| PAGE-SELECT | NEXT

カー用品 | 車・バイク | EDIT

2017年カーオーディオを選ぶ時に押さえておきたい選択ポイント!

カロッチェリアのFH-9200DVDを使い始めて早1ヶ月程過ぎた今日この頃!
最近現在カーオーディオを買うならこの機能は押さえておきたいという
ポイントが見えてきたので書いておこう!

1、ブルートゥース(Bluetooth)機能

2、日本語表示対応

3、FLACファイル対応のUSBメモリ端子

4、タッチパネルの反応速度

当初FH-9200DVDとケンウッドの DDX6170BTを購入する時に
比較したポイントと似ているのだが実際使ってみて確信を得る。
最初はイコライザーやら設定やらと結構デッキ本体の音質設定にこだわっていたが
基本スマートフォンをブルートゥース(Bluetooth)接続出来れば
例えば音楽アプリに「Poweramp」を入れておけば
アプリのイコライザーで調節した音源をデッキに飛ばせるので
そんなにイコライザー系を気にすることはなかったと気付く。
またCDドライブも是非必要と思ったが
最近はすぐCDをパソコンにFLACファイル等に変換して保存しているので
こちらもUSBメモリが使えればCDは余り使わなくなっていた。
なのでそれを考えると下位機種のFH-4200でも良かったかと思うが
それは日本語表示対応ではないので
音は聞けるがタイトル不明といった状況になるので
使い勝手から見るとやはり日本語表示は必要を感じる。
その辺りのポイントで比較して行くと出て来る機種は
やはりFH-9200DVDとケンウッドの DDX6170BTといった所で
この2機種から選択するとなると今でも
反応速度優先でFH-9200DVDを選んでおいて良かったと思える所である。
価格.comでカーオーディオ人気が1番なのは伊達ではなかった。
迷ったら今の所はFH-9200DVDを買っておく方が後悔はなさそうかな!

カーオーディオ購入で悩んでいる時はこちらの方もご参考にどうぞ!
TOPページはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

FH-9200DVDのリモコンは使えない!なのでちょっとひと工夫する!!

カロッチェリアのFH-9200DVDにはリモコンが付いているのだが
これがまた
「どうしてこんなリモコンが付いてるの?」 って言う位使い物にならない。
どれ位使えないかと言うと
まずは一番重要視するであろう十字キーがDVD以外では機能しないという事。
なので主に音楽しか聞かない自分とっては実に不要の代物となっている。
イメージでは設定画面の選択、決定などに使えると思っていたのだが
実際使ってみると一向に反応しない。
「壊れてるの?」 と思いメーカーサポートに聞いてみると
付属のリモコンは主にDVD操作時しかフル稼働しないみたいな返事であった。
しかしそんなリモコンも使い方によっては重宝するリモコンにも変身する。

DSC08121_R.jpg
まずはこのリモコンで使える機能と言えば

 1、音量調整 (左上)

 2、ディスクの変更(このデッキだとアルバム変更) (下)

 3、電源のオン/オフ(これは主にソースのオン/オフになる) (右上)

の3つ位である。
そしてこの機能が使えるとあるメリットも生まれてくる。

実際FH-9200DVDを使ってみるとあることに気付く。
それは見た目はスマホテイストなタッチ操作が今時仕様なのだが
その反面ボタンのタッチ具合はちょっと不安を覚える。
不安というかとにかく少しボタンに関しては作りが甘い気がする。
なのでこの機種の場合故障するとすればCDドライブとかよりも
頻繁に操作するであろう音量ボタンが一番最初に壊れそうな気がする。
だったらタッチ操作で回避すればと考える所だが
それがこの機種の場合は一度音量ボタンを押さないことには
タッチ操作の音量画面が出ないのである。
そしてその操作はかなり面倒くさかったりするので
たぶんボタンを指で連打することが多くなると思う。
それを考えるとやはりボタン部分の故障する時が
イコールFH-9200DVDの寿命となる可能性大なので
そのボタン操作を回避するもう一つの手段としてこのリモコンは
少なからず使えないリモコンと言われても必要不可欠なアイテムであったりもする。

DSC08136_R.jpg
すっごく柔そうな音量ボタン!
右の選曲ボタンも弱そうだが
ここはタッチパネルでも常時操作出来るのでまだ不安は少ない!

DSC08137_R.jpg
タッチパネルに音量ボタンを表示させた状態。
このボタン画面を出すには一度音量ボタンを押さないと表示されない。
もしタッチ操作だけでこの画面が出るように改善されれば
この機種の寿命はかなり長く出来そうな気がする。

そんな悩みどころ満載のリモコン!
しかしここからはちょっとひと工夫して
なくてはならないと言わしめる位のリモコンに変貌させて行ってみたいと思う。
それではここからはFH-9200DVDの
使えないリモコンを便利な使い方が出来るようにチューンナップしよう計画の
開始である。

DSC08122_R.jpg
まずは用意するは1mm厚の再剥離出来る厚めの両面テープ。
(薄いと凹凸に貼る時密着性が悪いのでここでは厚目を使う。)
ちょうどタコメーターを付けた時の余り物があったのでそれを使う!
そしてもう一つはマグネットシート。
マグネットシートと両面テープは
ホームセンターコーナンとかで共に200円位で売っている。
それではこの2つをリモコンの大きさに合わせてカットし張り合わせる。
そして張り合わせた物の1つをリモコン裏面に貼る。

DSC08124_R.jpg
もう1つをオデッセイのサイドブレーキ横に貼り付ける。

DSC08125_R.jpg
そしてサイドブレーキ横にリモコンを引っ付けて位置を調節。

DSC08128_R.jpg
あとは位置も大事だが向きはもっと重要!
このリモコンは無線方式(電波式)ではないので
赤外線が本機に届かないと反応しない。
その赤外線はリモコン先端から写真のように放射されるので
きちんとここだけは角度調節しておこう!
疎かにするとリモコン自体が使えないので特にこの部分は念入りにね!

DSC08133_R.jpg
リモコンはボタンなので慣れれば運転中でもブラインドタッチで操作可能。
利用頻度の約80%を占める音量、曲選択、アルバム選択が出来るので
リモコンで操作する事が多くなればボタンでの操作比重が下がり
結果一番不安はボタン部分の破損を回避出来る公算である。

それでは運転中はサイドブレーキ横に張り付けておいて操作!
落ち着いて操作の時は脱着して操作と簡単な補強処理ではあるが
効果抜群な使用感となりました。
そのままにしていたらたぶん使う事のなかったリモコン!
でもこれで今度からは一役買って活躍してくれそうです。

PS.
FH-9200DVDを使ってみて現在カーオーディオを買う時の基準が見えてくる。
その基準についてはこちらの方に書いておきますね!
「2017年カーオーディオを選ぶ時に押さえておきたい選択ポイント!」

TOPページはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!

長年愛用してきたアルパインデッキはすごくお気に入りの名機なのだが
FLACファイルをスマートフォンに入れ始めると
どうしてもブルートゥース(Bluetooth)機能が欲しくなり
この度一発奮起してヘッドユニットを新調することに決める。
そして選んだNewヘッドユニットはカロッチェリアのFH-9200DVD!
今までのアナログなボタンタッチに慣れ親しんできた環境とは全く異なる
タッチパネルメインのスマホテイストなボディである!
果たしてその使い勝手は如何なるものやら?
とりあえずオデッセイに組み込んでみて
その使用感!
追々ここに書き綴って行ってみる事に致します。

まずは長年愛用してきたアルパインデッキのご紹介!
 「一世風靡!15年経っても色褪せないアルパインサウンド!!」

2DIN、CD/ブルートゥース搭載、日本語表示対応の候補2機種の比較報告!
 「FH-9200DVD 対 DDX6170BT カーオーディオ比較レビュー!」

(導入編!)
 1、「FH-9200DVDを購入するなら候補はこの3択!」

 2、「写真で見るオデッセイのカーオーディオ交換方法!」

 3、「ドライブマーケットでオーディオ交換!さすがプロだね仕事が早い!!」

 4、「交換仕立てのFH-9200DVDの音は使い物にならない!」

(設定編!)
 1、「FH-9200DVDのオデッセイ用おすすめ設定値はこれで決まり!」

 2、「FH-9200DVDでアナログな音源を高音質で鳴らす設定!」

 3、「FH-9200DVDのオデッセイのスピーカーモード!」

 4、「FH-9200DVDの自動電源オンを止める方法!」

 5、「USBメモリの音楽を自動再生させない方法!」

 6、「FH-9200DVDに320GBの外付けHDDを繋げる!」

 7、「FH-9200DVDのおすすめUSBメモリ!」

 8、「FH-9200DVDのリモコンは使えない!なのでちょっとひと工夫する!!」

 9、「2017年カーオーディオを選ぶ時に押さえておきたい選択ポイント!」


オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ19万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイに装着中のショックレビューはこちら!
カテゴリ 「ショック&足回り情報」

愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

| カーオーディオ | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

FH-9200DVDのおすすめUSBメモリ!

カロッチェリア FH-9200DVDに使う音楽用USBメモリーで
良かったのがあったので書いておこう!


シリコンパワー Blaze B02 SP032GBUF3B02V1K USBメモリ
ヘアライン仕上げの32GB USB3.1 & USB3.0対応で
金額は¥1,380円のヘアライン仕上げ 永久保証である。
それでは早速買ったので試してみよう!

DSC08035_R.jpg
書き込みは30Mbps程で
価格.comのレビュー書き込みではもっと速い速度も出るようだが
もしかしたら相方のHDDがUSB2.0タイプなので
そっちが足を引っ張っているのかもしれない。
だが10枚位のアルバムを2~3分程で転送するので
体感的には普通の外付けHDDみたいな感じである。
ではFH-9200DVDに繋げてみよう!

DSC08043_R.jpg
多分ほぼ付けっぱなしになるとみているので
強度のあるキャップタイプ仕様が有り難い。

DSC08046_R.jpg
データ通信が始まるとピコピコと点滅する。
デッキが音楽を読み込む速度は
15枚程度だと認識時間は5秒位で表示されたので
雰囲気はパソコンテイストな速度である。
曲選択するのもほぼ本体側のタッチ速度で反応するので
USBメモリが原因で速度低下するといったこともなかった。
また音切れなども全然なく日本語表示されるので
この感じだともうCDで音楽を聞くことはないかもしれない。
デジタル接続がこんなにも楽だったなんて!
この機能だけでもこのFH-9200DVDを買うメリットは大いにありです。

FH-9200DVDのUSBメモリの使いやすい音楽ファイル設定は
 1、歌手名でフォルダを作成。

 2、その中にアルバム名のフォルダを作成。

 3.その中に01、02、03~といった連番を頭に付けた音楽ファイルを入れる。

この状態の物をUSBメモリに転送すると
デッキ本体ではフォルダ検索して音楽を探しやすかった。
それでは音質はデジタルダイレクト再生なのですごく高音質である。
また音源をFLACファイルにすることによって
無劣化音源が威力を発揮している。
良い音源をセッティングされたFH-9200DVDで再生する音は逸品である。
車種別にはちょっと初期設定は必要であるが
基本的には各スピーカーの距離をタイムアライメントに入れると
ぐっと音質が変わるのでこの点だけはしっかりと取り行おう!
それでは基本的なセッティングはこれで完了!
これからのドライブがまた楽しくなりそうである!!

TOPぺーじはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

FH-9200DVDに320GBの外付けHDDを繋げる!

FH-9200DVDのUSB接続は基本的にはFAT32なら何でも繋がりそうである。
そこで余っていた外付けハードディスクをフォーマットして繋げてみた。

今回テストしたHDDはこちら!
「評判のバッファロー外付けポータブルハードディスクを試す!」

それではUSBメモリと同じ内容をHDDに入れて接続させる。

認識は問題なし!
読み込みもUSBメモリと大差なしの速度である。
音楽も特に途切れることなく再生!
この感じからするとあまりUSBメモリとHDDの垣根はなさそうである。

PS.
接続は問題ないが外す時は要注意である。
パソコンの場合は
「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す!」 が使えるが
FH-9200DVDにはそんな機能はない。
なので電源が切れるとHDDもダイレクトに切れてしまう。
いわゆるシャットダウン状態でHDDが落ちるので
数回程度なら問題ないだろうが
頻繁にするとHDDがクラッシュしかねない。
なので大容量で便利なHDDではあるが破損の可能性大であるので
この点を考えるとちょっと高額にはなるが外付けSSDの方が良いかもしれない。
今は余っているSSDがないのでテスト出来ていないが
もし認識するようあれば格段に使い勝手は良くなるだろう!

TOPぺーじはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

USBメモリの音楽を自動再生させない方法!

FH-9200DVDに音楽を入れたUSBメモリを挿しているのだが
エンジンを掛けてデッキが自動電源オンになると同時に
勝手に前回終了したUSBメモリの音楽が鳴り始める。
ただでさえ自動で電源が入るのも面倒なのに
音楽も自動で再生されるともなるとどうにかしたい所である。
そこでこの自動再生を止める方法が分かったのでメモしておく。
これは設定というよりはFH-9200DVDの終わらせ方になるのだが
最後デッキを止める時は先に本体の状態を
「Source OFF」 もしくは 「Power OFF」 で電源を切る。
そしてエンジンを切る。
この流れで行くと次回エンジンを掛けて自動電源オンした時は
Source OFFから起動する。
要は最後デッキの終了状態が
USBメモリの音楽再生中でシャットダウンさせてしまうと
次回立ち上がりは音楽再生から始まるといった内容となる。

TOPぺーじはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

FH-9200DVDの自動電源オンを止める方法!

FH-9200DVDのエンジンスイッチをオンにすると自動的に電源が入る件だが
これは結果から言うと仕様上止める事は出来ない。
あえて出来る設定といえば電源を切る時には
いつも 「Source OFF」 してから切る様にすれば
次回起動する時はSource OFFで立ち上げれるという所までか。
この点だけは諦めて使うしか仕方がない仕様である。

TOPぺーじはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

FH-9200DVDのオデッセイのスピーカーモード!

FH-9200DVD]を初期化した時
一番最初に出てくる
「スタンダードモード」 と 「ネットワークモード」 のスピーカーモードは
オデッセイの場合
フロント/リヤは内蔵アンプでスーパーウーファーは外部アンプの仕様とすると
「スタンダードモード」 となる。
間違えると故障の可能性があるのと再設定はまた初期化しないと出来ないので
最初入力する時は注意すること!

TOPぺーじはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

FH-9200DVDでアナログな音源を高音質で鳴らす設定!

FH-9200DVDの場合
音質が悪い音源(例えばアナログ音源)でもそこそこにいい音で鳴らす設定がある。
方法は
オーディオ設定メニュー内のVSCプリセットを使う。
使用出来るパターンは4つで
おすすめは
 1、「M.Studio」  1回り高音域がアップする。

 2、「D.Theater」  2回り程高音域がアップする。 の2パターン。

名称は違うが効果は昔のサラウンドみたいな感じで
開放感と高音域がアップし
モゴモゴしたあのアナログテイストなこもった音がガラッと表情を変える。
特にセパレートのツィーター搭載のフロントスピーカーだと
見違えるほど高音域が開放され
アナログ音源とは思えない中々上質な音源へと変化する。
通常のデジタル音源もしかり!
これはFH-9200DVDの一押し機能と言ってもいいかもしれない。

TOPぺーじはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

FH-9200DVDのオデッセイ用おすすめ設定値はこれで決まり!

オデッセイでFH-9200DVDをいい音で聞くためのポイントは

「スーパーウーファーを制せよ!」 である。

それではやっとオデッセイでベストセッティングが決まったので
その設定数値をメモして行っておこう!

P_20170304_183906_vHDR_Auto_R.jpg
最初にタイムアライメントを運転席側(フロントR)にしてオン!
各スピーカーの距離数値は
フロントL 140.0
フロントR 100.0
リアL 150.0
リアR 110.0
サブウーファー 210.0

次にスピーカー出力レベルの設定だが
ここは初期値のままでいいのでその数値を書いておく。
そしてタイムアライメントを起動すると自動でこちらも設定が切り替わるので
基本的にはちゃんと変わってるかの確認だけでいい。
そして1つ注意点!
「対極側の出力が低いので逆じゃないの?」
って思うが触るとバランスがおかしくなるのでこのままにしておくこと。
あと初期値にはリセットしても戻らないので最初にこの数理はメモしておくこと!
今回は写真に撮って控えとしておく。

(スピーカー出力のリスニングポジション別の初期値!)
P_20170304_182759_vHDR_Auto_R.jpg
(フロントL)
フロントL 0
フロントR -3
リアL -4
リアR -5
サブウーファー 0

P_20170304_182808_vHDR_Auto_R.jpg
(フロントR)
フロントL -3
フロントR 0
リアL -5
リアR -4
サブウーファー 0

P_20170304_182816_vHDR_Auto_R.jpg
(フロント)
フロントL 0
フロントR 0
リアL -6
リアR -6
サブウーファー 0

P_20170304_182823_vHDR_Auto_R.jpg
(ALL)
フロントL -1
フロントR -1
リアL -4
リアR -4
サブウーファー -4

P_20170304_182831_vHDR_Auto_R.jpg
(オフ)
フロントL 0
フロントR 0
リアL 0
リアR 0
サブウーファー 0

(次はスーパーウーファーのカットオフ設定!)
DSC08041_R.jpg
スーパーウーファーの設定画面 (カットオフも同じ画面!)
アルパインにはなかった機能なのだが触って行くと
どうやら雑音部分と書いている範囲はフェードアウトのようになるみたい。
なのでくっきりとカットされる以前のアルパインのローパスフィルターと違って
16㎝スピーカーの中低音とは繋がりが良い。
しかしオデッセイでこの設定で聞いてみると違和感が漂う。
どうもこのカットオフされて残る部分が耳に付くのか
結果違和感(雑音)として聞こえる節がある。
この点に気付くのにかなり時間を要したが
現装備で対処する方法が見つかったので次に書いておく。
まずはカットオフ部分は最重低音用にセッティングする。
設定値は
ローパスフィルター 50Hz
カットオフ(スロープ) -24dB/oct にする。

(続いてスーパーウーファー用のパワーアンプ設定を次のようにする。)
P_20170304_164114_vHDR_Auto_R.jpg
  PHASE(位相切替スイッチ) 0°
  INPUT MODE(入力モード切替スイッチ) 1+2
  FILTER(クロスオーバー・モード切替スイッチ) LP
  CROSSOVER(クロスオーバー周波数調整ツマミ) 50Hz
  BASS EQ(バスEQ切替スイッチ) ON
        (バスEQ調整ツマミ) +6dB
  GAIN(入力感度調整ツマミ) NOM (0.5Vちょっと下の半分値

本体側で50Hzでカットされてカットオフ部分が85Hz辺りまで残った音を
カットオフ機能のないアンプのローパスカット(CROSSOVER)を
50Hzにすることによって残った雑音域をカットすると
純粋な50Hz以下の重低音だけが残り
結果切れの良いクリアな重低音が鳴るようになる。
こんな2度手間な設定をするならアンプ側だけで良いのではとなるのだが
このFH-9200DVDの場合
スーパーウーファーをオンにすると自動的にカットオフも稼働するので
重複しても両方設定する必要があった。
一応この設定で聞くとあの音酔いする競合がなくなり
各音域が綺麗に聞こえるようになった。
また重低音と中高音との境目が開くような感じなので
再生される重低音は音としては余り聞き取れないが
床下を伝う地響きのような重低音が鳴るようになった。
このセッティングで音楽を聞くと
軽いPOP系の音楽はほフロント/リアスピーカーだけで鳴り
ユーロビートのような低音系はスーパーウーファーが鳴り響くといった
2面性な音響設定となる。
全体的にはアルパインの時と比べると
スーパーウーファーは音が小さく感じるが体感度はそのままで
もしPOP系にも重低音をという時は
バスブーストやスピーカー出力などで増量していけ大丈夫なので
基本設定はこの数値で決めるのがオデッセイの場合良かった。
それではあとは操作性についてもチェックしておこう!

TOPぺーじはこちら!
「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」

| カーオーディオ | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT