2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

負けそうな時はスクールウォーズ最高!

年末にどうしても借りたいCDがツタヤ宅配レンタルにしか無かったので
久しぶりに会員再開したのだが
そのCDしか借りる予定がなかったので余った月内無料枚数の消化に
何かないか探し始めたのがきっかけ!
五郎丸人気でにわかに盛り上がったラグビー!
しかしラグビーと言ったらやっぱりあれしか思い当たらない昭和世代な私!
そう、ラグビーと言えばスクールウォーズ!
すると無性にスクールウォーズが見たくなったので
余っていた無料枚数でレンタルしました。

昔の映像なので4:3のブラウン管サイズが懐かしい!
そして今みたいなデジタル全盛期の映像でないので
少し粗い影のある映像がまた当時を思い出させてくれてすごくいい!
当時は時間になるとテレビの前にみんなで集まってよく見たものである。
そして次の日はお決まりの熱血状態となり
意味もなく特訓!特訓!とひたすらクラブをしていましたね~。
有り余るエネルギーって言うのでしょうか!
いや~これぞ青春って今でも思います。

そんないつまで経っても忘れる事のない記憶が
このスクールウォーズのオープニングを見ると鮮明に蘇ります。
実際今ではこれは放送禁止でしょう!ってシーンが多々あるドラマですが
これが実際にあったのですから真実は何事にも代えれないものだと感じる。
そして真実が伝える重みも感じます。
このドラマの好きな所は壁にぶつかった時どう乗り越えて行くかという所でしょうか。
それは今も昔も変わらない課題ですがその乗り越え方には
人それぞれの経験で多種多様です。
その多種多様な乗り越え方が表現されたドラマ!
それがスクールウォーズではないかな。
ちょっとあまりにも懐かしすぎたので前置きが長くなってしまったが
そろそろ本題の方に行ってみましょう。

2016年に入ってあたふたする毎日が続きちょっとお疲れモードかも!
そんな時滝沢先生の
「諦めるな!」 という声が聞こえてくる。
いわゆるスクールウォーズ症候群って奴ですね。
この声が聞こえるとドラマの主人公の1人になった気になり
どんな困難も努力、根性、勇気で乗り越えれないものはないという状態になり
「もうだめかも!」って時ほどその真価を発揮する。
まあこれは実際は火事場のくそ力って言うか
本来自分が持っている力の解放って事なんですが
そのスイッチを入れてくれるのがこのスクールウォーズって所で
これはクラブの時みんながよく掛かっていた症状ですね。
今でいうとアドレナリン全開、ハイテンションってところですか。
今回はそのスイッチの入る機会が多い1月であった。
おかげで押し寄せてくる忙しさを何とか乗り越えることが出来たのも
このスクールウォーズのおかげかな!
「もうあかん!」 と思った時
そんな時は是非スクールウォーズを見てみよう!

ドラマの内容はあえて説明しないが
お気に入りのシーンだけはちょっと書いておきましょう。


集団生活で必要なものが知りたい時はこのシーンかな!
~ 第1話 「それは涙で始まった」 より ~



忍耐力とは何かを教えてくれるシーンです!
~ 第4話 「開かれた戦端」 より ~



壁を乗り越えるのに必要なものを教えてくれるシーンですね!
~ 第8話 「愛すればこそ」 より ~



人はその姿を見て動く・・・。
出来なくてもやる事の大事さを教えてくれるシーンです!
~ 第7話 「嵐の新学期」 より ~



不良教師と人の上に立つ者は紙一重だが同じ素質を持っている。
ではその決定的な違いとは何か?
それを教えてくれるシーンですね。
~ 第15話 「不良教師」 より ~



社会に出たらまさにこの通り!
弱肉強食に負けるな!
あとオチが切れているがこの後の加代ちゃんが感謝される所までは
是非通しで見てほしいシーンですね!
~ 第18話 「去りゆく君へ」 より ~



自分にとって勇気を持てる発奮材料を見つけよう!
無い時はスクールウォーズがおすすめだよ~ん!
~ 第21話 「勇気なき者は去れ」 より ~


(スクールウォーズ レンタル情報!)

基本的には時間が有するのであればツタヤ宅配レンタルがおすすめ!
在庫がなくても比較的回転が速いので2ヶ月位で全部借りれるかな。

ツタヤはこちら
  http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=0087011166&pT=null


あと結構店舗でもおいている所多いので検索してみてもいいかも!
検索方法は
キーワードに「スクールウォーズ」と入れて借りたい巻を選んで
「店舗を指定して在庫検索」に調べたい店舗を選んで
在庫情報に「○」が出ていたらOKです。

(検索はこちらからどうぞ!)
ツタヤ 各店舗在庫検索
http://store-tsutaya.tsite.jp/item.html

ちなみに大阪でしたら TSUTAYA 上本町店 には全巻ありましたよ!

| おすすめ情報 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコン関連お役立ち情報 | コンピュータ | EDIT

パソコンで設定するマイtsutayaメール配信停止方法!

ツタヤの宅配レンタルを登録した時
マイtsutayaで実店舗の登録もしてしまっていたらしい。
するとそこからクーポン券の案内メールが来るようになってありがたいのだが
余り必要もないので配信停止をしようと思うと
これがどこからどう設定すればいいのか分かりにくかった。
特にパソコンから変更手続きしようとするとなかなか分かりにくい場所にあって
これは慣れていないと設定場所までたどり着けない!
なので後々同じ苦労をしないように
ちょこっとブログにメモしておくことに致しました。

マイtsutayaメールの止め方は
まずはログインしてから
ツタヤトップページにアクセスして一番下の「店舗」をクリック!

ツタヤトップページはこんな感じ!
「http://tsutaya.tsite.jp/」

DSC06497_R.jpg
ページ一番下の 「店舗」 をクリック!

DSC06499_R.jpg
次に左側一覧の
「ご利用店舗を追加・変更する」 を選択!

DSC06500_R.jpg
出てきたページの
「登録内容を編集する」 を選択!

DSC06501_R.jpg
「受け取る」 を 「不要」 にして
「登録内容を編集する」 を選択して決定させる!

DSC06502_R.jpg
すると 「受け取る」 が 「不要」 に変更されて
これでもうマイtsutayaメールマガジンは届かなくなります。

スマートフォンからだともっと簡単に設定出来るかもしれないのですが
パソコンで何でも設定したがる自分にはこの方法は必要不可欠ですね。
忘れないようにメモ完了!
これで一安心できました!!

| おすすめ情報 | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

三光神社でロケしていたドラマが遂に放送だよ~ん!

昨年三光神社でカンテレがロケしていたドラマが遂に放送される日が来ました。

この時書いた記事のロケです!
「三光神社で今年の秋は何しましょうか会談!」

環状線を順繰りに各駅ごとに放送して行くドラマで
三光神社でロケしていたのは玉造駅編となる。
深夜延々とロケしていたと言っていたので
三光神社が映るのは夜のシーンなのだろうか?
楽しみである。

放送日は
平成28年1月19日(火) 深夜 2:10~2:40
 (正確に言うと1/20(水) 早朝 AM 2時10分~2時40分)
チャンネルは8チャンの関西テレビ(今は命名してカンテレ!)

どんな風に撮影されているのか
地元民必見の真田山ネタ満載のドラマみたいなので
録画予約のし忘れないよう要チェックである。
それでは乞うご期待ですね!

  番組詳細はカンテレHPのこちらをどうぞ!
   (リンク) http://www.ktv.jp/osakaloop/index.html


大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

塩ビ+彫刻+黒色入れ!

今日はちょっと仕事ネタを1つ行っておきましょう!
普段はアクリル板に彫刻色入れの仕事が多いが
今回は塩ビに彫刻色入れで目盛りを入れてほしいと依頼が入る。
「塩ビに彫刻色入れかぁ~!」
アクリルの切削は特に問題はないが
相手が塩ビとなるとちと話が変わってくる。
塩ビの場合普通に彫ると塩ビが溶けて刃に絡み付く。
いわゆる焼けるって奴ですね。
これが厄介なので普段は塩ビに彫刻はしないのだが
今回は何とか頼みますとの事であったので
「よっしゃいっちょやってみますか!」
という流れになってしまった。
取りあえずはまずは彫刻刃をキンキンに研いで切れ味を最大にしておく。
あとは切削データを何パターンか作っておいてテストしてみよう。
板のメーカーによっては粗悪品から優良品とかなりバラつきのある塩ビ板。
今回の板にはどのデータが良いか確認して行きましょう。

テストの結果ベストなデータが決まったので本番開始。
柔らかい塩ビを物ともせず切れ味抜群の彫刻刃が
どんどん、どんどん切り込んで行く!
この切れ味!
やはり超硬刃の彫刻カッターと愛機サカザキAE-64のNCは最高である。
それでは無事塩ビの彫刻も終わったのであとは色入れをして仕上げちゃいましょう!

DSC06465_R.jpg
無事彫刻色入れ完了!
これで先に仕事が進むと喜んで
出来上がった塩ビ板を持ち帰るお客さんの姿を見ると
今日もいい仕事が出来たかなって達成感が込み上げてきます。
こんな時ですよね仕事にやりがいを感じる時って!
いや~彫刻冥利に尽きる1日でした。


上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ショーリン改!2代目九度山製火縄銃完成!!

愛用していた九度山製火縄銃が先の真田山まつりの時
子供たちの余りの人気ぶりで過度の撃ち過ぎの為壊れていたのだが
今回代用の仕込み用銃が届いたので修復致しました。

DSC06434_R.jpg
破損した仕込みおもちゃ鉄砲!
撃ち過ぎで引き金部分が折れてしまいました。

DSC06415_R.jpg
左が新たに届いた100円ショップダイソーで売っている8連発ピストル!
右は松屋町の問屋さんで買ってきたカネコのカネキャップ火薬!
揃った所で早速修理開始です!

DSC06410_R.jpg
まずは糸ノコでグリップ部分をちょっと長めにカットする!

DSC06424_R.jpg
この真ん中の引き金部分の返しピンを短くしていくと
引き金の強度が下がるのでこれ以上切らないように注意しながら
サイドを削って仕込みサイズに整えて行く!

DSC06429_R.jpg
削るのはグラインダーでもいいが
今回はベルトサンダー(エンドレスペーパー)で少しずつ削ってみよう!

DSC06433_R.jpg
トリガー部分のガードはニッパーで切って
全体のバリ取りは鉄ヤスリで処理して行く!

DSC06423_R.jpg
シリンダーを保護するように付いているカバーが仕込む時大きかったので
削りすぎないようにちょっとずつ削りそしてグリップ部分も少しずつ削る。
この部分が一番慎重にしないと削りすぎるとグラつくので
ちょっとずつちょっとずつ削るのが重要ポイントである!

DSC06438_R.jpg
干渉する部分を微調整しながら削って無事仕込み完了!

DSC06421_R.jpg
トリガー後ろ部分のカバーは削ってもいいのだが
薬莢の入れ替えをする時この残した部分があると押し出しやすいので
あえて見栄えは少し下がるが利便性アップの為残しておく。

DSC06439_R.jpg
2代目九度山製火縄銃(ショーリンでちょっと改造!)完成しました!
早速ちょっと試し撃ち!
すると音がすっごく大きくなりましたね。
たぶんガタつきや遊びが無くなってしっかり薬莢を撃ち込めているからでしょうか。
これはちょっと近所で撃っていると発砲事件と間違われそうな程いい音がしています。
撃つ時は要注意のちょっと危険度が増した火縄銃!
良い出来栄えではないかなと思います。
それではいよいよ始まる真田丸の放送開始を祝って
いざ祝砲~!
  「パ~ン!パ~ン!!」
それでは今年も三光神社でお会い致しましょう!

先の真田山まつりについてはこちら!
「平成27年は晴天で来るわ来るわの真田山祭りでした!」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 甲冑アイテム | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

平成28年1月!三光神社に新年のご挨拶行ってきました!

今年は真田丸元年と言っていいでしょう!
大河ドラマが行われる今年は確かに新年早々凄い事になっていました。
ほぼ毎日どこかの取材が来ているらしく
有名人も来ているとの事でした。
確かに年末の紅白でも真田丸のPRぶりはひっきりなしにしていましたし
やはり大河効果の影響は大きいですね。
元日からは参拝客で長蛇の列との事らしく
今までに経験したことない状態になっていましたね。
しかしこれは序の口と言っていいでしょう!
1月10日の真田丸第1話が放送されるときっとその日から一気に
大河ブームに火が付いて想像を絶する状況が来るような気がします。
それを考えると今年の 11月6日(日)予定の真田まつり は
しっかりと準備をしてその日を迎えれるよう今年は早い内から準備したいですね。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」
甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

オデッセイ!阪奈道路、月ヶ瀬、西名阪国道で初走り!

平成28年1月4日(月)
時間は早朝2時30分!
今年最初の走り始めとなる走行会を行ってきました。

(それでは今回の阪奈道路~月ヶ瀬~西名阪国道のドライブコースです!)

(地図拡大は右上のターゲットマークをクリックです!)

(地図内の場所)
  (A地点) JR森ノ宮駅
  (B地点) 月ヶ瀬梅の資料館
  (C地点) 伊賀上野市
  (D地点) 西名阪国道 高峰サービスエリア
  (E地点) JR森ノ宮駅 となっています。

それではルート説明です。
このルートは免許取り立ての時からよく走ったコースで
大阪屈指の渋滞から峠、高速などを網羅しているので
運転技術アップに打って付けのコースであり
そして走っても楽しいと言ったマイホームコースです。
コースの特徴は
森ノ宮駅から阪奈道路までは大阪市内を代表する道路で
昼は渋滞、割り込みが日常茶飯事、
夜はガラガラ法定速度勝手に+20kmOK等と言った2つの顔を持つ区間です。
阪奈道路は昼は景色を楽しむワインディングロード、
しかし夜はサーキットと化す大阪屈指の高速峠ですが
頂上を越えると昔有料道路だけあって
道幅広く信号ほとんど無しと言ったバイパス風の走りやすい道路となります。
そして柳生の里、月ヶ瀬区間は中速区間の信号がほとんどない区間で
基本的な峠技術を身に着けるには持ってこいのエリアとなります。
四季を通じて景色が変わり昼夜でもその表情を変える多面性区間で
何回走っても飽きないお気に入り区間です。
西名阪国道も元高速道路だけあって国道と名の付いただけの
ほとんど高速道路という区間です。
しかし調子に乗って走っているとすぐ覆面とかに捕まるので
走る時は要注意のスピードの誘惑多い自動車専用道路です。
走行距離は158km。
昼で5時間、夜で3時間30分位で走れる中距離セクションです。
初心者からベテランまで飽きのこない大阪近辺のお勧めコース。
ほんと走って楽しいお勧めコースですよ!

(それではここからは今回の走り始めのレビューとなります!)

まだ正月休み明け止まぬ早朝というよりはまだ真夜中!
なので道路はガランガランのほぼ貸し切り状態の大阪市内である。

DSC_0550_R_201601040714378ce.jpg
外環から阪奈道路に曲がる交差点。

DSC_0553_R_20160104071438030.jpg
旧外環(通称バス通り)の所の阪奈道路入口!
正月早々で
ましてやこんな真夜中の時間帯ともなると車なんて1台も走ってないのだ!
なのでこのまま阪奈道路に入って行くとそこはもう
どこかの峠を丸々貸し切って走っているような状態である。
人っ子1人いない阪奈道路を走れる唯一の時間帯。
ちょっと普段では味わえない昔ながらの知る人ぞ知る
阪奈道路の裏メニュー的時間帯なのであ~る!

DSC_0556_R.jpg
阪奈道路を終点まで走りきって近鉄奈良駅前に到着。
まだ時間が早いのかこの辺りもほとんど車が走っていない状態である。

DSC_0559_R.jpg
東大寺前の交差点を北に曲がって少し行くと
柳生の里を通って月ヶ瀬に行く道の入口がある。
ここからの区間はオデッセイで走るお気に入り区間で
特に車が1台もいない
そしてヘッドライトの明かりしか視界に入らないミッドナイトタイムは
至極の空間と化すのであ~る!

DSC_0568_R.jpg
いつもの月ヶ瀬の赤橋を渡って
ゴールとなる月ヶ瀬梅の資料館に到着!

DSC_0575_R.jpg
場所はちょうどこの地図の現在地と書いている所!

DSC_0564_R.jpg
ここに来たらコーヒーを買って一息つくのがお決まりで
小っちゃい頃からの変わらないスタイルでもある。

DSC_0580_R.jpg
月ヶ瀬から伊賀上野の方に抜けてきたのだがすっごい霧です。
まさに映画の「ザ・フォッグ」を彷彿させるような景色で
人が歩いているとその光景はゾンビが徘徊しているようで
USJのあのアトラクションの比ではない恐怖が漂っています。
でもこの前来た時もこの辺りで霧に会いました。
どうやら伊賀上野って夜になると霧が発生しやすいエリアなのでしょう。
さすが真田十勇士 霧隠才蔵な里だけのことはあります。

DSC_0587_R.jpg
帰路は西名阪国道を通って天理に抜けます。
途中山添橋の所の温度表示を見ると気温は2℃!
さすが山の中を抜ける西名阪国道ですね。

DSC_0588_R.jpg
天理インターチェンジ手前の高峰サービスエリアに到着!
表に出るとこれまたすっごく寒いのだ~!!

DSC_0592_R.jpg
こちらはそこから望む天理の夜景。
あそこまであともうちょいです!

DSC_0598_R.jpg
無事大阪に到着!
今回の走行距離は168kmの
所要時間は3時間30分。
もうちょっと走りたかったかなって所ですが
まあ走り始めとしてはこれ位がちょうどかもしれませんね。
それでは新年1発目の激走オデッセイ!
エンジンも足回りも程よくこなれた感じで今年も1年いい走りが出来そうな
幸先良いスタートが切れました!

(写真は Xperia Z3 SO-01G のスマートフォンにて撮影しました。)

碓氷峠、榛名山、妙義山、赤城山、いろは坂を走ってきた記事はこちら!
動画などもアップしてますのでどうぞ!
カテゴリ 「オデッセイ北関東峠巡り」

オデッセイで走ったお勧めのドライブコースはこちら!
最近行った峠のレビューなんかも書いてます。
カテゴリ 「ドライブ」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ17万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイに装着中のショックレビューはこちら!
カテゴリ「ショック情報」

ユーザー車検レビュー 一覧はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

オデッセイの知ってると得するかも情報はこちらのカテゴリ
「ホンダオデッセイ」へどうぞ!

| ドライブ | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

お酒 | グルメ | EDIT

今年のお屠蘇は天橋立で買った宮津の詩に決定!

遂に2016年平成28年度がスタート致しましたので
景気づけに昨年天橋立に行った時買っておいた日本酒
「宮津の詩」で新年を祝いましょう!

DSC_0551_R.jpg
お酒の名前は宮津の詩(うた)
丹後の地酒で与謝娘の登録商標が付いています。

DSC_0553_R.jpg
製造元は与謝娘酒造合名会社で
住所は京都府与謝郡加悦町字与謝2-2となっている。

DSC_0552_R.jpg
本仕込み特別本醸造の辛口タイプで
温めの熱燗がお勧めと言ってましたね。
それでは待ちに待った天橋立の地酒!
いざ開封です!!

まずは冷でそのまま飲んでみます。
口元にコップを近付けるとすごくあま~い香りが漂ってきます。
口に含むと白ワインみたいに芳醇な香りが口一杯に広がって
あとに日本酒の甘みとまろやかな味が残ります。
一応辛口と書いていますがキレのある甘口って感じでもありますね。
まあフルーティーな日本酒と言ってもいいでしょう。
次は記載通り温めの熱燗で乾杯!
少し温めると一気に香り際立つ日本酒に変身。
そしてアルコールの回り方も急上昇するのか
顔がぽっぽっするほど温まってきます。
いや~良いですね宮津の詩!
お店の人がお勧めしてくれたお酒だけあって実に旨いです。
あまりの美味しさに気が付けばもう半分ほど無かったりして!
家族の顔も見れば赤くほころび加減で
今年のお屠蘇は大当たりでこれは幸先良いかもですね!

今回のお酒はこちらで買いました!
「酒源はまのは丹後の地酒が目白押しでした!」

お店の場所はこちらの地図をご参考に!
「大阪~天橋立・伊根の舟屋 日帰りドライブコース!」

| 京都 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月