FC2ブログ

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

整備 | 車・バイク | EDIT

18万㎞オデッセイの燃費リッター11km 復活メンテナンス!

「写真で見るオデッセイのプラグ交換とお勧め工具一式!」
からの続き!

さてプラグ、プラグコード、ディストリビューターを交換した
その後の検証報告です。

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2も19年目を迎え
走行距離はそろそろ19万km目前といった所までやってきた。
さすがにこの辺りまで来るとエンジンも何かと性能が落ちてくるのだが
今回修理、メンテナンスした結果劇的に改善したので
その結果を少々書いておこう!

まずはディストリビューターの交換についてだが
これを交換するとATFの消耗が原因と思っていたシフトショックがなくなる。
今まではもう大分走っているので改善するにはギアボックス及びトルコン辺りを
丸ごと交換かなと思っていたが
どうやら原因は点火系から来ていたようである。
特にパワーが復活したという感じはないのだが
実にエンジンがスムーズに回りギアが滑らかに繋がるようになった。
ディストリビューターはオイル漏れがしてきたので交換したが
これは思わぬ副産物といった感じで
エンジンが新車時に近いフィーリングで回る様になった。

次にプラグとプラグコードを1ランク上の物に交換した結果だが
こちらは極端に実感出来るほどの改善はなかった。
しかし体感出来る程の改善は見受けられなかったが
しかし数値で見ると効果が実感出来た。
その改善した点は2つ!
1つ目は燃費が再び絶好調時のリッター11kmが復活したこと。
2つ目はエンジンが温まるのが早くなったことである。
この中で注目する点は2つ目のエンジンが温まるのが早くなったこと。
これは意外と燃費改善にはこの時期大きく貢献している。
どう貢献しているかというと
長年トラブルなく快調にオデッセイを乗る為に
いつも暖機運転は十分にする事を心掛けているのだが
最近の冬のこの時期ともなると結構5分位暖機運転していることも多い。
するとこの暖機運転が5分が4分位に短くなってくると
自ずとガソリンの減りも大きく改善されたりもして
かなり普段乗り時のガソリンの減りが少なくなってくる。
長距離を走った時の燃費向上も有り難いが
暖機運転時の燃費改善の方が
日常生活上でのガソリン代節約には大きな成果が挙がっている。
たぶん普段乗りの燃費がリッター2Km程良くなったのではないだろうか。
なのでプラグとケーブルを1ランク上の物と交換すると
確かに部品代としてはノーマル部品の2倍位するかもしれないが
これだけ普段乗りの燃費が良くなるとすぐに元は取れる計算にもなる。
商品の謳い文句でエンジンのパワーが上がると言ったような効果は
あまり体感出来ないかもしれないが
しかし目に見えない部分のエンジン性能は大きく改善していてくれていた。
長年車を乗って行くとどうしても性能が落ちてくるエンジン。
しかしそれは意外と普段気にしていない部品が原因だったりしているかも!
エンジン性能の低下が気になり始めたら
そんな時は一度経年劣化した部品がないかチェックしてみよう。

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

修理 | 車・バイク | EDIT

写真で見るオデッセイのプラグ交換とお勧め工具一式!

「オデッセイのディストリビューター交換と費用!」
からの続き!

(愛車初期型のホンダオデッセイ4WD RA2のプラグ交換!)
まずは必要なものを揃える。
   (工具詳細は各リンクにてご紹介!)


 1、「プラグ」

 2、「プラグコード」

 3、「トルクレンチ」

 4、「磁石が付いているプラグソケット」

部品、工具が用意出来たら次は交換作業開始!

DSC07805_R.jpg
ボンネットを開けたオデッセイのエンジンルーム!
真ん中の青いコードがプラグコードで
右側がエンジンのプラグ部分!
左側がコード付け根のディストリビューターとなっている。
それではまずは1本プラグを抜いてみる。

DSC07819_R.jpg
まずはプラグコードをまっすぐ抜く。
ひねったりねじったりするとプラグコードが断線するので要注意!
プラグを回す時は長いこと交換していなかったりすると
すっごく固い時があるので
トルクレンチを壊さない為にも脱着時は普通のレンチを使い
最後締め付けする時だけトルクレンチを使う。

DSC07809_R.jpg
オデッセイのプラグホールはかなり深い!
なので延長ソケットは長めの方が使いやすい。
ちなみにどれ位深いかというと
人差し指を入れると辛うじてプラグの頭に触れるといった位深い!

DSC07820_R.jpg
そんな時の為にプラグソケットはマグネット付きを使う!
普通のプラグソケットだとこの深いプラグを抜くのに指が入らない。
また専用工具を使わないと深いプラグを掴めない。
その問題を解消するのに一番効率のいい工具が
マグネット付きのプラグソケット!
これだとこの通り簡単にプラグを抜くことが出来るのでお勧め!
それでは次は逆工程でプラグを入れたら
今度はプラグコードを交換して行く!

DSC07806_R.jpg
ディストリビューター側のプラグコード付け根部分!
コードには番号が付いている。

DSC07808_R.jpg
横から見た写真!

DSC07822_R.jpg
こちらもプラグ部分と同じく
抜く時はまっすぐに抜く!

DSC07821_R.jpg
番号を合わせて掛け違いしない為に交換は1本ずつする!

DSC07826_R.jpg
ちょうど半分位交換した状態で
一番右が古いプラグコードで左3本が新しい分!
プラグコードは右から順に1~4番という感じで並んでいる。

DSC07829_R.jpg
4本すべて交換完了!
新しいプラグコードはコード先端も青色なので
オールブルーの落ち着いた仕上がりとなった。
それでは上手く動作するかチェックしてみましょう!

続きはこちら!
「18万㎞オデッセイの燃費リッター11km 復活メンテナンス!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

修理 | 車・バイク | EDIT

プラグソケットで悩んだらこれで決まり!

オデッセイRA2プラグ交換おすすめアイテム!

その4、 (プラグソケット編)

それでは最後プラグ交換の時にあると重宝するプラグソケットのご紹介!
プラグソケットは通常ゴムが付いていて
それでプラグを引っ付けて抜き取るタイプが多いが
劣化してくるとプラグが抜けなくなるのが欠点!
そんな問題を解消するのに最近はマグネット付きのソケットがあって
巷では結構主流となっていた。
「これは便利そうだ!」という事で購入を検討するが
種類がいっぱいあってどれが良いのか悩んでしまう。
しかしオデッセイにはこれだ!というのがあったので
1つ試しに買ってみる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TONE(トネ) プラグソケット 差込角12.7×16mm 4P-16【BK05251】
価格:727円(税込、送料別) (2017/2/11時点)

TONE(トネ) プラグソケット
差込角12.7×16mm 4P-16【BK05251】
金額 ¥727(税込み、送料別)
別途送料だが大阪の場合¥540程だったので
ホームセンターとかで買うよりも安かった。

DSC07811_R.jpg
16mmプラグ用で
サイズ 64L×20Φ
差込角 12.7mm の細身のプラグソケット。
結構この規格はカーショップでは置いてなく
購入はネットでしか入手不可といった状態の物である。

DSC07817_R.jpg
メーカーはTONE 前田金属工業株式会社で
大阪市東成区の
結構ここからは近い場所にある会社の製品である。

DSC07813_R.jpg
オデッセイのプラグはかなり深層部にあるので
延長アジャスターを付けたこれ位の長さがないと届かない。
そんな場所のプラグを抜く時は指が入らないので
抜き出す時はいつも天ぷらとかで使う細いカニばさみを使っていた。
しかしマグネットが付いているとこんな感じでプラグが引っ付いてくれるので
これはなかなか便利で作業しやすい。
かゆい所に手が届くといた感じだろうか。
これはプラグ交換には必需品と言っていい位の便利アイテムである。
それではこれでプラグ交換に必要な工具一式が揃ったので
早速作業をして行きましょう!

それではプラグの交換方法とレビューはこちらにてご紹介!
「写真で見るオデッセイのプラグ交換とお勧め工具一式!」

| メンテナンス | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月