FC2ブログ

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

4輪アライメントに向けてのBCレーシングテストまとめ!!

「オデッセイ in 能勢!今宵のテスト走行はレイニーナイト!!」
からの続き!

オデッセイRA2にBCレーシングの車高調を取り付けてから
200km位の所で一度フロントを5mm落とし
そして現在トータル700km位まで慣らしが完了する。
なのでそろそろアライメントに向けてテスト結果をまとめておく。

車高は最初フロント-5mm、リア-20mmで
ノーマルから見ると前後-5mm位だったが
走るにつれて前後が-5mm更に落ちてくる。
そしてこの辺りでハンドリング向上の為フロントをさらに-5mm落とし
結果現在はノーマルからフロント-15mm、リア-10mmダウンといった状態。

キャンパー角はフロントほんの少しリアそれよりもうちょっとついたという感じ。
これは許容範囲内かなと目視確認では感じるが
この辺りはアライメント時に数値にてきちんと確認しておこう!

乗り心地は装着当初は柔らかく頼りない感じであったが
距離を重ねるごとに徐々に固くなっていく。
その雰囲気はジャッキで車体を上げて行くと
ジャッキが固くなっていくあの様子と似ている。
たぶんバンパーのオイルが減衰することによってこなれて来たからだと思う。
現在はかなり抵抗感ある減衰稼働となり締りのある足になってきている。
あとそれに伴ってアライメントが狂い始めているからだろうか?
少し転がり方がぎくしゃくし始め
特に減速時タイトブレーキング現象みたいに
前輪と後輪が干渉し合うようなおかしな違和感が見られる。
そして燃費が少し悪くなり路面の凹凸をよく拾うのか
左右に揺れるような動作も時々し始める。
この辺りも原因がアライメントの狂いから出ているのか
もしくはショックの特性から来ているのか
それもアライメントが終わると分かるであろう。

この状態で一度ミスタータイヤマンにて状態を見てもらう。
そして確認してもらった結果
前回のフロント-5mm落とした状態からは
ほとんど変わっていないとの事だったので
ショックはかなり馴染んできたのではないかなという事であった。
この報告から察するにぼちぼち慣らし運転は完了しても良い頃合いかもしれない。
なのでこの辺りで最終調整の4輪アライメントの予約を入れる。
さあいよいよ全開で走れる日も近くなって来ましたよ!

 続きはこちら!
  「いよいよ大詰め!4輪アライメント開始です!!」

今回の車高調レビューTOPはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイの足回りテスト報告などはこちら!
「ショック&足回り情報」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月