FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

ZenFone5zの価格.comの評価4.45はその通りである!

今まで愛用していたZenFone3 ZE520KLから ZenFone5z ZS620KLに機種変更。
そして最近は新機種のラッシュで話題のASUS ZenFone6も登場した。
そんなひしめき合っているスマートフォンの評価を価格.comで拝見。
するとなんと我が愛機ZS620KLはランキング91位とかなり過小評価されていた。
「そんなに悪いかな~?」
実際使ってみると中々ツボにはまるZS620KL。
何が不評なのかちょっと検証してみる。

まあこれは頂けないなと思う点は
まずは価格かな。
ZenFone6が発売になって値上がりするといった事態はよろしくなかった。
まあ自分の場合はZenFone6の発売前に中古の出物を4万円ちょっとで購入したので
それを考えるとやはり新機種7万円台は高いかな。
しかし中古市場はかなり値落ちしてきたので
個人的にはZenFone5z ZS620KLを買うなら中古市場での購入を勧める。
あとここが購入する時すごく悩んだ点だが
6.2インチのサイズは大きいですね。
自分の中でのベストサイズはZenFone3 ZE520KLの5.2インチ。
しかし今は大型化が進み5.2インチの新型はほぼなくなってしまった。
その中でのZS620KLの6.2インチ。
ほんとギリギリのサイズでしたよ。
もしあと0.1インチでも大きかったら仕事着の胸ポケットに収まらなかった。
やはりスマートフォンは6インチ位までにしてくれないと
携帯性がすごく悪いので余り巨大化はしてほしくないものである。
使っていて気になると言えばこの2点ぐらい。
あとはZenFone3 ZE520KLがすごく気に入っている者からすると
以外はほぼZenFone3 ZE520KLが進化した機種かと思う。
そして今は問題ないがこれも書いておこう。
初期のアンドロイド8の時はすごく安定していたが
バージョンアップでアンドロイド9にした直後は後悔の連続だった。
特にメールのプッシュ通知が!
しかし最近のアップデートで安定してきたかな。
今はすこぶる快適に動いている。

それではここからはいい点を書いておこう。
まずは大型化したがしかしその分画面は大きく見やすくなった。
またバッテリーも大型化してすごく持つようになる。
一番悩んだカメラだが静止画に手振れ補正が付いていなくても
ZenFone3 ZE520KLのカメラと比べると雲泥の差で
それは暗い所でもほんとよく映る。
また昼間はノープロブレム。
特に料理とかの写真は良い感じの色味で撮れるようになっていた。
若干オートで撮ると心持暗いかなって気がするが
その時は被写体部分をタッチすれば照度調整してくれるので便利である。
そして動画の方だがこちらも夜でも結構映るんではないだろうか。
手振れ補正もよく効いて個人的にはあまり効き過ぎて逆に臨場感が無くなる。
なので走行動画などを撮る時は手振れはオフにして撮る様にしている。
そっちの方が運転している時の振動とかがリアルでいい感じになるので。
そして次によく使うのが音楽プレイヤー。
ミュージックプレイヤーはZenFoneと相性のいいPowerampを使っているが
しかし音質調整用に内蔵されているオーディオウィザードはかなりの進化をしていて
驚くほどいい音が鳴るようになっていた。
そして最後はハード面の要CPUであるが
これは文句なしでしょう。
操作感に関しては抜群の使い勝手である。

これらの点を評価すると私も価格.comの評価4.45を付けるだろう。
もしかしたらゲームとかしない分もうちょっと高評価かも!
現在は間もなく100位オーバーのランキング外間近という所だが
しかし実力は評価通りだと思うのでもしここから価格が落ちて来たら
一気にランクアップするだろう。
ZenFone3 ZE520KLは今でもほんと名機であると思う。
そのユーザーが後継機として選ぶなら
多分ZenFone6よりZenFone3 ZE520KLに印象が近い
このZenFone5z ZS620KLを選ぶんではないだろうか?
確かに金額はちょっと高くはなっているが
しかし使って行くとZenFone3 ZE520KLのように他に目移りしにくくなる機種だと思う。
ZenFone6のようなギミックは不要かな。
本当に欲しいのは確固とした安定感と飽きの来ないオーソドックスなデザイン。
もしZenFone7が出る時は
また小型化に向かい6インチを切るボディーに今の機能を詰め込んでほしい。
そうすると黒船再襲来という事で国内市場は脅かされ
また活性化すると思う。

PS.
ZenFone5z ZS620KLを購入する時
もう1つのZenFone5 ZE620KLと悩んだが
トリプルSIMにこだわりが無ければ絶対高くてもZenFone5z ZS620KLの方を
選んでおいた方が後悔しないだろう。
もしトリプルSIMが必要なら
そういった人はZenFone6の方が合っていると思われる。

ランクAで5万円位の中古市場。
もし4万円台半ばに入ってきたらその時は買いで良いかと思う。
ゲオモバイル、イオシスと色々とあるが ソフマップ のAランクは確かに良い。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!

3年ほど使っているお気に入りのASUS ZenFone3 ZE520KL!
5.2インチのコンパクトボディーがオデッセイとの相性も抜群。
しかし最近電池が弱り始めてきたのもあったので
代替え機として2つほど後期型になるZenFone5z ZS620KLを買ってみました。
するとやはり3年の月日は大きいですね。
大きいのは画面サイズだけかと思いきや性能の進歩も目まぐるしいです。
ZenFone3からの乗り換えですと最良の機種ではないでしょうか!
小気味よい反応速度に持ちやすい細身のボディ。
カメラレンズも2つも付いて
カルチャーショック満載の今どきのスマホです。
ASUSの中ではかなり高級路線を行った機種ですが
その内容に相応する性能ではないでしょうか。
かなり満足行く仕上がりだと思います。
それではアンドロイドもVer.9となった令和元年。
新時代と共にZenFone5z ZS620KL!
始動であります。

(こちらは書き綴った記事!)
「今が旬!ASUS ZenFone5z ZS620KL 狙い撃ち!!」

「さすが安心のソフマップ!Bランクなのにほぼ新品並みのZenfone5z!!」

「Zenfone5zはとにかくよく滑る!」

「さすがZenfon!イジェクトピンは相変わらず!!」

「格安SIMのセットアップはすこぶる簡単!」

「ASUSオンラインサポートのチャット方法!」

「Zenfone5zにもやっぱりハイブリッドケースがよく似合う!」

「ただいまAI暴走中!アンドロイド9のZenfone 5z 制御不能!!」

「Android9の天候アプリからの通知を無効にする設定方法!!」


(メール編)
「アンドロイド9後のk-9メールのGメールプッシュ通知が届く設定!」

「K9メールのプッシュ通知が調子悪い時の代替案!」

「電源設定してもプッシュ通知受信せず!」

「バッテリーモードにパフォーマンスモードがない!」

「パフォーマンスモード代用はAIブーストが効果的!」

「AIブーストONでプッシュ通知快適!」

「アンドロイド9のパフォーマンスモード復元に成功!」

「Android9のDozeモード解除でK9メールのプッシュ通知復活!」

「ZS620KL(アンドロイド9)のプッシュ通知可能なK-9 Mailの設定方法!」 (重要)

「Android9の最新システムアップデートでプッシュ通知復活!」


「ZenFone5zの価格.comの評価4.45はその通りである!」


(音楽編)
「買ってすぐのZenfone5zの音は使い物にならない!」

「Zenfone5zの音質!Xperiaを越えてるんじゃないの!!」


いつまでもお気に入りのASUS ZenFone3 ZE520KLの情報はこちら!
「ASUS ZenFone3 ZE520KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 02:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

Android9の天候アプリからの通知を無効にする設定方法!!

現在使用中のASUS ZenFone5z ZS620KLのスマートフォン!
初期化したらまたお天気アプリから通知が入るようになった。
確か設定を書いておいたはずだがどこだったか・・・?
以前書いた記事が見つからずしばらく通知が止まらない。
しかしやっとメモした記事を発見!
探しやすいように書いておく。

お天気アプリの通知の止め方!
「Zenfone3の天候アプリからの通知を無効にする設定方法!!」

ちょっと分かりにくい所にあるが
ここの設定をオフにすれば止まる。
アンドロイド9でも同じなのでZenfone5z用にリンクを貼っておく。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 09:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

Android9の最新システムアップデートでプッシュ通知復活!

ASUS ZenFone5z ZS620KLをアンドロイド9にバージョンアップして始まった
K-9 mailのプッシュ通知不具合。
しかし本日配信された
バージョン/ビルド番号 Ver. WW-90.11.162.72
をインストールした所
届かなかったGメールのプッシュ通知が届くようになった。
これで応急処置でしていた
「ZS620KL(アンドロイド9)のプッシュ通知可能なK-9 Mailの設定方法!」
のアプリ「モバイルマネージャー」の無効化を元に戻して
ZS620KLのディープスリープモード(Doze)状態で再確認。
するとこちらでも無事メールが届きました。
今回のアップデートでかなりAndroid9での安定性が向上した。
やっとZS620KLを通常利用出来る状態に仕上がってきました。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

ZS620KL(アンドロイド9)のプッシュ通知可能なK-9 Mailの設定方法!

Android9にバージョンアップした
ASUS Zenfone 5z(ZS620KL)用K-9メール初期設定!

1、K-9 Mail 本体の設定はこちらでOK!
  「ZE520KLのK-9 Mail設定方法!」


2、Zenfone 5z 本体の設定には次の2点を施す!
  (この設定をしないとプッシュ通知が受け取れない。)

「アンドロイド9のパフォーマンスモード復元に成功!」
パフォーマンスモードを復元してアンドロイド8にダウングレードしたような環境を作る。

「Android9のDozeモード解除でK9メールのプッシュ通知復活!」
Dozeモードを無効化してディープモードでもアプリが動くようにする。


(プッシュ通知を受信させて行く方法と流れ!)
まずはK-9 Mailに通常のメール設定をする。
(これは ZenFone3 ZE520KL と同じ設定でいい!)

次に設定の
「アプリと通知」 で
「モバイルマネージャー」 と 「ZenUl Help」 を無効化!
DSC00129_R.jpg

DSC00130_R.jpg


「電池」
 の 「PowerMaster」 を選択すると
旧画面に変わっていて 「パフォーマンスモード」 に出来るので変更!
DSC00127_R.jpg


「電池」 の 「電池の最適化」 で
「K-9 Mail」 を 「最適化しない」 に変更!
DSC00097_R_20190522025656fff.jpg

DSC00098_R.jpg

これでAndroid9のDozeモードを無効化に出来る。
結果Android8にダウングレードしたような環境になって
ディープスリープ中でも
K-9 mailでGメールのプッシュ通知メールを受信出来るようになる。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 02:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

Android9のDozeモード解除でK9メールのプッシュ通知復活!

アンドロイド9にバージョンアップするとプッシュう通知が使えない問題。
そしてDozeモードのディープスリープ下でアプリが休眠してしまう問題。
しかしパフォーマンスモードの復活を機に改善策が見えてくる。
パフォーマンスモードを復活させた後
引き続き色々とアプリを無効化させて確認してみた。
するとあるアプリを無効化するとプッシュ通知するようになった。
それがこちら!

DSC00130_R.jpg
「ZenUl Help」 を無効化!
これでプッシュ通知が入り始める。
どうやらDozeモードを無効化出来たような感じである。
他のアプリも電池の最適化をする所で
「最適化しない」 にするとDozeモード環境下でも動くようになった。
このパフォーマンスモードとDozeモード無効化の状況を作れたら
後は巷で報告されている電池の最適化で
アプリを最適化しないにすれば問題解決のような感じである。
しばらく様子を見てみて問題ないようだったら
ASUS Zenfone 5z(ZS620KL)のK-9mailで
Gメールのプッシュ通知を受信する方法としてまとめておこう!
それではこれでいよいよ
ASUS Zenfone 5z(ZS620KL)の本格稼働も間近である。

PS.
パフォーマンスモードの復元とDozeモードの無効化は
Android9をダウングレードするのに匹敵する大発見かもしれない。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 01:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

Zenfone5zにもやっぱりハイブリッドケースがよく似合う!

ASUS Zenfone5z(ZS620KL)のスマホカバーのおすすめは
やっぱり Zenfone3 で使い勝手の良かった
レイアウトのハイブリッドケースが良いだろう。
しかしZenfone5z用のはなかったので他メーカーの
FINONの製品を買ってみる事にした。

FINONの直売でスマホケースと保護フィルムがセットで
金額¥1,580(税込み)送料無料。
ポリカ(ハード)+TPU(ソフト)のハイブリッドケース!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラスタバナナ 液晶保護フィルム ZenFone 5(ZE620KL)/ZenFo...
価格:842円(税込、送料無料) (2019/5/19時点)

あと滑り心地は不安だったので
実際使った事のあるラスタバナナの保護フィルムも買っておく。

DSC00054_R.jpg
FINONのハイブリッドケース一式。
かなりゴージャスな雰囲気でいい感じ!

DSC00056_R.jpg
定番保護フィルムのラスタバナナ!

DSC00057_R.jpg
FINONの付属の保護フィルムと比べると
ラスタバナナの方が少しだけ小さい。

DSC00058_R.jpg
赤線がラスタバナナの貼りイメージ。

DSC00062_R.jpg
実際に貼るとこれ位の隙間!
あとZenfone3と比べると液晶はフラットなので
フチが浮いたりすることはなかった。

DSC00063_R.jpg
かなり肉厚なケースなので前面もかなり沈み込む感じで
引っくり返して置いても液晶が擦れる事はなかった。

DSC00061_R.jpg
カメラレンズも完全に沈み込む感じなので直置きでも安心!
かなりしっかりしたケースでちょっとGショックみたい。
女の子から見るとゴツゴツしていて可愛らしいという感じではないが
男性陣からするとこの頑強さがたまらない。
カバンに入れてもこれで大丈夫だろう。
やっと安心して使えるようになった。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

アンドロイド9のパフォーマンスモード復元に成功!

AIブーストを起動してもやはりプッシュ通知は完全復活しなかった。
だが原因は判明した。
どうやらアンドロイド9にある節電機能のDozeモードによって
ディープスリープして画面が落ちると
大体のアプリはそのまま一緒に眠ってしまうみたい。
要は電源を切った状態に陥るという事。
これがアンドロイド8の時だとバッテリーモードに
「パフォーマンス」 という設定があり
これにすると不眠不休モードでアプリはずっと動ける状態を維持出来た様子。
この機能がアンドロイド9に無いのがプッシュ通知が機能しない原因かもしれない。
だが偶然の産物と言っていいだろうか。
あるアプリを無効にするとこの削除されていたパフォーマンスモードが復活した。
試しに画面を落としてディープスリープする位の時間
ASUS Zenfone 5z(ZS620KL)を放置。
そしてGメールにテストメールを送信。
するとディープスリープ中はプッシュ通知受信をしなかった。
だがバックグラウンドを解除すると設定が元に戻っていた
ノートンモバイルは設定を保持するようになっていた。
全部ではないが幾つかのアプリがDozeモードの呪縛から
解放され始めたかもしれない。
一応忘れない内に設定した内容をメモしておこう。

「設定」 の「アプリと通知」 を選択!
全てのアプリを表示させてその中から

DSC00129_R.jpg
「モバイルマネージャー」 を無効にする。

そして次は設定の 「電池」 を選択!

DSC00100_R_2019052123410219c.jpg
そして 「PowerMaster」 を選択すると

DSC00127_R.jpg
今度は自動起動マネージャーの新画面ではなく
アンドロイド8で使われていた旧画面のパフォーマンスモードの画面に変わっていた。
どうやらモバイルマネージャーが動かなくなったことによって
バージョンアップ前のパフォーマンスモードが復元した感じか!
とにかく設定を 「スマート」 から 「パフォーマンス」 に変更する。
それでは少し電池制御のプログラムが緩くなったような感じなので
今度K-9 Mailを復活させてテストしてみよう!

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

AIブーストONでプッシュ通知快適!

どんな設定をしても改善しない
ASUS Zenfone 5z(ZS620KL)のプッシュ通知!
そして疑念が一点に集まったアプリへの電源供給不足。
改善のカギを握るのは電池をセーブしているAI機能。
これを解放する術が果たしてAIブーストとなるか?
いざ検証である。
スリープ状態にしてテストメールを送信。
パソコンの方で見ると今メールが届いた。
すると5秒程してスマートフォンの方から着信音が!
どうやらメールが届いたようである。
Gメールのアプリを開いてみるとテストメールが届いていた。
どうやら上手くプッシュ通知を受信しているようである。
試しに他のアドレスからも送ってみる。
するとこちらもすぐ受信!
良い感じである。
AIブーストは電池の制限を解放するため電圧が安定するのだろうか?
ちょっと調子が良くなったZenfone 5zである。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

パフォーマンスモード代用はAIブーストが効果的!

プッシュ通知の改善はアプリに供給する電源にありと見る!
そしてパフォーマンスモードを持たない
ASUS Zenfone 5z(ZS620KL)が試せる方法は何か?
色々と見ていてある機能を発見する。
それは 「AIブースト!」
オーバークロックを彷彿するような
自作パソコンの雄であるASUSらしいこのネーミング!
きっとこの機能は潜在している能力を開放するに違いないと
妙に自信が湧いてくる。
物は試し!
AIブースト オンである!!
しかしこれと言って何の変化もない。
ただスイッチのアイコンの色が変わっただけである。
実感のないAIブースト。
オーバークロックみたいな
見て実感出来るメーターなどが無いからか?
ただメールを見る時の反応速度は良くなったような気がする。
錯覚かもしれないけど。
とにかくこれで電源供給が安定して
不安定なアプリが復活してくれる事を願う。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT