2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

ものづくり | ビジネス | EDIT

autoCAD全開!PocketCAM炸裂!ここが腕の見せ所だ!!

大分データー作りで試行錯誤したな。

DSC03093_R.jpg
プリントして・・・、
  貼って・・・、
    切って・・・、
      組んで・・・、
そしてまた一からやり直す。
これを何度も繰り返した景色である。
しかしそれも少し落ち着くだろう。
一番の山場へGO!である。

DSC03105_R.jpg
イラストレータでトレースしたアウトラインを
CADのdwgデータに変換しautoCADへ。
そしてトリム、延長、フィレット、回転、複写などと修正を掛けつつ
それをCAD/CAMソフトのポケットCAMに放り込む!
そしてNCデータに変換し彫刻データを作り3Dにてチェーック!
紙で作るデータと違い切削にて作るため刃物のサイズなどを考慮して
切削データはある程度勘で修正を掛けておく。
そうすることで目指す究極の型紙が出来る。
真田山ブランド職人の一人して腕の見せ所である!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

期限が近い予感!思ったより時間が動き出すのが早いかも!!

しばらく止まっていた時間が動き始めようとしているのか。
静かだった流れに気配を感じる。
間もなく次の周期がやってくるのか?
忙しくなる前に自分が出来ることをやりきってしまわなければ・・・。

現在一番肝心の1day甲冑兜の完成度は80%と言う所か。
時間を考えると妥協して完成でもいいが
それが後々響きそうでどうしても通り過ごせない。
子供の頭サイズと言うのは思ったより早く大きくなるのだな。
小学校1年生ですでに54cmは標準と言った大きさであった。
そして5年生の子では大きくても57cmが普通のようで
兜に関してはこの2サイズを押さえておけばほぼ対応出来るようである。
なのでまずはターゲット層を54cmの子供用に決定し兜を完成させてしまおう。

まだ不安定だったしころ部分は
ハイブリッド甲冑の兜データを流用してデータを入れ替える。
そして威し糸の穴位置を配置。
子供用にしころのR加減も修正し完璧にしていく。
それで作った2つ目の試作兜がこれだ!

DSC03101_R.jpg
修正することを視野には入れてはいないが
兜額横の角みたいな返し部分は
万が一の長さ調整時にも対応できるようにミッキーマウスの耳みたいな形から
ストレートの形に変更。
これはカットしてもバランスを取りやすいようにする為。

DSC03103_R.jpg
まだ威し糸をフルで貼っていないのでバランスは均等に分配されていないが
しころの重なり具合、間隔は満足の行くレベルに持ってこれたかなと思う。
子供は頭サイズは大人に近くはなっているが
首の長さ、顔の大きさがまだ小さいので
しころ最下部が肩に当たらないようにラインを変えてある。

DSC03104_R.jpg
後姿のバランスも整った。
筋兜の隙間もほぼ調整なしで閉じることが出来る精度も出た。
あとは曲げ具合をきちんと取って行けば
ハイブリッド甲冑よりバランスのいい兜に仕上がるのではないだろうか。
兜データ完成まであと1歩である。
最後の詰めはCADの技術とマシンの力を駆使して仕上げる。
腕の見せ所であ~る!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

子供甲冑用の実践データー!ただ今収集完了!!

出来上がった1day甲冑試作品のサイズチェックである。
夕方向かいの塾にやって来た子供たちの協力を得て多くのデータを収集する。
小学校1年生と5年生ではかなりの体格差があるのに驚く。
やはり成長期ですね!
ほんとかなりの差です。
そしてデータ収集中に感じた興味深いデータも記述しておきましょう。

まだまだ張りぼて状態の1day甲冑ではあるが
子供たちにはかなり興味深いものに写っていたみたいである。
「なに、なに、なに~!」って感じでその視線は不思議ちゃん状態で
かなり興味をそそられるのだろう。
すごい反応である。
そんな子供たちに試作品の張りぼての兜を被ってもらうと
それだけで大喜び全開である。
ゲーム世代の現代っ子と言うこともあるのだろうが
こういったアナログ的なシンプルなものに興味があるのは
今も昔も同じと言う事なのだろう。
この感触で手応えを実感した。
1day甲冑が出来上がったらこれは絶対大ウケ間違いなしの気がする。
その景色・・・、
本気で見てみようかな!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

子供用甲冑の桶川胴は2枚胴でシンプル化するのだ!

さて次は胴部分である。

DSC03076_R.jpg
この部分で一気に時間短縮を狙うため胴仕様は
2枚胴でシンプルにしておく。
材料が紙なので塩ビの様にきちんとラインを出していなくても
曲げたり切ったりしやすいので大雑把でも何とかなるだろう。

DSC03077_R.jpg
子供の胴はかなり小さいと想定して
甲冑の胴も思い切って小さめにデザインしてみた。
形にしていくのはこれが胴部分は1発目なので
データ収集用としてとりあえず作ってみる。

DSC03078_R.jpg
後側も背中に沿った曲面を作らないといけないが
まだ現段階では考えすに先送りしておく。
それでは今度向かいの塾にやってくる
真田山小学校の生徒さんをモデルにして
胴回りのサイズチェックをしてみたいと思う。
しかし小学生にもなると体格差が大きいので果たしてどれ位誤差が出るかな?

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 10:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

1day甲冑用型紙データー1式!コピー出し完了!!

大分型紙データも様になってきた。
一度一式全てをコピー出ししてみよう。

DSC03072_R.jpg
A4コピー紙を継ぎ足して1つの型紙にしているので継ぎはぎだらけだが
とりあえずは型紙完成である。
このコピー出しを使って厚紙に線を引き
それをカットするという作り方でもかなりの時間短縮が可能であろう。
しかしやはりちょっと精度は甘いかなぁ~!
甲冑の型紙データなどがあるとビシッとした型紙を作るのだが
甲冑の型紙誰か一式持っていないかなぁ。
あるとそれをベースにしてきっちりとしたデーターにも出来るのになぁ。
「はぁ~、ちょっと疲れてるな!」
思わず愚痴が多くなってしまった・・・。

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

超高速ボール盤でのしころ威し糸用穴開けは威力絶大!

それでは一度威し糸用の穴を開けて兜を仮組みしてみようと思う。

DSC03080_R.jpg
時間短縮の為ここはボール盤を使ってみる。
回転速度を最高にして穴を開けてみる。
あまりの回転数の為厚紙が粉塵と化して空を舞う。
手で開けるより圧倒的に早いが穴開けポンチで抜く方がやはり綺麗かな。
本格的に作るならポンチを使うがボール盤の品質でも
甲冑教室などで教える程度なら十分通用するレベルかも!
まあ仮組み用だし時間もないしその辺りは大目に見て
一気に穴を開けるのだ。

DSC03087_R.jpg
今度はもう少し兜の雰囲気を出す為ひさし部分を付けてみた。
ちょっと付けてみただけだが意外とかっこいいではないか。
やはりちょっとした付け足しで見栄えって結構変わるものである。
このひさしも後で型紙データに加えておこう!

DSC03089_R.jpg
今度は威し糸用の穴を開ける。
しころ部分程度だと10分もあれば穴開けOK!
その開いた穴にナイロン紐を通して固定してみる。
ガムテープと違ってしっかり止まっているのでサイズ確認がしやすい。
紐を通すのは少し手間ではあるがその分正確なデータが取れるので
やはりきちんとする所はきっちりしないといけないな。
モノづくりの基本の徹底である。

DSC03090_R.jpg
まだ少ししころのラインと穴の位置はビシッと決まっていないが
まあ許容範囲内には納まっているかと思う。
一応兜データーNo1と言う感じで決定データにしておこう。
それでは次は胴部分に取り掛かって行ってみるか!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

地球儀データの展開図を応用して兜の型紙を作る!

「手作り紙甲冑用の厚紙を買いに松屋町へ行くのだ!」からの続き!

早速松屋町で買ってきた紙甲冑用の厚紙で実際に作って行ってみる。

DSC03102_R.jpg
コピー用紙を使った兜の仮組みではうまく行ったかと思ったが
実際の厚紙で組んでみると隙間がガタガタである。
きっちり合っている所もあれば隙間が大きい所もある。
こんな精度では1day甲冑としてのデータベースとしては役に立たない。
やり直しである!

修正の為に同じことを何度も繰り返す。
そのうち買ってきていた厚紙を使い切ってしまった。
再度厚紙を購入しに松屋町へGO!である。

お店にあるだけの在庫を売ってもらい帰ってくる。
しかし同じ方法を繰り返していても厚紙が無くなるだけである。
手作り甲冑のようにあとで修正しながら作るのならこの精度でもいいが
1日で作る為には修正しながら作っていては到底不可能である。
「もっと完璧な型紙データーを作るには・・・?」
そんなことを思いながらネット上を彷徨っていると
「球体の展開図」というキーワードで面白いものを見つけた。
ペーパークラフトで使うものだろうか?
地球儀を紙で作る型紙データをダウンロード出来るサイトを見つけた。

こちらがそのサイトである。
「地球儀展開図作成ソフト - 舟型多円錐図法変換アプリ 」

何かのアプリなのだろうか?
地球儀の展開図での分割数などを記入して変換すると展開図の写真が出来上がる。
写真ではあるがかなりの精度のデータである。
これをベースにトレースしてまずは球体のデータを作る。
兜用にするので上半分(半球分)あればいいので下半分は削除。
それを小さいサイズだがA4のコピー出しにて仮組み。
フィギュアの兜みたいな大きさだがこれはきちんと隙間なく仮組み出来た。
「これなら行けるかも!」
今の状態では半球体なので子供甲冑用の兜としては兜の背が高いだろうか?
もう少し下をカットして低くしておこう。

DSC03073_R.jpg
本番用の厚紙にて仮組み!
見た目はちょっと頭部分が浅いかと感じるが子供用なのでこれ位かと思う。

DSC03074_R.jpg
しころデーターの大きさ確認も兼ねて一緒に作ってみた。
まだテスト段階なので威し糸用の穴などは開けていないので
ガムテープと押しピンにて仮止めする。
隙間はちょっとこの状態では開いてはいるが
手でギュッと締めると隙間はきちんと埋まるので兜としての精度は
許容範囲内といった所だろうか。

DSC03075_R.jpg
全体的に大分バランスが取れて来た感じである。
しかししころ部分の精度はイマイチか!
とにかく思ったサイズをイメージして
狙った兜の大きさを作れないとこの先苦労する。
ここは全体の精度を追及するよりも
思い通り大きさをコントロール出来るようにすることを優先しよう。
ガムテープで固定では不安定なので一度威し糸用の穴を開けて
ナイロン紐で仮止めしてキチンと大きさを出して行ってみるとするか。
時間の経つのが早い。
穴開けは時間短縮を狙ってボール盤で開けてみよう!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

手作り紙甲冑用の厚紙を買いに松屋町へ行くのだ!

1day甲冑のモデルとなった子供甲冑は
三光神社での甲冑教室で作った初期型甲冑と同じタイプで
アクリル板の梱包用段ボールで作ってあった。

初期型甲冑はこちらをご参考に!
「紐を通すのが大変!」

しかし今回は加工のスピードアップと品質を求める為
きちんとした厚紙で作ることにした。
それでうちの近所で言えばやはり松屋町かな。
通称「まっちゃまち!」
ここは大阪では一般的には人形の街のイメージが強いが
私にとっては紙のイメージの方が強い。
そう!よく梱包資材を買いに来るのがここ松屋町筋である。
それでは試作用の厚紙を買いにプリンセス・トヨトミの撮影現場にもなった
空堀商店街を下って行くのだ~!

続きはこちら!
「地球儀データの展開図を応用して兜の型紙を作る!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

兜型紙コピー出しデーター!仮組み完了であ~る!!

今回の兜のデジタル型紙データーは
頭サイズ54cm用で作ってあるが果たしてどんな感じだろうか?

DSC03098_R.jpg
コピー紙でプリントした型紙を仮組みしてみた。
見た感じは兜の雰囲気が出ている。
しかし大きさは如何に・・・・。

まずは頭サイズ57cmの自分で被ってみるとピッタリである!
「やったー!」
しかし・・・、と言うことは
「・・・お・お・き・い・・・かも?」
誤差が出ていたようだ。
とりあえずは1回目失敗!
まだまだ序の口、
めげずにどんどん行ってみよう!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

まずは兜型紙データをコピー出し!そして大きさを固めて行く!

何とかトレース完了!
とりあえず写真からトレースしたので
ラインもガタガタ!
大きさもアンバランス!
なので一度確認も兼ねてプリントしてみる。

DSC03067_R.jpg
兜の単品データを作成!
たぶんこんな大きさでいいかな程度のデータだが
ここから修正して整えていく予定である。

DSC03068_R.jpg
ハサミでカットして大きさチェック!
「まあまあかな・・・?」
それでは一度繋げてみよう。

DSC03066_R.jpg
ぐるっと一周させたデータ分を
小学校の工作さながらの雰囲気でカットして組んでみる。
思いのほかいい感じで合わさったが
しかし隙間がちょっと目立つだろうか?
早速データ修正である。
「ああ~、この修正があまり増えないことを願います・・・。」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

手作り甲冑型紙資料を1day甲冑用にデジタルデータ化して行く!

DSC02713_R.jpg
子供甲冑を見せに来て頂いた時に書いてもらった
子供甲冑用の型紙イラストです。
こんな感じのものを他にも何点か書いてもらいました。

IMG_0634_R.jpg
子供甲冑の兜の予備パーツの写真です。
兜の種類は筋兜と言っていたかな?
全て並べた分を写真で頂きました。

それではこれらをまずは全て写真にしてしまい
それをイラストレータでトレースして大まかなデザインを
まずは作ってしまおう。
しかしトレース苦手だからなぁ~!
「ハァ~・・・!」
これはほんと誰かに頼みたい・・・。

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

1day 甲冑作りの最重要テーマ「1日」を目指すためには!

1day甲冑の宿命ともなる議題!
それは「1日で作ることがすべてに優先する!」である。
逆を言えば1日で作るためにはすべてを排除すると言ってもいいだろう。
1000文字の原稿を五七五の俳句で表現すると言ったくらい
それはかなりの物を削ぎ落とさなければならない作業となる。
この辺りは「どうしてもこれは譲れない」という気持ちが強いと苦痛だろうな!
それではあの時頭の中で閃いたイメージを書き出しておこう。

 1、製作に携わる人数は問わない。

 2、製作に使う道具、場所に制約を設けない。

 3、甲冑デザインは全てデータ化し管理する。

 4、製作方法をマニュアル化する。

 5、材料は全て事前に一式準備する。

 6、甲冑として見れる最小限パーツのみ作る。(兜と胴部分のみ)
 
 7、品質を維持する為の最低限の材料は使う。(威し糸や飾りなど)

それでは上記内容を踏まえつつ開発準備に取り掛かっていくことにしよう!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

ハイブリッド甲冑の対極コンセプト!それが1day甲冑計画である!!

真田山ブランドのハイブリッド甲冑のコンセプトが
「技術と根気でさりげなく作る!」という
とことんこだわりを追及して作る甲冑なら
1day(ワンデイ)甲冑は
「早く、安く、簡単に作れる!」という
まさに吉野家的なフレーズがぴったりの甲冑である。
ハイブリッド甲冑が技術と品質でシンプル・イズ・ベストを目指すものなら
1day甲冑は簡素化と技術で品質を目指すスピード&チャージ仕様の甲冑である。
ハイブリッド甲冑と対極の手法で品質を目指す新たな計画!
それが「1day甲冑計画」である!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

| 1day甲冑 | 08:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ものづくり | ビジネス | EDIT

1日で作れる甲冑!それが1day甲冑!!

真田山ブランド1号機のハイブリッド甲冑はいい感じで完成したが
しかし製作に5ヶ月も掛かるとと~ってもしんどかった!
なので 「甲冑はもう満足であ~る。」 と言った心境でもあった。
燃え尽き症候群といった所ですね。
そんな経験もあってかその時以来あることをず~っと考えるようになった。
「もっと短期間で甲冑作れないだろうか?」
そんな時ニコライ書記長が
「子供甲冑出来たよ!」 と言って出来たての甲冑を見せてくれた。
それはすごくシンプルなのだがしかし子供心を擽る何かが満ち溢れていた。
「何かを感じる・・・。」
そうである!
この子供甲冑を見た途端自分の中で何かが弾けたような感覚が走る。
この子供甲冑にハイブリッド甲冑の技術を応用し
ショーリンの技術を詰め込めばこの甲冑は格段の進化を遂げるんではないのか!
そう思った途端頭の中で新たな甲冑が組み立てられていく。
「1日で作れるかも・・・。」
1day甲冑のイメージが出来た瞬間であった!

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

真田山ブランド職人 ニコライ書記長のブログはこちら!
「ニコライ書記長のブログ」

| 1day甲冑 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タブレット関連 | コンピュータ | EDIT

関西空港!GLOBAL WiFiの返却場所の案内写真!!

関西空港に到着!
さてGLOBAL WiFi「グローバルWiFi」の海外用のレンタルWi-Fiを
返しに行ってきましょうか。

レンタル一式の中に入っていた小冊子や
ホームページ http://townwifi.com/ の地図にも紹介されてはいたが
実際にその場所を見ていなかったのですぐわかるだろうか?

「1階国際線出口を出ると左側にすぐあるような案内だったが・・・。」

DSC03040_R.jpg
関西空港1階の国際線出口を出て左にず~っと行った所に返却カウンターがあった。
一番端っこの一番奥にある場所なので地図から伺えるほど全然近くはなかった。

DSC03037_R.jpg
場所がどの辺りかと言うと
関西空港1F入り口番号「1F H」の前である。

DSC03039_R.jpg
こんな感じで他のサービスカウンターと一緒に隣接している。
今回はここで声を掛けると
手荷物宅配サービスの受付の担当の人が出てきて対応してくれた。
そこでレンタルパックに同封されていた返却封筒と
クロネコヤマトの宅急便伝票に住所を書いて渡すと
特に返却用の袋に入れなくても一緒に渡せば対応してくれた。

サンフランシスコ空港でインターネットに繋げる時
グローバルWiFiのネットワーク名をいくつか見たので
結構借りて行っている人が多かったというのが今回の印象ですね。
あると便利なレンタルWiFiでした。

サンフランシスコ空港でのインターネット状況はこちら!
「2013年5月!サンフランシスコ国際空港の無料wifi最新情報!」

お供に連れてい行ったタブレットNexus7の情報はこちら!
「グーグルタブレットNexus7!インプレッションレビュー!!」

バッテリー切れを気にしなくなる便利なポータブル電源のご紹介はこちら!
「ソニーCP-F2LSAVPモバイルバッテリー最安値¥4,650はお得?」

| WiMAX&モバイルルーター | 09:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

android | コンピュータ | EDIT

Nexus7!Google翻訳より日本人に合うおすすめ翻訳アプリ!!

グーグルのネクサス7とGLOBAL WiFiを持って
片言の英語で
サンフランシスコのブルーミー(Bloomingdale's)をぶらぶらとする。
店に入ると早速の
「Hello! May I help you?(いらっしゃいませ!何かお探しですか?)」
とお決まりのフレーズを口走り陽気なアメリカンな店員が近寄ってくる。
「うわっ!来た・・・。」
とりあえず
「I'm just looking. Thank you.」で応戦!
あっちに行く店員さんにひとまず
「ふぅ~!」
しかし見ているとまたあの店員と目が合ってしまった。
するとアイコンタクトした選手みたいにうなずきながらやってくる。
「うわっ!また来た・・・。」
はっきりと言わないと分からないアメリカ人。
さあいよいよ翻訳ソフトを試してみる時が来た。
日本で試した時
「なかなかいいんではないですか?」と
思ったGoogle翻訳を使ってみる。
色々と店員さんの質問に応対しようと翻訳文を音声入力。
しかし出て来た言葉を見せると首を傾げる店員さん。
どうやらニュアンスが違うチンプンカンプンな翻訳文が出ているようである。
確かに翻訳された文を見ると
使える旅行英会話BOOKなどではあまり見かけない翻訳文が出ていた。
「確かにこれでは首を傾げるよな?」
そこでもう一つお試しに入れていた
「NariTra ナリトラ」を起動!
そしてずっと引っ付いてくる店員さんに対して
「少し考えさせてくださいね。」と入力。
出て来た言葉が
「I'll think about it.」
「おっ!これはいい感じかも!!」
店員さんも今度は理解出来たみたいで
「Oh~!OK,OK My name is John.Please call me ~」
みたいな感じであっちに行ってくれた。
「はぁ~、これでやっとゆっくりと見れる・・・。」
アメリカは日本と違ってストレート過ぎるというか
とにかく単刀直入に物事を表現してくる。
なので目が合うと
「困ってるの?」と思ってくれるみたいで
すぐ声を掛けてきてくれる。
嬉しい反面うまく喋れないので緊張してしまいますね。
「こんな時片言の英語でいいので言葉が思い浮かんだら・・・。」
そんな時に心強いのが翻訳アプリ。
比較してみたがGoogle翻訳は使う人が世界規模だからだろうか?
どうもこちらが思う言葉のニュアンスがうまくアプリに伝わらない感じがした。
なので翻訳される英語は日本で学ぶフレーズと違う言葉が多かった。
それに対してNariTra ナリトラは
日本人が使うには意味が通じやすい英語が翻訳されていると思った。
実際現場で使ってみて感じた印象である。
ちょっとした英語が出てくるのがこれほど心強いかと感じた今回である。
こうこれで陽気なアメリカンも安心であ~る。

翻訳アプリ NariTra ナリトラ は
音声入力して音声出力できる。
あと翻訳した履歴が残るのでよく翻訳した言葉も探しやすい。
今回はNexus7を持って行っていたのでこれにインストールして使ったが
頻繁に使ったり随時手に持つ人にはスマホの方が便利に使えるかもしれない。
細かい使い方やダウンロードはこちらをご参考にどうぞ!

成田国際空港Webサイト
https://www.narita-airport.jp/jp///fun/app/naritra/index.html

英語をメインに翻訳という人にはお勧めの
翻訳ソフト NariTra(ナリトラ) でした。

Google(グーグル)Nexus7のお勧め情報はこちら!
「グーグルタブレットNexus7!インプレッションレビュー!!」

| Nexus7 タブレット | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

アメリカ合衆国 | 海外情報 | EDIT

2013年5月!サンフランシスコ国際空港の無料wifi最新情報!

サンフランシスコ空港(San Francisco International Airport)
通称 「SFO」に到着!
今回お供に連れてきたグーグルタブレットのGoogle Nexus7!
早速電源を入れてSFO空港の無料無線LANと言われるネットワークを検索する。

DSC03032_R.jpg
「SFO-WiFi」と言うのが空港のネットワーク名(SSID)で
これがいわゆる無料のインターネット回線となる。
それではSFO-WiFiをクリックして接続!

DSC03034_R.jpg
設定や接続方法はこんな流れとなる!
Internet ExplorerにあたるGoogle Chromeを起動すると
「Wi-Fi Internet Access」の画面が出てくるので
ここの「Get Free Access」をクリックする!

DSC03035_R.jpg
色々な広告バナーが出てくるが無視して一番下の
「Skip and connect without downloading」をクリック!

DSC03036_R.jpg
この時画面が固まることがあるかもしれないが
上手く行くと「Thank you」と画面が出てきて接続完了となる。
固まったままの時は画面を消してブラウザーを立ち上げてみると
すでにネットに繋がっていたりもある。
未接続の時はもう一度同じ手順を繰り返してみる。

DSC03033_R.jpg
SFOの無料インターネット回線の特徴は
「1回の接続時間は制限されてはいるが繋ぎ直せば何度でも接続可能である」
と言うことを除けば
リンク速度65Mbps、
電波の強度「非常に強い」が示す通り
「とにかく早い!」に尽きる。
なのでSkypeでテレビ電話してもストレスなく話すことが出来ました。
そしてデータ量も気にしなくていいのでYouTubeもダウンロードし放題状態!
お蔭様で飛行機の乗り継ぎ時間を苦も無く過ごさせて頂きました。
さすがアメリカトップクラスのインターネットの街サンフランシスコ!
その太っ腹ぶりには感謝しっぱなしでした。

ロサンゼルス、フェニックス国際空港などの無料wifi最新情報はこちらに書いてます!
「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

お供に連れてい行ったタブレットNexus7の情報はこちら!
「グーグルタブレットNexus7!インプレッションレビュー!!」

バッテリー切れを気にしなくなる便利なポータブル電源のご紹介はこちら!
「ソニーCP-F2LSAVPモバイルバッテリー最安値¥4,650はお得?」

今回借りて行ったレンタルWi-Fiの返却場所はこちら!
「関西空港!GLOBAL WiFiの返却場所の案内写真!!」

| WiMAX&モバイルルーター | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月