ味で切削面も綺麗だった。
これだとチップソー程パワーがないので小さい物を切る時
指を落とす心配は格段に下がるだろう。
本来は小型のテーブルノコ台にセットして使うダイヤモンドカッターなのだが
長時間使用するとモーターが壊れてしまうとの事だったので
どうしても業務用の工具を使う必要があった。
そこで登場した変換アタッチメント。
これは良い物が見つかりました。
たまにコーナンに行って工具も見ないといけませんね!
最近は色んな工具が目白押しで揃っていました。

| 彫刻&エッチング切削加工 | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT