FC2ブログ

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

海外旅行記 | 旅行 | EDIT

サンタモニカでは外せない!イタリアン レストラン Trastevere!!

「食事お買い物ならサンタモニカ・サード・ストリート・プロムナード!」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 19時00分 (アメリカ時間)

夜になって再度
サンタモニカ・サードストリート・プロムナード(3rd Street Promenade)
にやって来る!

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

Hotel Shangri-LaからTrastevereまでのルートマップです。
お店の場所はちょうどホテルの裏手辺りで
歩いて6分と近くすごく行きやすいです!

DSC_1289_R.jpg
ライトアップされて人も先程より増えています!

DSC_1290_R.jpg
お目当てのイタリアンレストラン トラステヴェレ(Trastevere)に来ると
結構満席状態でお客さんがいっぱいです。
やっぱりさっきは時間が早かったんですね!
みんな仕事が終わってご飯を食べにやって来たみたいです。
それではのんびりしてると今度は席が無くなりそうなので
急いで中に入りましょう!

DSC_1278_R.jpg
席は少し肌寒かったですが表のアウトサイド側を指定!
景色とサンタモニカの夜風が気持ちよく
街中を流れる音楽が心地良いですね。
雰囲気は最高!
店員さんも陽気で先程とは打って変わってお店も活気づいています。
やっとリゾートチックな陽気なサンタモニカになってきました。
そう思うと何か嬉しくなってきましたね。
気分が盛り上がってくると急にお腹もペコペコになるから不思議です。
よ~し!
今日は移動の疲れを取る為にも思いっきり食べるぞ~!
お兄さん!メニュープリーズです!!

DSC_1280_R.jpg
頼んだ料理が登場するまでの間
私たちの空腹の相手をしてくれるのは
トレストベレ人気のフランスパンです。
見た目は固そうですがふわ~っとした柔らかさにもっちりとした食感で
お腹が空いている時に出てこられると幾らでも食べてしまう魅惑のおパン!
そのまま食べても美味しいのだがその横にあるオリーブオイルをつけると
これまた大人の雰囲気満載の上品な1品に大変身!
普通に食べておいしくオリーブオイルを付けてさらに美味しくなるという
1粒で二度美味しいグリコ顔負けのトラストヴェレのおパンであります。
もうこれはやめられない止まらないのかっぱえびせん状態!
気が付くとパンは一気に完食で
またまたやっちゃったかもと膨れたお腹を見てみるも
すっごく美味しかったので後悔無しです。
もうお腹がはち切れても構いません。
今日は心行くまで食べまくりたいと思います。

DSC_1281_R.jpg
それではTrastevereで一番大好きなカラマリのフライが出てきました。
ちなみにカラマリってイカの事で日本で言うとイカリングのフライになります。
この料理は以前来た時となりの席にいた老夫婦が食べていて
美味しそうだったので
「それは何ですか?」って聞いたら
「カラマリ!」 って教えてくれて同じものを頼んで食べてみました。
するとイカリングなんですけどこれが居酒屋のイカリングとは全然違って
もう少し濃厚というかボリュームがあるというか
イカリングの形をしているのですがもっと本格的なイカフライの味がします。
イカはイカなんですけど何かが違うんでしょうね!
すっごく尾を引く癖になる美味しさです。
サンタモニカっ子はこのカラマリのフライが大好きで
とにかく周りを見てもよく食べられています。
サンタモニカに来たら是非このカラマリは食べてみて下さい。
美味しいですよ!

DSC_1284_R.jpg
2品目はミートボールのスパゲティーで
こちらは粗挽き風のミートボールと濃厚なミートソースが合い絡まって
ボリューム感ある食べ応えのあるスパゲティーとなっています。
かなりこってりかもしれないので食いしん坊の人にはお勧めかな!
少し濃いめのドライな味付けなので
飲み物はビールがぴったり合いますよ!

DSC_1286_R.jpg
最後はやっぱりお肉を行きますか~って感じで
フィレステーキを頼んでみました。
センターに青いポールが立っているのがお肉で
それを囲むようにポテトとブロッコリーが山盛り添えられています。
もうお腹はパンク寸前!
お肉だけでもう充分なんですが残すのは料理に対して失礼なので
ここは気合い一発食べ切りました。
ホントよく食べたな~とお腹を見るとズボンのボタンが今にも弾けそう!
アメリカに来て毎日お肉ばっかり食べてたからな~。
かなり立派なメタボちゃんにお腹が変身しておりました。

続きはこちら!
 「サンタモニカのThe Coffee Bean & Tea Leafで朝食を!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行記 | 旅行 | EDIT

食事お買い物ならサンタモニカ・サード・ストリート・プロムナード!

「立地良しサービス良しのお勧めサンタモニカのホテルシャングリラ!」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 17時00分 (アメリカ時間)

ホテルシャングリラのチェックインが済んだのでちょっとお出掛け致します。
表通りをサンタモニカピアの方に進んで行きまして通り沿いのレストランをチェック!
そしてピアの所を左折しまして
サードストリート・プロムナード(3rd Street Promenade)の方に入って行きます。
ちなみにサードストリートプロムナードって日本で言う商店街みたいなところで
ショッピングや食事をするレストランなどがたくさん並んでおり
週末は多くの人で賑わうなか
大道芸人みたいな人達が色々なショーを披露していたりもします。

すると
「大道芸人ってなによ~?大道芸人って~!」
身も蓋もない表現だとまたもや横槍にてメッタ刺し!
しかし路上アーティストと言えば聞こえは良いが
あの動きを見たらやっぱり大道芸人という表現がぴったり。
そう!誰が何と言おうとやっぱり大道芸人ですよ。
大道芸人を馬鹿にするものは
染之助・染太郎に傘で回され飛んでけって感じですかね!
海の向こう遥かアメリカ大陸で見た大道芸人さんに拍手喝采であります。

DSC_1271_R.jpg
ではでは話を戻しまして
日本は5月のゴールデンウィークですが
アメリカでは平日と言う事で
ここサードストリート・プロムナードには今日はまだあまり人がいません。

DSC_1272_R.jpg
夜になると食事をしに来る人でこの辺りも賑やかになるとは思いますが
夕方早めの今の時間帯はあまり人が歩いていませんね。

DSC_1274_R.jpg
お店は全部開いているのですが人は少なく
みなさんまだ会社でお仕事中って所なんですかね?
百貨店の方だと観光客が集まっているかもしれませんので
端っこのノードストロームの方にも行ってみましょう。

DSC_1277_R.jpg
正面にノードストローム(Nordstrom) が見えてきました。
こちらに来ると観光客っぽい人がチラホラと来始めていて
たぶんもう少ししたら仕事帰りの人たちも食事をしに来そうな感じです。

DSC_1348_R.jpg
そう言えばもうすぐ母の日ですね!
アメリカも日本と同じ日なので
「Mother’s Day(母の日)」と言う映画が封切されたみたいです。
出演者は
 フレンズのジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)

 プリティ・ヘレンのケイト・ハドソン(Kate Hudson)

 プリティウーマンのジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)

 なんちゃって家族のジェイソン・サダイキス(Jason Sudeikis)

とハリウッドスターの有名どころが出ている映画みたいです。
日本で上映するのが楽しみですね!

DSC_1343_R.jpg
サンタモニカのノードストロームです。
買い物客はあまり居ないみたいなので
お買いものするにはいい日かもしれませんね。

DSC_1347_R.jpg
ノードストロームの営業時間。
月~土曜日までは AM10時~PM9時
日曜日は AM11時~PM8時 までみたいです。
それでは混み始めると大変なので少し早いですが
行きたいお店がここサンタモニカにはあるので
そちらの方に今から行ってみましょう!

DSC_1273_R.jpg
晩ごはんはこちらのトラストベレ(Trastevere)を楽しみにして来たんですが
まだ準備中でちょっと早かったみたいです。
このまま待っているのも何なので
取りあえずはもう少し時間をつぶして夜になったら再度来てみましょう!

続きはこちら!
 「サンタモニカでは外せない!イタリアン レストラン Trastevere!!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行 | 旅行 | EDIT

立地良しサービス良しのお勧めサンタモニカのホテルシャングリラ!

「ロサンゼルス空港からサンタモニカへはエレファントツアーで行く!」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 16時00分 (アメリカ時間)

きて~きて~きて~きて~サンタモニカ~♪
サンタモニカと言えば桜田順子である!

すると間髪入れずに横から
 「バカじゃん!」

どうしてサンタモニカって言ったら桜田順子なのよ!
信じらんない!
しかしそれでもサンタモニカと言えば桜田順子のあの歌なのである。
子供の頃に聞いたあのメロディー!
小さい頃の記憶って怖いですね~!

さてさて夫婦漫才はここまでにして何わともあれ無事サンタモニカに到着です。
今回サンタモニカで宿泊するホテルはシャングリラホテル!
海沿いのメインストリートに面し
サードストリートプロムナード(Third Street Promenade)にも近く
立地的には抜群のホテルである。
建物はそんなには大きくないので気が付くといっつもホテルは満室状態。
しかしセキュリティー、サービス共に良しの
おのずと高級ホテルの部類に入ってくるホテルだが
短期間なので今回の旅行では真っ先に抑えたホテルでもある。

シャングリラホテルってこんな感じ!

ホテル シャングリラ サンタモニカ (Hotel Shangri-La Santa Monica)

 (ホームページ) http://www.slh.com/hotels/shangri-la-santa-monica/

 こちらは完全アウェーで日本語は全く通用しない。
 なので日本人もほとんど泊まっていないので逆に言うと
 純アメリカを堪能出来るホテルと言ってもいいです。
 「海外旅行先でハワイみたいに日本人にはあまり会いたくないの」
 って人にはピッタリのホテルですよ!

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)



DSC_1261_R.jpg
シャングリラホテルの正面玄関!

DSC_1270_R.jpg
玄関前に行くとセキュリティの人がドアを開けてくれてお出迎え。
出入口はこの正面玄関と横手に1つあるだけなので
怪しい人物はこのセキュリティの人によって完全にシャットアウトされる。
そんなに危険ではないサンタモニカだが
それでも犯罪都市ロスの一部であることには違いないので
要らぬトラブルに巻き込まれないよう
こうした安全対策をしっかし取ってくれているシャングリラホテルは
優雅と共に安心して泊まれるホテルでもある。

DSC_1255_R.jpg
部屋からの景色。
一応オーシャンビュー側の部屋で向こう正面にサンタモニカピアが見えている。
手前側はサンタモニカビーチ。
向こう側にはベニスビーチやシュワちゃんで有名なゴールドジムがあって
ビーチには体を鍛える器具などが置いているエリアがある。
一度見に行ったことがあるが
突然ガバチョのテレビにらめっこに出てくる退場マンみたいな
ムキムキのお兄ちゃんがビーチでトレーニングしていて
ちょっと日本の海水浴場からは想像出来ない異様な光景が広がっている。
ちなみに地元ではマッスルビーチ等とも呼ばれて有名なんですよ。
なので余りナヨナヨした格好でここを歩いていると
「退場~!」って感じで
そんなお兄ちゃんたちに間違いなくお持ち帰りされるので
サンタモニカピアの向こうに行く時は男らしくシャキッとして行かないといけない。
ある意味と~っても危険なエリアだったりするのである!

DSC_1253_R.jpg
正面にはサンタモニカビーチが広がっていて
朝からジョギングや散歩している人も多い。
またこちらの人はすっごくアクティブで
ローラースケートに3輪バギー風の乳母車に赤ちゃんを入れて
「散歩?」 って言うより
滑っている人もいたりする。

DSC_1254_R.jpg
サンタモニカビーチは結構広くかなり向こうまで延々と続いてる。

DSC_1257_R.jpg
ホテルの部屋写真!

DSC_1259_R.jpg
そんなに広くはないのでホテルでのんびりという人には向かないかもしれないが
必要なものは揃っているので利便性優先の人には良いと思います。

DSC_1260_R.jpg
コンセント、インターネット回線は必要十分な数が揃っている。

DSC_1263_R.jpg
ホテル前の歩道!
真っ直ぐ行くとサンタモニカピアの方に行ける道で
途中にはレストランなどが並んでいる。

DSC_1266_R.jpg
西海岸らしい景色と天気!

DSC_1268_R.jpg
午前中はどんよりとして昼からスカッと晴れる
まさにロサンゼルスらしい地中海性気候である!

続きはこちら!
 「食事お買い物ならサンタモニカ・サード・ストリート・プロムナード!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行記 | 旅行 | EDIT

ロサンゼルス空港からサンタモニカへはエレファントツアーで行く!

「セドナから日本へはサンタモニカ経由で帰国する!」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 14時00分 (アメリカ時間)

気が付くとロサンゼルス国際空港(LAX)へ無事到着!
案の上やっぱり夢の中でしたね!!

空港からサンタモニカへの交通手段は
エレファントツアーの送迎サービスを手配していて
ここは以前ロスに来た時市内観光でチャーターを頼んだことがあったのですが
すごくサービスが良くてそして親切で
まさにアメリカを象徴するかのような完璧な応対で案内してくれたのが
すごく記憶に残ったお勧めのツアー会社です。
それからは何かあったらよくエレファントツアーを利用させてもらっていまして
今回もその流れで日本から予約をしていました。

ちなみにエレファントツアーってこんな感じです!

エレファントツアー(Elephant Tour )

  (ホームページ) http://www.elephanttour.com/lax/

   日本語対応で市内観光から送迎サービスまで色々と対応してくれます。
    セドナのアメリカトラベルファクトリーと似てますね!

予約した時に空港に着いたらこちらに電話してと言われた番号に電話!
すると流暢な日本語を喋るドライバーに繋がり今いる所を言うと
その場所に車で迎えに来てくれました。
サンタモニカまでは今日はそんなに道が混んでないので30位との事!
道中、車の中で最近のサンタモニカ情報を色々と教えてもらいながら
走っているとあっという間に海が見えてきました。
そうです!
アメリカは西海岸を代表するサンタモニカの湾岸線に入ってきました。

DSC_1350_R.jpg
道路沿いに立ち並ぶパームツリーが一行をお出迎えしてくれているよう。

DSC_1267_R.jpg
セドナとはガラッと雰囲気が変わって
次なるステージサンタモニカにやって来ました。
ここでの滞在期間は実質1日とその前後半日の3日間なので
そんなに時間に余裕はありません。
ホテルに着いたら身支度を済ませて早速お出掛け致しましょう!

DSC_1349_R.jpg
しかし日差しが眩しい~ぞ!

続きはこちら!
 「立地良しサービス良しのお勧めサンタモニカのホテルシャングリラ!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行記 | 旅行 | EDIT

セドナから日本へはサンタモニカ経由で帰国する!

「さらばセドナよ!また逢う日まで!!」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 7時30分 (アメリカ時間)

ノンストップで日本からセドナに行くのはちょっとしんどかったので
行きはアリゾナ州のフェニックスで1泊入れていったが
帰りはロスのサンタモニカに2泊入れて帰国する段取りを取っていた。

DSC_1241_R.jpg
セドナからフェニックススカイハーバー国際空港(PHX)へは
またアリゾナシャトルに乗って行きます。
朝7時にベストウェスタンアロヨローブリホテルを出発だったので
すっごく眠いです!

DSC_1242_R.jpg
他の乗客を各ホテル経由で拾って行くと
サービスエリアで最後の乗客と合流!
そして一気にフェニックス空港目指します。
道中は完全に夢の中だったので気が付くと空港にもう着いてました!

DSC_1245_R.jpg
ロサンゼルス空港(LAX)までの乗り継ぎは
余り時間を取っていないのでそんなに余裕はありません。
なのでフェニックス空港内で空いているレストランを探す。
すると「smashburger」というお店が空いていたのでこちらで朝食にしました。

DSC_1243_R.jpg
ハンバーガーとポテトのアメリカ王道メニューです!
「ハンバーガーばっかり食べて飽きないの?」 って言われますが
飽きないですね~!
日本のマクドナルドとかと違ってこちらのハンバーガーは幾らでも食べれます。
気分はフレンチコネクションのジーンハックマン扮するポパイ刑事って所かな!
ハンバーガ=アメリカ最高って感じです。

DSC_1247_R.jpg
バーガーキングのハンバーガーみたいに巨大ではないので
軽く朝食って感じでペロッと食べてしまいました。
味は可もなく不可もなくって所かな。
普通に美味しかったですよ!
さあ、それよりも急がないとゲートが混雑していたら飛行機に間に合わなくなります。
取りあえず腹ごなしは出来たのでゲート目指して猛ダッシュ~!

DSC_1251_R.jpg
ゲートは混雑していなかったのでスムーズに通れました。
飛行機も特に延着とかしていないので予定通りロサンゼルス空港に行けそうです。
それでは一段落ついたら眠たくなってきました。
ロスまでのフライト時間は1時間30分位ありますが
この雰囲気ですとたぶんまた夢の中一直線ですね!

続きはこちら!
 「ロサンゼルス空港からサンタモニカへはエレファントツアーで行く!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

海外旅行記 | 旅行 | EDIT

さらばセドナよ!また逢う日まで!!

「4大ボルテックスツアー⑥ ~ボイントンキャニオン~」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 4時00分 (アメリカ時間)

昨日は4大ボルテックスツアー楽しかったですね~!
最高でした。
また久しぶりに大声ではしゃいでいたので
甲子園に阪神を応援しに行った次の日みたいに今日は声が全然出ないです。
たぶんジープに乗っている時大きな口を開けてず~っと喋っていたからでしょうね。
天気が良かった分空気が乾燥していて
そしてセドナの赤土も舞い上がっていたりしたので喉をやられてしまったみたいです。
でも天竜みたいな声になっても満足です。
もうこれでもかっていう位思いっきり遊びましたんでね!

それでは今回のセドナをちょっと振り返ってみよう!
セドナは高原地になるので日本の信州などとよく似ている。
しかし空気は乾燥しているので
気温が高くてもカラッとした涼しい気候であまりベタベタしたりはしない。
しかし日差しはきついので晴れると気温は一気に30度を超え
砂漠の日差しと同等レベルになる。
天気は年間300日晴れると言われているのでほぼ毎日晴れる日が多いが
山の天気は変わりやすいを地で行く感じで
短時間が多いが一気に大雨になったりも多い。
この辺りは南国のスコールと似た雰囲気もあるが
あそこまでひどくはないといった感じである。
こんな感じなのでセドナに行く時は折り畳みの傘は必需品である!
あと高所地なので気圧が低いのでしょう。
お酒を飲むと飛行機内の飲酒と一緒です~っごくアルコールが回ります。
ですので酒豪の人もちょっと飲んだらベロンベロンになるので
気圧に体が慣れていないセドナ訪問初日などは気を付けましょう!

町は地元生活区のウェストセドナ、観光地色の強いアップタウン、
そして車がメインになる郊外エリアのビレッジオブオーククリークとなっている。
初めて行くなら迷わずアップタウンが便利かな!
こじんまりしていて徒歩で色々なお店やレストランに行けるのでお勧めでした。
セドナの滞在プランを組むとしたら雨が降ったらほぼ何も出来なくなるので
買い物や占い、ヒーリング等は雨の日でも出来るので後回しにし
先にアウトドア系のトレッキングや
4大ボルテックスツアーなどを予約している方が無難である。
もし雨が降っても運が良ければ
今回の様に滞在期間中で変更出来るかもしれないのでね!

料理は和食以外は色々あって
主にファーストフードメニューのハンバーガー、ピザ、
そしてステーキ、メキシカンと言ったものが多い.。
しかし美味しい所は大体決まってきて気が付くと
(カウボーイクラブ Cowboy Club)を中心に
(セドナピザカンパニー Sedona Pizza Company)
(キャニオンブリーズレストランのフードコート Canyon Breeze Restauran)
で毎日ハンバーガー、肉、ピザをクルクルとローテーションして食べてましたね。

占いはスピリチュアルの聖地だけあってよく当ると思います。
そしてレッドロックなどの自然は迫力があって綺麗です。
また山岳地帯で乾燥地帯で砂漠のようなイメージがありますが
緑が多く川も綺麗で日本の様に水は豊富な豊かな自然がたくさんありました。
そして四季がはっきりしているので
夏は果てしなく暑く、冬は雪が積もるくらい寒いです。
また朝と晩とで20℃位温度差があるのも日常茶飯事でした。
ですので行く季節によって色々な表情が見れるので
何度も足を運びたくなる場所でもあります。
ただ日本からはかなり遠いですけどね!

今回は5日間の滞在でしたけど
その間に大雨から雲一つない晴れた日と
そして気温は1ケタ~30度オーバーまでを一気に体験し
短期間でしたがセドナの約半年分の表情を見ることが出来ました。
来た時が大雨だったので最悪のセドナだ~って思ってましたが
最後スカ~っと晴れたので終わり良ければ全て良しって感じで
充実したセドナを過ごせました。
今回かなり無理をしてこの地にやって来ましたが来てよかったです。
中々来れない遠い場所ですがセドナは是非他の人にも見て頂きたいですね!

それでは本日はセドナを発ちまして帰国の途に就きます。
7時になったらフェニックス空港に行くシャトルバスに乗ってこの地を後にしますが
またいつの日か再び訪れたいです。
さあ~それでは今度は日本に向けて出発です。
行きも大変だったが帰りも大変のセドナ旅行!
たぶん飛行機では思いっきり寝てしまうだろうな!

続きはこちら!
 「セドナから日本へはサンタモニカ経由で帰国する!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 04:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月