| PAGE-SELECT |

おすすめ商品 | ファッション・ブランド | EDIT

真夏に快適!靴底穴開きシューズは-5度の爽快感!!

クールビズにも色々あるけど
何をやってもとりあえず夏の仕事場はと~っても暑い!
しかしそんな過酷な環境でも毎年お気に入りの
効果抜群の暑さ対策が実はあったりするのだった。

「夏の暑さは元から断たなきゃダメ」 と言うことで
足元からの熱を軽減すると実はとっても涼しかったりするのだ。
これは現場からの生の声です!
と言うことでその方法としては2つ程あります。
1つは地面からの熱を遮断する方法。
もう一つは地面からの熱を開放する方法である!
特殊な靴底素材の靴で熱を遮断することが可能なのだが
街中で普段履きにするにはちょっとデザインに問題ありだったりするので
自分の場合は熱開放仕様の
靴底に通気口が付いた通気性抜群の靴を毎年愛用している。
しかし今年はちょっとこの靴底穴あきシューズに異変が起こっていた!

いつものように靴を探しにスポーツデポ等のスポーツ店に行ってみる。
しかし今年は例年のように靴底に穴の開いたタイプが見当たらない。
これは見当たらないと言うより全然無いと言ってもいいかもである。
なので探す場所を変えてみて心斎橋商店街界隈を探してみる。
スポタカならあるかと行ってみるがほとんど置いていなかった。
道頓堀のSTEP(ステップ)に行くと1つあったのだが
ちょっと貧弱そうだったのでこれは却下とする。
次にABCマートに行ってみるとやっとそれらしい靴を見つけることが出来た。
「今年は靴底に穴が開いた靴って少ないですね!」
と店員さんに聞いてみると
やはり今年は圧倒的に少ないみたいである。
しかしABCマートではそこに目を付けたのか
かなりの種類の穴開きシューズがラインナップされていた。

メーカーは主にadidas(アディダス)のランニングシューズ!
(スニーカータイプではほとんど無かったかな?)
デザインは仕事用で履くつもりなのでカラーは黒色系で探す。
幾つか試着させてもらって気に入ったのが
「アディダス Climachill Ride クライマチル ライド
D66788 SP14 BK/BK/HI-RESRED」
 という靴。
しかし今回は運が悪かった。
ちょうど自分のサイズの27cmが売り切れていた。
仕方ないので今回はネットで買うことにしました。



今回買ったABCマート!
靴底に通気口を装備した快適シューズクライマチル ライドが豊富で
店頭ではどんどんサイズが無くなって行っている時でも
ネットショップの方は在庫が多かったりすると言う要チェックなショップです。
それでは頼んでいた靴が届いたので早速履き心地レビューして行ってみよう!


DSC04585_R.jpg
まずは外箱には各国のサイズが記載されている。

DSC04577_R.jpg
上から見た写真!

DSC04578_R.jpg
後ろから見た写真!

DSC04579_R.jpg
外側から見た写真!

DSC04580_R.jpg
内側から見た写真!

DSC04581_R.jpg
これが今回一押しポイントの
通気口が付いた靴底の写真!
かなり先端から後方にまで穴が開いているタイプである。

DSC04582_R.jpg
インソールを外して覗いてみる。
靴底そして側面が透けているのが良く分かる位
スカスカボディーとなっている。
さすが通気性抜群と謳っているだけあって
快適性についてはかなり期待していいかもしれない。

DSC04584_R.jpg
インソールはちょっと薄めのタイプで
一応通気性を確保するため無数の穴が開けられている。

DSC04588_R.jpg
素材はユニホームのメッシュ仕様とよく似た素材で
それがちょっと分厚くなった生地と言ったらいいだろうか?
ほぼ靴としての剛性はメッシュ部分にはなく
靴底のゴム部分のみで強度を維持していると言っていいかも!
また先端の部分はカバーなどで補強していないので
ほぼ足指は剥き出しに近い状態である。
サッカーのトゥキックはたぶんすると痛いだろうな!

DSC04591_R.jpg
裾の短いズボンだと靴の柄部分が見える。

DSC04593_R.jpg
しかし裾長のズボンだと柄部分は隠れて
ほぼ黒一色の靴に見えるので
仕事で履いてもあまり目立たず
違和感なく使用出来そうである。
それではどれ位の清涼感が味わえるか試してみよう!

追記!
この靴を履く時の心構えを少々!
この靴はF1マシンで言うと完全ドライ仕様である。
なので雨天と言うか水のある所で履くと痛い目を見る羽目になる。
それは何かと言うと
見ての通り通気性を最優先とするデザインが故に
防水性は全く考慮されていない。
なので水たまりもしくは足に水が掛かるだけで
もう靴はびしょびしょ中はビチョビチョ状態である。
たぶんこれが原因で
最近めっきりこのタイプの靴が減ったのかなと思う所ではあるが
そんな欠陥とも言える部分を差し置いても
通気性「命」と言う点を最優先するところに
この靴の醍醐味は存在する。
まあ車で言うと
「コーナリングを犠牲にしてもパワーだけは誰にも絶対負けない!」
みたいな
「全てをオールラウンドにこなすのではなく
誰にも負けない部分をただひたすら伸ばしていく!」

と言った
ちょっとバブリーな時代の香り漂う
時代に逆行して行く思いっきりのいい靴なのである。
しかし合理性を犠牲にしてでも手に入れた快適性能は突き抜けていますよ。
ドライ環境では右に出る者がいないかもと思わせるその通気性!
この1点の為だけに作られた思いっきりの良さに共感できる人には
この靴はたまらない1足になることでしょう。
良いですよ興味のある方には!


追記!
平成26年6月28日
まずは初日1日を履いてみる。
ちょっと足が痛いかも!
たぶんこの靴は通常のサイズより0.5cm位小さいような気がする。
ランニングなどの競技に使用するならこれ位ピッチリの方がいいが
普段履きで長時間履くならちょっと苦しいかも!
革靴みたいに履いていくと馴染むと言う気配がしないが
もう少し履いて様子を見てみよう!

追記!
平成26年6月29日
履き始めて2日目!
やはりちょっと痛いのでインソールを外して履いてみる。
するとこれが意外と良い感じで足にピッタリと馴染んでくる。
またインソールが省かれたことにより
靴底の通気口を塞ぐものが無くなり
凄く風が抜けて行く気配を感じる。
「これはいいかも!」
怪我の功名たる思わぬ収穫である。
この靴は思い切って要らない物は外してしまう方が吉みたいである!

追記!
平成26年6月30日
いよいよ本番!
仕事で履いていってみる。
作業場を歩くと足の隙間を風が抜けるのを感じる。
またメッシュ部分はほぼ外気に直接触れているような感覚で
実にすがすがしい状態である。
インソールが無くなったスペースは大きく
足指も快適に動く。
お陰でストレスなく靴内部に長時間足を預けていても安心である。
またこの靴の特性でもある軽量性は
靴を履いている感覚を半ば忘れさせてくれる位ほんとに軽く
内部の熱気を解放してくれる抜群の通気性は
この蒸し暑い作業場にいても
靴内部は一向にムレたりしないという環境である。
まさにイメージ通りのクールビズシューズである。
実に快適である!

追記!
平成27年7月23日
2シーズン目突入のアディダス Climachill Ride クライマチル ライド!
2年目を迎える所ではあるが今の所大きな劣化などは起きていない。
靴底も意外と厚みがあるためかすり減ってもう履けないという事もない。
靴の伸縮具合はほとんどないと言った所なので
やはり購入時「履いてると多分伸びるだろうな!」と言った
憶測で購入するのは厳禁である。
普段履きに考えているなら少し大きめを選択する方が長い目で見ると快適だろうか!
しかし想像以上に耐久性のあるタフなシューズである。
もしかしたら3シーズン履くこともあるかもしれないな!

追記!
平成28年5月11日
最近暑くなってきたので靴置き場から
アディダス Climachill Ride を取り出す。
遂に3シーズン目突入である。
まさかこんなに持つとは正直思っていなかった。
ここまで来たら名品と言っていいでしょう!
こいつは本物でした!


2016年モデルで似たタイプ!
クライマチル ライドでは数少ない
靴底が黒いタイプです。


黒底モデルでABCマートの限定モデル!


こっちの方はちょっと高いがその分シブい!


秋から真冬に掛けてお勧めのシューズはこちら!
「41%オフのサロモン xa pro 3d ultra 2 gtxはお買い得だった!」

Google(グーグル)Nexus7のお勧め情報はこちら!
「グーグルタブレットNexus7!インプレッションレビュー!!」

オデッセイ4WD RA2で紹介する燃費が伸びるメンテナンス情報などはこちら!
「オデッセイ17万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

ドコモ最後のFOMAかも!PRIME F-09C のおすすめ情報の記事はこちら!
「ドコモ F-09C!インプレッション・レビュー!!」

| こだわり靴 | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ジョギング・ランニング | スポーツ | EDIT

41%オフのサロモン xa pro 3d ultra 2 gtxはお買い得だった!

仕事場は足元がとっても冷える!
なので今回お勧めの靴がないかを探してみた。
出来れば普段履き兼用にもしたいのでいくつか条件をピックアップ!
 1、暖かい!
 2、通気性が良くムレない!
 3、防水性があって雨や水にも強い!
 4、色はインパクトはあるが上品さも兼ね備えているなど!


これらの条件で探してみると出て来た靴は
「トレイルランニングシューズ」というジャンルにたどり着いた。
どうも山を走り回る用の靴みたいだ!
その中で気に入ったのがこれです!

「Salomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX!」
写真と履き心地レビューは下の方に書いているのをどうぞ!
商品の方は以前買ったところは売り切れているかもしれないので
探したい時は楽天などでキーワード

Salomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX 
           や
XA プロ 3D ウルトラ 2 GTX 

等で検索すると見つけやすいかな?


  ちなみに私は時々破格の掘り出し物を出してくれる
   こちらのさかいやスポーツさんで買いましたけどね!

(それではレビューと写真です!)
大阪ではこの「SPOTAKA 」(スポタカ)が店頭でも取り扱ってる
「サロモン トレイルランニングシューズ
ジャンルはアウトドアシューズになるようで
愛称名「トレラン」等とも呼ばれいた。
実物を自分の目で見てきましたが
Salomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX L30879700 の
コスモスブルー/スチールグレイ/ブラックの色が1発で気に入りました。
しかし閉店間際に行ったので試着して迷っているうちに
時間切れになって帰ってきました。

ちなみにメーカーサイトはこちらをどうぞ! 「サロモン ホームページ」

どうしても頭から離れない
「XA プロ 3D ウルトラ 2 GTX !」
かなりお気に入りで一目惚れ状態である!
在庫が日に日に無くなっている
Salomon XA PRO 3D ULTRA 2GTXだったので
今回はインターネットで買うことにしました。
しかしこのブルーはサイズがほとんど売り切れ状態!
そんな中見つけた「再入荷」の文字!
思わずサイトをチェックです。

登山用品とアウトドアの「さかいや・オンラインショップ」さんで販売中の
Salomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX L30879700
コスモスブルー/スチールグレイ/ブラック
価格は定価 16,695円 (税込) の41%OFFの
¥9,800(税込)です。
格安なのにサイズは「25.5、26.0、26.5、27.0、27.5、28.0」が
全て即納状態という驚きの条件でした。
ちょっと「ほんとですか~?」と言う所はありましたが
とりあえず頼んでみました!

DSC02587_R.jpg
さすがに即納と言うだけあって
日曜日の朝に頼んで月曜日の朝に到着しました。
買ったサイズは
UK 8.5
EUR 42 2/3
USA 9
JAPAN 27.0 cm です。
正しい商品名(型番)は
Salomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX
COSMOS BLUE/STEEL GREY/BLACK
L30879700 です。

DSC02588_R.jpg
箱を開けると普通と言ったところだろうか。
特に大袈裟に包装されていることもなかった。

DSC02575_R.jpg
やはりきれいな色である。
青も白も発色性が強くてこれから暑くなるほど
色見栄えしそうな感じである。

DSC02576_R.jpg
「MADE IN VIETNAM」
ベトナム製みたいである!
最近のベトナム製はかなり良くなってきているからなぁ!

DSC02577_R.jpg
インソールは「SALOMON」のロゴ入りである!

DSC02578_R.jpg
後から見た所!
なかなかキリっとしたテールである。

DSC02580_R.jpg
外側から見た所!
こちらは靴底との境目のラインは白色のみである。
先程見たイン側にはグレーが入っていたが
イン側とアウト側ではデザインが違うんだな。
非対称カラーとなっていた。

DSC02581_R.jpg
正面から見た所!
一番ブルーが前面に出ているアングルである。
そしてこのくつ特有の
「quicklace」と言う靴ひもが目立つアングルでもある!
またウォーキングシューズと違って
このトレランシューズは作りもかなり頑丈で
このつま先部分等はかなりの強固さも出ていて
ちょっとした安全靴並でもある!

DSC02583_R.jpg
靴底もカラフルで
トレッドパターンもスニーカーとはかなり異なる
仕事場でも滑りにくい仕様である。
油の上でも結構しっかり食いついてくれるので
とても安心仕様である。

DSC02584_R.jpg
今回一番のこだわりだったGORE-TEX(ゴアテックス)!
スキーウェアなどでも良く使われている素材で
内側の熱気は放出するが
外からの水滴などは通さない通気性抜群のゴアテックス。
この素材のシューズは性質上なのか
なかなかお洒落な色のものがない。
よくあるのは黒っぽいものばかりと言ってもいいかも!
しかしこのサロモンのシューズは
かなりの発色性あるカラーのデザインで作られている。
その部分がかなり惹かれたポイントと言っても過言ではないかな!
ほんと!お気に入りのデザインである!!
それでは履いた感じの見た目を検証してみよう!

DSC02570_R.jpg
作業着代わりに着ているユニクロの
黒のズポンに合わせてみる。
かなり靴が目立つといった所だが
アンマッチと言うことでもない感じだ。
青がかなり深みのあるブルーだからだろうか。
写真写りより落ち着いた品のある青である。

DSC02573_R.jpg
青色と同じくらい前面に出ている白色。
そのせいかやはりインパクトはあるが落ち着いた配色に見える。
アクセントで入っている黒とグレーも影響しているのだろう!

DSC02609_R.jpg
この靴は一応「2E相当」と言うことである。
なので靴幅はかなり狭い!
特にこの指で囲っている部分がかなり細い。
イメージで言えばスキー靴と同じ履き心地といった所だろうか?
足を入れてしまうと指が軽く動かせる程度と言う感じで
かなり足の凹凸にぴったりとフィットしてホールドされる。
思わずこのままスキー板を付けてゲレンデへという感じである。
「それだけ痛いのならハーフサイズ大きいのを!」と考えるかもしれないが
この靴に関しては半サイズ上げて履くと指は動くようにはなるのだが
一番狭い部分が少し足先の方にスライドして
ちょうど外反母趾の辺りが狭くなって痛くて
長時間履くのが辛いという症状になる。
なのでこの靴は足にぴったりサイズをおすすめします。

DSC02592_R.jpg
中間色のブルーデニムに合わして見た所。
ブーツカットなので少し裾が広いタイプです。

DSC02593_R.jpg
少し濃い目のブルーデニムです。
こちらはストレートのジーパンなので
足元すっきり靴パッチリと言う感じかな!

DSC02594_R.jpg
正面からだとジーンズの色に溶け込んで
そんなに目立たなく見えます。

DSC02599_R.jpg
横からだと白が目立っているので
そんなに青の靴っていう感じでもないですね。
「SALOMON」のロゴはさりげなく目立って
やはりかっこいいですね!

DSC02608_R.jpg
写真では微妙にこの色合いが表現できないところですが
やはりきれいな色です。
ほんとこの一言に尽きます。
この色が映える真夏の日差しが楽しみになってきました。

自分では珍しいほぼ衝動買いの今回でしたが
これだけそそられた靴も久しぶりです。
買って大満足な1足でした!
久しぶりに童心に戻る気分でした!!

追記!
平成25年2月24日。
今回ドライブに履いて行く。
走行時間は2時間くらい。
今日は寒かったので靴下2枚履き。
1時間位足元にヒーターを出していると足がむくんでとても痛い!
思わず紐を全部緩めるが追いつかない。
靴下1枚脱ぐがそれでもちょっと痛い。
まだ馴染んでいないからだろう。
買ってしばらく靴が馴染むまでは足が痛いということである!!

追記!
平成25年3月3日。
1時間ドライブ後2時間ほど歩く。
今回は大分あったかくなってきたので靴下は薄手を1枚履き。
前回に比べると足がむくんでもそんなに痛くはなかった。
どちらかと言えば紐をギュッと締めないと靴の中で足がバタつくかも。
何回か履いているからだろうか。
大分靴にアタリが出て来た感じである。
スキー靴メーカーだけあってこの馴染んでくる雰囲気は
スキー靴とよく似ている。
この辺りからだろう。
いい靴の本領が発揮されてくるのも!

追記!
平成25年5月19日。
雨のなか梅田にあるグランフロント大阪に行く。
傘を差してはいるが靴はびしょびしょ!
しかし靴の中は快適、
ゴアテックスの成せる業である。
そして靴が雨に濡れたせいもあるのだろうか?
柔らかくなって紐をギュッと締めないと歩きにくい。
買ってしばらくは足が痛かった同じ靴とは思えない程だ。
この靴は色んな環境に揉まれることによって
所有者の足にフィットしてくるのだろう。
最初足に合ってない靴を買ってしまったと後悔しかけた時が懐かしい。
履けば履くほど足に馴染んでくる
サロモンのトレランシューズ。
履き続ける者だけがこの靴の良さを実感できるのかもしれない。

追記!
平成25年6月30日。
京都の伏見稲荷神社にやってくる。
時間があったので千本鳥居を超えて伏見山を登山する。
少し梅雨の湿り気が漂う真夏直前の少し歩くとすぐ汗ばむ気候である。
足場は地道&階段が多い!
傾斜は所々急斜面がある程度でほぼなだらかな道である。
1時間半ほどで頂上まで登頂そして1時間ほどで下山!
街中で履くのと違いかなり靴を酷使した状況である!!
本来の使用目的に近い環境での履いた印象は
剛性の高いボディー、通気性のある生地、ショック吸収性の高いインソールによって
近年ほぼ素人同然の私の足腰でも
2時間半の登山を難なくこなすことが出来たのは
この靴の性能のお陰かもしれない。
ハードな環境になればなる程この靴は輝きを増すように感じる。
この靴の限界は一体どこに・・・。
その力を体感するには履く人にもそれ相応の力を求めてくる
まさに「プロ」という言葉が似合う1足である!

追記!
平成26年5月18日。
2シーズン目のSalomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX !
自宅から谷町6丁目を下って心斎橋に入り
御堂筋を通って梅田まで歩く!
時間で1時間から1時間半位の距離である。
履く回数は月に一度程度のペースで
履き始めて約1年半と言った状況である。
現在の靴の状態は履き始めた頃と比べるとかなり緩くなったと思う。
最初は靴下2枚履きなんかではとてもじゃないが
足が痛くて痛くて履けなかった靴ではあるが
今ではそれでちょうどと言う感じである。
1枚履きで履くと靴が少し遊ぶので
紐をギュッとしっかりと締めておかないと安定感が悪いかもしれない。
サロモンの靴は当初から言っているがスキー靴と同じ感触である。
なので買う時はやはり自分の足に一度履かせてみて
出来る事なら20~30分位履いて馴染ませた状態で
あまり痛くないかなどを確認した方が良いだろう。
そしてサイズの目安は幅に対しては履いていくと伸びてくると思うので
合わせるなら前後長で合わせておいた方が良いだろう。
ウォーキング程度では0.5cm大きくでいいと思う。
しかし真剣にトレランなどをするなら幅はちょっと痛いくらいでも
前後には動かないようにきっちり前後長を合わせておく方が良いだろう。
グローブと一緒で買ってすぐ使おうと思わず
少し余裕を見て足に馴染んでくるまで待てる人には
この靴はきっとその人の要望に応えてくれることだろう。
少々のことではへこたれない強靭なボディーを持っている
サロモン xa pro 3d ultra 2 gtx !
そして今だこの青の靴と同じものを履いた人を見たことがない
自分だけが履いているのではと錯覚してしまう程の優越感!
まさに履けば履く程益々この靴がたまらなく好きになってきてしまうと言った
初夏の訪れを感じるさわやかな週末であった!

追記!
平成27年7月23日。
約3年半経過のSalomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX !
外観は若干艶が無くなってくすんだ感はあるが
破損などは一切見当たらない。
内装も特に問題なく履き心地が若干緩くなったかなと言った程度である。
この事を考えると耐久性は抜群と言った所なので
3年位は普通に履いてしまうと言った所だろうか。
なので長期間履くことを想定する人には購入時のサイズ選びは
足にきっちり合わせて少しタイトで痛いくらいの方が
後々足に馴染んでくると言った所である。
しかし普通の普段履きシューズみたいに柔ではないですね。
本格的にトレラン用にサロモンが作るとシューズはこうなるのかと言った
幾つもの時代を越えても色褪せないような潜在能力を感じさせてくれます。
まさに名実共にその名に恥じない良い靴である!

追記!
平成28年5月3日。
ついにSalomon XA PRO 3D ULTRA 2GTX 海を越える!
アメリカはアリゾナ州のセドナに行った時お供で一緒に連れて行ったのだが
本場トレイルな場所になる大自然セドナのレッドロックにも臆することなく
サロモン xa pro 3d ultra 2 gtxは全開で駆け抜けてくれました。
あらゆる環境にも耐えうるそのポテンシャル。
安心して体を預けれる良き相棒です。
赤土が染み込んで少し紫っぽくなった感じですが
これもまた良き思い出の勲章と言った所である!
その時の記事はこちら!
「4大ボルテックスツアー② ~ベルロック~」


色違いのブラックも最近人気が出てきましたね!
たぶん普段着に合わせやすい色だからでしょうか?
こちらはサイズ交換もしてくれるのでネット通販でも安心かな!


真夏のおすすめクールビズシューズはこちら!
「真夏に快適!靴底穴開きシューズは-5度の爽快感!!」

Google(グーグル)Nexus7のお勧め情報はこちら!
「グーグルタブレットNexus7!インプレッションレビュー!!」

オデッセイ4WD RA2で紹介する燃費が伸びるメンテナンス情報などはこちら!
「オデッセイ17万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

ドコモ最後のFOMAかも!PRIME F-09C のおすすめ情報の記事はこちら!
「ドコモ F-09C!インプレッション・レビュー!!」

| こだわり靴 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |