FC2ブログ

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

海外旅行記 | 旅行 | EDIT

4大ボルテックスツアー⑥ ~ボイントンキャニオン~

「4大ボルテックスツアー⑤ ~ミスティックビスタ~」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 19時00分 (アメリカ時間)

さあいよいよ最終目的地、
ボイントンキャニオンのカチーナウーマンです。
ここはエンチャンメントリゾート(Enchantment Resort)の前から
時間的に見るだけとなりました。

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)



DSC_1234_R.jpg
男性性のウォリアーと
女性性のカチーナウーマンが向かい合うボイントンキャニオン。
ここはボルテックスの中でも特にエナルギーが強いとされる場所で
今回の4大ボルテックスツアーを締めくくる最後に相応しい場所でもある。
これからもあらゆる困難に負けないよう
た~っくさんエネルギーを分けてもらっておきますね!
「エネルギ~チャーッジ!」

それではこれで4大ボルテックスツアーは終了!
もう大分暗くなって星も出始めましたね。
今日は1日大忙しでよく遊びました。
久しぶりにヘトヘトです!
ホテルに帰ったらご飯を食べて日本に帰る準備を致しましょう!

DSC_1239_R.jpg
今回セドナ滞在中何から何までと言っていいほどお世話になった
アメリカトラベルファクトリーのやすこちゃん
本当にありがとうございました!

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「さらばセドナよ!また逢う日まで!!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

4大ボルテックスツアー⑤ ~ミスティックビスタ~

「セドナで一番怖い便所!君はこの恐怖に耐えれるか!!」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 18時30分 (アメリカ時間)

次は5つ目の目的地ボイントンキャニオンを目指しますが
その前にサンセットの景色が綺麗なミスティックビスタという所に行きます。


ミスティックビスタへの道を激走!
WRCばりにカウンターを当ててガンガン行くジープ!
さすが外人ちゃん!
限度と言うものを知りません。

DSC_1209_R.jpg
ミスティックビスタに着きました。
今回はサンセットクルーズですが朝日を見るサンライズクルーズなるものもあって
そちらのコースだと正面のあの山を登ってカチーマウーマンを見たり
朝日を見たり出来るそうです。
でも朝すっごい早いらしいですよ。

DSC_1214_R.jpg
すでにサンセットタイムに入って来ており
周りを影が覆い始めています。

DSC_1217_R.jpg
こちらもすでに影に覆われています。

DSC_1216_R.jpg
ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンのモデルになった
セドナのサンダーマウンテンが正面に見えます。
そこに影がどんどんと進んで行きます。
昼と夜とを司るサンセットの境界線が通り過ぎた後は
景色が一変して夜になって行く。
街中ではなかなかお目に掛かれない何とも言えない広大な景色です。
360°全方面が見れるミスティックビスタならではの景色と言っていいでしょう。
セドナの最終日を飾るサンセット!
セドナでの忘れられない1ページが幕を閉じるようでもあります。

DSC_1221_R.jpg
さあ、星も輝き始め4大ボルテックスツアーのフィナーレも近づいてきました。
最終目的地はボイントンキャニオンのカチーナウーマン。
真っ暗になる前に間に合うよう急がないといけませんが
そうなるとまたあの道を爆走するんだろうな!
頼むからひっくり返らないでくれよ~。

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「4大ボルテックスツアー⑥ ~ボイントンキャニオン~」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

セドナで一番怖い便所!君はこの恐怖に耐えれるか!!

「4大ボルテックスツアー④ ~カセドラルロック(レッドロック クロッシング)~」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 17時40分 (アメリカ時間)

この4大ボルテックスツアーのコースではトイレをする所がほとんどない。
あるとすれば最初に行ったチャペル オブ ザ ホーリークロスか
ここレッドロッククロッシングの駐車場トイレ位である。
なのであとで行きたくなると困るのでここで用を足して行っておこう!



トイレは公園によくある感じの建物なのだが入口に鍵が付いているので
オープンな感じで中に入る事は出来ない。
建物は大きいが一人ずつしか使えないようになっている。
そんなトイレに入るとすっごく広々としたスペースの端っこにポツンと便器が1つだけある。
特に間仕切りの囲いがあるわけではないのでむき出しの便器がそこに1つだけ見えている。
普通男子トイレの場合小便用とか大便用とか便器がたくさんあるのが普通だが
このレッドロッククロッシングのトイレは便器が1つだけポツンとある。
実に不思議な光景である。
そしてサンセットの影が先程まで差し込んでいた光を遮ぎり始めると
室内は少し暗くなってくるのだが便器の所はまだ光が当たっているので
妙に明るく照らされている。
便器は洋式タイプなので便座に蓋が付いていた。
そしてそのふたを開けた瞬間肌を舐めるような風が頬をすり抜けて行った。
思わず目を瞑ってしまう。
そして再び目を開けると今度は目を覆いたくなるような事実がそこに隠されていた。
この便器は水洗式ではない。
と言う事はそう!
何と和式風の便器となっていた。
いわゆるぼっとん便所ってやつですね!
さらに驚くことにそのぼっとんレベルが普通ではない。
まずは覗いても底が見えないくらい深いのである。
いや深いという表現で済ませれるレベルの深さではないような気がする。
どう見ても底がどこまで行っているのか分からないのである。
そんな井戸のような深さを持つぼっとん便所!
貞子が出てきても可笑しくない位
暗く静かでそして果てしなく深いのである。
恐ろしい~!
しかしすっごく恐ろしいのだが怖いもの見たさって言うのでしょうか、
その便器に座ってみたいと言う衝動が込み上げてきたりもします。
なので流れには乗ると決めたセドナ!
この衝動にも素直に乗ってみようとお尻を便座の上に乗せると
「おお~っつ!これは!!」
思わず便座に強く手をついて踏ん張ってしまった。
何が起こったのか?
一体どうしたと言うのか?
その原因は全てこの便器に隠されていました。
想像してみて下さい。
日本の便器とアメリカの便器の一番の違いは何かを!
そうです!
大きいのです。
アメリカの便器はとにかく大きいのです。
なのでこの洋式便器にお尻を置くと
ぼっとん便所形式のせいか
はたまた標準より大きかったのか
とにかくお尻を置いた瞬間便器に座ると言うよりは
穴にお尻が落ちて行くような感覚が全身を貫きました。
ドッキリカメラの椅子がさっと引かれて尻餅をつくようなあの感覚です。
しかしこの便器の先には絶望しか存在しないような深い穴があるだけです。
考えるより先に体が拒絶反応をしたと言っていい位
「ビクッ!」
っと瞬間的に体が反応しました。
驚きました。
いや恐ろしかったのかもしれません。
とにかく一瞬、血の気が引きました。
あとで落ち着いて用を足してみましたが
何とも言えない風が便器とお尻の隙間をすり抜けて行きます。
その生温かい何とも言えない風の感触、
それは貞子が優しくお尻を撫でていたのかもしれませんね。
トイレの神様って言うけれど
セドナのトイレにはどうやら貞子が住んでいるようでした。。。

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「4大ボルテックスツアー⑤ ~ミスティックビスタ~」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

4大ボルテックスツアー④ ~カセドラルロック(レッドロック クロッシング)~

「スピルバーグもびっくり!セドナのエアポートメサでUFOと遭遇!!」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 17時00分 (アメリカ時間)

次は4つ目の目的地カセドラルロックを目指します。
ここは裏側から見る感じでレッドロック クロッシングと言う場所に行きます。
こちらも結構観光スポットでは有名でオーククリーク川から見る景色は必見らしいです。
エアポートメサからは10km位で
車で15分位の場所にあります。

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)


DSC_1180_R.jpg
エアポートメサを後にジープはカセドラルロックの見える
レッドロッククロッシングを目指します。
しかし風が気持ちいい!
そして景色も美しい。
体で自然を感じるとはこういう事を言うのでしょうね。
苦労してセドナまで来た甲斐があります。

DSC_1182_R.jpg
レッドロッククロッシングに到着!
ここは自然公園みたいで野生動物もチラホラと見受けられます。

DSC_1184_R.jpg
あまり人に襲われる心配がないからでしょうか!
ごく自然にリスが目の前の木に登って行きます。

DSC_1186_R.jpg
公園駐車場から5分位歩くとオーククリーク川に出れます。
ちょうどここはガイドブックなどでレッドクロッシングを紹介する時
よく写される絶景ポイントで
中々こんなにくっきりとカセドラルロックが水面に写る事はないらしいです。
今日は雲一つない晴天と言う事もあって絵に書いたような景色になったみたいですね。

DSC_1190_R.jpg
別アングルの写真も1枚!

DSC_1187_R.jpg
面白い事に肉眼ではこの水面に写るカセドラルロックは見えません。
でもカメラで撮るとこんなに綺麗に写るんですね!
光の加減なのか精霊の仕業なのか
不思議な現象がここでは体験出来ます。

DSC_1198_R.jpg
ゴールデンウィークだと川に入るにはちょっとまだ寒いですが
真夏のシーズンに来るとここで多くの人が水に入るらしいです。
また泳ぐのを目的で水に入る人も多いのですが
精霊が住むオーククリーク川と言われるように
川に入ってエネルギーをもらうと言うか
清めてもらうために入る人も多いらしいです。
またこのオーククリーク川!
カセドラルロックのヴォルテックスエネルギーが川に交じっているのでしょうか。
パワーストーンなどを浸けると力強くすっごく綺麗に光るようになるらしいです。
なので妻も日本から持ってきたストーンと
チャンダシュミットの所で買ったパワーストーンを浸けて
セドナのパワーをもらってました。

DSC_1204_R.jpg
さあそれではサンセットの影が徐々に伸びてきました。
いよいよサンセットクルーズの時間に入って来たようです。
この4大ボルテックスツアーでセドナで一番のサンセットを見るために
次はミスティックビスタというネイティブアメリカンの聖地に向かいます。

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「セドナで一番怖い便所!君はこの恐怖に耐えれるか!!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

スピルバーグもびっくり!セドナのエアポートメサでUFOと遭遇!!

「4大ボルテックスツアー③ ~エアポートメサ~」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 16時50分 (アメリカ時間)

チャンダシュミット や メアリーモーニングスター もびっくりな程
妻はちょっと霊感が強かったりする。
なので写真を撮るとよく変わったものが写ったりしている。

いわゆる
 「ちょっとこれ本物なんじゃないの?」 っていうアレとかですね!

そんな妻がパシャパシャとスマホで写真を撮っていると

「あっ!UFO写ったかも!」 と一言!

DSC_0581R.jpg
何か光っています。

DSC_0582R.jpg
また連写なのですが上の写真と位置が違う所を見ると動いているみたいです。
肉眼では速すぎて見えないのか写真だと写ってますね。
sedonaの空には摩訶不思議なものが確かに存在していました。

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「4大ボルテックスツアー④ ~カセドラルロック(レッドロック クロッシング)~」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

4大ボルテックスツアー③ ~エアポートメサ~

「4大ボルテックスツアー② ~ベルロック~」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 16時30分 (アメリカ時間)

次は3つ目の目的地エアポートメサを目指します。
ベルロックからは12km位で
車で15分位の場所にあります。

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

(ベルロックからエアポートメサまでのルートマップです。)

DSC_1153R.jpg
エアポートメサに着きました!

DSC_1158_R.jpg
横には標識があってこんな感じ!

DSC_1155_R.jpg
標識拡大写真①

DSC_1156_R.jpg
標識拡大写真②

DSC_1157_R.jpg
標識拡大写真③

DSC_1159_R.jpg
ここから正面に見える頂上に行きます。
距離はそんなにないので5分位で登れます。

DSC_1160_R.jpg
岩場の階段に赤土が散乱していて
ベルロックより距離は短いが道は悪いです。

DSC_1161_R.jpg
こう言った荒れ地で威力を発揮する日本より持って来た
愛用のサロモン XA PRO 3D ULTRA 2GTX !
エアポートメサの場合
運動靴よりはトレランシューズの方が確かに歩きやすいです。

DSC_1162_R.jpg
昔海底に沈んでいた名残で
波の跡が岩に刻まれて化石化しています。
セドナは何回も海に沈んだり出てきたりを繰り返したそうなので
こう言った痕跡が至る所にあるそうです。

DSC_1178_R.jpg
木がトグルを巻くみたいにねじれて伸びています。
これはヴォルテックスから放出されるエネルギーによって
木が捻じ曲げられる現象だと地元では言われているみたいですね。
目には見えないが大きな力が大地より放出されている。
ある意味パワースポットと言われるボルテックスを象徴していますね!

DSC_1165_R.jpg
頂上に着きました。
エアポートメサの写真で一番よく映っている場所で
周りに遮るものが何もないポツンとした場所なのですが
セドナを一望出来る景観は
まるで飛行機の窓から見下ろしているような開放感があります。
もしかしてエアポートメサの由来は
こう言った雰囲気からついた可能性もあるかもしれませんね!

DSC_1173_R.jpg
頂上の端っこの方まで乗り出していくと崖っぷちになっていて
足を滑らせて落ちたら笑い事では済まないと言ったくらい
ちょっと足がすくむような景観が広がっています。
写真では遠近感が表現出来ないので
この恐怖感は伝わらないかもしれませんが
かなり怖いですよ~!

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「スピルバーグもびっくり!セドナのエアポートメサでUFOと遭遇!!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

4大ボルテックスツアー② ~ベルロック~

「4大ボルテックスツアー① ~チャペル・オブ・ホーリー・クロス~」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 16時00分 (アメリカ時間)

次は2つ目の目的地ベルロックを目指します。
チャペル・オブ・ホーリー・クロスからは6km位で
車で10分位の場所にあります。

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

(チャペル・オブ・ホーリー・クロスからベルロックまでのルートマップです。)

DSC_1123_R.jpg
駐車場に着いて登山口に行くと入口に何かの自動販売機があります。

(英文)
funds from your purchase of a pass directly support visitor services,
trail and road maintenance, and cultural resource protection in red rock countory.
your unattended vehicle must display a red rock pass or an interagency pass when parked on the national forest in red rock countory. display the pass on dashbord!
this machine offers:
daily red rock pass(1 calendar day) $5.00
weekly red rock pass(7 consecutive days) $15.00
red rock pass not valid at call of the caniyon (west fork trailhead),
crescent moon ranch (red rock crossing), grasshopper point,and,state parks.
if you have an interagency pass (annual,senior,access,golden age access) it may be used instead of the daily red rock pass.
if you are in the area for more than a week you may want to purchase an annual red rock pass availableaato geteway visitor centers and local vendors.
thank you for helping care for red rock country!

(翻訳するとこんな感じ!)
パスのあなたの購入からの資金は、
赤い岩カウント場所で訪問客サービス、コースと道メンテナンスと文化的な資源保護を直接支持します。
赤い岩カウント場所の国有林で駐車するとき、
あなたの無視された車両は赤い岩パスまたは諸機関間のパスを示さなければなりません。
パスをダッシュボードに表示してください!
この機械は、以下を提供します:
毎日の赤い岩パス(1暦日)5.00ドル
毎週の赤い岩パス(7日連続)15.00ドル
すぐ手に入りcaniyon(西のフォークtrailhead)、
三日月牧場(交差している赤い岩)、
バッタpoint,and,state公園で確実な根拠のない赤い岩パス。
あなたが諸機関間のパス(annual,senior,access,goldenは、アクセスを古くします)をするならば、
それが毎日の赤い岩パスの代わりに使われるかもしれません。
あなたが一年の赤い岩を購入することを望む1週以上の間地域にいるならば、
availableaato getewayビジターセンターと地元のベンダーを渡してください。
赤い岩国の世話をするのを助けてくれてありがとう!

どうやら駐車券の販売機みたいで
1日券と1週間使える券が売っているのかな?
徴収した料金は地元環境保護に使われるみたいな事が書かれていました。

DSC_1125_R.jpg
トレイル道路入口に1つ目の道案内標識を発見!
正面には目指すベルロックが見えています。
今回は頂上には登らないので距離的にはそんなに遠くないみたいです。
10分位って言ってましたかね。
しばらくこのまま登って行ってみましょう!

DSC_1128_R.jpg
今回は歩く気満々だったので
お気に入りのサロモンのトレランシューズを持ってきました。
こっちで紹介している愛用のトレイルランニングシューズです。
「41%オフのサロモン xa pro 3d ultra 2 gtxはお買い得だった!」
しかしそんなに力むほどの道ではなかったですね。
靴底に溝が付いているタイプなら普通の運動靴でも十分な感じです。

DSC_1129_R.jpg
半分位登ってきた所の2つ目の標識!
大分ベルロックが近付いてきました。
そしてこの辺りからは更地が岩の道に変わり
ちょっとずつ傾斜が付き始めてきます。

DSC_1149_R.jpg
道の区別が分からなくなってきたので迷わないように
ワイヤーで区切りを付けてくれてます。
ちょうどスキー場のコース案内みたいな感じですかね。
このラインの外は危ないので要注意です。

DSC_1134_R.jpg
目的地のベルロック麓に到着です。
一応ここから頂上までも登れるんですが
この先に行く時は本格的なロッククライミングレベルの装備が要りそうです。
年に何人かが頂上まで登って降りれなくてヘリコプターで救助を呼ぶらしいんですが
1回呼ぶと3万ドルって言ってたかな?
とにかく登りやすくて降りにくいベルロック!
年に1~2人位救助される人がいるそうです。

DSC_1137_R.jpg
今日は天気が良いのでビキニ姿で登山している人もいます。
しかし雨が降るとこの辺りは川みたいになってまともに歩けなくなるそうです。
晴れていると特に心配ないのですが地面が水浸しになる時は危険なので
ベルロックに来る時はお天気情報をしっかり確認してから来た方が良いでしょうね。

DSC_1138_R.jpg
ここから先は完全に登山エリアで
ガイドブックなどで水と装備品について細かく書かれているのも
この辺りからとなります。
それなりの装備で挑まないと苦労しそうな区間になりますので
行く時は気を緩めず挑んで下さいね!

DSC_1145_R.jpg
それではベルロックも近くで見れましたし
写真もたくさん取れましたのでこれから下山することに致しましょう!

(おまけ!)
DSC_1151_R.jpg
グローバルWiFiのレンタルモバイルルーターを持って来ていたのですが
ベルロックでの電波状況は
4GLTE状態でアンテナ全開の快適な速度環境でした。

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「4大ボルテックスツアー③ ~エアポートメサ~」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

4大ボルテックスツアー① ~チャペル・オブ・ホーリー・クロス~

「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 15時40分 (アメリカ時間)

4大ボルテックスツアーの最初の訪問地はチャペル・オブ・ホーリー・クロスで
アップタウンから車で10分位の場所にあります。

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

(アップタウンからチャペル・オブ・ホーリー・クロスまでのルートマップです!)


DSC_1095_R.jpg
ただいま交差点Yからチャペル方面に疾走中!
天気は雲一つない晴天で
「これだけ晴れたら文句ないだろう!」って言わんばかりの快晴です。
セドナに来た時は雨、あめ、アメ~だったので涙が出る程嬉しいです。
あぁ~!やっぱりセドナは晴れと雨では雲泥の差があります。
ジープで浴びるセドナの風がたまらない。
日本ではお目に掛かれないレッドロックの景色が記憶に刻まれて行く。
弥が上にも期待が高まる4大ボルテックスツアー!
生涯忘れる事のない1日になる事でしょう!

DSC_1096_R.jpg
崖の上にチャペルが見えてきました。
今からあそこに車で登って行きます!

DSC_1097_R.jpg
チャペル下の駐車場に到着!
正面にレッドロックがあるんですが重圧感と言うか
押し寄せてくる圧迫感が凄いです。
この押しつぶされそうな岩山の存在感は写真では伝えきれないですね。
凄いです!
やはりネットで見るのとこの地に来て直接間近で見るのとでは迫力が違いますね。
身震いがしてきました。
やはり本物の迫力に勝るものは無し。
本気のセドナの大自然を今この瞬間にも感じています。

DSC_1101_R.jpg
チャペル横から見えるベルロック!

DSC_1106_R.jpg
カセドラルロックも見えます!

DSC_1105_R.jpg
先程がけ下から見えたチャペルは裏側でこちらが正面となります。
それでは早速中に入ってみましょう!

DSC_1119_R.jpg
正面のガラス越しからレッドロックが見渡せる礼拝堂で
ひんやりとした空気が漂っています。
すると人が左横の階段を下りて行きますね。
何かあるのでしょうか?
ちょっと行ってみましょう!

DSC_1117_R.jpg
「giht shop」って書かれてますね。
どうやらお土産屋さんがあるみたいです!

DSC_1116_R.jpg
「あっ!」
階段を下りて行くと地下にお土産屋さんがありました。

DSC_1115_R.jpg
さすが教会と言った感じで
十字架をベースにしたものが多いかな?
ここでしか手に入らないセドナのお土産もたくさんあって
変わったお土産が欲しい人にはお勧めのスポットです。
それでは1つ目のポイントホーリークロスチャペル完了!
次は2つ目の的地ベルロックへと向かいます。

今回の4大ボルテックスツアーのルートマップ(地図)はこちらで公開中!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

続きはこちら!
 「4大ボルテックスツアー② ~ベルロック~」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!

「セドナ メアリーモーニングスターからのお告げ!私の魂は宇宙人?」

(6日目) 平成28年5月3日(火) 15時20分 (アメリカ時間)

メアリーモーニングスターのセッションを終えとんぼ返りで
ベストウエスタン アロヨ ローブル ホテルまでUターンすると
ロビーでアメリカ・トラベル・ファクトリーのやすこちゃんが待ってくれていた。
セドナで一番楽しみにしていた4大ボルテックスツアーいよいよ開始です!

「さあ~それでは早速行ってみましょう!」

(今回の4大ボルテックスツアーの全コース地図(ルートマップ)の紹介です!)

(地図拡大は右上のターゲットマークをクリックです!)

(地図内の場所)
  (A地点) ベストウエスタン アロヨ ローブル ホテル
  (B地点) チャペル オブ ザ ホーリークロス
  (C地点) ベルロック
  (D地点) エアポートメサ
  (E地点) カセドラルロック(レッドロック クロッシング)
  (秘密地点) ミスティックビスタ
  (F地点) エンチャントメント リゾート
  (G地点) ボイントンキャニオン となっています。

それではルート説明です。
アップタウンのホテルから出発してホーリークロスチャペルに寄ると
次に近いベルロックに向かい中腹まで登山。そしてエアポートメサに向かい
写真でよく撮影される絶景ポイントで景色を堪能すると
カセドラルロックはレッドロッククロッシングの方から見る形で立ち寄り
最後ボイントンキャニオンが見えるエンチャントメントリゾートに行きます。
今回は時間帯がサンセットクルーズになるので
途中ミスティックビスタという聖地で夕景を見るのですが
ごめんなさい!
ここはネイティブアメリカンの神聖な場所なので公開して
呪いとか掛けられると困るので行き方は非公開とさせて頂きすね。
走行距離は48km
ツアー時間は4時間程のコースです。

(地図内の各地点の紹介はこちらに書いておきます!)
(地図B地点)
  「4大ボルテックスツアー① ~チャペル・オブ・ホーリー・クロス~」

(地図C地点)
  「4大ボルテックスツアー② ~ベルロック~」

(地図D地点)
  「4大ボルテックスツアー③ ~エアポートメサ~」

  「スピルバーグもびっくり!セドナのエアポートメサでUFOと遭遇!!」

(地図E地点)
  「4大ボルテックスツアー④ ~カセドラルロック(レッドロック クロッシング)~」

  「セドナで一番怖い便所!君はこの恐怖に耐えれるか!!」

(地図秘密地点)
  「4大ボルテックスツアー⑤ ~ミスティックビスタ~」

(地図F,G地点)
  「4大ボルテックスツアー⑥ ~ボイントンキャニオン~」

続きはこちら!
 「さらばセドナよ!また逢う日まで!!」

もしくはトップページのこちらからどうぞ!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

セドナ メアリーモーニングスターからのお告げ!私の魂は宇宙人?

「セドナ!ル・オーベルジュ・レストランの優雅なサービス料にはご用心!!」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 14時00分 (アメリカ時間)

昨日妻がチャンダシュミットのリーディングを受けたのを見て自分も受けてみたくなり
アメリカ・トラベル・ファクトリーのやすこちゃんに急遽予約が取れないかを頼んでいた。
あまり占いには興味がなかったのだが
もしこの状況で予約が取れるようならこれも何かの縁!
その流れに乗ってみようと心に決めていた。
すると取れましたと連絡あり。
その瞬間何か予感めいたものが走る。
初めて受けるリーディング!
確かにそこには自分の気付いていなかったものが存在していました。

そういう訳で今回初めて受けることになった占い!
実際きちんと人に占ってもらうと言うのは初めてです。
やはりセドナと言えば聖なる地であり
そしてスピリチュアルな場所!
そんな場所にせっかく来たんですからやはりこれは受けるしかないでしょう!
「どんな人なのか?」
「どんなことを言われるのか?」
「英語で言われて分かるのか?」 などなど
興味半分不安半分と言った所でありますが
待ったなしの本日のスケジュール。
早速行ってみましょう!

今回受けるならこの人と思ったヒーラーはメアリー・モーニングスター!
占いの肩書きはサイキック・リーディング。
ちょっと超常現象っぽくて 
「ほんまかいな!」 なんて内心思ってたりしてますけど
ヒーラー紹介一覧を見た時
「あっ!」 ってピンと来たヒーラーでもありました。
やす子ちゃんと会ってからはちょっと感覚が研ぎ澄まされてきてましたので
こういった時の直感ってかなり鋭いです。
全然知らない人でおまけに外人ちゃんですけど
この人には何かを感じています。

占いの場所は自宅!
たぶん本日は引越しの準備をしているとの事だったので
忙しい所を無理言ってやすこちゃんがこの場を取り計らってくれたんでしょう。
無理を言いました。
メアリーの自宅に行くと入口に子犬が1匹いて
すっごいかわいいんですけど種類はドーベルマン!
なのでちょっと頭なでなでは怖くて出来ませんでした。
そうしているとあたふたしている女性が登場!
振り向くとそこにはゆったりとした雰囲気の温和そうな人がいました。
彼女はメアリーモーニングスター(mary morningstar)。
今回会いに来た目的のヒーラーの方です。
日本語通訳の女の子が横にいて奥にどうぞと小さい小屋に連れて行かれます。
中に入ると山小屋っぽい小ぢんまりした室内で色々と置いてありました。
今回は60分の個人セッションを予約。
時間はそんなにないので早速始めてもらいました。

最初メアリーの自己紹介!
彼女は元々は不動産の売買や投資など今まで幾つもの仕事をした職歴があり
霊視能力は小さい時から感じていたが
3回ほど死にかけた時にはっきりと覚醒したみたい。
そして友人にその力を使ってみてはとの事でリーディングを始めたみたいな
経歴を教えてくれる。
そしてこちらの質問を聞くことなく一言そっと言われる。
「後ろにお父さんが来ています。」
この時ちょっとぞっとしました。
確かに父はすでに亡くなっているんですけどその事はまだメアリーには言っていない。
とすると当てずっぽうで父が後ろにいるなんてことを言ったのか・・・?
しかしもし生きていたらそれは
嘘つきという印象を初っ端に相手に与えてしまう事になる。
なので占い師としてかなり大胆な勝負に出たなって思いました。
そしてもしこれをメアリーは実際感じて言ったのなら
霊視能力と言うのは本当に存在するのかもしれないとも思いました。
この時はメアリーに対して疑念を持ちつつも本物?という思いがグルグルと
心の中を掻き回していました。
そしてそんな状況の中をリーディングはどんどんと進んで行きました。

ここからはセドナで見つけた流れに乗ると決めたこともあったので
メアリーを疑う事はやめて素直に彼女の話を受け入れることにしました。
そうすると心を開いたことを察知したのか
彼女の気が私の中を覗いているような錯覚を覚えました。
そして自然と悩み、求めている物、今の状態などを言ってきました。

ここからはセッションの内容などは特に記録されていないようだったので
あとで思い出せるようノートにメモしながらメアリーの話を聞きました。

(メモ!)
魂のルーツは地球上に存在しないもの

父ここに来て謝っている

プログラム自分で作ったものではない

何をしてもいいが人に迷惑を掛けない

今の仕事天職ではない

教師、セミナー、ヒーラーなど向いている

妻、求めるもの 終わりない

魂 お互い昔つながりある

妻に母の魂

全てコントロールしようとするが出来ない

心ここにないが別れない

共に愛し合っている

すごく弱っている 心閉じている

エネルギー空っぽ

まわりに全て吸い取られている

可能性にフタをしている

まわりを喜ばそうとする

まずは自分を喜ばす 大事にする

ベストを尽くしている

自分を信じる

そのプログラムは自分のものではないので捉われないこと

上手く行かないことは相手にも理由ある

100%自分の責任ではない

心 可能性開放せよ

自分を大事にする

閉じ込めない

妻との事 ためない 紙に書く そして捨てる

書いたこと見せなくていい 書くこと

Sキーワード 感受性強いからこれからもある

感受性強い

察する力 強い

私 妻 共に先生

教え合う関係

そして受け入れない 共に

しかし相手に伝わるので行動見せ続ける

変わっていく

終わりないが見せることで変化する

自分を信じて見せ続ける


そして最後引いたカードがこちら!

DSC_1094_R.jpg
Prification

Clear and Shield Your Enersy

Trust

Father,Husband,Brother,Son

Let It Go

Positive Change

Choose Peace

Write

Persistence

(意味)
楽しいことする → エネルギーためる → 開放する

自分を大事にする

閉じ込めない フタしない

可能性に人集まる

紙に書く(たまったもの) → 捨てる

開放する

自分を信じ

過去にとらわれず(プログラム)


こんな感じの事を1時間の間に聞く。
メアリーとは通訳を介しての対話なので意思疎通は完全ではないが
逆にこれがじっくりと考える要素になっている。
あながち言葉が通じないという方がストレートに情報が伝わると言った所か。
初めての海外セドナでの個人セッション。
妻が受けたチャンダシュミットとはまた違う趣があったメアリーであった。
霊視なる目に見えない存在!
「あなたなら信じますか?」って所だが
少なくとも私はこの空間にはそれが存在していたと思う。
実に不思議な時間とメアリーの存在感!
これがセドナのスピリチュアルたる所以なのだろう。。。

続きはこちら!
 「アメリカトラベルファクトリーの4大ボルテックスツアーに出発!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

セドナ!ル・オーベルジュ・レストランの優雅なサービス料にはご用心!!

「年間300日晴れるセドナで半年分の気候を4日間で体験!」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 11時00分 (アメリカ時間)

アップタウンにある
ル・オーベルジュ・レストラン・オン・オーククリーク
(L'Auberge Restaurant on Oak Creek!) は
「これぞ優雅さの象徴!」 と称されるセドナ屈指のラグジュアリーレストランである。
雑誌で絶賛のセドナでは超高級レストランの類になる
ル・オーベルジュ・レストラン・オン・オーククリーク!
せっかくなので日本に帰る前に一度その評判ぶりを体験してみましょう。
でもすっごく高そうな気がするな~。

メニュー表はこちらが見やすいかな!
モーニング、ランチ、ディナーメニュー等の料金も載ってます。
「L'Auberge Restaurant on Oak Creek メニュー!」

営業時間、お店の場所などは下のグーグルマップの
「L'Auberge Restaurant On Oak」のマーカーをクリック下さい。
詳細情報見れますので!

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

裏道としてオーチャード イン オブ セドナホテルから抜けて行く階段があるのだが
たぶん初めてだと分かりにくい場所にある。
なのでレストランに行くには基本的には坂道でちょっと遠いが
ベストウエスタン アロヨ ローブル ホテル方面からか
交差点Y方面から行くルートになる。

天気がすっごくいいのでロケーションが最高と言われている
ル・オーベルジュ・レストランにランチしに来ました。

DSC_1074_R.jpg
正面に見えているのがル・オーベルジュ・レストランで
11時に来たらちょうどモーニングとランチの入れ替え時間だったみたいで
11時30分までここでのんびり待つことに!

DSC_1073_R.jpg
オーククリーク川で小鴨も泳いでたりしてます。

DSC_1081_R.jpg
天気もいいので色の濃い花は日差しを浴びて一層色映えしています。
それでは時間が来たみたいなのでお店に行ってみましょう!

DSC_1079_R.jpg
まずはホットコーヒーを頼んでほっと一息!
天気が良いと何をしてもいい感じのセドナです。
あ~快適!

DSC_1083_R.jpg
ランチだと食べたかった伝統のパンケーキは終わっていて
代わりにチキンのサンドウィッチを頼んでみました。

DSC_1085_R.jpg
雑誌に載っているようなアングルの写真も1枚。
ガイドブックなどに書かれているような優雅な雰囲気です。
実際来てみた感じ天気が良ければアウトサイドに出ると
絵に書いたようなシチュエーションを堪能できますね。
料理はランチメニューもいいが出来たらモーニングの時間帯に来て
やはり噂のパンケーキを食べるのがここでは一番良いかもしれません。
料理の価格はディナーは高級レストランって域になるので
ちょっと雰囲気を見てみたいと思う人は午前中に行くのが良さそうで
料理自体はう~ん!どうかな~?
美味しんですけど金額と比較するとちょっと割高感があるかも!
この辺りは行った人で意見が真っ二つになるかもしれませんね。
それではこのシチュエーションあってのレストランってお店なので.
行く時は絶対天気の良い日に行きましょう!

PS.
テーブルに置かれたレシートを見て金額がやけに高いなと内容をチェック!
一体何でこんなに高いんだとレシートを見てびっくり!
すると一流ホテル並みのサービス料とチップがオンされてました。
ル・オーベルジュ・レストラン・オン・オーククリーク!
帰る間際にそっと出される優雅なサービス料にはご用心です!

続きはこちら!
 「セドナ メアリーモーニングスターからのお告げ!私の魂は宇宙人?」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

年間300日晴れるセドナで半年分の気候を4日間で体験!

「一度食べたら病みつき!セドナ Cowboy ClubのBaby Ribsは最高!!」
からの続き!

(6日目) 平成28年5月3日(火) 7時30分 (アメリカ時間)

セドナは1300メートルの標高なので寒暖差が激しいのは分かるが
今年はそれに輪を掛けて大雨から晴天と天気の浮き沈みも激しかった。
部屋で見ていたホテルの案内番組を見てたら
セドナの晴天率って年間300日らしい。
その確率から行くと滞在期間4日間の内2日が雨って言うのは
「その情報ホント?」 って気分である。
しかし物は考えよう!
気温 5度から30度(気温差25℃)
天気 大雨から快晴までの半年分に値する気候を
たった4日間の間に体験したのだから
そんないつでも来れるセドナでないことを考えると
これはこれですごい体験を一気にしたことになる。
都会と違ってほぼ自然がメインのセドナ。
1年の半分の気候を見ることが出来た今回の旅は
まさにセドナ上半期の気候一気体験ツアーと言ってもいいかも!
たぶんこれは幸運なんでしょうね!
色んな顔のセドナを見れたのは良かったです。

DSC_1071_R.jpg
セドナに来た時は大雨で全部雨だったらどうしようかと思いましたが
今日は雲一つない晴天でセドナに来て最高の晴れの日を迎えました。
1日でいいからこんな日を待っていたんですよ!
今日は朝からテンション鰻上り!
実質セドナ最終日のセドナ4日目となる本日は予定が目白押しなので
ホテルのレストランでワッフルを食べたら早速お出掛けするように致しましょう!

DSC_1068_R.jpg
ベストウエスタン アロヨ ローブル ホテル & クリークサイド ヴィラズの
コテージがあるヴィラの方にやって来ました。
ここは川沿いの小っちゃい公園!

DSC_1070_R.jpg
こちらはヴィラと川沿いの間にあるベンチ!
朝早いからもありますがまだ人は全然いないですね!
ほとんど貸し切り状態です。

DSC_1069_R.jpg
オーククリーク川の方に下りて行くと木々の間から木漏れ日が射し
小鳥のさえずり声と川の流れる音がします。
温かくて安らぎます。
いや~、いいですね!
こんなガイド本に載っていたセドナを見たかったんですよ。
最高のスタートが切れていますね。
今日はきっと忘れられないような1日になりますよ!

続きはこちら!
 「セドナ!ル・オーベルジュ・レストランの優雅なサービス料にはご用心!!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月