| PAGE-SELECT | NEXT

ツーリング | 車・バイク | EDIT

10、道の駅 京丹波 味夢の里!

「9、五老スカイタワー!」 からの続き!

五老スカイタワー ~ 道の駅 京丹波 味夢の里の地図!

(グーグルマップ)
道の駅 京丹波 味夢の里情報!
 「京丹波 味夢の里 ホームページ!」

16時40分、
帰り道に最近お気に入りの
道の駅 京丹波 味夢の里にて小休憩!

P_20170715_160719_vHDR_Auto_R.jpg
中に入ると能勢のくりの郷みたいな
朝一とれとれ野菜コーナーがあるのだが
今日はもうすぐ夕方だというのにわんさかと野菜がてんこ盛りである。
あまり売れていないのかな?とお店の人に聞くと
その逆で今年は野菜の成長が早くて幾らでも入荷してくるとの事。
いわゆる大豊作状態という感じでした。
そんな中、家族であれやこれやとお土産代わりに大量仕入れ!
あっという間にかご一杯になってしまいました。
調子に乗って買ってしまった結果
オデッセイのトランクは
またまた野菜でいっぱいになってしまいました!

PS.
本日一押しの野菜は丹波しめじ!
超巨大なぷりっぷりのしめじで
バターたっぷりでソテーにして食べたら最高でした!

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

9、五老スカイタワー!

「8、海上自衛隊 第23航空隊基地!」 からの続き!

海上自衛隊 第23航空隊基地~五老スカイタワーの地図!

(グーグルマップ
五老スカイタワー情報!
 「五老ヶ岳公園 ホームページ!」

15時20分、
丹後街道(国道27号線)から五老スカイタワーの峠道を上ると
手前に第1駐車場があり比較的空いている。
しかし今回はここには止めず
もう1つ上にあるタワー前の第2駐車場を目指す。

P_20170715_145236_vHDR_Auto_R.jpg
こちらが五老スカイタワーの真ん前にある第2駐車場!
大体20台程の駐車スペースとなっている。

P_20170715_145247_vHDR_Auto_R.jpg
駐車場から見える五老スカイタワー!

P_20170715_150217_vHDR_Auto_R.jpg
タワーには入場料がいるがそこからの景色は
近畿100景第1位の絶景となる。

P_20170715_145331_vHDR_Auto_R.jpg
今回は時間がなかったのでタワー下の展望場所からの眺望を楽しむ。
今見ているのは午前中、
船に乗った赤れんがパーク付近の景色である。
あと見物していると隣にいた人が教えてくれたのだが
ここからの景色は2月が一番空気が澄んでいて綺麗なんだよとの事であった。
「ほう~、そうなんだ!なるほどなるほど。」
なので次回来る時は雪が積もっているかもしれないが
是非2月に一度来てみたいものである。

続きはこちら!
「10、道の駅 京丹波 味夢の里!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

8、海上自衛隊 第23航空隊基地!

「7、海軍記念館!」 からの続き!

海軍記念館~海上自衛隊 第23航空隊基地の地図!

(グーグルマップ)

14時10分、
海軍記念館から車で小高い山を登りトンネルを抜けると
海岸線沿いに第23航空隊基地が見えてくる!
そして基地のゲートに着くと入場チェックを受け
基地敷地内の駐車スペースへと案内される。
駐車台数は基地敷地内という事もあって広大である。
その為まず満車になる事はないと思うので
もし見学に来る時は駐車場の心配よりも1時間しかない見学時間に注意した方がよい。

141428_vHDR_Auto_R.jpg
中で見学する所は主に2つでその1つがこちら!
消防車なのだが自衛隊特別仕様と言えばいいだろうか。
ちょっとしたトラック並みの大きさで
消火装置が付いていなかったら軍事車両でも通るような外観である。
一応この展示車両は運転席に乗れるので
見学に来たら是非乗っておこう!
自動車の運転席+消火器装置の操作レバーなどがあって
中々お目に掛かれない光景が広がっていますよ!

P_20170715_141759_vHDR_Auto_R.jpg
こちらはもう1つの格納庫内の見学でヘリコプターが見れます。
一応偵察用および救助活動用と言ったヘリコプターだが
個人用のヘリコプター等よりも遥かに大きかったです。

P_20170715_142138_vHDR_Auto_R.jpg
こちらは自衛隊員さんがヘリコプターについて紹介してくれます。
「これは辛坊さんを救助したヘリコプターと同じなの?」
みたいな事を言ってみると
気さくに型式は違いますが同じような大きさですよとか答えてくれます。
また専門的な質問をすると
このミサイルみたいなのは爆弾ではなくセンサーだとか
エアコンは付いているがほとんど効かないので大変なんですよとか
隊員さんから見た自衛隊の日常なども聞けたりするので
ここに来たら色々と質問してみるといいですよ!

続きはこちら!
「9、五老スカイタワー!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

7、海軍記念館!

「6、海上自衛隊 北吸桟橋!」 からの続き!

海上自衛隊 北吸桟橋~海軍記念館の地図!

(グーグルマップ)

13時30分、
ここから先は駐車場があるので車で移動して行く。
海上自衛隊 北吸桟橋から車で進むこと2分!
左手に記念館に入れる所があって入口の所で入館チェックをすると
駐車場に案内される。

P_20170715_140147_vHDR_Auto_R.jpg
こちらが海軍記念館の駐車場!
ここで車を置いて記念館まで3分程歩いて行く。

(この先は写真撮影していいのか分からなかったのであとは口頭で説明)

記念館は昔の小学校の講堂みたいな建物で
中に入るといきなり東郷平八郎の像があり
奥の講堂部分には旭日旗が飾ってあった。
そして隣の部屋には戦時中の海戦の歴史に関する資料や
海軍の規律(心構え)等を書いた展示物などがあって
「記念?」 とはまた意味が違う物が揃っていた。
どちらかといえば記念館というよりは資料館というもので
講堂にあった軍艦から逃げて行く兵士の絵画もそうであったが
ここは先程行った自衛隊よりも
もっと戦争色強い軍隊関係の施設であった。

続きは事こちら!
「8、海上自衛隊 第23航空隊基地!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

6、海上自衛隊 北吸桟橋!

「5、北吸トンネル!」 からの続き!

北吸トンネル~海上自衛隊 北吸桟橋の地図!

(グーグルマップ)
舞鶴海軍基地見学に関する情報!
 「見学可能日時のご案内!」

12時55分、
次は先程遊覧船から見た軍艦を基地側から見学しに来ました。
場所は海上自衛隊 北吸桟橋!
ここは土日祝日の10時~15時に見学用に開放してくれています。

P_20170715_125104_vHDR_Auto_R.jpg
入口で入館チェックを済ませてIDカードのようなものをもらうと入場出来る。
そして桟橋を右に進んで行くと先程見えたひゅうがが眼前に現れる。
海から見た時は大きいなぁ~って程度でしたが
こうして目前で見ると大きいを通り越して
ケタ外れにでっかいな~って感じです。
よくこんな巨大なものが浮かぶもんだと
近くで見るとその巨体ぶりに唯々驚くばかりです。

P_20170715_125259_vHDR_Auto_R.jpg
船も大きければそれを受け止めるブイも大きい!
近くに居た親子連れと比較するとよく分かるが
何もかもスケールがケタ違いです。
初めてこんな間近で軍艦を見ましたがほんとすっごい迫力でした。

(プチ情報!)
通常はこのひゅうがなる軍艦は外から見るだけなのだが
年に2回だけ中に入れる時があるそうだ。
その1つが実は
今月7月29日に行われるサマーフェスタの日がそうで
限られた時間ではあるが入艦出来るそうである。
しかしその事は全国の軍艦ファンの間ではすでに周知の事らしく
その日は毎年すっごい人がやって来るらしい。
当日は車だと駐車場まで来れない可能性大なので
どうしても見たいという時は早い時間に電車やバスで来た方がいいですよと
自衛官の人は言っていました。
ほんとこの日だけはすっごいみたいですよ!

続きはこちら!
「7、海軍記念館!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

5、北吸トンネル!

「4、赤れんがカフェ!」 からの続き!

赤れんがカフェ~北吸トンネルの地図!

(グーグルマップ)

12時20分、
食事を終えて次は北吸トンネルなる観光ポイントを目指す。
インフォメーションの人に行き方を聞くと近道を教えてくれた。

P_20170715_121852_vHDR_Auto_R.jpg
赤れんがパーク前の道路下を通る地下道の入口。
ここを抜けると早いらしい。

P_20170715_122122_vHDR_Auto_R.jpg
抜けると空気が一変しているのを感じる。
そして目の前には遊歩道が広がっていた。
昔はここを列車が走っていたと言っていたが
何だろう?
何かすごく肌に絡むような、
そしてみどり色濃き空気である。

P_20170715_122600_vHDR_Auto_R.jpg
遊歩道を進むと北吸トンネルに到着!
登録有形文化財に認定されているようですね。

P_20170715_122533_vHDR_Auto_R.jpg
こちらが北吸トンネル入口!
戦時中の状態のまま保存されていると思うが
景観と共に当時の色々な想いもそのままここに留まっていそう。
確かにレトロ感は漂っているが違うものも漂ってそう。
すごい違和感である。
これは中には入ってはみますが
写真などはやめておいた方が良さそうですね!

続きはこちら!
「6、海上自衛隊 北吸桟橋!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

4、赤れんがカフェ!

「3、海軍ゆかりの港めぐり遊覧船!」 からの続き!

海軍ゆかりの港めぐり遊覧船~赤れんがカフェの地図!

(グーグルマップ)

11時40分、
30分の就航を終え大至急昼食を取る為に赤れんがカフェにやって来る。
急いで来たのでまだ何とか席は空いておりました。

P_20170715_114258_vHDR_Auto_R.jpg
赤れんがCafeのメニュー表!」
今は夏限定の海軍野菜カレーなるものが増えてました。

P_20170715_115106_vHDR_Auto_R.jpg
「何を食べようっかな~」って時は
迷わずこの海軍カレーを頼もう。
すごくシンプルだが美味しいぞ!

P_20170715_115117_vHDR_Auto_R.jpg
海軍カレーに野菜が入った夏野菜バージョン!
具が見える所がちょっとハイカラな海軍カレーである。

P_20170715_120017_vHDR_Auto_R.jpg
セットに付いていたホットミルクティー!
ソフトドリンクやコーヒーも選べるぞ!!

P_20170715_121626_vHDR_Auto_R.jpg
赤れんがカフェの正面にあるインフォメーションセンター。
道の駅でいう観光案内所みたいな役割をしているので
行きたいと所などを言うと懇切丁寧に教えてくれました。

続きはこちら!
「5、北吸トンネル!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

3、海軍ゆかりの港めぐり遊覧船!

「2、赤れんがパーク駐車場!」 からの続き!

赤れんがパーク駐車場~海軍ゆかりの港めぐり遊覧船の地図!

(グーグルマップ)

10時05分、
遊覧船乗り場にやって来る。
周りを見ると待機しているらしき人が10人程いるが
どこに並んでいいのか分からないといった感じで
まばらに集まっている状況であった。
とりあえず整理券が10時30分から配布されるのだが
それがないと舟券が買えないので
どこに並べばいいか案内所に電話して聞いてみる。
すると
「船着き場付近にいたら整理券を配り始めるのでそれをもらって下さい。」
と頼りない返事をもらう。
そんな曖昧な回答だと
どんなに早く来ても整理券をもらい損ねる危険性大な返事である。
なので更に突っ込んで確認してみると案内所の人もはっきりとは
配布場所を把握していない様子。
余りにものんびりというか何とも彼とも返す言葉を見失う返答であった。
とにかく乗り場を通る事は間違いないので乗船入口の前で待つ事とする。

P_20170715_102724_vHDR_Auto_R.jpg
すると時計が10時30分を指すと
満を持したかのように整理券を配布する女性が登場!
(この整理券バッグを持っている人が配布人です。)
今回は読みがピッタシ当たったかも!
この入口に山を張って待った甲斐あってか整理券No.1、2、3番をゲットです。
出航は11時ですが乗船手続きは引き続きこのまま始まったので
乗船前のトイレ等は後回しにして
先に席を確保する為に乗船手続きを致しました。

(乗船時のポイント!)
船は左周りなので軍艦を見るなら右側の席を狙いましょう!
あと通路に面している席は立ち見の人が並んで視界が悪くなるので
座るなら先頭の列より1列入った2列目とかの席の方が見やすかったです。

ひゅうが ましゅう_R
今回船上から見た大きな船2隻です。
手前が「ましゅう」、向こうが「ひゅうが」です。
この海側からの軍艦の眺めはこの遊覧船でしか見れない景観で
この船一番の売りであります。
お日様が燦々と照り付けてすっごく暑いですが
それよりもこんな間近で軍艦が見れた事に家族共々大興奮です。
本日一番見たかった遊覧船からの軍艦の景色!
早起きしてやって来て良かったです。

続きはこちら!
「4、赤れんがカフェ!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

2、赤れんがパーク駐車場!

「1、大阪出発!」 からの続き!

赤れんがパーク駐車場の地図!

(グーグルマップ)
舞鶴赤れんがパーク情報!
 「舞鶴赤れんがパーク ホームページ!」

ちょっと渋滞に巻き込まれ
9時45分に駐車場に着く。
「予定より45分遅れか~。」
予定ではこの時間を使って赤れんがパークを見学する予定だったが
前回寄った所でもあるし今回はパスしてこのまま直接
遊覧船のりばを目指す事とする。

駐車場
こちらは到着時の駐車場状況!
3連休の初日ではあったが土曜日という事もあってか
駐車場はまだ空いていて満車にはなっていなかった。
「ラッキーこの上なしである!」
今日は天気もすこぶる快晴でそして駐車場もうまく停めれた事も考えると
いい感じの流れが来ている予感がする。

続きはこちら!
「3、海軍ゆかりの港めぐり遊覧船!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

1、大阪出発!

大阪から舞鶴赤れんがパークに行くルート!

(グーグルマップ)

7時00分に出発で阪神高速池田線を通って名神~京都縦貫道を通り
舞鶴若狭自動車道の舞鶴西インターチェンジで下りる。
あとは国道27号線で海岸線を通り赤れんがパークを目指す。
ここで重要なポイントは
赤れんがパーク駐車場に絶対停めるために目標は9時着!
遅くても9時30分着を厳守する事とする。

続きはこちら!
「2、赤れんがパーク駐車場!」

TOPページはこちら!
「舞鶴の海軍ゆかりの港めぐり遊覧船と基地等を見学してきました!」

| お出掛けイベント情報 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT