FC2ブログ

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

大阪 | 地域情報 | EDIT

アクリル製の可動式ボタンスイッチ製作!

今回はアクリル製のスイッチを製作!

DSC04920_R.jpg
15t 黒アクリル板をNCにてくり抜く!

DSC04923_R.jpg
O字型の台座と円柱型のボタン部分が完成!
組み合わせると可動式のボタンスイッチのパーツが出来上がり!
現場で使う時はこのパーツにカバーが取り付けられて
ボタン部分のみ見える状態になる。

今回のポイントはO字型台座と円柱型ボタンを組んだ時

「ボタンがぐらつかない事!」

「しかし動きはスムーズである事!」

と言うのが最重要ポイント。
あと台座の方は隠れて見えなくなるので特に問題ないが
ボタン部分は見えるので全面バフにて仕上げてほしいとのこと。
この要望をクリアする時ボタン部分をバフで磨くと磨いた分だけ小さくなってしまう。
その為寸法通り切削していても組み合わせる時小さくなってしまった分
隙間が空いてぐらついてしまう。
その誤差は約0.1~0.2mm位だろうか?
なのであとできちんと組み合わさるように
O字型台座の穴は先に小さめに開けておいて
あとからボタンがハマるように0.1mm単位で穴を広げていく。
細かい作業ではあるがこういった見えない加工の積み重ねで
精密アクリルパーツは作り上げられている。

DSC04922_R.jpg
完成したアクリル製ボタンスイッチは
一切のガタつきなく写真のように動きます!

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月