FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

大阪 | 地域情報 | EDIT

痛くない上六(うえろく)の大腸カメラ!

2年ぶりの大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)に行ってくる。
いつも検査をしてもらう病院はこちら!


辻賢太郎クリニック
(住所)〒543-0027
   大阪府大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52
   ウェルライフ上本町 202
(電話)06-6772-3939
(ホームページ)http://tsujikentaro-clinic.jp/

朝8時15分に来院!
洗浄薬で腸内洗浄。
そして9時30分にはOKをもらう。
しかし外来が終わってからの検査なので13時まで待機する。
今回は2番目の早さでのOKだったのですぐに呼び出し。
診察室に入ると睡眠薬投与。
気絶とはこういうものかと実感する。
今回は気絶体験2回目だったので状況観察してみた。
薬を投与されると自然に目が閉じる。
普通目を瞑るとまぶた越しに明かりを感じるが
気絶の時はそれがライトを消すように真っ暗になる。
あとは意識朦朧(もうろう)お尻に冷たいものを感じていると
どこからともなく「終わりましたよ!」と声がして目が覚める。
あとは別室のリクライニングソファーで休養。
20分位すると最後の検査結果報告を受ける。
もしポリープ切除したなら
このとき報告を受ける。
今日は異常なし。
院長先生指名は人気があるので2ヶ月待ちだったが
さすが院長といった感じで痛みを一切感じない大腸検査であった。
セレブっぽい患者さんが多い
大阪は上本町の日赤病院横にある辻賢太郎クリニックではあるが
しかし大腸カメラで痛い思いをした人は
迷わずここはお勧めである。

PS.
院長以外も腕前は院長のお墨付きなので
急ぎの時は他の先生を指名致しましょう。

| 内視鏡 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |