FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

大阪~白川郷~飛騨高山 1泊2日ドライブコース!

平成30年(2018年)12月1日(土)~2日(日)
週末を使って世界遺産の白川郷と飛騨高山市にオデッセイで家族旅行!
天気予報では来週から一気に気温が下がり
この辺りも積雪でチェーン規制が入るとの情報ありましたが
何とか本格的なウィンターシーズンに入る前に旅行に行けました。
岐阜に来るのは久しぶり。
特に冬となると昔スキーで良く来ていた以来でしょうか?
岐阜のゲレンデは得意ですが白川郷は初めてだったので楽しみです。
世界遺産になって一気にインターナショナルな観光地になった白川郷。
どんな感じなのか家族共々楽しみです。

(それではオデッセイで走るのに楽しいドライブコースのご紹介です!)

(地図拡大は右上のターゲットマークをクリックです!)

(地図内の場所)
  (A地点) 阪神高速 法円坂入口 (マップ)
  (B地点) 道の駅 白川郷 (マップ)
  (C地点) とんかつ富美や (マップ)
  (D地点) 白川郷 天守閣展望台 (マップ)
  (E地点) 飛騨高山ラーメン つづみそば (マップ)
  (F地点) 高山市で一番安いガソリンスタンド岩田商店 (マップ)
  (G地点) ホテルアソシア高山リゾート (マップ) となっています。

それではルート説明です。
白川郷に11時、高山市に16時到着のペース配分。
朝6時出発で大阪市内から阪神高速空港線を通り豊中から
名神高速へ合流し7時30分に大津SA到着。これで京都の渋滞を
まずは回避しておく。あとは大きな渋滞ポイントはないので
一宮JCT経由で東海北陸自動車道に入り白川郷インターに
予定通り1時に到着する。これで白川郷で4時間観光して
1時間移動で高山市に16時に到着する。少しでも早く出発して
京都、滋賀エリアの渋滞を回避するのがこのルートの攻略ポイント。
走行距離 381km(5 時間 23 分)コースです!

道中レビューはこちらに書いておきます!
 1、「最近は2車線になって快適の東海北陸自動車道!」

 2、「10.7kmって何なんだこのトンネルは!」

 3、「着いたらまずは道の駅白川郷で休憩しよう!」

 4、「天気が悪い日は白川郷展望台に車で行ける絶好日!」

 5、「」


オデッセイで走ったお勧めのドライブコースはこちら!
カテゴリ 「ドライブ」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイに装着中のショックレビューはこちら!
カテゴリ「ショック&足回り情報」

ユーザー車検レビュー 一覧はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

| ドライブ | 08:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

人も車も個性が大事!

車とどう向き合えるか?
道具としてみるだけなら自動運転なんかが付いた今の車は究極だろう。
しかしそんなものを求めてはいないという人には宝の持ち腐れである。
私もそちらのタイプである。
では車に何を求めているの?って事だが
車=運転させてなんぼ!なんてのが持論である。
物心ついた時から周りに乗り物があった。
最初は自転車!
駒付の自転車から駒を外して2輪だけで走れた時の感動!
あの時の衝撃は今でも体に染みついています。
自分の足だけでは行けない場所にも
自転車に乗るとどこまでも走って行けた。
一気に世界が広がった瞬間。
人生はなんて素晴らしいんだ!等と子供心に悟ったものである。
それが進化して原動機を搭載したバイクに代わり
そして自動車へと進化していく。
人の力以上の物を与えてくれた乗り物を運転して知らない世界に行く。
いつしかそれが全ての中心にある事に気づく。
確かに興味は尽きず色んな事をしてみた。
そしてその興味は時と共に変化して行く。
しかしこの車を運転するというのは今も昔も変わらない。
何十年と経った今でも毎日車と携わっている。
車も好きだがそれよりも走るという事が好きだと気付く。
だが面白い事に走るのは好きだがそれも乗る車によることを知る。
初めて乗ったCB400。
5つ上の兄が乗っていたバイクがあったので
16歳と同時に原付を飛ばしてすぐに自動2輪の免許を取って乗っていた。
そして自分のバイクが欲しくなりバイトをして
当時発表されたばかりのNSR250を予約して発売と同時に乗った。
この頃は規制がなかったので250㏄がこんなに走ってもいいのだろうか?等と
思いつつも当時狂気じみたバイクに夢中になっていた。
しかしある時転倒事故。
このまま乗っていたら今度は死ぬな!という事でバイクを卒業。
そこからは安全を取って車生活へと移行していく。
18歳になるとすぐに車の免許を取得。
初めて買ったのは大好きなホンダからでシビックをチョイス。
ハッチバックが人気でリアにカロッチェリアのブレーキランプに連動する
スピーカーを積んで音楽をよく聞いていた。
しかし2ドアは何かと不便。
外観は最高だが日常生活では特に買い物とか行った時は不便だったので
4枚ドアの車に乗り換える。
一度違うメーカーの車もいいかな!
今度は日産のプリメーラを購入する。
フロントにマルチリンクを搭載した足回りは
星野一義率いるカルソニック日産のツーリングカーレースでも活躍。
軽量シビックとは違った重厚な骨格の安定した走りは魅力的だった。
ただ唯一パワー不足は否めなかったか。
なのでパワー追及でボルトオンターボなども真剣に考えたが
予算を考えると新車を買った方がマシという事で
次に当時流行っていたWRCのベースカー
スバルのインプレッサSTIに乗り換える。
ランエボも良かったのだが営業マンの熱意がイマイチ。
それに引き換えスバルの人は今だから言えるのだが
会社に内緒ね!などと言って
駐車場で愛車のインプレッサでサイドターンなどをしてPRしてくれた。
どうやら趣味でジムカーナをしているようで
ラリードライバー顔負けのテクニックに
ホンダ好きなのに一気にスバルファンになってしまった。
それをきっかけに車がインプレッサのセダンに代わる。
4駆で規制限界にセッティングされたパワー。
WRCの技術がふんだんにフィードバックされたSTI仕様。
走りの面に関しては文句なしであった。
それでいて4枚ドアなので買い物も楽ちん!
走って良し!タウンユース良しの最強の車であった。
しかしこの車を脅かす存在が現れる。
当時ホンダが威信を掛けて作ったミニバンが発売された。
そう!オデッセイの誕生である。
これに目を付けていた兄が購入して我が家にやって来る。
当時スキーにはまっていた自分には注目の的であった。
「今度ちょっとこれ借りてもいいかな?」
兄も車好きだったのでインプレッサを交換でと言うと
いつも2つ返事で貸してくれた。
そしてスキーにはいつもオデッセイを借りて乗っていく。
快適そのものでこの安らぎの空間は何なんだ!等といつも感じたものである。
しかし兄が突然今度オデッセイを売ると言い出す。
焦りましたよね。
今度からスキーに行く時にオデッセイがないと考えた時。
なのでその時インプレッサを売るからそのお金で譲ってくれないかなと言って
そのオデッセイの名義を移してもらいました。
インプレッサは理想の車だったんですけど
でもあのオデッセイの快適空間には勝てなかったですね。
それから愛車がオデッセイに代わる。
ちょっと買い物に行こうとするとその巨体が細い角を曲がる時
いつも冷や冷やもんでした。
何せフロントなんか全然見えませんものね。
どこまでノーズがあるのか全く車両感覚無しです。
それは大変極まりなし。
でも何故か乗って行くのが楽しくて楽しくてしょうがなかったですね。
ほんと歩いてすぐのローソンでも乗って行ってましたから。
そしてそこからオデッセイと二人三脚が始まり
オデッセイのメンテナンス記事を綴り始めていく・・・。
20年経っても色褪せないこの気持ち!
もう他の車には乗り換えないかもしれないな。

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

こんなに座っててもお尻が痛くならないってすごいシートだね!

「シンプル・イズ・ベスト!何もないのがいい感じ!!」 からの続き!

今回オデッセイで再発見!
最近ちょっと腰を痛めて車に乗るのが辛い従弟が
ポロっとこぼした一言!
「こんなに長く乗っていても腰が全然痛くならない!」
どうやらシートの座り心地が非常にいいらしい。
確かに最近はシートの固いレカロに変えたので
座り心地に関しては余り気にする事はなくなっていたが
純正シートの時は幾らでも走れるっていう位
いつまでもずっとシートに座りっぱなしでも運転出来ていた。
そう言えば家族からもこのオデッセイのシートに関しては
今まで1度もクレームが入ったことがなかったな~。
見た目は地味な普通のシートなんですけどね。
でもその座り心地は上質で高級シートにも引けを取らないかも!
普通に乗ってそれが当たり前になっているので
たまに違う人に乗ってもらうと色んな発見が多々あります。
今度は運転するのではなくて誰かに運転してもらって
セカンドシートで思いっきりくつろいでみたいですね。
でもこいつは華奢なくせに
自己主張は激しいから運転は慣れてないと怖いかな~!

TOPページ!
「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」

| メンテナンス | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

シンプル・イズ・ベスト!何もないのがいい感じ!!

「やっぱりミニバンは大っきいね!」 からの続き!

最新テクノロジー満載のアクセラスポーツと比べると
この初期型オデッセイにはそんな洒落た機能がほとんど付いていない。
そりゃ~ABSもエアーバッグも標準装備ではなかった時代ですからね。
今で言うオートクルーズや自動ブレーキなんて
雲の上のまた上って感じの機能です。
なのでそれらを制御するスイッチ類は一切ないので
運転席周り、特にステアリング周りはすっごくスッキリとしています。
これが今の車と比べると新鮮なのか
ちょっと落ち着くな~って言ってました。
そう言えば従弟の初めての車はホンダシビックのSiR!
私が初めて乗っていたグランドシビックに影響されて乗っていました。
「昔の車は要らない物がなくて運転しやすかったな~」
実感でしょうね。
確かに今の車は安全と快適面を重視するあまり
色んな機能が付加されるようになりましたからね。
なのでこのシンプルな仕様のオデッセイが懐かしいみたいです。
まあいつでも乗りたい時は言って下さいな。
でもその間はちょっとそっちのアクセラスポーツを
兄ちゃんに貸してもらっててもいいかしらん!

 続きはこちら!
 「こんなに座っててもお尻が痛くならないってすごいシートだね!」

TOPページ!
「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」

| メンテナンス | 04:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

愛車と日常 | 車・バイク | EDIT

それゆけオデッセイのレカロ化計画!

これは私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2の
レカロシート取付け記録である。

きっかけは足回りの強化に伴ってホールド性を向上させるため。
純正シートでも大丈夫な範疇ではあるが20年乗り続けれたという記念も兼ねて
今回はシートを新調しようと考える。
候補はシートと言えばレカロ?っていうイメージしかなかったので
迷う事なく思い込み一直線でレカロが筆頭になる。
当初はホールド性重視でリクライニング式のバケットタイプを視野に入れていたが
時代ですかね。
今はミニバン用にFタイプという座面フラットの使い勝手がいいシートも出ていた。
なので時代遅れの知識を一新する為にレカロ試座しにトライアルへ行く。
しかしこれが運の尽き!
実物に触れるとどんどんレカロの魅力に吸い込まれて行く。
またそこで受付の子や社長が熱く力説してくるのを聞いたものだから
もうすっかり「レカロを入れるぞ!」って気になってしまった。
もうそろそろ車も乗り換えするかもねっていう状況もどこ吹く風。
今は毎日夢中でどのシートがオデッセイに似合うかな等と妄想爆発。
日々レカロが付いたオデッセイに乗って想像の世界を走り回っています。
果たして夢を現実にすることが出来るのかオデッセイ!
今ここにオデッセイのレカロ化計画が動き始める・・・。

1、「レカロSR-6 GK100S最高!でも降りられないかも?」

2、「今までで一番チューニングテイストでレカロの多いオートバックス!」

3、「オデッセイのレカロSR-6、SR-7、SR-7F&lassic装着比較写真!」

4、「レカロシートレールの入荷連絡が届く!」

5、「SR-6、SR-7、SR-7F、lassicタイプの長所と短所まとめ!」

6、「レカロSR-7 lassicのサイドサポート乗り越え特訓!」

7、「レカロを選ぶ前に自分のドラポジを見てもらおう!」

8、「素直で行こう!ミニバンには絶対レカロSR-7Fがいいんだってば!!」

9、「レカロ!トライアルのシートレールはかなり落ちるぞ!」

10、「レカロシート!-25mmのオデッセイの視界!!」

11、「トライアルポジション+2が楽ちん!でも腰が痛い!!」

12、「レカロシートは立てる程に楽だが度が過ぎると血流悪化!」

13、「足元スカスカ シートベルトスイスイのSR-7Fレカロちゃん!」

14、「とにかく硬い!レカロlassicはベンチシートに座布団1枚 !!」

15、「すごく視線を感じるんですけど!」

16、「レカロ SR-7F lassic グリーン 装着写真&動画!」 (動画)

17、「ステアリングが回せない!」

18、「圧迫してるのか?鼻血が出てきた!」

19、「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」 (重要)

20、「レカロで劇的に変わる右コーナー!」

21、「オデッセイ de レカロ in 阪奈道路!」

22、「オデッセイ de レカロ in 柳生の里~月ケ瀬区間!」

23、「オデッセイ de レカロ in 箕面~能勢区間!」

24、「トライアルの車検用レカロ強度保安基準適合証明書!!」

25、「お洒落にバンダナ巻ですれ防止!」

26、「レカロのローポジション化は購入時は一番高くで慣れたら落そう!」

27、「店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!」

28、「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」

29、「レカロの肘干渉にはランバーサポートは有効!」

30、「格好より実用性!シート高は目一杯高めが運転しやすい!!」

31、「真夏にこそ真骨調!グラスメッシュはかなり涼しい!!」

32、「レカロ!普段乗りポジションを阪奈道路で検証!!」

33、「比較!レカロ lassic 汚れ方チェック!」

34、「やっぱレカロでローポジションは最高だね!」

35、「沈むポジションに潜り込む様な視界!これは燃えますね!!」

36、「シートを落したら気分は一気にスポーツカー!」

37、「レカロSR-7Fは夏と冬とでセッティングを変えて乗ろう!」


オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

| レカロ | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

整備 | 車・バイク | EDIT

オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
平成8年式のオデッセイ(買ったのは平成10年)なので今年でもう20年になるかな!
ひと昔前なら車は10年10万キロで廃車なんて言ってましたけど
私のオデッセイは現在もすこぶる快調です。
ちょっとした気使いと小まめなメンテナンスでこの初期型オデッセイは
いつまでも元気で走ります。
さすがミニバンブームの火付け役!
発売当時のホンダの意気込みを感じさせてくれる乗っていて楽しくなる車です!

 オデッセイRA1/RA2の主要装備・主要緒元・スペックなどはこちら!
   ホンダHP 「PRESS INFORMATION」 (1994.10.20)

 エンジン特性(ギア比と回転数、レッドゾーン)などはこちら!
   「ホンダ オデッセイ [S] RA2型 2.2L/145PS 4WD/4AT 諸元まとめ」

さて今では珍しいABSもなければエアバッグも付いていないこのオデッセイ!
そんな愛車のお気に入りは6人乗りのキャプテンシートと
NARDI(ナルディ)GARA3TYPE3ブラックレザー(ガラ3タイプ3)のステアリングです。


当時このコマーシャルを見て絶対買うならキャプテンシートって決めてましたね。
なので今でも「ダダダダッ・・、ダダダダッ・・~」って言う
アダムスファミリーの出ていたこのCM曲はよく覚えてます!

315
これは2代目ナルディです。
初代ナルディは擦り切れてしまったので
以前乗っていたスバルのインプレッサSTIに
付いていたハンドルを取り付けています。
赤の「STI」ってロゴが名残りで懐かしいです!
(2017年10月、今は3代目Newナルディになりました。)

ハンドルを付け替えると言うのは旧車ならではの楽しみ方ですね!
また今の車みたいに複雑なハイテク部品も少ないので
電子部品の故障で動かなくなると言う事がほとんどありません。
とてもシンプルな作りの集まりなので自分でメンテナンスしやすい車です。
ですので故障しにくいと言うよりは修理しやすい車という事で
こんなメンテナンスで結構いつまでも乗る事が出来ますよ!
それでは私のオデッセイのメンテナンス記録をここに書き綴る事と致します。

メンテナンス情報は追々こちらに書こうかと思っておりますのでお楽しみを!

1、「10万キロ以上乗りたくて新車を乗る時最初に注意したこと!」

2、「オデッセイ慣らし運転後1万キロになった時のメンテナンス!」

3、「オデッセイの10万キロまでにあった大きなトラブル!」

4、「オデッセイが10万キロになったら交換する事になるもの!」

5、「10万km超えオデッセイのエンジンオイル漏れを止める方法!」

6、「この組み合わせで14万kmオデッセイ燃費リッター11km復活しました!」
  (オデッセイと相性の良いお奨めオイル!)

7、「平成21年度(2009年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

8、「オデッセイの15万キロ突破後に起きた2度目のトラブル!」

9、「お勧めオデッセイのプラグコード!」

10、「15万キロ越えオデッセイ!ATFオイル交換で注意する所!!」

11、「オデッセイのカヤバショックお勧めセッティング情報とレビュー!」

12、「オデッセイ燃費向上化体験レビュー!リッター11キロ再び!!」

13、「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のドアミラーの交換方法!!」

14、「写真で見るオデッセイの内張りの外し方&作業方法!!」

15、「オデッセイ!パワステオイルが減り出したらここが危ない!!」

16、「平成23年度(2011年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)
  (この時点で平成23年(2011年)4月18日を迎え 
    走行距離153000km 乗車歴13年になりました。)


17、「オデッセイ!エンジンの振動とギヤショックはここが原因かも!」

18、「オデッセイ!カーナビの不調はこれが原因だった!!」

19、「オデッセイ!パワーウィンドウが閉まりにくくなる原因はコレ!!」

20、「旧車には危険かも!エンジンフラッシングでオイル漏れ再び!」

21、「やっぱりよく効くこのエンジンオイル漏れ止め剤!」

22、「オデッセイにお勧めの激安無補水バッテリーとその交換方法!」
  (2015年11月現在の格安バッテリー更新しておきました!)

23、「自分で交換後の古いバッテリーの処分方法!」

24、「16万キロオデッセイのリッター10Kmで走行時のデーター資料!」
  (平成24年(2012年)7月31日 
    祝!走行距離160000km達成 乗車歴は14年になりました。)


25、「ワイルドだぜ~!オデッセイのワイルドスピード化計画!!」

26、「オデッセイとグーグルNexus7はとっても相性ばっちり!」

27、「走行距離6万キロ!68万円オデッセイの誘惑は桜と共に!!」

28、「平成25年度(2013年)オデッセイユーザー車検レビュー!」  (車検)

29、「速報!ホンダよりNewオデッセイConcept Mの案内届く!!」

30、「オデッセイのカヤバショック!装着3年半後の状況報告!!」
  (オデッセイで走るのに楽しいツーリングコースも書いてます!)

31、「2度目のパワーウインドウ故障!動かなくなった原因はコレ!!」 

32、「自作!オデッセイ専用スマートフォンフォルダー完成!!」

33、「オデッセイ!脱着式コンパクト渋滞回避カーナビシステム完成!!」

34、「16万キロオデッセイのエンジンオイル漏れを完全に止める!」

35、「16年目初期型オデッセイに水抜き剤は効いているのか!」

36、「16年目オデッセイ!遂に走行距離17万kmを突破致しました!!」
  (平成26年(2014年)4月24日 
    祝!走行距離170000km達成 乗車歴は16年になりました。)


37、「気分一新!オデッセイ16年ぶりのフロアマット交換!!」

38、「17万キロ超えオデッセイのオイル漏れの原因はこれ!」

39、「初代オデッセイの最近のエアフィルター状況と交換方法!」

40、「やってみよう!簡単オデッセイのブレーキランプ交換!!」

41、「オデッセイ!純正アルミホイールセット1万円!!」

42、「合体!元祖オデッセイ+ホンダの純正アルミホイール!!」

43、「オデッセイ!オイル漏れは量が多いと上から漏れる!!」

44、「17年目の初期型オデッセイに純正アルミホイール装着完了!!」

45、「平成27年度(2015年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

46、「205/65r15の中古タイヤホイール¥0円差し上げます!」
  (カテゴリ 「掘り出し品」 にて公開中!)

47、「オデッセイ!床下重量軽量化の恩恵でハンドリングアップ!」

48、「一般道で行く大阪~能勢妙見山ドライブコース!」
  (オデッセイで走るのに楽しいツーリングコースも書いてます!)

49、「炸裂!オデッセイRA2の阪奈道路攻略法!!」

50、「2015年!最近のサタデーナイト阪奈道路はこんな感じ!!」

51、「敬遠され気味?初期型オデッセイのラジエーター液交換!」

52、「オデッセイ17年!車長持ちの秘訣はブレーキパッドにあり!!」

53、「18年目オデッセイ!ついに走行距離18万キロ突破しました。」
  (平成28年(2016年)2月15日 
    祝!走行距離180000km達成 乗車歴は18年になりました。)

 
54、「オデッセイでスマホ音源をCD音源並みの音質で再生させる方法!」

55、「大阪市内最安?ガソリン97円/1Lキャンペーン価格!!」

56、「セルモーター!最後キュッとなり始めたら要注意!!」

57、「格安か品質か?オデッセイお勧めバッテリー選び!!」

58、「オデッセイのバッテリー交換とオイル漏れ箇所の発見!」

59、「Ai-NETでアルパインMDA-W933JとXperia Z3 SO-01Gの繋げ方!」

60、「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のルームランプ交換方法!」

61、「オデッセイのエンジンオーバーホール出来る整備工場を発見!」
  (平成28年(2016年)5月26日
   オデッセイ20年20万kmに向けての本格的なオイル漏れ修理を開始する。)


62、「オデッセイのオイル漏れを止める本格メンテナンス開始!」

63、「これが今の車なのか!オデッセイの代車 MOVEにてんてこ舞いする!!」

64、「オデッセイのオイル漏れ修理費用!ディストリビューター&オイルパン編!!」

65、「オデッセイ!ただ今オイル漏れと格闘中!!」

66、「18年目オデッセイのオイル漏れを完全に止めた修理内容!」
  (オイル漏れ修理の完了報告です。これでオデッセイ完全復活しました。)

67、「タイヤ!入札3,000円/即決12,000円のピレリP6が届く!!」
  (タイヤ交換!ピレリP6 レビュー!!)

68、「オデッセイとオートバックスMaxrun Excela EZのフィーリングレビュー!」

69、「持込みタイヤ交換大阪のお兄ちゃんはいい感じだぞ!」

70、「阪奈道路でテスト走行!オデッセイとピレリP6のインプレッションレビュー!」

71、「阪神環状線でテスト走行!オデッセイとピレリP6インプレッションレビュー!」

72、「月ヶ瀬~柳生の里でテスト走行!オデッセイとピレリP6レビュー!」

73、「神舞い降りし高野龍神スカイラインにてオデッセイ完全復活宣言!」

74、「即席のオデッセイ用なんちゃって車載カメラ完成!」

75、「大阪~碓氷峠、榛名山、妙義山、赤城山、いろは坂一般道で往復41時間!」
  (念願の群馬県、栃木県の有名処の峠を走ってきました!)

76、「18年目オデッセイのセルモーター交換費用とレビュー!」

77、「オデッセイのウィンドウウォッシャーのモーター交換修理!」

78、「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
  (オデッセイの4代目ショックに車高調を取り付けました!)
  (あとクスコの 剛性アップ 補強パーツ取付けレビューも書いてます!)

79、「オデッセイのカチカチに固まった両面テープを剥がす!」

80、「板金塗装は東に行く程おすすめショップが多い!」

81、「納得の価格&スピードの板金塗装!」

82、「オデッセイのスピードメーターの取り外し方!」

83、「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」
  (19年目にしてやっとタコメーターを取り付けました!)

84、「エンジンのプラグホールのオイル漏れの時はこれが原因!」

85、「オデッセイのエンジンガスケットからのオイル漏れ修理!」

86、「オイル噴く!エンジン負荷についに限界ディストリビューター!!」

87、「オデッセイのディストリビューター交換と費用!」

88、「写真で見るオデッセイのプラグ交換とお勧め工具一式!」

89、「18万㎞オデッセイの燃費リッター11km 復活メンテナンス!」

90、「一世風靡!15年経っても色褪せないアルパインサウンド!!」

91、「写真で見るオデッセイのカーオーディオ交換方法!」
  (オデッセイのインパネ周りの取り外し方紹介!)

92、「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」
  (オデッセイ用スーパーウーファー等の音響設定値も書いてます!)

93、「大台目前!ついに来ましたオデッセイの19万km!!」
  (平成29年(2017年)4月1日 
    祝!走行距離190000km達成 乗車歴は19年になりました。)


94、「補強も兼ねてオデッセイのドリンクホルダーを修理!」

95、「オデッセイのブレーキオイルは純正DOT4で決まり!」

96、「平成29年度(2017年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

97、「オデッセイのインチアップ情報!タイヤ&ホイール編!!」

98、「オデッセイ アルミホイール マッチング確認用写真!」

99、「オデッセイ用レイズのホイールロック&ナットセットの取り付け方!」

100、「オデッセイ RAYS ITC SEBRING EVO 17インチ 外観写真!」

101、「オデッセイ!FALKEN ZIEX ZE912 215/50r17 タイヤレビュー!」
   (タイヤ交換!FALKEN ZIEX ZE912 レビュー!!)

102、「オデッセイのブレーキパッド&ディスクローター交換費用!」

103、「ZBP ブレーキパッド HS2&DIXCELディスクローターPD レビュー!!」

104、「ブレーキ踏んでもストップランプが切れない原因はこれ!」

105、「ラジエーターホースが破裂した時の対処方法!」

106、「20万km使ったオデッセイのラジエーターを交換修理する!」

107、「20年乗っても飽きない車オデッセイを採点してみよう!」

108、「女心と秋の空!コンプリートオデッセイに心が揺れる!!」

109、「H19年式(2007年式)の超レアオデッセイ!」

110、「時代を越えてレアなオデッセイが到着する!」

111、「写真で見るオデッセイのハンドル交換方法!」
   (3代目となるNewナルディに交換しました!)

112、「ナルディの鳴りにくいホーンボタンを改造する!」

113、「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」

114、「車高調のタイヤローテーションしたらハンドルがブレる原因!」

115、「突然の悲劇!オデッセイ2度目のラジエーター液漏れ!!」

116、「比較!RB1アブソルート対ショーリン専用オデッセイ!!」

117、「20年越えて乗り続ける時の最大の難関は部品調達か!」

118、「オデッセイの製造中止した純正部品は海外から手に入れろ!」

119、「ホンダ国内入手不可能純正部品をHondaPartsNow.comで買う方法!」
   (おすすめ!オデッセイの純正部品入手先情報!!)

120、「HondaPartsNow.comの問合せ方法!」

121、「オデッセイの神様が舞い降りた!」

122、「オデッセイRB3アブソルートがもたらす驚きの連続!」

123、「これが俺のオデッセイ?ふふふ!何、これ、どうしたの!!」

124、「海を越えて間もなくオデッセイの純正部品がやって来る!」

125、「オデッセイ!ピレリP7 215/50r17 タイヤレビュー!!」
   (タイヤ交換!ピレリP7 レビュー!!)

126、「今年の修理納め!20万kmに向けての最後のメンテナンス開始!!」

127、「20年目オデッセイ!ついに走行距離20万キロ突破しました。」
   (平成29年(2017年)12月25日 
     祝!走行距離200000km達成 乗車歴は20年になりました。)


128、「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」
   (レカロシートの装着レビューです!)

129.「オデッセイ!12年ぶりのブレーキホース交換!!」

130、「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」

131、「オデッセイ&ピレリのインチアップタイヤ適正空気圧計算方法!」

132、「代車で今日からまたしばらくはアブソルート!」

133、「乗ると分かる!すっかりアブソルートを超越していた足回り!」

134、「20年間の疲労が蓄積で遂に交換!今までありがとうオイルポンプ!!」

134、「ちょっと嫌な雰囲気!オイル漏れが止まりません!!」

135、「これだけ乗ったらもう自分の車みたい!」

136、「タイミングベルト交換でエンジン音が変わる!」

137、「30万kmに向けての最後のメンテナンスはタイミングベルト交換!」

138、「オデッセイのタイミングベルトまわりの交換費用一式!」

139、「店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!」

140、「20年20万キロ乗るためにしてきた事!」

141、「オデッセイの燃費を伸ばす乗り方!」

142、「久しぶりの阪奈道路で足が攣る!」

143、「50タイヤは空気がよく抜ける!」

144、「20年目オデッセイ!ついに走行距離21万キロ突破しました!!」
   (平成30年(2018年)9月23日 
     祝!走行距離210000km達成 乗車歴は20年になりました。)


145、「嬉しいね!オートバックスの無料パンク修理サービス!!」

146、「経年劣化で折れたヘッドライトレバーの交換修理!」

147、「突然のアクシデント!ヘッドライトが両方同時に切れる!!」

148、「お勧めバルブ!数値が明るかったらいいってもんじゃない!!」

149、「オデッセイのヘッドライトのカップラー修理費用!」

150、「自分で出来る簡単オデッセイのヘッドライトバルブ交換方法!」

151、「超人気!フジツボフルオーダーマフラーは2年半待ち!!」

152、「大阪だったら柿本!フルオーダーマフラーの見積もりに行く!!」

153、「ホンダディーラーメカニックも納得の20年以上経ったコンディション!」

154、「ディーラーからの警鐘!ラジエーターホースの欠品には気を付けて!!」

155、「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」
   (マツダ アクセラスポーツ試乗レビューです!)

156、「人も車も個性が大事!」


愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

オデッセイの足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイのレカロシート情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」


巷で大人気のグーグルタブレットNexus7 のお勧め情報はこちら!
「グーグルタブレットNexus7!インプレッションレビュー!!」

今でも使いやすいスマートフォン!
ドコモ Optimus G L-01Eの情報はこちら!!
「スマートフォンOptimus G L-01E!インプレッションレビュー!!」

ドコモ最後のFOMAかも!PRIME F-09C のおすすめ情報の記事はこちら!
「ドコモ F-09C!インプレッション・レビュー!!」

自分で作るリカバリーディスクはこちら!
「Windows10用の自分で作れるリカバリーディスク作成方法メモ!」

ノートパソコンの初期化とハードディスク交換の記事はこちら!
「2015年!簡単自分で出来る無料ハードディスク交換方法メモ!」

HD高画質をYouTubeにアップロードする方法を書いた記事はこちら!
「HDビデオカメラからYouTubeにHD画質をアップロードする方法!」

ドコモで好きな着うたを入れたい人はこちら!
「着もとでSD転送!楽ちんドコモの着うた設定!!」

昔のFOMAに入れてる音楽を今のFOMA用に変換したい人はこちら!
「m4aをwmaに変換して携帯で聞く方法!」

| メンテナンス | 16:07 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

やっぱりミニバンは大っきいね!

「カルチャーショック!コラムシフトが分からない!!」
からの続き!

アクセラスポーツと比べると
車幅はオデッセイの方が20mm程小さいのだが
全長が長いからだろうか?
かなり車体が大きく感じるらしい。
またフロントノーズが完全に見えないのも影響しているようで
車幅感覚が全然違うとの事であった。
慣れない車というのもありキープレフトは冷や冷やもん!
やはりセダンタイプとミニバンとでは車両感覚が全くの別物状態であった。
確かにそうですね。
逆にアクセラに乗った時は
オデッセイよりも車幅は広いんですけどそんな風には感じませんでしたからね。
それを考えると視界が悪い車って運転大変ですよね。
最近の車は窓が狭かったりする車が多いので
車選びも苦労する時代なんでしょうね!

 続きはこちら!
 「シンプル・イズ・ベスト!何もないのがいい感じ!!」

TOPページ!
「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」

| メンテナンス | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

旧車 | 車・バイク | EDIT

BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
4代目ショックとなる
BCレーシング車高調レビューです!

(車高調編!)
1、「オデッセイのBR化計画始動!」

2、「現在のオデッセイの足回り状況!」

3、「大阪で持ち込み車高調を取り付けるならこの2件!」

4、「BCレーシング車高調のオーバーホールイメージ!」

5、「BCレーシングを選んだ最後の決め手はスタッフの対応!」

6、「BCレーシングの車高調到着!これはオデッセイ最強の予感かも!!」

7、「車高調取り付け最終打ち合わせをしに再度ミスタータイヤマンへ!」

8、「オデッセイRA2のショック交換開始!」

9、「BCレーシングとカヤバショックを比較!」

10、「オデッセイ!リヤ側 車高調 取り付け開始!!」

11、「オデッセイ!フロント側 車高調 取り付けで形状アクシデント発生する!!」

12、「オデッセイの車高調取り付け時間は2時間位でした!」

13、「オデッセイの新しい足回りは何とも言えない違和感だらけ!」

14、「BR DAMPERの減衰力調整ダイヤルの場所!」

15、「オデッセイのBCレーシング車高調データと外観写真!」

16、「初期型オデッセイの地上高は後輪部分のマフラーが一番低い!」

17、「オデッセイ テスト走行開始!阪奈道路1周目上りデータ!!」

18、「オデッセイ(ミドル)!阪奈道路1周目下りデータ!!」

19、「オデッセイ(レベル最強)!阪奈道路2周目上りデータ!!」

20、「オデッセイ(レベル最強)!阪奈道路2周目下りデータ!!」

21、「オデッセイ(レベル最弱)!阪奈道路3周目上り&下りデータ!!」

22、「オデッセイ&BCレーシング車高調の阪奈道路テスト走行レポート!」

23、「オデッセイ!フロント5mm落としてグッドハンドリング!!」

24、「オデッセイ in 能勢!今宵のテスト走行はレイニーナイト!!」

25、「4輪アライメントに向けてのBCレーシングテストまとめ!!」

26、「いよいよ大詰め!4輪アライメント開始です!!」

27、「4輪アライメントの効果絶大!」

28、「炸裂!オデッセイRA2の阪奈道路攻略法 パート2!!」

おまけ!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」
(ショックの性能をフルに発揮させるためにタコメーターを装着しました!)


(ボディー剛性アップ編!)
1、「山野自動車式チューンナップでオデッセイの剛性を上げろ!」

2、「補強パーツ1つ目!オデッセイのロアアームバー到着!!」

3、「補強パーツ2つ目!オデッセイのストラットタワーバー到着!!」

4、「補強パーツ3つ目!オデッセイのリジカラが到着!!」

5、「代車プリウス最恐伝説!初のハイブリッドにタジタジです!!」

6、「プリウス in 阪奈道路!」

7、「プリウス!熱しやすく冷めやすいではある意味最速である!!」

8、「ついにオデッセイが帰ってくる!」

9、「オデッセイの補強パーツ取り付け風景の写真!」

10、「この手応えそしてこの振動!これは確かに何かが違うぞ!!」

11、「リジカラは超高速域でこそその真価を確信出来る!」


(ブレーキ交換&インチアップ編!)
1、「1点集中!オデッセイの阪奈下りプロジェクト!!」

2、「詰める区間はこの2ヶ所!サブロク手前と最終コーナーまでの区間!!」

3、「オデッセイのブレーキローターはこのDIXCELで決まり!」

4、「比較!オデッセイのお勧めブレーキパッド!!」

5、「オデッセイのインチアップ情報!タイヤ&ホイール編!!」

6、「オデッセイ アルミホイール マッチング確認用写真!」

7、「オデッセイNewアイテム!17インチホイールと50タイヤが到着する!!」

8、「オデッセイ用レイズのホイールロック&ナットセットの取り付け方!」

9、「オデッセイ RAYS ITC SEBRING EVO 17インチ 外観写真!」

10、「オデッセイ!FALKEN ZIEX ZE912 215/50r17 タイヤレビュー!」
   (各コースでテストした結果レビューです!)
    (一般道路編)
    (阪奈道路編)
    (能勢&箕面編)
    (柳生の里&月ケ瀬編)
    (高速道路編)
    (山梨県 本栖みち編)
    (静岡県 富士山編)

11、「オデッセイのNewブレーキパッドZBP Type HS2 到着!」

12、「オデッセイ用ブレーキローター!ディクセル PDタイプが到着!!」

13、「オデッセイのブレーキパッド&ディスクローター交換費用!」

14、「ZBP ブレーキパッド HS2&DIXCELディスクローターPD レビュー!!」
   (New ブレーキパッド&ローターのレビューです!)

15、「オデッセイのブレーキ交換経過レビュー!交換直後写真!!」

16、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!1Km走行後!!」

17、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!1km~200km走行後!!」

18、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!200km~500km走行後!!」

19、「遂に来ました!オデッセイのブレーキ リミッター解除の日!!」

20、「オデッセイの三位一体の華麗な技が舞う!」

21、「ZBPパッド & ディクセルローターでのブレーキ装着テスト結果!」

22、「オデッセイ!阪奈道路下りの最終チェック開始!!」

23、「今も健在六甲山の猛者達!さすが関西屈指の峠である!!」

24、「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」

25、「車高調のタイヤローテーションしたらハンドルがブレる原因!」


(スタビライザー編!)
1、「オデッセイ最終補強パーツ!スタビライザー到着!!」

2、「山野自動車で工場長とスタビライザー装着で打ち合わせ!」

3、「これが俺のオデッセイ?ふふふ!何、これ、どうしたの!!」

4、「オデッセイのスタビライザーをチェック in 阪奈道路!」

5、「お待たせしました!ピレリP7 満を持して投入です!!」

6、「最終調整の4輪アライメントに向けて打ち合わせ!」

7、「やっぱ最高!店長の4輪アライメント!!」

8、「オデッセイ!ピレリP7 215/50r17 タイヤレビュー!!」
  (各コースでテストした結果レビューです!)
   (一般道路編)
   (阪奈道路編)
   (柳生の里&月ケ瀬編)
   (阪神高速道路 環状線編)

9、「オデッセイ&ピレリのインチアップタイヤ適正空気圧計算方法!」

10、「ビシッと決まる!オデッセイ ピレリ 2.75kg/cm2 空気圧!!」


(レカロシート編!)
1、「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」
  (レビュー多くなってきたのでこちらにまとめました!)


今回車高調の作業をしてもらったショップはこちら!
 (ミスタータイヤマン柏原店)
  リンク http://cockpitkasiwara.web.fc2.com/index.htm


取り付けた車高調ダンパーキットはこちら!

BC RACING 車高調 BR DAMPER (オデッセイRA2用)

メーカーサイト及び商品説明はこちら!
BCレーシング 「BR COILOVER KIT(BRコイルオーバーキット)」


オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイのショックレビューはこちら!
カテゴリ 「ショック&足回り情報」

愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

| ショック&足回り情報 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

カルチャーショック!コラムシフトが分からない!!

「うちのオデッセイとは正反対!アクセラスポーツは優等生!!」
からの続き!

今度は従弟にこちらのオデッセイに乗ってもらう。
アクセラスポーツと比べると大きさもかなり違うが
それよりもかなりシステムが古いので違和感を感じるだろうな~。
まずは鍵を使ってエンジン始動。
いきなりのアナログアイテムに懐かしいのかちょっとニンマリ!
そして運転席とハンドル位置をセットしてもらったら周りを確認。
ちょっと雰囲気が教習所みたいになってます。
準備が出来たようなので早速出発してもらいましょう。
「・・・?」
何やら少し戸惑っています。
「兄ちゃん~これどうやって操作したらいいの?」
「えっ!」
するとどうやらオデッセイのコラムシフトの使い方が分からないみたいです。
そうです。
この初期型オデッセイのオートマシステムは
昔のタクシーとかによく付いていたコラムシフト。
あのハンドル横から飛び出したレバーを操作するシフトです。

(コラムシフトの写真!)
P_20181129_101636_vHDR_Auto.jpg
当時はミニバンの室内空間を確保するのに便利でよく見掛けたのですが
最近はめっきり無くなったシステムですね。
まさに絶滅危惧種状態のコラムシフト。
でもその恩恵は絶大でこの初期型オデッセイの室内空間は
同じ外寸の車と比べるとすっごく広いのだ。
おまけにキャプテンシートでウォークスルー仕様。
冬のスキーなんかでは室内にスキーを積んだままでも
4人だと1人1人ゆったりと座れてそれはすごく快適な室内であった。
これもコラムシフトの成せる業である。
しかしこれも扱えなかったらもう伝説のシステムと化してますね。
まあ初めてというのもいい経験。
ちょっと操作方法をレクチャーするので運転してもらいましょう。

P_20181129_102121_vHDR_Auto_R.jpg
まずはボタンの代わりにレバーを手前に引いてニュートラルへ。
そのままドライブに入れてあとはエンジンブレーキの時に
3速、2速、と切り替える。
基本ボタンの代わりにレバーを手前に引く。
ちょっと違和感あるけど慣れれば問題ないからね!
でも言うと聞くのとでは大違いみたい。
「運転出来るかな~?」
どうも今いち初のコラムシフトに困惑しているみたいであった。

 続きはこちら!
 「やっぱりミニバンは大っきいね!」

TOPページ!
「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」

| メンテナンス | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

うちのオデッセイとは正反対!アクセラスポーツは優等生!!

「安全設計の6速ミッション!」 からの続き!

それではいよいよアクセラスポーツに試乗である。

まずは愛車オデッセイとの比較データ!

(1.5L ガソリンモデルのスペック)
 (出力) 111ps / 6000回転
 (トルク) 14.7kgm / 3500回転
 (全長×全幅×全高) 4580×1795×1455mm
 (車重) 1260kg

(オデッセイRA2 2.2L)
 (出力) 145ps / 5600回転
 (トルク) 20.0kgm / 4600回転
 (全長×全幅×全高) 4750×1770×1660mm
 (車重) 1550kg

それでは初のアクセラスポーツです。
まずは乗車!
地上高が低いですね。
尻もちをつく様な着座感です。
エンジン始動はプリウスのようなボタンですか。
最近はもう鍵を回すって時代ではないようですね。
では早速エンジン始動!

P_20181123_064149_vHDR_Auto_R.jpg
メーター回りにイルミネーションが走ります。
あと正面にパネルみたいなものがあって
サブメーターみたいになっています。
ハンドル横にパドルシフトで
ステアリング周りに何やら色々とスイッチが配置されています。
かなり賑やかなステアリングである。
それではまずはオートマで走行。
アクセルは以前代車で借りたムーブみたいにスカスカではなく
ある程度踏み応えのあるペダルである。
ブレーキは少し硬いかな?
踏み加減が分からないので一気に掛かってしまうようなイメージです。
ステアリングはちょっと小径。
35φ位の大きさでしょうか?
しかし回しにくいという事はありません。
重さも軽すぎずでじっくりと回せる感じかな。
軽く乗った感じのイメージですとブレーキ以外は
特に問題なしと言った乗り味である。
それではちょっと車速を乗せて行きます。
軽く踏み込むと回転数が早く上がるイメージか。
なので少しハイギアードのギア比で6速を使って加速していく感じと見た。
スペック的には1260kgを111ps/14.7kgmのパワーで走らせるのだが
3500回転のトルクピークのお陰で1.5Lとは思えない加速をする。
このクラスにしてはそんなに車重も軽いとは言えないと思うのだが
軽快ですね!
踏めば踏むだけ加速するといったイメージです。
一般道で乗るには十二分な加速ではないだろうか。
癖もなく非常にアクセルを踏み込みやすいです。
それでは次はマニュアルモードを少々!
まずは少し強めにアクセルを踏み込む。
3000回転位から室内にエキゾーストノートが入り込んでくる。
そしてさらに踏み込み5000回転。
そのまま音量が大きくなりエンジンの鼓動をしっかりと感じるようになる。
ピークパワーの6000回転。
プォ~ン!って感じで室内をマフラー音が駆け抜ける。
これがこの前ユーチューブで言っていたサウンドか?


(この動画!)

くすみのない澄んだサウンド!
ちょっと楽器みたいに響く音です。
これがアクセラスポーツのマフラー音なんですね。
しかし音量自体はそんなに大きくはないかな。
1.5リッター並みの音といった感じでしょうか。
なのでオデッセイと比べると線が細い音質です。
排気量相応の音量と言えばいいでしょうか。
アクセラスポーツのエキゾーストノートは
音量というより品のある音質といった印象でした。
それではこのエンジン音を奏でながら軽くハンドリング。
ロールの体感はあまり無いですね。
しかし路面の衝撃は足下で処理出来ているようで
乗り心地は良いです。
ブレーキも少し速度が高めだと
そんなに効き具合は神経質にならなくていい感じ。
ステアリングもクイック気味なのか
余り回さなくてもスイスイと向きを変えてくれます。
走りやすいですね。
それでいてエレガント?
走る=荒々しさって車ではないですね。
普通にブレーキ踏んでステアリング回しアクセルオン!
ほぼこの動作だけで車が素直に走ってくれます。
これが今のマツダを築き上げたシステムか。
誰が乗っても安心安全で走ってくれそうな車です。
自分のオデッセイとは真逆の性格ですなぁ~。

 続きはこちら!
 「カルチャーショック!コラムシフトが分からない!!」

TOPページ!
「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」

| メンテナンス | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT