FC2ブログ

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

自作パソコン | コンピュータ | EDIT

CX520Vのおすすめデータ保存方法!

HDR-CX520V、HDR-CX500Vに参考になると思うのですが
DVテープの時のように撮ったらそのままテープを保存してOK!と
簡単に済ませれないのがメモリータイプの辛い所ですね!
ブルーレイやDVD等のメディアに焼かないといけないのだが
忙しいとそれが結構出来なかったりしてしまう。
なのでお勧めデータバックアップ方法としてパソコン(PC)のHDDへ
保存するようにしています。
自分の場合は外付けHDD(320GB)のHD-PE320U2-RDに移していますけどね!
そこで気になった点と方法を簡単に書いておきます。

ソニーの「PMB(Picture Motion Browser)」というソフトが添付されているので
それでバックアップや編集など出来るみたいなのですが
やり慣れたソフトや方法があるのでそちらで説明していきますね!

CX520Vをパソコンに繋げると内蔵メモリーの中のフォルダが見れます。
「AVCHD」「BD」「DCIM」等のフォルダです。
見た感じは普通に増設ドライブを繋げたのと同じような感じですね!
バックアップだったらとにかくこの出てきたフォルダを全部コピーしてしまえばOK!
これで最低限データは確保出来たかと思います。
今回は3時間位の映像で25GB程でしたかね!
内蔵メモリーからの転送に掛かった時間は25分位だったので
1GB=1分位の計算でいいのではないでしょうか!

この時に要注意!
データの転送速度ですが内蔵メモリーと外部メモリーでは速度が違います。
特に外部メモリーはメーカーによっても様々ですが
内蔵メモリーより確実に遅いです。
長時間撮影してパソコンへデータ転送という人はCX500Vより内蔵メモリーが
大きいCX520Vの方が使い勝手が楽かと思いましたね!

mpegファイル等の動画ファイルを操作し慣れている人はフォルダの
「AVCHD」→「BDMV」→「STREAM」と入っていくとその中に
「00001.MTS」といったハイビジョン映像のMTSファイルが入っています。
これがmpeg等の動画ファイルと同じなので
このファイルさえあればあと後編集は色々とやって行く事が出来ます。

次はブルーレイ(BD-R)用のビデオ編集をしてしまいますね!
DVDビデオのブルーレイ版といった感じです。
使用ソフト「Corel DVD MovieWriter 7」や方法は
こちらの記事に書いてるのでご参考に!
「CX520Vからのビデオの作り方!製作時間の短縮設定と使い方!!」
この方法で上に書いている「BDMV」と同じ動画フォルダが出来ます。
これを焼いたらBD-Rビデオとなりますね!

MTSファイルやBD-Rビデオをパソコンで再生するには
「Corel WinDVD 9」のような再生ソフトが入りますが
(1万円位しますが外付けドライブなどによく付いていたりもしますね!)
持っている人はそれを使って見る事が出来ます。
HDMIケーブルでハイビジョンテレビと繋げれるようでしたら
ブルーレイレコーダーが無くてもハイビジョンが楽しめます!
無理な時はパソコンでそのまま見たりS端子で繋げたりして
一応見る事が出来るかと思います!

バックアップは基本的に何でもデータ化ってのが好きなので
今回のようにHDDに保存する方法を書いてみました。

ブルーレイレコーダーがあれば楽にBD-Rビデオが作れるのですが
価格がちょっと高いかなと思ってしまってまだ購入していません。
ブルーレイのドライブはあるのでBD-Rを焼いてBD370のプレイヤーで見たり
HDDのデータをパソコンで再生したりして今は待機中といったところです!
でも完全地デジ化までにはソニーのブルーレイが欲しいところですかね~!!

お勧めハンディカム、ソニーのHDR-CX520Vのおすすめ情報の記事はこちら!
「HDR-CX520V!インプレッション・レビュー!!」

| ビデオカメラ | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

自作パソコン | コンピュータ | EDIT

CX520Vの滑らかな夜景!突き抜けるような解像度!!

さて楽しみの噴水ショーです!
ちょっと遅くなりましたが間に合いました!!
HDR-CX520Vもだいぶ慣れて来たので気合を入れて行きますね!
それでは後で見て分かりやすいように
腕時計の時間を録っておきますか!
「おぉー!接写に近い距離なのにオートでもきちんとピントが合うんですねー!」
それにそのピント合わせの時間が短い。
そう言えば余り気にしなかったですがこのビデオカメラ
起動時間が異様に早い気がします。
デジカメ並みの立ち上がり速度ではないでしょうか!
今になってHDR-CX520Vの基本性能にビックリです!!
時間はもうすぐ真夜中の0時ですが
周りの建物の明かりで比較的明るい感じですね!
それでは撮影開始です。
噴水の水しぶきが空高く舞い上がっていきますね。
その水しぶきが空気中に溶けていき細かい粒子になっていく所まで
HDR-CX520Vが捉えてそうな手応えです。
今までの4:3画面と違いワイド画像になったので
臨場感豊かな映像が録れていきます!
今までは変化するライト加減をオートではぎこちなかったのですが
今回はそれも確認したかったでずっとオートで録ってみました。

それでは家に帰ってからブラビアで見た感想です。

まずはノイズがほとんど無いですね!
DVテープの時はちょっと暗くなるとノイズがいっぱいでしたけど
街中の明るさがあればノイズの心配は無いと言った感じです。
また水しぶきですが細かい水滴も綺麗に映っています。
「この解像度!さすがハイビジョン」と言った感じですが
夜に録っている事を考えると
さすがソニーの「Exmor R CMOSセンサー」と言った所ですね!
オートでのホワイトバランスは
かなり肉眼に近い感じで捉えていますね!
実に滑らかな感じです。
さすが最新機種と言った感じで
ソニーのこの機種に対する意気込みを感じましたね!
いい感じのセッティングです!!

久しぶりに買い替えたビデオカメラですが金額以上の満足感ですね!
これからは更にコンパクト化が進むだろうと思いますが
この基本性能ですとハイビジョンのレベルなら
特に新機種を求めなくても使って行けそうな性能です。
SONY HDR-CX520V!
かなりのレベルで仕上げられた完成度の高い
ソニー渾身の1台と言ったハンディカムでした!

お勧めハンディカム、ソニーのHDR-CX520Vのおすすめ情報の記事はこちら!
「HDR-CX520V!インプレッション・レビュー!!」

| ビデオカメラ | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

自作パソコン | コンピュータ | EDIT

CX520V!タッチパネルの感度テスト!!

では、タッチパネルの使い勝手を見てみましょう!
HDR-CX520Vには余分なボタンがほとんどありませんので
操作は主にタッチパネル操作になります。
メニューとかのマークとかが小さいので
ちゃんと押せるのかなと思っていましたが大丈夫でした。
感度も良くいい反応です!
あまり強く押すと液晶に圧力が掛かりすぎて黒くなりますが
特に気にする程でもなさそうです。
あと気になる点と言えば
画面をたくさん押していると汚れてきます。
こまめに拭いてあげないとだんだんと感度が鈍って来ますので
気が付いたら拭くようにした方がいいですね!
バツ印やリターンマークを押そうとした時
結構認識しなかったです。
きちんと画面を拭いてあげたら大丈夫でしたけどね!
液晶保護フィルムとかは特に要らないかなと言った感じですが
感度を考えると貼らない方がいいですかね!
HDR-CX520Vのタッチパネル!
特に操作上では問題ないかなと言った感じでした!!

お勧めハンディカム、ソニーのHDR-CX520Vのおすすめ情報の記事はこちら!
「HDR-CX520V!インプレッション・レビュー!!」

| ビデオカメラ | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

自作パソコン | コンピュータ | EDIT

ROWAの互換バッテリー!思った以上に良く持ちます!!

それでは移動中の間にバッテリーのチェックです!
HDR-CX520Vに付けているロワの互換電池!!
ソニーの標準バッテリーより少しサイズが大きいのですが
持続時間はそれ以上かも!
標準バッテリーで大体1時間くらいは大丈夫でした。
ロワのバッテリー「RO-FH70」だと1時間20分位持ったでしょうか?
HDR-CX520Vにはビューファインダーが無いので
基本的にいつもモニターONです。
電池の節約方法にお勧めだったのはGPSの機能をOFFにする事!
これで10%程長持ちしましたね!
でもGPSの機能も結構いいので節約を重視せず
HDR-CX520Vの機能を満喫して欲しいという気もします!
あと「CX520Vの結露テスト!冷蔵庫で冷やしてみました!!」
記事の時に感じたのですが
寒くなるとバッテリーの性能はかなり低下します。
60%位の時間使えたらいいと思っていて下さい。
ですので寒い所で撮影する時は予備バッテリーは
多めに用意することをお勧めします!
(もしくは1サイズ上のバッテリーをセッティングしましょう!!)

お勧めハンディカム、ソニーのHDR-CX520Vのおすすめ情報の記事はこちら!
「HDR-CX520V!インプレッション・レビュー!!」

| ビデオカメラ | 00:27 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月