FC2ブログ

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 | 地域情報 | EDIT

うちのかわいい猫ちゃんの携帯ストラップ!

181
mixiのマイミクさんの猫ちゃんをあしらったペアストラップです。
「うちの猫 たんとぽぽ」のオーナーさんの猫ちゃんバージョンです。

180
猫ちゃん達の気持ちを代弁してメッセージを彫ってみました。

179
色と文字の深さもいい感じです!

178
今回は可愛らしさを前面に出したので
文字はちょっと柔らかいイメージのフォントをチョイスしました。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
もしくはブログコメント欄にてどうぞ!

| 手作り携帯ストラップ | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山) | 地域情報 | EDIT

化学的紙甲冑強度アップ作戦!!

「桶川胴への道!まずはアウトライン作り!!」 からの続き!

さてお次は「水、熱、強度!」の項目の
「強度」の部分を行ってみましょうか!
紙の耐久性を普通に上げる程度では
たぶん1年もイベントに参加していたら甲冑は持たないだろうと思う。
なのでこの部分は少してこ入れをしようかと思う。
そこで目指す強度は紙を塩ビ級にまで持っていく!
その為にはちょっと工業系にはなるのだが
まずは接着剤である木工用ボンドをすべて工業用ボンドに換える。
そして時間短縮の為にここには速乾性のものを入れる。
この条件を満たしているのがまずは「G17」というボンドである。
このボンドは個人的には使い慣れているので
少しアグレッシブに使っていってみたいと思います。
ではボンドG17の硬化剤の化学作用によって生まれる強度に期待しつつ
紙の長所を生かしながら短所を補っていく作り方を模索してみようかと思う。
ここからは「甲冑教室」というよりは
「甲冑工場」という環境になるかもしれない。
ここからの作り方は子供や一般の人には害がある勧めれない方法も使うが
しかしイメージに近い強度を持ったハイブリッド甲冑になるだろう。
それではアウトラインのデータが完成するまでの間
加工内容のテスト!
ちょっとやっておきますか!!

 続きはこちら!
 「調合ボンドで紙甲冑の強度を上げる!」

| ハイブリッド甲冑 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月