2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

デジタル家電 | ライフ | EDIT

BDZ-AT900の見落としていたDVDのダビング機能!

SONY(ソニー)のブルーレイレコーダー BDZ-AT900
DVDをダビングしようとした時のことだ!

「何かすごく焼くのに時間が掛かるな~?」

どうも1時間足らずのドラマをDVDに焼いていたのだが
中々ダビングが終わらない。
そしてやっと終わったと思ったらちょうど1時間位掛かっていた。

「1時間のものを焼くのに1時間掛かるのか?」

こんな事ではDVDを作る時に時間がすごく掛かって困るので
原因を調べてみることにした。
そして見えてきたこと・・・。
それはHDD(ハードディスク)からDVDに焼く時はいわゆる
そのままでダビング出来ないようだ。
録画している規格が昔と違うからなのだろう。
一度DVD用に変換しないとDVDに焼けないみたいだ。
なのでデジタルデータとして録画されていても
一度全て変換する為にダビング時間は等倍速になてしまうみたいだ。
結果DVDを作る時は高速ダビング出来ない。
購入時にうっかり見落としてしまっていた点である。

そして追い打ちをかける事実も判明!

何とこの機種はDVD-RWに焼くことが出来ないのだ。
よってDVDに出来るメディアはDVD-Rの1種類のみである。
再生は出来るが録画の時は規制があったソニーのブルーレイレコーダー!
多分姉妹機の
BDZ-AX2000、BDZ-AX1000、BDZ-AT700、BDZ-AT500、BDZ-AT300Sでも
同じことが言えるのだろうな!

ちょっとショックではあったがこれも時代なのであろう。
そう時代はもうDVDからブルーレイのハイビジョンへと移っていっているのだろう!
そうだろうな!
今はもう2011年3月である。
今年はついにアナログ放送が終わってデジタル全盛期がやってくる!
嬉しいような淋しいような
そんな複雑な気持ちの今日この頃といったところである!

お勧めブルーレイレコーダー、ソニーのBDZ-AT900のおすすめ情報の記事はこちら!
「BDZ-AT900 !インプレッション・レビュー!!」

| ブルーレイレコーダー | 20:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

家電・パソコンパーツ | ライフ | EDIT

ソニーBDZ-AT900でブルーレイを焼く時の要注意点!

SONY(ソニー)のブルーレイレコーダー
BDZ-AT900を使っているのだが
こちらで焼いたブルーレイ(BD-R/BD-RW)のディスクが
パソコンで見ることが出来ない!

「なぜ・・・?」

パソコンの中にはブルーレイの再生用のソフトとして
次の2つをインストールしている。

  CyberLink(サイバーリンク)PowerDVD

  COREL(コーレル)WinDVD9 の2つである!

原因が分からずグーグルで検索したキーワードはこんな感じだ!

  「ソニー blu-ray 他機で再生できません。」

  「ソニー ブルーレイ パソコン 再生できない」

  「ブルーレイ このディスクから読み取れません。ディスクが破損しているか、
  または windows と互換性のない形式が使われている可能性があります。」


そして色々と調べて行くうちに分かった原因はこんな感じである!

ソニーのブルーレイ、
今回は私が使っているBDZ-AT900での説明だが
この機種でのブルーレイのダビングには次の4つのモードがある!

306
  「HDDからBD/DVDダビング」
  「思い出ディスクダビング」
  「BD/DVDからHDDダビング」
  「まるごとDVDコピー」  の4つである!

そしてブルーレイやDVDに焼く時はこの中の
「HDDからBD/DVDダビング」
「思い出ディスクダビング」で焼くのですが

この2つのモードの説明はこちら!
「写真付き!BDZ-AT900でブルーレイを焼いていく手順!!」

実はこのモードの中の
「思い出ディスクダビング」がかなりの曲者なのである。
それはこのソニーのブルーレイレコーダーの癖みたいなものであり
そしてパソコンで編集する時との大きな違いなのかもしれません!
ではその要注意点とは・・・?

この「思い出ディスクダビング」
これはソニーの機能名であるのですが
これでブルーレイを作ると
「BDMV」の規格で焼かれます。
そして「HDDからBD/DVDダビング」で作ると
「BDAV」の規格で焼かれます。

「その規格は何ですか?」という人も多いかと思うのですが
とにかく「思い出ディスクダビング」で作ってしまうと
ソニーのオリジナルインデックスメニューの付いた
「BD-Jメニュー付き」のディスクが出来てしまい
多くの機器でよく再生出来ないと言ったブルーレイが出来上がってきます。
これが「パソコンで再生出来ない」原因であり
そして他メーカーの機器でもよく起こる
再生エラーの原因でもあります。

この辺りも先にリンクを付けていた
「写真付き!BDZ-AT900でブルーレイを焼いていく手順!!」
を参考にどうぞ!

SONY(ソニー)のブルーレイレコーダー BDZ-AT900で 焼いたブルーレイディスク!
多分この姉妹機でもある
BDZ-AX2000、BDZ-AX1000、BDZ-AT700、BDZ-AT500、BDZ-AT300Sでも
同じような症状が出ているかと思うが
原因はこの
「思い出ディスクダビング」で作れる
「BD-Jメニュー付き」のディスクが原因の時が多いかと思う。

ソニーのホームページでもこの辺りの事が書かれてあったので
参考にしてみて下さい。(特に「ちょっと一言」のところ!)
http://qa.support.sony.jp/solution/S1110278033474/?p=BDZ-AT900&q=BD-J&rt=qasearch&srcpg=bd

という事でパソコンや他の機器で再生出来ない時の原因は
それはこの辺りが原因である事があるので
他の機器との互換性を少しでも高めたい時はダビングモードは
「HDDからBD/DVDダビング」で焼く
「BDAV」の方が無難なような感じですね!

しかしパソコン派な私は更にパソコンでの検証をしてみるのだった。
その結果報告の記事はこちら!
「ソニーのブルーレイを色々なパソコンで見れるかテストする!」

お勧めブルーレイレコーダー、ソニーのBDZ-AT900のおすすめ情報の記事はこちら!
「BDZ-AT900 !インプレッション・レビュー!!」

| ブルーレイレコーダー | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

デジタル家電 | ライフ | EDIT

写真付き!BDZ-AT900でブルーレイを焼いていく手順!!

SONY(ソニー)のブルーレイレコーダー BDZ-AT900
編集し終わった映像を今度は
BD-R/BD-RWのブルーレイメディアに焼いていってみます。

まずは本機にメディアを入れて
リモコンの「ホーム」を選んで
そして「ビデオ」の所の「ディスクダビング」を選ぶ!
するとダビングモードが出てきます。

306
これがその画面で
「HDDからBD/DVDダビング」
「思い出ディスクダビング」
「BD/DVDからHDDダビング」
「まるごとDVDコピー」の4種類が出てきます。
ブルーレイやDVDに焼く時はこの中の

「HDDからBD/DVDダビング」
(普通にビデオの動画だけをブルーレイにダビングするタイプです。
タイトルのメニュー画面が無いタイプです。)

「思い出ディスクダビング」
(メニュー画面がある分で
ソニーのオリジナルインデックスのメニュータイプです。)

のどちらかで作って行きます。
それではまずは
「HDDからBD/DVDダビング」の時です。
こちらはタイトルを選んでいってそして「実行」を選ぶと
あとは自動で焼いていってくれます。

308
これがダビング中の画面です!

そしてもう1つのモード
「思い出ディスクダビング」の時です。
こちらを選ぶと
「メニューを作成しますか?」と聞いてくるので
「はい」を選ぶとダビングタイトルの選択画面が出てきて
タイトルを選択すると
インデックスメニューの付いたブルーレイを作って行けます。
(この時「いいえ」を選ぶと「HDDからBD/DVDダビング」と同じになります。)
こちらで出来る作業としてはメニューの背景を選ぶ位です。

310
ブルーレイの時は背景メニューはこんな感じで
3種類くらいしかありません。
DVDの時はもっと色々あるんですけどね!
それでディスクのタイトル名を入力したら
書き込みを実行して行きます。

309
こちらが「思い出ディスクダビング」の時の画面です。
こちらもほぼオートで勝手に進んで行きます。

そして完成するとこんな感じのインデックス付きの
ブルーレイが完成します。

311
これが「思い出ディスクダビング」で出来た
ブルーレイのソニーオリジナルのメニューインデックスです。
雰囲気は私が使っているビデオカメラ!
SONY(ソニー)のHDR-CX520V
インデックス画面と似ていて使いやすいですね。

こんな感じのハンディカムでこちらに詳しいレビューを書いています!
「HDR-CX520V!インプレッション・レビュー!!」

しかしこの使いやすいインデックスメニューの
「思い出ディスクダビング!」
ここに大きな落とし穴が実はあったのだった!
それはこちらの記事に続く・・・・。
「ソニーBDZ-AT900でブルーレイを焼く時の要注意点!」

お勧めブルーレイレコーダー、ソニーのBDZ-AT900のおすすめ情報の記事はこちら!
「BDZ-AT900 !インプレッション・レビュー!!」

| ブルーレイレコーダー | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

デジタル家電 | ライフ | EDIT

ソニーのブルーレイBDZ-AT900でチャプター編集をしてみるのだ!

ではSONY(ソニー)のブルーレイレコーダー BDZ-AT900
続いて映像編集となるチャプター編集へと入っていってみる。

まずは編集したいタイトル動画を選択して
リモコンの「オプション」を押して
「設定/編集」を選択する。

そして編集で失敗したら困るので保険代わりとしてここで
「プレイリスト作成」でコピーを作っておく。
コピー分のタイトル名は分かりやすいものを付けておくといいでしょう。

そしてそのプレイリストを選んで同じようにオプションから編集を選んだら
今度は「チャプター編集」を選択!
するとこんな画面が出てきます。

304
これがソニーのブルーレイレコーダーの編集画面なんですね!
チャプターで区切られているのが一目で確認出来ます。
この状態で再生やスキップや早送りをしていって
下の「分割」で要らない部分の画像を切っていって
削除しやすいように分割して行く。
そうしたら次は要らない部分(チャプター)を削除して行きます。

305
画面のように選択している部分が白っぽくなっているので
選択している部分が分かるかと思います。
「チャプター2」を削除したい時は
例えばこの写真のように選択してリモコンの「決定」を押すと
斜線が入って選択できます。
そして「削除実行」を押すと削除していけます。
またチャプターを結合する時は引っ付けたいチャプターを選んで
この「前と結合」を選ぶと1つに結合出来ます。
そして「終了」します。

基本的にはこの作業だけで編集は出来てしまいます。
以前はパソコンで編集した時はスペックが低かったので
すごく時間が掛かっていましたが
やはりブルーレイに特化した製品ですね!
すごく簡単に短時間で編集して行く事が出来ます。
慣れていなくてもそこそこのペースで編集が出来る辺りが
今時の機種って感じだなって思うのと
「これがソニーのブルーレイレコーダーなのか!」と思う
初めてソニー機を使った第一印象ですね。
巷でブルーレイはソニーが使いやすいって言っている意味が
少し分かったような気がしました。

では次はこれをブルーレイに焼いていく作業に入っていってみますね!

お勧めブルーレイレコーダー、ソニーのBDZ-AT900のおすすめ情報の記事はこちら!
「BDZ-AT900 !インプレッション・レビュー!!」

| ブルーレイレコーダー | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

整備 | 車・バイク | EDIT

写真で見るオデッセイの内張りの外し方&作業方法!!

初期型のホンダオデッセイ4WD RA2の助手席側作業記事
「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のドアミラーの交換方法!!」
の続きです。

次はオデッセイ(RA1、RA2)の運転席側をやって行きます!

283
まずは外さないといけないネジが3ヶ所あります。
1つ目はこのドアノブのレバーに隠れているビスです。
ネジを隠しているカバーキャップはピンセットでこじ開けました。

284
2つ目はドアの肘掛部分にあるこのビスです。
ひじ掛けの所のキャップも同じ要領で開けます。

285
3つ目はドアポケットの中にあります。

286
そして結構内張りを外す時に悩むのがこのドアノブのはずし方!
運転席側だったら写真のように斜め前に向かって
レバーを握って押出すようにすれば外れます。
ツメがこんな感じになっているので参考にしてイメージして下さい。
これを捩じってこの内張りの穴に最後くぐらせて内張りを外して行きます。

配線の外し方はこちらの記事を参考にして下さい!
「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のドアミラーの交換方法!!」

287
インパネを外すとこんな感じです。
ドアの内張りの中はこんな感じになっています。
この状態まで自分で出来るようになると
純製のフロントスピーカーやリアスピーカーも自分で交換できるようになります。

289
内張りを取り外した状態です。

288
パネルの裏側はこんな感じになっています。

290
これは今回ドアミラーを外して行く予定だったので
ここからビスを外してドアミラーを交換しました。

ドアミラーの交換方法はこちらの記事もご参考にどうぞ!
「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のドアミラーの交換方法!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ14万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイの知ってると得するかも情報はこちらのカテゴリ
「ホンダオデッセイ」へどうぞ!

| メンテナンス | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

整備 | 車・バイク | EDIT

写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のドアミラーの交換方法!!

愛車初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
軽快に高速を走って帰ってきたらドアミラーのカバーが無くなっていた。
「お~っと、これは・・・!」
もう長いこと乗っているからカバーの部分が緩んでいたのだろうか!
走行中に取れてしまったみたいだ!
かなりショックである!!
しかしそうも言ってられないので修理する為に
早速インターネットで調べて中古部品でドアミラーを探してきました。
今使っている分は自分でスプレー缶で塗装してシルバー(銀色)にしていたのだが
中古パーツの分は元の色のブラック(黒色)であった。
塗装する時間が無かったので今回はそのまま取り付ける事にしました。
ドアミラーはマイナーチェンジするまでのタイプは共通で流用できるみたいですね。
(タイプで言うとRA1、RA2、RA3、RA4、RA5のオデッセイ用みたいです。)
という事で早速ドアミラーを自分で交換していってみます。
交換手順としてドアミラーのはずし方ですね。
まずはドアの内側のインパネ(内張り)を外さないといけません!
ちなみにインパネって
インストゥルメンタル・パネル(Instrumental Panel)の略語なんですね!
ちょっと話が逸れてしまいました!

それではまずはオデッセイ(RA1、RA2)の助手席側から行きます!

300
ドアミラーのカバーを外すとこんな感じです。
取り外し方はカバーははまっているだけなので手で取れます。
窓はこの時点で下して開けておきます。

296
助手席側はネジが4ヶ所で止まっています。
この写真で説明するとドアレバーの所に1つ、
ひじ掛けの所に2か所、
そしてドアポケットの所に1つで合計4つあります。
ビスカバーキャップで隠れてますので
ピンセットで私は取りました。

分かりにくい時はこちらの運転席側の記事も参考にしてみて下さい。
「写真で見るオデッセイの内張りの外し方&作業方法!!」

291
それで最初にドアレバー部分を外します。
こんな感じのツメになっていますので
レバーを持ちながら斜め前方に押し出すようにすると外れます。
それでドアのインパネパネルはソケットで止まっているだけですので
隙間にドライバーなどを挟みこんでこじ開けるみたいにしてみて下さい。
少しインパネが浮いてきます。
それで少し力が要りますが思い切って引っ張ると
内側に何ヶ所か配線が繋がっていますので外して行きます。

293
配線部分にはこんな感じのカップラーがあります。
影になっていて見えにくいかと思いますので
こんなカップラーがあるのだと想像しておいて下さい。

292
カップラーの爪はこの部分ですので
外す時はこの部分を指で押しながら抜いて下さい。
それで最後ドアノブの部分をインパネの穴にくぐらせて外して行きます。
くぐらしにくいと思いますがねじるようにするとくぐらせれます。

294
内張りを外すとこんな感じです。
ここまで一度自分で出来るようになっていると
フロントのスピーカーの交換とかも自分で出来るようになります。

295
これはドアパネルの内側です。
こんな感じになっています。
ではドアミラーを外して行きます。

297
まずはこの見えている2つのビスを外して行きます。

299
こんな感じにソケットレンチを使うと外しやすいです。
ビスが最後外れる時落ちやすいので
ゆっくりと指を添えて外して行くといいです。

301
それでドア内側の紙を剥がしてめくるとこのソケットが見えます。
このソケットを外して最後表側のドアミラーのビスを外すと
ドアミラーを外す事が出来ます。
そして今度はその逆で取り付けていくといいです。
注意する所はこの線を付いていた通りに線を通しておかないと
最後線が引っ掛かったりして窓が閉まらなかったりするので
線を抜く前にしっかり配線状態を確認しておいて下さい。

302
それで逆手順で取り付けが終わるとこんな感じになりました。

最近の車だったらもっと複雑なのかもしれないのだが
この初期型オデッセイのようなシンプルな作りの古い車だったら
何かと自分でメンテナンス出来ることが多い。
これも旧車ならではの楽しさと言ったところだろうか。
また1つマイカーに詳しくなった1日である!

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ14万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイの知ってると得するかも情報はこちらのカテゴリ
「ホンダオデッセイ」へどうぞ!

| メンテナンス | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月