FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

亥年最初の柳生の里~月ケ瀬区間でレカロチェック!

「中低速用のレカロポジション決定!」 からの続き!

それでは中低速用にセッティングしたレカロポジションのチェック開始。
コースは今年最初となる柳生の里~月ケ瀬区間にて。

(場所はこちら!) 地図

最近は阪奈道路ばかり走っていたので
ここに来ると自然がいっぱいで開放的になる。
いい気分!
なので自ずとアクセルも快調に開いて行きます。
チェックポイントは主にステアリングの操作性とホールド性。
あと疲れ方も見て行きましょう。
足回りは車高調強度30段中の20段で
これは阪奈道路用と同じ設定。
峠ではかなり固めの減衰圧です。
ここではギアは主に2速でコーナーをクリアするのだが
今回は3速で行ってみる。
少しコーナリング中の回転数が少ないのでロールの負荷は大きいが
この程度だとボディーへの負担は耐えれると言った所か。
普段は労わり運転中のオデッセイではあるが
本日は頑張ってもらいましょう。
うねりある路面ではあるが直進性は良好。
先日タイヤの片減りを調整した効果が出ています。
コーナリングはハンドルが近い分回しやすい。
特に右回りはアイポイントも高くなった分視界もよく曲がりやすいかな。
左いっぱいのラインを通せれるので旋回もスムーズで
これだと3速のままでも大丈夫そうである。
ホールド性は良いが体感的には座面位置は高いイメージ。
その分結構きつめにハンドルを切るとかなりな横Gを感じます。
この辺りは慣れれば問題なしといった範疇。
まあ及第点という事にしておきましょう。
それでは高めのステアリング操作には違和感はあるが
片道を走り切った辺りになると慣れも出てきました。
トータル的にはここみたいな中低速の峠では走りやすいと思う。
現時点でのレカロ中低速用のポジションとして合格としておきましょうかね。
今度はまた違うエリアの能勢とかでも暖かくなったら試してみましょう。

PS.
P_20190217_154348_vHDR_Auto_R.jpg
月ヶ瀬梅林付近の資料館前。
あと1ヶ月もしたら梅ですね。
今はまだ雪がちらつく真冬ですが
しかし確実に春の気配は近づいていた。

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

中低速用のレカロポジション決定!

「ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!」
からの続き!

次はシート調整で中低速の方を仕上げて行く。
まずは高速区間は阪奈道路のセッティングで行けると思う。

こちらのセッティング!
「レカロで肘(ひじ)が当たる時のセッティング!」

しかし中低速コーナーでは
ステアリング操作重視の設定に変えた方が良いので
ハンドルとの距離は近くしておこう。
それでは今回は柳生の里~月ヶ瀬区間で調整していく。

P_20190217_154452_vHDR_Auto_R.jpg
手首がハンドル上部にがっつり被さるまで背もたれを起す。
イメージ的には少し前傾に感じるが
目視してみるとこれでも少し後ろに傾斜している状態である。

P_20190217_154555_vHDR_Auto_R.jpg
ステアリングは操作性重視でハンドルは一番上にする。
他のポジションは
前後スライドはそのまま。
後部4段階アジャスターは最下段から1つ上のままとする。
それではちょっと顔の正面でステアリング操作する感じはあるが
操作性はまずまずと言った所。
これで1度チェックしてみますかね!

 続きはこちら!
 「亥年最初の柳生の里~月ケ瀬区間でレカロチェック!」

他のシートデータはこちら!
「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!

「レカロで肘(ひじ)が当たる時のセッティング!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
車高調は一番高い位置にセットしているのだが
それでもノーマルよりは5mm程低い。
そしてほんのちょっとだけなのだが
キャンパーが付いてタイヤが内減りする事に。
しかしパッと見いそんなに片減りしているようには見えないのだが
前後ローテーションするとかなりハンドルを取られるようになった。
この直進性のフラつきを解消するにはしばらく走って
この偏摩耗を整える事が必要。
しかし普通に走っていても中々サイドが減るものでは無かった。
なので強制的にサイドを削る必要ありという事で
阪奈道路をせっせと走ってタイヤの減り加減を調整する。
そしてやっと50周程を走破する。
今は大分角が取れたかな!
以前ほどハンドルを取られる事はなくなった。
そんなに片減りしている訳ではないと思うのだが
しかし影響は思いの外、大きかったですね。
そう言えばショックを取り付けてもらった時
コクピットの店長が
「ローテーションは5000㎞位でするのが良いですよ!」
というのを思い出した。
今回は15000㎞程してのローテーションだったので
今度からは言われた通りこまめにローテーションはするようにしよう。

 続きはこちら!
 「中低速用のレカロポジション決定!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

レカロで肘(ひじ)が当たる時のセッティング!

「亥年の初走りは粉雪舞い散る気温0度の阪奈道路にて!」
からの続き!

どこにやってもしっくり行かないステアリングとペダルとの距離。
原因は大きく張り出したサイドサポートにある。
これは構造上の問題で
まあ相性と言ってもいだろう。
ほんとレカロを取り付ける上での永遠の課題である。

P_20190210_110920_vHDR_Auto_R.jpg
では問題の1つ目、ハンドル角度。
初期型オデッセイRA2は座面が高いので
基本ハンドルは寝ている。
こうなるとハンドルトップを握った時は
余裕があるので肘はサイドサポートに当たらない。
しかしアンダーを握った時は腕が縮むのでサイドと当たってしまう。
それではシートを後ろに調整とすると
ハンドルが遠退くので背もたれを起こす。
するとまた肘が当たるのでシートを下げる。
そしてこれを繰り返すと堂々巡りに陥る。
気が付くと足は伸び切ってペダルが遠いといった状態になる。
これが2代目オデッセイのRB3とかだとすると
低重心でスポーティーなポジションなので
ハンドルはかなり立っている。
その為アンダーに手が来た時でもあまり腕が縮まず肘は当たらない。
また前後するテレスコピック機構も付いていて
かなりハンドル位置の調整にも融通が利く。
まあ実際使ってみると気付くのだが
レカロのシートはスポーツカーみたいな
ハンドルが立った車によく合うといった形状をしている。
もしSR-6が腰のサポートが小さくて肩のショルダーが大きかったとすると
このオデッセイにはベストマッチかもしれない。
ではセッティングのしようが無いのかと言うと
色々と試行錯誤の結果
ミニバンに向いているセッティングというのが見つかったのでメモしておく。

P_20190210_110705_vHDR_Auto_R.jpg
まずはハンドルまでの距離を決めて行く!
街乗り用だと背もたれに肩を付けて
ハンドルトップをこれ位しっかり握れる位置にする。

P_20190210_110722_vHDR_Auto_R.jpg
峠を走る時は更にもう1歩奥深く
手首がすっぽり被さる位まで近くする。
しかしハンドル位置をこれ位寄せると
肘がサイドに当たってハンドルを回せないので
次は座面高さと前後長を調整して行く。

P_20190210_110807_vHDR_Auto_R.jpg
まずはシートを後ろに下げる。
その距離、
トライアルの初期設定位置からすると3ノッチ程後ろ。
するとハンドルトップとの距離を保てないので背もたれをかなり立てる。
イメージ的には前傾してるのではという位。
しかし峠とかを走るならこれ位にしておかないと
横G中のステアリング操作をスムーズに行えない。
でも短時間ならいいが長時間走る時はさすがにポジションがしんどい。
これが今まで最後に行き詰ってくるオデッセイのポジション問題である。

「ほんともう少しサイドの出っ張りが低かったらいいのに。」

するとサイドを下げれないならシートを厚くしてみたらという発想が生まれる。
そこであるアイテムを使ってこの問題を解決して行く。

P_20190210_111026_vHDR_Auto_R.jpg
シートを買った時に付いていた付属のランバーサポート。
これを中腹位に埋める。
すると少し背もたれを寝かせれてポジションが楽になる。
しかしまだちょっと肘が当たる。
その時は別途購入でもう一つ1段下にランバーサポートを埋める。
すると背もたれ部分がかなり飛び出てきて肘が当たらなくなる。
ちょっと左右のホールド性は下がるが
しかしかなり使い勝手はいい感じとなる。

P_20190210_111103_vHDR_Auto_R.jpg
今回は持っていたエアーランバーサポートを中腹に入れて
下部にランバーサポートを入れてみた。
するとお尻半分体が前に出てペダルとの距離も改善。
またお尻後ろにもスペースが出来て
圧迫感も抜けるいいポジションになってきた。
「これは肘干渉対策+αの効果ありである!」

P_20190210_111143_vHDR_Auto_R.jpg
最後はシチュエーションに合わせて
シートレール後部にある4段階調整のアジャスターを調整。
峠とかを走る時は安定感重視でローポジションの最下段のままで使用。
街乗りや長距離の時は1つ上げて
高さをノーマルとほぼ同じにすると視界もよく運転しやすかった。
さっきまであれ程合わなかったレカロポジションが嘘のよう。
ミニバンポジションには付属のランバーサポートを使うと
肘干渉は解消出来るようである。

 続きはこちら!
 「ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!」

他のシートデータはこちら!
「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

愛車と日常 | 車・バイク | EDIT

それゆけオデッセイのレカロ化計画!

これは私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2の
レカロシート取付け記録である。

きっかけは足回りの強化に伴ってホールド性を向上させるため。
純正シートでも大丈夫な範疇ではあるが20年乗り続けれたという記念も兼ねて
今回はシートを新調しようと考える。
候補はシートと言えばレカロ?っていうイメージしかなかったので
迷う事なく思い込み一直線でレカロが筆頭になる。
当初はホールド性重視でリクライニング式のバケットタイプを視野に入れていたが
時代ですかね。
今はミニバン用にFタイプという座面フラットの使い勝手がいいシートも出ていた。
なので時代遅れの知識を一新する為にレカロ試座しにトライアルへ行く。
しかしこれが運の尽き!
実物に触れるとどんどんレカロの魅力に吸い込まれて行く。
またそこで受付の子や社長が熱く力説してくるのを聞いたものだから
もうすっかり「レカロを入れるぞ!」って気になってしまった。
もうそろそろ車も乗り換えするかもねっていう状況もどこ吹く風。
今は毎日夢中でどのシートがオデッセイに似合うかな等と妄想爆発。
日々レカロが付いたオデッセイに乗って想像の世界を走り回っています。
果たして夢を現実にすることが出来るのかオデッセイ!
今ここにオデッセイのレカロ化計画が動き始める・・・。

1、「レカロSR-6 GK100S最高!でも降りられないかも?」

2、「今までで一番チューニングテイストでレカロの多いオートバックス!」

3、「オデッセイのレカロSR-6、SR-7、SR-7F&lassic装着比較写真!」

4、「レカロシートレールの入荷連絡が届く!」

5、「SR-6、SR-7、SR-7F、lassicタイプの長所と短所まとめ!」

6、「レカロSR-7 lassicのサイドサポート乗り越え特訓!」

7、「レカロを選ぶ前に自分のドラポジを見てもらおう!」

8、「素直で行こう!ミニバンには絶対レカロSR-7Fがいいんだってば!!」

9、「レカロ!トライアルのシートレールはかなり落ちるぞ!」

10、「レカロシート!-25mmのオデッセイの視界!!」

11、「トライアルポジション+2が楽ちん!でも腰が痛い!!」

12、「レカロシートは立てる程に楽だが度が過ぎると血流悪化!」

13、「足元スカスカ シートベルトスイスイのSR-7Fレカロちゃん!」

14、「とにかく硬い!レカロlassicはベンチシートに座布団1枚 !!」

15、「すごく視線を感じるんですけど!」

16、「レカロ SR-7F lassic グリーン 装着写真&動画!」 (動画)

17、「ステアリングが回せない!」

18、「圧迫してるのか?鼻血が出てきた!」

19、「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」 (重要)

20、「レカロで劇的に変わる右コーナー!」

21、「オデッセイ de レカロ in 阪奈道路!」

22、「オデッセイ de レカロ in 柳生の里~月ケ瀬区間!」

23、「オデッセイ de レカロ in 箕面~能勢区間!」

24、「トライアルの車検用レカロ強度保安基準適合証明書!!」

25、「お洒落にバンダナ巻ですれ防止!」

26、「レカロのローポジション化は購入時は一番高くで慣れたら落そう!」

27、「店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!」

28、「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」

29、「レカロの肘干渉にはランバーサポートは有効!」

30、「格好より実用性!シート高は目一杯高めが運転しやすい!!」

31、「真夏にこそ真骨調!グラスメッシュはかなり涼しい!!」

32、「レカロ!普段乗りポジションを阪奈道路で検証!!」

33、「比較!レカロ lassic 汚れ方チェック!」

34、「やっぱレカロでローポジションは最高だね!」

35、「沈むポジションに潜り込む様な視界!これは燃えますね!!」

36、「シートを落したら気分は一気にスポーツカー!」

37、「レカロSR-7Fは夏と冬とでセッティングを変えて乗ろう!」

38、「レカロ ロングドライブ チェック完了!」

39、「レカロで肘(ひじ)が当たる時のセッティング!」

40、「中低速用のレカロポジション決定!」

41、「亥年最初の柳生の里~月ケ瀬区間でレカロチェック!」


オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

| レカロ | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

整備 | 車・バイク | EDIT

オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
平成8年式のオデッセイ(買ったのは平成10年)なので今年でもう21年になるかな!
ひと昔前なら車は10年10万キロで廃車なんて言ってましたけど
私のオデッセイは現在もすこぶる快調です。
ちょっとした気使いと小まめなメンテナンスでこの初期型オデッセイは
いつまでも元気で走ります。
さすがミニバンブームの火付け役!
発売当時のホンダの意気込みを感じさせてくれる乗っていて楽しくなる車です!

 オデッセイRA1/RA2の主要装備・主要緒元・スペックなどはこちら!
   ホンダHP 「PRESS INFORMATION」 (1994.10.20)

 エンジン特性(ギア比と回転数、レッドゾーン)などはこちら!
   「ホンダ オデッセイ [S] RA2型 2.2L/145PS 4WD/4AT 諸元まとめ」

さて今では珍しいABSもなければエアバッグも付いていないこのオデッセイ!
そんな愛車のお気に入りは6人乗りのキャプテンシートと
NARDI(ナルディ)GARA3TYPE3ブラックレザー(ガラ3タイプ3)のステアリングです。


当時このコマーシャルを見て絶対買うならキャプテンシートって決めてましたね。
なので今でも「ダダダダッ・・、ダダダダッ・・~」って言う
アダムスファミリーの出ていたこのCM曲はよく覚えてます!

315
これは2代目ナルディです。
初代ナルディは擦り切れてしまったので
以前乗っていたスバルのインプレッサSTI RAに
付いていたハンドルを取り付けています。
赤の「STI」ってロゴが名残りで懐かしいです!
(2017年10月、今は3代目Newナルディになりました。)

ハンドルを付け替えると言うのは旧車ならではの楽しみ方ですね!
また今の車みたいに複雑なハイテク部品も少ないので
電子部品の故障で動かなくなると言う事がほとんどありません。
とてもシンプルな作りの集まりなので自分でメンテナンスしやすい車です。
ですので故障しにくいと言うよりは修理しやすい車という事で
こんなメンテナンスで結構いつまでも乗る事が出来ますよ!
それでは私のオデッセイのメンテナンス記録をここに書き綴る事と致します。

メンテナンス情報は追々こちらに書こうかと思っておりますのでお楽しみを!

1、「10万キロ以上乗りたくて新車を乗る時最初に注意したこと!」

2、「オデッセイ慣らし運転後1万キロになった時のメンテナンス!」

3、「オデッセイの10万キロまでにあった大きなトラブル!」

4、「オデッセイが10万キロになったら交換する事になるもの!」

5、「10万km超えオデッセイのエンジンオイル漏れを止める方法!」

6、「この組み合わせで14万kmオデッセイ燃費リッター11km復活しました!」
  (オデッセイと相性の良いお奨めオイル!)

7、「平成21年度(2009年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

8、「オデッセイの15万キロ突破後に起きた2度目のトラブル!」

9、「お勧めオデッセイのプラグコード!」

10、「15万キロ越えオデッセイ!ATFオイル交換で注意する所!!」

11、「オデッセイのカヤバショックお勧めセッティング情報とレビュー!」

12、「オデッセイ燃費向上化体験レビュー!リッター11キロ再び!!」

13、「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のドアミラーの交換方法!!」

14、「写真で見るオデッセイの内張りの外し方&作業方法!!」

15、「オデッセイ!パワステオイルが減り出したらここが危ない!!」

16、「平成23年度(2011年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)
  (この時点で平成23年(2011年)4月18日を迎え 
    走行距離153000km 乗車歴13年になりました。)


17、「オデッセイ!エンジンの振動とギヤショックはここが原因かも!」

18、「オデッセイ!カーナビの不調はこれが原因だった!!」

19、「オデッセイ!パワーウィンドウが閉まりにくくなる原因はコレ!!」

20、「旧車には危険かも!エンジンフラッシングでオイル漏れ再び!」

21、「やっぱりよく効くこのエンジンオイル漏れ止め剤!」

22、「オデッセイにお勧めの激安無補水バッテリーとその交換方法!」
  (2015年11月現在の格安バッテリー更新しておきました!)

23、「自分で交換後の古いバッテリーの処分方法!」

24、「16万キロオデッセイのリッター10Kmで走行時のデーター資料!」
  (平成24年(2012年)7月31日 
    祝!走行距離160000km達成 乗車歴は14年になりました。)


25、「ワイルドだぜ~!オデッセイのワイルドスピード化計画!!」

26、「オデッセイとグーグルNexus7はとっても相性ばっちり!」

27、「走行距離6万キロ!68万円オデッセイの誘惑は桜と共に!!」

28、「平成25年度(2013年)オデッセイユーザー車検レビュー!」  (車検)

29、「速報!ホンダよりNewオデッセイConcept Mの案内届く!!」

30、「オデッセイのカヤバショック!装着3年半後の状況報告!!」
  (オデッセイで走るのに楽しいツーリングコースも書いてます!)

31、「2度目のパワーウインドウ故障!動かなくなった原因はコレ!!」 

32、「自作!オデッセイ専用スマートフォンフォルダー完成!!」

33、「オデッセイ!脱着式コンパクト渋滞回避カーナビシステム完成!!」

34、「16万キロオデッセイのエンジンオイル漏れを完全に止める!」

35、「16年目初期型オデッセイに水抜き剤は効いているのか!」

36、「16年目オデッセイ!遂に走行距離17万kmを突破致しました!!」
  (平成26年(2014年)4月24日 
    祝!走行距離170000km達成 乗車歴は16年になりました。)


37、「気分一新!オデッセイ16年ぶりのフロアマット交換!!」

38、「17万キロ超えオデッセイのオイル漏れの原因はこれ!」

39、「初代オデッセイの最近のエアフィルター状況と交換方法!」

40、「やってみよう!簡単オデッセイのブレーキランプ交換!!」

41、「オデッセイ!純正アルミホイールセット1万円!!」

42、「合体!元祖オデッセイ+ホンダの純正アルミホイール!!」

43、「オデッセイ!オイル漏れは量が多いと上から漏れる!!」

44、「17年目の初期型オデッセイに純正アルミホイール装着完了!!」

45、「平成27年度(2015年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

46、「205/65r15の中古タイヤホイール¥0円差し上げます!」
  (カテゴリ 「掘り出し品」 にて公開中!)

47、「オデッセイ!床下重量軽量化の恩恵でハンドリングアップ!」

48、「一般道で行く大阪~能勢妙見山ドライブコース!」
  (オデッセイで走るのに楽しいツーリングコースも書いてます!)

49、「炸裂!オデッセイRA2の阪奈道路攻略法!!」

50、「2015年!最近のサタデーナイト阪奈道路はこんな感じ!!」

51、「敬遠され気味?初期型オデッセイのラジエーター液交換!」

52、「オデッセイ17年!車長持ちの秘訣はブレーキパッドにあり!!」

53、「18年目オデッセイ!ついに走行距離18万キロ突破しました。」
  (平成28年(2016年)2月15日 
    祝!走行距離180000km達成 乗車歴は18年になりました。)

 
54、「オデッセイでスマホ音源をCD音源並みの音質で再生させる方法!」

55、「大阪市内最安?ガソリン97円/1Lキャンペーン価格!!」

56、「セルモーター!最後キュッとなり始めたら要注意!!」

57、「格安か品質か?オデッセイお勧めバッテリー選び!!」

58、「オデッセイのバッテリー交換とオイル漏れ箇所の発見!」

59、「Ai-NETでアルパインMDA-W933JとXperia Z3 SO-01Gの繋げ方!」

60、「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のルームランプ交換方法!」

61、「オデッセイのエンジンオーバーホール出来る整備工場を発見!」
  (平成28年(2016年)5月26日
   オデッセイ20年20万kmに向けての本格的なオイル漏れ修理を開始する。)


62、「オデッセイのオイル漏れを止める本格メンテナンス開始!」

63、「これが今の車なのか!オデッセイの代車 MOVEにてんてこ舞いする!!」

64、「オデッセイのオイル漏れ修理費用!ディストリビューター&オイルパン編!!」

65、「オデッセイ!ただ今オイル漏れと格闘中!!」

66、「18年目オデッセイのオイル漏れを完全に止めた修理内容!」
  (オイル漏れ修理の完了報告です。これでオデッセイ完全復活しました。)

67、「タイヤ!入札3,000円/即決12,000円のピレリP6が届く!!」
  (タイヤ交換!ピレリP6 レビュー!!)

68、「オデッセイとオートバックスMaxrun Excela EZのフィーリングレビュー!」

69、「持込みタイヤ交換大阪のお兄ちゃんはいい感じだぞ!」

70、「阪奈道路でテスト走行!オデッセイとピレリP6のインプレッションレビュー!」

71、「阪神環状線でテスト走行!オデッセイとピレリP6インプレッションレビュー!」

72、「月ヶ瀬~柳生の里でテスト走行!オデッセイとピレリP6レビュー!」

73、「神舞い降りし高野龍神スカイラインにてオデッセイ完全復活宣言!」

74、「即席のオデッセイ用なんちゃって車載カメラ完成!」

75、「大阪~碓氷峠、榛名山、妙義山、赤城山、いろは坂一般道で往復41時間!」
  (念願の群馬県、栃木県の有名処の峠を走ってきました!)

76、「18年目オデッセイのセルモーター交換費用とレビュー!」

77、「オデッセイのウィンドウウォッシャーのモーター交換修理!」

78、「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
  (オデッセイの4代目ショックに車高調を取り付けました!)
  (あとクスコの 剛性アップ 補強パーツ取付けレビューも書いてます!)

79、「オデッセイのカチカチに固まった両面テープを剥がす!」

80、「板金塗装は東に行く程おすすめショップが多い!」

81、「納得の価格&スピードの板金塗装!」

82、「オデッセイのスピードメーターの取り外し方!」

83、「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」
  (19年目にしてやっとタコメーターを取り付けました!)

84、「エンジンのプラグホールのオイル漏れの時はこれが原因!」

85、「オデッセイのエンジンガスケットからのオイル漏れ修理!」

86、「オイル噴く!エンジン負荷についに限界ディストリビューター!!」

87、「オデッセイのディストリビューター交換と費用!」

88、「写真で見るオデッセイのプラグ交換とお勧め工具一式!」

89、「18万㎞オデッセイの燃費リッター11km 復活メンテナンス!」

90、「一世風靡!15年経っても色褪せないアルパインサウンド!!」

91、「写真で見るオデッセイのカーオーディオ交換方法!」
  (オデッセイのインパネ周りの取り外し方紹介!)

92、「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」
  (オデッセイ用スーパーウーファー等の音響設定値も書いてます!)

93、「大台目前!ついに来ましたオデッセイの19万km!!」
  (平成29年(2017年)4月1日 
    祝!走行距離190000km達成 乗車歴は19年になりました。)


94、「補強も兼ねてオデッセイのドリンクホルダーを修理!」

95、「オデッセイのブレーキオイルは純正DOT4で決まり!」

96、「平成29年度(2017年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

97、「オデッセイのインチアップ情報!タイヤ&ホイール編!!」

98、「オデッセイ アルミホイール マッチング確認用写真!」

99、「オデッセイ用レイズのホイールロック&ナットセットの取り付け方!」

100、「オデッセイ RAYS ITC SEBRING EVO 17インチ 外観写真!」

101、「オデッセイ!FALKEN ZIEX ZE912 215/50r17 タイヤレビュー!」
   (タイヤ交換!FALKEN ZIEX ZE912 レビュー!!)

102、「オデッセイのブレーキパッド&ディスクローター交換費用!」

103、「ZBP ブレーキパッド HS2&DIXCELディスクローターPD レビュー!!」

104、「ブレーキ踏んでもストップランプが切れない原因はこれ!」

105、「ラジエーターホースが破裂した時の対処方法!」

106、「20万km使ったオデッセイのラジエーターを交換修理する!」

107、「20年乗っても飽きない車オデッセイを採点してみよう!」

108、「女心と秋の空!コンプリートオデッセイに心が揺れる!!」

109、「H19年式(2007年式)の超レアオデッセイ!」

110、「時代を越えてレアなオデッセイが到着する!」

111、「写真で見るオデッセイのハンドル交換方法!」
   (3代目となるNewナルディに交換しました!)

112、「ナルディの鳴りにくいホーンボタンを改造する!」

113、「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」

114、「車高調のタイヤローテーションしたらハンドルがブレる原因!」

115、「突然の悲劇!オデッセイ2度目のラジエーター液漏れ!!」

116、「比較!RB1アブソルート対ショーリン専用オデッセイ!!」

117、「20年越えて乗り続ける時の最大の難関は部品調達か!」

118、「オデッセイの製造中止した純正部品は海外から手に入れろ!」

119、「ホンダ国内入手不可能純正部品をHondaPartsNow.comで買う方法!」
   (おすすめ!オデッセイの純正部品入手先情報!!)

120、「HondaPartsNow.comの問合せ方法!」

121、「オデッセイの神様が舞い降りた!」

122、「オデッセイRB3アブソルートがもたらす驚きの連続!」

123、「これが俺のオデッセイ?ふふふ!何、これ、どうしたの!!」

124、「海を越えて間もなくオデッセイの純正部品がやって来る!」

125、「オデッセイ!ピレリP7 215/50r17 タイヤレビュー!!」
   (タイヤ交換!ピレリP7 レビュー!!)

126、「今年の修理納め!20万kmに向けての最後のメンテナンス開始!!」

127、「20年目オデッセイ!ついに走行距離20万キロ突破しました。」
   (平成29年(2017年)12月25日 
     祝!走行距離200000km達成 乗車歴は20年になりました。)


128、「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」
   (レカロシートの装着レビューです!)

129.「オデッセイ!12年ぶりのブレーキホース交換!!」

130、「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」

131、「オデッセイ&ピレリのインチアップタイヤ適正空気圧計算方法!」

132、「代車で今日からまたしばらくはアブソルート!」

133、「乗ると分かる!すっかりアブソルートを超越していた足回り!」

134、「20年間の疲労が蓄積で遂に交換!今までありがとうオイルポンプ!!」

134、「ちょっと嫌な雰囲気!オイル漏れが止まりません!!」

135、「これだけ乗ったらもう自分の車みたい!」

136、「タイミングベルト交換でエンジン音が変わる!」

137、「30万kmに向けての最後のメンテナンスはタイミングベルト交換!」

138、「オデッセイのタイミングベルトまわりの交換費用一式!」

139、「店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!」

140、「20年20万キロ乗るためにしてきた事!」

141、「オデッセイの燃費を伸ばす乗り方!」

142、「久しぶりの阪奈道路で足が攣る!」

143、「50タイヤは空気がよく抜ける!」

144、「20年目オデッセイ!ついに走行距離21万キロ突破しました!!」
   (平成30年(2018年)9月23日 
     祝!走行距離210000km達成 乗車歴は20年になりました。)


145、「嬉しいね!オートバックスの無料パンク修理サービス!!」

146、「経年劣化で折れたヘッドライトレバーの交換修理!」

147、「突然のアクシデント!ヘッドライトが両方同時に切れる!!」

148、「お勧めバルブ!数値が明るかったらいいってもんじゃない!!」

149、「オデッセイのヘッドライトのカップラー修理費用!」

150、「自分で出来る簡単オデッセイのヘッドライトバルブ交換方法!」

151、「超人気!フジツボフルオーダーマフラーは2年半待ち!!」

152、「大阪だったら柿本!フルオーダーマフラーの見積もりに行く!!」

153、「ホンダディーラーメカニックも納得の20年以上経ったコンディション!」

154、「ディーラーからの警鐘!ラジエーターホースの欠品には気を付けて!!」

155、「廃車回避に入手可能なラジエーターホースをストックせよ!」

156、「廃番のウェザーストリップの代替品を手に入れろ!」

157、「オデッセイRA2のウェザーストリップ代用はRA3、RA4分が流用可能!」

158、「オデッセイ用廃番部品~ストック(在庫)リスト~!」 (重要)

159、「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」
   (マツダ アクセラスポーツ試乗レビューです!)

160、「オデッセイ!伝説の始まり!!」

161、「亥年の初走りは粉雪舞い散る気温0度の阪奈道路にて!」

162、「ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!」


愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

オデッセイの足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイのレカロシート情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」


巷で大人気のグーグルタブレットNexus7 のお勧め情報はこちら!
「グーグルタブレットNexus7!インプレッションレビュー!!」

今でも使いやすいスマートフォン!
ドコモ Optimus G L-01Eの情報はこちら!!
「スマートフォンOptimus G L-01E!インプレッションレビュー!!」

ドコモ最後のFOMAかも!PRIME F-09C のおすすめ情報の記事はこちら!
「ドコモ F-09C!インプレッション・レビュー!!」

自分で作るリカバリーディスクはこちら!
「Windows10用の自分で作れるリカバリーディスク作成方法メモ!」

ノートパソコンの初期化とハードディスク交換の記事はこちら!
「2015年!簡単自分で出来る無料ハードディスク交換方法メモ!」

HD高画質をYouTubeにアップロードする方法を書いた記事はこちら!
「HDビデオカメラからYouTubeにHD画質をアップロードする方法!」

ドコモで好きな着うたを入れたい人はこちら!
「着もとでSD転送!楽ちんドコモの着うた設定!!」

昔のFOMAに入れてる音楽を今のFOMA用に変換したい人はこちら!
「m4aをwmaに変換して携帯で聞く方法!」

| メンテナンス | 16:07 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

旧車 | 車・バイク | EDIT

BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
4代目ショックとなる
BCレーシング車高調レビューです!

(車高調編!)
1、「オデッセイのBR化計画始動!」

2、「現在のオデッセイの足回り状況!」

3、「大阪で持ち込み車高調を取り付けるならこの2件!」

4、「BCレーシング車高調のオーバーホールイメージ!」

5、「BCレーシングを選んだ最後の決め手はスタッフの対応!」

6、「BCレーシングの車高調到着!これはオデッセイ最強の予感かも!!」

7、「車高調取り付け最終打ち合わせをしに再度ミスタータイヤマンへ!」

8、「オデッセイRA2のショック交換開始!」

9、「BCレーシングとカヤバショックを比較!」

10、「オデッセイ!リヤ側 車高調 取り付け開始!!」

11、「オデッセイ!フロント側 車高調 取り付けで形状アクシデント発生する!!」

12、「オデッセイの車高調取り付け時間は2時間位でした!」

13、「オデッセイの新しい足回りは何とも言えない違和感だらけ!」

14、「BR DAMPERの減衰力調整ダイヤルの場所!」

15、「オデッセイのBCレーシング車高調データと外観写真!」

16、「初期型オデッセイの地上高は後輪部分のマフラーが一番低い!」

17、「オデッセイ テスト走行開始!阪奈道路1周目上りデータ!!」

18、「オデッセイ(ミドル)!阪奈道路1周目下りデータ!!」

19、「オデッセイ(レベル最強)!阪奈道路2周目上りデータ!!」

20、「オデッセイ(レベル最強)!阪奈道路2周目下りデータ!!」

21、「オデッセイ(レベル最弱)!阪奈道路3周目上り&下りデータ!!」

22、「オデッセイ&BCレーシング車高調の阪奈道路テスト走行レポート!」

23、「オデッセイ!フロント5mm落としてグッドハンドリング!!」

24、「オデッセイ in 能勢!今宵のテスト走行はレイニーナイト!!」

25、「4輪アライメントに向けてのBCレーシングテストまとめ!!」

26、「いよいよ大詰め!4輪アライメント開始です!!」

27、「4輪アライメントの効果絶大!」

28、「炸裂!オデッセイRA2の阪奈道路攻略法 パート2!!」

おまけ!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」
(ショックの性能をフルに発揮させるためにタコメーターを装着しました!)


(ボディー剛性アップ編!)
1、「山野自動車式チューンナップでオデッセイの剛性を上げろ!」

2、「補強パーツ1つ目!オデッセイのロアアームバー到着!!」

3、「補強パーツ2つ目!オデッセイのストラットタワーバー到着!!」

4、「補強パーツ3つ目!オデッセイのリジカラが到着!!」

5、「代車プリウス最恐伝説!初のハイブリッドにタジタジです!!」

6、「プリウス in 阪奈道路!」

7、「プリウス!熱しやすく冷めやすいではある意味最速である!!」

8、「ついにオデッセイが帰ってくる!」

9、「オデッセイの補強パーツ取り付け風景の写真!」

10、「この手応えそしてこの振動!これは確かに何かが違うぞ!!」

11、「リジカラは超高速域でこそその真価を確信出来る!」


(ブレーキ交換&インチアップ編!)
1、「1点集中!オデッセイの阪奈下りプロジェクト!!」

2、「詰める区間はこの2ヶ所!サブロク手前と最終コーナーまでの区間!!」

3、「オデッセイのブレーキローターはこのDIXCELで決まり!」

4、「比較!オデッセイのお勧めブレーキパッド!!」

5、「オデッセイのインチアップ情報!タイヤ&ホイール編!!」

6、「オデッセイ アルミホイール マッチング確認用写真!」

7、「オデッセイNewアイテム!17インチホイールと50タイヤが到着する!!」

8、「オデッセイ用レイズのホイールロック&ナットセットの取り付け方!」

9、「オデッセイ RAYS ITC SEBRING EVO 17インチ 外観写真!」

10、「オデッセイ!FALKEN ZIEX ZE912 215/50r17 タイヤレビュー!」
   (各コースでテストした結果レビューです!)
    (一般道路編)
    (阪奈道路編)
    (能勢&箕面編)
    (柳生の里&月ケ瀬編)
    (高速道路編)
    (山梨県 本栖みち編)
    (静岡県 富士山編)

11、「オデッセイのNewブレーキパッドZBP Type HS2 到着!」

12、「オデッセイ用ブレーキローター!ディクセル PDタイプが到着!!」

13、「オデッセイのブレーキパッド&ディスクローター交換費用!」

14、「ZBP ブレーキパッド HS2&DIXCELディスクローターPD レビュー!!」
   (New ブレーキパッド&ローターのレビューです!)

15、「オデッセイのブレーキ交換経過レビュー!交換直後写真!!」

16、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!1Km走行後!!」

17、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!1km~200km走行後!!」

18、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!200km~500km走行後!!」

19、「遂に来ました!オデッセイのブレーキ リミッター解除の日!!」

20、「オデッセイの三位一体の華麗な技が舞う!」

21、「ZBPパッド & ディクセルローターでのブレーキ装着テスト結果!」

22、「オデッセイ!阪奈道路下りの最終チェック開始!!」

23、「今も健在六甲山の猛者達!さすが関西屈指の峠である!!」

24、「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」

25、「車高調のタイヤローテーションしたらハンドルがブレる原因!」


(スタビライザー編!)
1、「オデッセイ最終補強パーツ!スタビライザー到着!!」

2、「山野自動車で工場長とスタビライザー装着で打ち合わせ!」

3、「これが俺のオデッセイ?ふふふ!何、これ、どうしたの!!」

4、「オデッセイのスタビライザーをチェック in 阪奈道路!」

5、「お待たせしました!ピレリP7 満を持して投入です!!」

6、「最終調整の4輪アライメントに向けて打ち合わせ!」

7、「やっぱ最高!店長の4輪アライメント!!」

8、「オデッセイ!ピレリP7 215/50r17 タイヤレビュー!!」
  (各コースでテストした結果レビューです!)
   (一般道路編)
   (阪奈道路編)
   (柳生の里&月ケ瀬編)
   (阪神高速道路 環状線編)

9、「オデッセイ&ピレリのインチアップタイヤ適正空気圧計算方法!」

10、「ビシッと決まる!オデッセイ ピレリ 2.75kg/cm2 空気圧!!」

11、「ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!」


(レカロシート編!)
1、「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」
  (レビュー多くなってきたのでこちらにまとめました!)


今回車高調の作業をしてもらったショップはこちら!
 (ミスタータイヤマン柏原店)
  リンク http://cockpitkasiwara.web.fc2.com/index.htm


取り付けた車高調ダンパーキットはこちら!

BC RACING 車高調 BR DAMPER (オデッセイRA2用)

メーカーサイト及び商品説明はこちら!
BCレーシング 「BR COILOVER KIT(BRコイルオーバーキット)」


オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイのショックレビューはこちら!
カテゴリ 「ショック&足回り情報」

愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

| ショック&足回り情報 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

亥年の初走りは粉雪舞い散る気温0度の阪奈道路にて!

走りのイメージ強い亥年になり早1月ももう終わろうかと言う週末。
今年に入ってまだ1度も走りに行っていない平成最後の1月。
やっと時間が取れました。
現時刻はもうすぐミッドナイト突入の土曜日の23時50分。
天気は低気圧が北大阪を覆う凍てつくような気温。
しかし路面状況は良さそうな感じ。
初走りとするにはいい日かもしれない。

長く続いたメンテナンス期間。
しかし昨年のラジエターホースの交換を最後に一段落つき
現在は良い状態を保っている。
そして少し変更した点は
レカロのポジションとタイヤのローテーション。
街乗りでは許容範囲内の挙動なのだが
ステージを変えて確認していなかったので
今日はついでにこの辺りもチェックしておこう。
メンテンナンスと言えば阪奈道路。
特にマイオデッセイは阪奈仕様にセッティングしているので
今日はこのコースで調整して行きましょう。

阪奈入口のRSタイチに到着。
もう台風で倒れた看板は撤去されて元通りになっていた。
その前にある電光掲示板の温度計。
見ると気温が0度となっている。
雨上がりの氷点下ではないので路面凍結はまだしてないとは思うが
ファーストラップはコース状態の確認も兼ねて1周してみよう。
上り異常なし。
下りも異常なし。
そして台風の土砂崩れも整備されていて
道路状態も元に戻っていた。
それでは路面状態は問題なさそうなので
ボチボチとマシンチェックして行きましょうかね。
最近タイヤローテーションしてフラつくようになった直進性。
原因は偏摩耗による片減りが原因だが
ここ阪奈道路のストレートでは安定している。
たぶん路面にうねりが少ないのが好結果といった感じである。
レカロのポジションはスペーサー全部取っ払った最下段仕様。
以前ならハンドルとペダルの距離がアンマッチだったが
最近はレカロにも慣れたのでこのポジションでも運転出来るようになった。
ドラポジ的には最強のローポジション仕様。
久しぶりにコーナーワークも見て行きましょう。
第1コーナーを外側から進入。
体が外に持って行かれるが
深い着座姿勢とサイドサポートにより安定する。
しかしステアリングは体が沈み込んだ分少し遠いか。
これはもう半分座面を起こして調整必要である。
それでは今度は下りの方をチェックしてみよう。
全体的に緩いコーナーが続く下り。
そんなに激しくステアリング操作しないので
特に上りのポジションでも問題なしである。
ただ1ヶ所だけ不適合なコーナーがあった。
それは橋上の右コーナーを過ぎて次に差し掛かる左コーナー。
このコーナーをアウト一杯で曲がった瞬間
かなりの横Gで上り以上に体をアウトに持って行かれる。
その距離約50mm位か?
しかしその距離分ステアリングが遠退きハンドルを回しきれない。
他のコーナーでは持ち応えれるのだが
唯一このコーナーだけは座面を起こしておく必要有りであった。
やはり阪奈道路のような深いコーナーだと
普段乗りでは分からない挙動を確認出来ますね。
ほんと大阪で一番のテストコースであります。
「おっ!白いものがちらほらと!!」
雪が降り始めてきました。
時計を見ると夜中の3時過ぎ。
車もほとんど走っていないので
このまま降ったら積もるかもしれませんね。

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

オデッセイ ミュージック プレイリスト!北関東編!!

2日間で走行距離1400kmの
北関東に行った時に作ったYouTubu用プレイリスト!
(この時は眠気防止の為ロック系でノリノリの曲をチョイス。)

1、Kickstart My Heart / Mötley Crüe
 モトリークルーのキックスタート マイ ハート!
 オープニングを飾るにはこの上ない1曲。
 このマン島TTレースの動画は最高でまた再び2輪に乗りたくなってくる。

2、Mighty Wings / Cheap Trick
 トップガンのエンディング。
 大空羽ばたく一筋の閃光って感じ!

3、Danger Zone / Kenny Loggins
 トップガンのオープニング。
 出陣する時のイメージにピッタリ!

4、Speed / Billy Idol
 スピードのエンディング。
 題名と同じく最高のスピード感溢れる1曲である。

5、Rebel Yell / Billy Idol
 ビリーと言えばこれ!
 日本語タイトルで反逆のアイドルと言うが如く
 まさに硬派なアイドルを象徴する代表曲である。

6、Dancing With Myself /Billy Idol
 アップテンプでリズミカル。
 しかしプロモーションビデオはコミカルで
 当時MTVでよく見ていた。

7、You Can Still Rock In America / Night Ranger
 ロックと言えばアメリカ!
 タイトル通り王道を行くナイトレンジャーの1曲。

8、Don't Tell Me You Love Me / Night Ranger
 初めて自分で買った洋楽のシングルがこれ!
 ナイトレンジャーを初めて知ったきっかけの曲である。

9、Photograph / Def Leppard
 アルバム 炎のターゲットに収録されている1曲。
 デフレパードの中でもお気に入り!

10、Delirious - ZZ Top
 当時後輩が薦めてくれたZZ TOP!
 聞いてみると一線を画した容姿と裏腹のその音楽に衝撃。
 今でも斬新に感じる曲である。

11、Sleeping Bag / ZZ Top
 アルバム アフターバーナーのオープニングを飾っている1曲。
 ZZ TOPの魅力を感じる曲である。

12、Jump / Van Halen
 「これから行くぞ!」って気持ちにさせてくれるヴァンヘイレンのジャンプ!
 お気に入りのバンドである。

13、Panama / Van Halen
 熱気、活気を感じるパナマ。
 熱いですね~!
 
14、Hot For Teacher / Van Halen
 エディーのギターにデイヴィッドのヴォーカルが冴え渡る
 ホットフォーティーチャー。
 走りが加速するリズムです。

15、Yankee Rose / David Lee Roth
 デイヴィッド リー ロスがソロになってからの曲。
 桁違いの個性溢れる強い歌声である。
 その雄姿!まるで松崎しげるって思うのは自分だけ?

17、You Could Be Mine / Guns N' Roses
 ターミネーター2のイメージソング。
 T-1000型がバイクで追っかけてくるシーンを思い出す曲である。

18、Drowning Pool / The Walls
 映画 はじまりの歌のオープニングでダンが車中で
 新人のサンプルCDを聞いている時の曲。
 誰が歌っているのか分からず探し回った。

19、Two Tribes / Frankie Goes To Hollywood
 歌詞は政治色強い内容であるが
 これがフランキーテイストなリズムに乗って流れてくると
 何故かアクセルとマッチしてしまう。

20、Born To Run / Frankie Goes To Hollywood
 どちらかと言えばブルース・スプリングスティーンのイメージが強い
 Born To Runであるがフランキーの方が好きである。

21、Relax / Frankie Goes To Hollywood
 フランキーゴーズトゥハリウッドと言えばこれ!
 ハイテンションで綴ってきた曲をリラックスさせる。

22、Fight / No Vacancy
 スクールオブロックのオープニングで流れていた曲。
 疾走感溢れるパワフルな曲である。


2016年 北関東に行った時の記事はこちら!
「大阪~碓氷峠、榛名山、妙義山、赤城山、いろは坂一般道で往復41時間!」

他のアルバム情報はこちら!
カテゴリ 「音楽」

| 音楽 | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

レカロ ロングドライブ チェック完了!

今回1泊2日で世界遺産の白川郷まで走ってくる。
走行距離は往復で約700㎞。
レカロポジションは最下段のスペーサーなし。
シートは背もたれを少し寝かせて長距離仕様とし
休憩は片道3回程度で一気に完走する。
最近はシートに体が馴染んできたというのもあり
圧迫からくる鼻血といった事もなく
また疲れもほとんど無しであった.
峠よし!
高速よし!!
大分オデッセイとの一体感も出来てきた
レカロ SR-7F lassicである。

白川郷に行った記事はこちら!
「大阪~白川郷~飛騨高山 1泊2日ドライブコース!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT