FC2ブログ

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

大阪 | 地域情報 | EDIT

真田山ブランド2号機!1day甲冑真田山小学校モデル完成!!

「1day甲冑2号機!胴一式組み立て完了!!」からの続き!

さあ1day甲冑1号機進化版の強化版タイプをベースに作った新作!
1day甲冑2号機「真田山小学校モデル」遂に完成致しました!!

1day甲冑強化版についてはこちらをどうぞ!
「1day甲冑強化版出来上がり!いい精度で仕上がりました!!」

DSC03911_R.jpg
強化版との違いは
真田山小学校をあしらった前立てとしころの紐13本フル仕様と
草摺りと胴をつなぐ部分に金のハトメをすべて付けた点である。

DSC03912_R.jpg
やはり装飾パーツを増やしていくとちょっとゴージャスに見えて
見栄えが一気によくなりましたね。
白の威し糸もレーヨンタイプにしているので
アクリル紐や正絹威し糸とは違って光沢感があり
紐自体だけでもグッと存在感を前面に出してくれました。
まさにツヤッ艶を重視する今回のイメージにぴったり仕上がりです。

DSC03914_R.jpg
兜の六文銭エアダクトが
また違った感じのワンポイントアクセントとなっていて
さりげなく
それでいてしっかりとインパクトを出してくれてます。

DSC03915_R.jpg
陽射しが反射して艶っと光ってますね。
いい光沢感です!

DSC03916_R.jpg
兜の鉢部分としころ部分は
しっかりとネジで固定しているので丈夫です。
そしてクロームネジの金属色を消すために
金色で塗っているので綺麗です。
細かい部分ですがこういった作業がこうして見てみると
やはり後々大きく仕上がりの点で大きくモノを言って来るなと
つくづく実感致します。

DSC03972_R.jpg
今あるアイテムと並べてみる。
手前が九度山製短筒火縄銃! 
右手が火縄銃式ゴム銃!
詳細はこちら!
「最後の短筒火縄銃!九度山より遂に到着!!」

DSC03973_R.jpg
九度山製短筒火縄銃と1day甲冑を並べてみる。
「う~んなかなか良いんじゃないですか!」
これは今度実際に子供ちゃんに来てもらって
雰囲気を是非一度見てみたいものですね。

DSC03988_R.jpg
今回は中々いい仕上がりだったので勢いで
甲冑立ての展示用プレートも作ってみました。

DSC03990_R.jpg
「おっ!いいじゃん!!」

さ~てこれで1day甲冑2号機やっと完成致しました。
色々と試行錯誤しながらデザインをまとめてきたって感じでしたが
何とかここ地元のイメージを出せたかなって思える甲冑になりました。
はあ~満足って感じです。
この無我夢中で作っていっている時が実に充実していて
時間が経つのをほんと忘れてしまいますね。
燃えつきました。
こんな時間を過ごすというのが物づくりの醍醐味かなって思える今日この頃。
また一つモノ作り職人としての技術が向上したかなと思えた瞬間でありました。

この甲冑はこのままこちらに飾っておきたいなとも思いましたが
しかしここに置いていてもホコリを被って行くだけなので
この1day甲冑が一番輝ける場所へ連れて行ってあげたいと思います。
その場所と言えばやはりあそこしかないでしょう!
真田幸村ゆかりの地であると共に
真田山小学校の生徒が毎年夏祭りの時にやって来るあの場所。
そう日頃いつもお世話になっている真田山にある三光神社さん。
ここに1day甲冑を奉納したいと思います。
それでは真田山小学校の生徒たちに囲まれながら
ここ地元真田山の地をこれからずっと見守ってくれたらと思います。
それでは現代の真田丸と言われる三光神社でこの甲冑は守られつつ
いつかまた現れし未来の日本一之兵の化身となりし子供が現れるのを
この地でいつまでもいつまでも待つことでしょう・・・。

我こそは日本一の兵と謳われた真田幸村の化身じゃ~と言う子供ちゃんは
是非一度1dayを見に三光神社に遊びに行ってみて下さいね!

続きはこちら!
「気力がちょっと復活したかも!久しぶりの甲冑製作!!」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 1day甲冑 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月