| PAGE-SELECT |

国内旅行 | 旅行 | EDIT

はとバス食い倒れメニューのシメは川甚のあっさり穴子丼!

「男はつらいよの柴又帝釈天参道を1時間で回れるルート!」
からの続き!

柴又の参道を回り終えて時間は45分を経過。
食事まであと15分!
あと矢切の渡しを見に行きたい所だが
はとバスガイドさんが10分前から中に入れると言っていたので
ちょっと早いが先に最終目的地の川甚に行ってみましょう!

P_20170527_162506_vHDR_Auto_R.jpg
はとバス乗り場の前に食い倒れメニュー最後のお店川甚がある。
左に見える土手向こうに矢切の渡しがある。
そして食事は右の建物で入口は木の陰の所にある。

P_20170527_162747_vHDR_Auto_R.jpg
お店に行くと少し早いが15分前でも入店できた。
そして食事も別に構いませんよとの事で奥の部屋に案内される。
中に入るとすでに料理が並べられていて席はお好きな所へどうぞって感じで
空いている席に着きました。

P_20170527_162739_vHDR_Auto_R.jpg
こちらが食い倒れ最終メニューの穴子丼!
マツコ・デラックスが番組でメニューにはない裏メニューって言ってましたが
どんな感じなのかな?
楽しみです。
それでは試食!
鰻と違って実が柔らかくふわっふわ!
そして参道スイーツと同じく甘さは控えめな感じの分すごくあっさり。
なので満腹のお腹ではあるが意外とペロッと食べちゃいました。
ネットのレビューでは味が薄くてとか言われてたりもしましたが
この満腹の状況で食べるならベストな味加減ではないでしょうか。
シメにはちょっと重いかなと思った穴子丼ですが
これはよく考えられた料理のチョイスだと思います。
まんまとはとバスの思惑通りって感じなのかな。
すっかり食い倒れツアーに魅了されてしまいました。
それでは出発までに時間があと15分程あるので
帰る前に最後矢切の渡しを見に行っておきましょう!

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

続きはこちら!
「細川たかしの矢切の渡しに来れてちょ~嬉しい!」

TOPページ!
「大阪からお上りさんが行くはとバス江戸味覚食い倒れツアー!」

| 東京 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

国内旅行 | 旅行 | EDIT

和風チックな喫茶店!浅草の鉢の木で優雅なひと時を!!

「はとバス食い倒れツアー2軒目は浅草天ぷら葵丸進!」
からの続き!

天ぷらを食べたあと仲見世通りをぶ~らぶら!

P_20170527_120840_vHDR_Auto_R.jpg
おお~っ!スカイツリーです。
東京に来たな~って感じです。
それではちょっとお茶がしたいって所なのですが
仲見世通りは人でごった返していたので少し裏路地へ行ってみましょう!

P_20170527_122923_vHDR_Auto_R.jpg
ブラブラしていると1件、目に留まるお店を発見!
提灯には浅草 鉢の木って書いてます。
何かいい雰囲気がしていますね~。
ここが気に入りました。
ちょっと入ってみましょう!

P_20170527_122222_vHDR_Auto_R.jpg
昭和チックなモダンさでレトロ感が漂ってます。

P_20170527_122345_vHDR_Auto_R.jpg
あと裏に小さな庭があってちょっと京都っぽい雰囲気!
表は結構賑やかだったのにここはとっても静か。
何か別世界に来たみたいで
一気にさっきまで張り詰めていた気持ちがほぐれてきました。
思った通りのいい雰囲気のお店です。

P_20170527_122213_vHDR_Auto_R.jpg
ホットコーヒーを注文してみる。
出てきたコーヒーは西欧文化と和が混在している趣で
このお店の雰囲気を如何にも上手く表現している1品です。
お店の人と会話すると大阪と違って関東弁と言うか標準語がとても新鮮。
ちょっと映画の1シーンに溶け込んだような気分でした。
何気に見つけた喫茶店。
こんな発見があるから旅は楽しいですね!

(後でこちらのお店を調べてみたので情報を少々書いておきます。)

甘味処 浅草 鉢の木
 (住所) 東京都台東区浅草1-34-7
 (TEL) 03-3843-6755
 (ホームページ) http://www.asakusa.gr.jp/shop/hachinoki.html

P_20170527_123311_vHDR_Auto_R.jpg
それでは寛ぎの時間も終わり
そろそろ集合時間なのでバス合流地点へと急ぎましょう。
浅草寺本堂。
以前お正月に来たことがありますがその時は目を疑うくらいの
人・人・人でしたね~。
今日はその時と比べると普通?なのかな。
(それでも結構人はいっぱいきていますけど!)
そんな浅草寺を見ながら横を抜けて行くとはとバス乗り場が見えてきます。

P_20170527_123547_vHDR_Auto_R.jpg
はとバス発見!
とりあえずすごいはとバス。
一体何台止まっているんだって感じで
見えるバスすべてがはとバス一色です。
さすが東京でのはとバス人気はすごいですね!
圧巻のはとバス駐車場です。

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

続きはこちら!
「ユニークな体験施設だ江戸東京博物館!」

TOPページ!
「大阪からお上りさんが行くはとバス江戸味覚食い倒れツアー!」

| 東京 | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

国内旅行 | 旅行 | EDIT

はとバス食い倒れツアー2軒目は浅草天ぷら葵丸進!

「築地ルートで押さえておきたい玉子焼きのツートップ!」
からの続き!

現在時間は11時30分!
浅草は雷門前にはとバス到着である。
10時に築地でお寿司を食べたのにもう昼食といったペースで
食い倒れツアーは待ったなしでどんどん進んで行くのであった。

P_20170530_084409_vHDR_Auto_R.jpg
浅草でのルートマップ!
下のはとバス駐車場で降り葵丸進で食事をしたら
浅草寺向こうのはとバス合流地点へと向かう流れである。

P_20170527_114917_vHDR_Auto_R.jpg
葵丸進は浅草雷門のバス停前にある。

P_20170527_112054_vHDR_Auto_R.jpg
こちらが2品目の天ぷら定食。

P_20170527_113737_vHDR_Auto_R.jpg
金額的にはメニュー表¥2,000円の天ぷら定食と同等品と見られる。
先程のすしざんまいはどちらかというと大阪の100円寿司な感じであったが
ここの天ぷら定食は打って変わってレベルが高かった。
出来立てが出てきたというのもあるのだろうが
サクサクした衣に軽い歯触り。
あと油にごま油でも混ぜてあるのだろうか。
ほんのりと油以外の香りも漂っていて
「いい油使ってますね~。」って感じです。
ここの天ぷら定食はお値打ち品ではないでしょうか。
ツアーでなくてもいいので個別に再度来てみたいと思うお食事処であった。
ちなみに壁に貼ってあったのだが
3,000円位の特上天丼がここではお勧めみたい。
次回来る時は是非その天丼を食べてみたいですね。

P_20170527_114807_vHDR_Auto_R.jpg
店を出て雷門の途中に芋羊羹で有名な舟和を発見!
お土産に芋ようかんとあんこ玉を買って行きました。

P_20170527_115213_vHDR_Auto_R.jpg
雷門に到着。
それではここから1時間位自由時間があるので
仲見世などを散策して行きましょう!

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

続きはこちら!
「和風チックな喫茶店!浅草の鉢の木で優雅なひと時を!!」

TOPページ!
「大阪からお上りさんが行くはとバス江戸味覚食い倒れツアー!」

| 東京 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

国内旅行 | 旅行 | EDIT

築地ルートで押さえておきたい玉子焼きのツートップ!

「築地のすしざんまいって初競りで有名なあの社長のお店だったんですね!」
からの続き!

すしざんまいでにぎり寿司の朝食美味しかったです。
それでは次はここに来たら是非こちらの玉子焼き食べてみてねと
はとバスガイドさんが言っていたお店に行ってみましょう!

P_20170527_092229_vHDR_Auto_R.jpg
まずは1番のすしざんまいから3番のプラット築地へと向かいます。

P_20170527_094800_R.jpg
こちらがプラット築地!

P_20170527_101606_vHDR_Auto_R.jpg
その正面2番の所におすすめの玉子焼き店2軒が並んでいます。
右が築地山長!
左が丸武!
そして写真に写っていないが矢印の方に3軒ほど行った隣に
丸武の食べ歩き用の100円位の玉子焼きが売っているお店がある。

P_20170527_094746_R.jpg
こちらの山長は甘口、辛口で言うと辛口タイプ。
でも別に辛いのではなく普通の玉子焼きタイプのイメージでいい。
大根おろしにお汁を掛けた玉子焼きで和風チックな玉子焼きでした。

P_20170527_095538_R.jpg
先程の写真に左側の丸武!
チラッと右下に写真がありますが
こちらが築地で有名なテリー伊藤のお兄さん経営する玉子焼き屋さん。
大きな字で「丸武」って書いてあるのですぐ分かります。
でもこちらの丸武さんはお土産用しか売っていないので
ちょっと1口食べたいっていう人はこの左横にあるもう1件の
食べ歩き用の丸武さんに行きましょう!

P_20170527_095623_R.jpg
こちらがもう1件の方の丸武さん。
100円って書いてある看板が目印。
こちらはガイドブックなどでも紹介されているので引っ切り無しにお客さんが来ます。
でも慣れているんでしょうね!
まるで玉子焼きを配るが如くどんどんと玉子焼きを捌いていきます。
築地に来たら玉子焼きってお店はたぶんここなんでしょうね!
1つ試しに食べてみました。
丸武の玉子焼きは甘いって言ってましたけど確かに甘いですよ~。
私も玉子焼きには砂糖を入れて焼く方なので馴染みがある味ですが
ドライな玉子焼きが好きな人は山長さんの方が良いでしょう。
半分スイーツ化している丸武さんの玉子焼き!
あっつあっつで確かにすごく美味しかったです。

こんな感じで試食サイズの食べ物がわんさかと売っているのが今の築地!
なので見るものすべてがすっごく美味しそうで
ついついちょっと一口って食べてしまいそうですが
調子に乗って食べてしまうとツアータイトル通り確実に食い倒れです。
なのでここは少し我慢の子!
先はまだまだあるので食べるのはほどほどにしておきましょう!
それでは次は浅草の天ぷら。
久しぶりの雷門ですね!

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

続きはこちら!
「はとバス食い倒れツアー2軒目は浅草天ぷら葵丸進!」

TOPページ!
「大阪からお上りさんが行くはとバス江戸味覚食い倒れツアー!」

| 東京 | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

国内旅行 | 旅行 | EDIT

築地のすしざんまいって初競りで有名なあの社長のお店だったんですね!

「8時50分!はとバス 東京駅丸の内南口 集合場所!!」
からの続き!

P_20170527_092229_vHDR_Auto_R.jpg
築地市場に到着!
初めてなので知らなかったが
市場は場内、場外とあって観光は場外を回って行く。

P_20170527Auto_R.jpg
右下「P」がはとバス駐車場!
そして1番がすしざんまい。
2番がテリー伊藤のお兄さんで有名な玉子焼きのお店。
3番がプラット築地という案内所となっている。
地図で見るとすっごく広そうに見えるが大阪で言うと大きさ的には
イオンモール位と言った感じ。
しかし道が細く人が多いのでスムーズに動けないので
回ろうと思うとやはり1時間位は必要となってくる。

P_20170527_092148_vHDR_Auto_R.jpg
駐車場から出た所で対面にあるのが市場右下で
もんぜき通りと言われると入口となる。
それでは右に渡ってそしてもんぜき通りに行きましょう!

P_20170527_092221_vHDR_Auto_R.jpg
右に渡ると一般用の駐車場があってその壁に
すしざんまいの社長が写るポスターが貼ってあった。
知らなかったんだがすしざんまいの社長って
いつも初競りでマグロを高額で落として行くあの有名社長なんですね。

P_20170527_092305_vHDR_Auto_R.jpg
いよいよ築地市場に突入で
そしてここがもんぜき通りの入口となる。

P_20170527_092717_vHDR_Auto_R.jpg
すしざんまい本店に到着!
すっごい人で通勤ラッシュの満員電車状態である。

P_20170527_092809_vHDR_Auto_R.jpg
この看板が目印!

P_20170527_092805_vHDR_Auto_R.jpg
とにかくすっごい人だかり!
今回はツアーだからすんなり入店できたが
一見さんで来た人は諦めて帰って行っていく人も多かった。

P_20170527_092818_1_vHDR_Auto_R.jpg
社長の人形!
ちょっと神田川のおっちゃんに似ているのだ。

P_20170527_092840_vHDR_Auto_R.jpg
1階フロアの写真!
カウンターがあって普通のお寿司屋さんみたいな感じで
回りにテーブルが並んでいる。
ツアー客は大人数なので2階、3階へと上げられる。

P_20170527_092916_vHDR_Auto_R.jpg
今回1つ目の食い倒れメニュー!
モーニングトーストならぬモーニングにぎり寿司です。

P_20170527_093751_vHDR_Auto_R.jpg
すしざんまいのメニュー表!
大阪人に説明するならば
雰囲気はくら寿司みたいな回転ずしのお寿司イメージかな。
金額設定は長次郎位をイメージすると良いかも。
今回の盛り合わせだと1,500円以内のコースと言った感じで
この金額で東京でお寿司が食べれるとなると
やはり外人ちゃんがわんさかとやって来るのも納得である。
「リーズナブルにたくさんの人にうちのお寿司を食べてもらいたい!」
そんな気質が伺えるすしざんまいであった。
それではまずは1つめのお寿司、
完食させて頂きました!

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

続きはこちら!
「築地ルートで押さえておきたい玉子焼きのツートップ!」

TOPページ!
「大阪からお上りさんが行くはとバス江戸味覚食い倒れツアー!」

| 東京 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

東京のグルメ | グルメ | EDIT

京都スイーツと甲乙付けがたい銀座の甘味処!

銀座のとんかつ梅林で昼食を済ませた後
大通りに出てみると
信号が落ちていてそこは歩行者天国へと景色を変えていた。
義母大喜びで道路の真ん中を歩き回り
「こんな経験はなかなか出来ないわ!」 と大はしゃぎ!
そんな光景を見ながらふと後ろを見てみると
店の前にちょっと人だかりが出来ている。

DCF00014_R_20140604152814fd0.jpg
「銀座 立田野?」
何かのレストランだろうか?

DCF00015_R_20140604152815af5.jpg
入口のメニューを見てみると
あんみつ、かき氷、どんぶりと和食中心のメニューが並んでいる。

DCF00025_R.jpg
並んでいる人の中から
「ここのあんみつすっごくおいしいよ!」
という言葉が聞こえてくる。
「そんなにおいしのかここのあんみつは?」
そう思うと気になってしまったので
ちょっと中に入って食べてみることにしました。

DCF00013_R_20140604152836db2.jpg
先程見ていた抹茶白玉あんみつが来ました。
パフェのように派手に飾った感じのない
ごく普通と言った見栄えのあんみつである。
それでは一口食べてみる・・・。

抹茶と言えば京都で良く食べるスイーツのイメージがあるのだが
こちらの抹茶アイスは
京都ほど苦くないと言うかちょっと薄口の味である。
たぶん抹茶の量や種類によるものなんでしょうね。
次は白玉を食べてみる。
これは凄くもっちもちとして美味しい!
ひと言「これはうまい!」と声がこぼれる程である。
白玉と言うよりはお餅に触感が近い感じである。
次はあんこを食べてみる。
これは何と言うのだろう?
すっごくまったりとしていて
こし餡よりもまだまったりとした触感である。
何でしょうね!
こしあんに水あめを混ぜて作っているみたいな
砂糖と飴の間位の甘さ加減のしっとりまったりのあんこです。
この触感はあまり関西の方では体験したことないですね。
たぶん東京ならではと言うかこちらの地元の味なんでしょうね。

何気に入った銀座の甘味処 立田野 銀座本店。
京都とはまた違った味覚が楽しめる
銀ブラしながら見つけた銀座のおいしかったお店でした。


銀座お気に入りのとんかつ屋梅林についてはこちら!
「銀ブラついでにとんかつ梅林へ再訪問!」

京都祇園でお勧めの抹茶パフェはこちら!
「京都市河原町でおすすめの京煎堂抹茶パフェ!」

奈良にあるこのとんかつ屋も楽しめますよ!
「10年経っても変わらぬ大きさ!国境食堂のカツ丼ちゃん!!」

| 東京 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

国内旅行 | 旅行 | EDIT

銀ブラついでにとんかつ梅林へ再訪問!

昨年よりずっと膝の手術を頑張っていた義母の快気祝いで
今回約束していた銀座へ遊びにやってきた。
ここへ来たら是非一度連れて行ってみたいと思っていた
お気に入りのとんかつ屋銀座梅林へ行ってみる。

こちらのお店です。
「やっぱりおいしい!銀座のおすすめとんかつ屋 銀座梅林!!」

今回はちょっと出遅れて開店の11時30分に到着出来なかったので
30分位待つことになった。
やはり人気のお店だなと言うことでとりあえず店内でのんびり待機する。
やっと席が空いたので奥のテーブル席へ。

DCF00012_R_201406030830574f9.jpg
今回は家族の方はいつもの定番のヒレカツを注文。
いつ見てもとんかつでこのお値段はとは思うが
しかし値段以上に堪能できるこのおいしさはまさに至極の1品である。
遥々銀座まで来て食べるだけあるお気に入りのとんかつである!

DCF00010_R.jpg
多分義母にはあのヒレカツは完食出来ないだろうなと言うことで
こちらはお腹に余裕を持たせるため
このお店で定番人気メニューのかつ丼を頼んでみる。
かつ丼は正直普通の食堂とかで食べるかつ丼と
余り遜色ないかなと思う。
そう思うとコストバリューの点でかつ丼については
町の食堂で食べるかつ丼に軍配が上がるかも!
しかしこのヒレカツはやはり別格ですね。
やっぱり最高です。
個人的にはヒレカツよりも甘くてジューシーなロースカツという所であるが
とりあえず梅林に来たらこのどちらかを注文していると
後悔することはないだろうという所である。
しかしほんとおいしいですね。
今日1日楽しく銀ブラ出来そうないいスタートです。

続いて立ち寄った銀ブラおすすめスイーツのお店はこちら!
「京都スイーツと甲乙付けがたい銀座の甘味処!」

| 東京 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

日帰りお出かけ | 旅行 | EDIT

やっぱりおいしい!銀座のおすすめとんかつ屋 銀座梅林!!

銀座に来たらどうしても寄っておきたい1件がこちら!

DCF00015_R_20130402222247.jpg
銀座梅林本店
(住所) 東京都中央区銀座7-8-1
(電話) 03-3571-0350
(地図) グーグルマップはこちら! 「地図リンク」
(HP)  http://www.ginzabairin.com/

ちょうど銀座アマンドの向かい側にあります。

こちらは11時30分開店で本日は少し遅れて11時35分位に着きました。
いつもは良く人が並んでいるみたいなのだが
本日は天気が少し悪かったせいもあってか人は並んでいなかった。

「おっ!これは空いているかも!!」

中に入ってみると思った通り今日は空いていて席がまだ空いていた。
今回は奥のテーブルの席に座り以前お店の人がここへ来たらぜひ食べてと言っていた
「ロースかつ」を頼み待つこと10分。
ついに来ましたお待ちかねのロースかつ定食!

DCF00014_R_20130402225723.jpg
これを食べる為だけでも大阪から来る価値ありと思っている
お気に入りの一品です。
ちょっと写真がブレてしまいましたね!
こちらの食べログでも紹介しているのでご参考にして下さい。

食べログの紹介は こちら!

とんかつとご飯とお味噌汁と漬物、あとキャベツが添えられていると言った
シンプルな定食であります。
しかし見た感じは普通の大きさに見えるが厚さがかなりある。
そうですね、1切れ分の幅と厚さが同じ位と言うと伝わりやすいかな?
大阪で良く行くKYKのとんかつの2倍位の大きさって感じです。
では早速一口行ってみます。

大きいだけのとんかつだったら大阪でも十分堪能できる。
しかしこの梅林のとんかつは特にこの本店の作るとんかつは別格で
とにかくおいしいの一言に尽きる。
ソースは1点のみ!
甘めでまろやかな味である。
とんかつのころもは軽い食感で揚げ物なのにあっさりとしている。
どうやら天ぷら油が少し違うみたいで
「いい油を使ってますね!」
と言う表現がぴったりかも。
ご飯とお味噌汁は普通に1杯入っている。
見た感じはちょっと少ないかもと思う量だが
しかし大阪ではほぼ標準の無料のお代わりサービスなどは一切ない。
「さすが東京!」
と内心思ってしまう所もあったが
しかしとんかつがかなり大きいのでお代わりすることも必要なかった。
お肉はとにかく脂身の甘みが凄い!
どちらかと言えば豚の脂身はあまり好きな方ではないのだが
ここの脂身はおいしいと感じてしまう。
なのでここではヒレかつよりもロースカツの方が好きである。
お店の雰囲気はちょっと敷居の高いお店って感じではある。
老舗っぽい雰囲気がそう感じさせるのかもしれない。
割腹のいい厨房の料理人!
和装飾のカウンターに並べられる盛り付けられた料理皿!
しかし壁などの張り紙はどこか昭和テイストな雰囲気がある。
そして両隣の席の外国人たちは嬉しそうに会話が弾んでいる。
万国共通のおいしさがここにあるということなのだろう。
「知る人ぞ知る名店の1つ!」
そんな情緒と趣が漂う
銀座で今も作り続けられているとんかつ屋さん、
それが銀座梅林本店である。

ちなみにハワイなどにも支店があるらしいが
知り合いの話では思った程の感じではなかったらしい。
国も違うということもあるだろうが
どうもこの梅林に関してはこの本店と支店では同じとんかつでも違うみたいだ。
羽田空港の地下のフードコートにもあるみたいなので
今度空港に行った時どんな感じか覗いてみようかとも思う!
しかし隣で外人ちゃんが食べていたカツ丼!
あれもすごくおいしそうだったな~!!

| 東京 | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |