FC2ブログ

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

レカロ!トライアルのシートレールはかなり落ちるぞ!

「素直で行こう!ミニバンには絶対レカロSR-7Fがいいんだってば!!」
からの続き!

それではシート取り付け開始!

P_20180311_134519_vHDR_Auto.jpg
20年使ったノーマルシートが撤去されました。
しかしこのオデッセイRA2に付いていた純正シートは素晴らしかったです。
生地も全然大丈夫でしたし型崩れもほとんど無しでした。
さすが初代オデッセイのシートだけあります。
他の箇所もそうですが
実に堅牢なパーツがふんだんに使われていました。

P_20180311_141849_vHDR_Auto_R.jpg
待っている間店内の展示カーを拝見。
ホンダマークが付いていますがビートかな?
いやはやちょっと時代が違いますね。
何の車なんでしょうね?

P_20180311_141911_vHDR_Auto_R.jpg
レカロのフルバケットが装着されています。

P_20180311_141919_vHDR_Auto_R.jpg
乗ったら身動き取れなさそう。
すると
「乗ってもいですよ!」って声が。
「えっ!いいの?」
思わず大喜びで乗らせてもらいました
するとドアとほぼ同じ高さの目線です。
なので小っちゃい車なのに乗った感じはスカイラインクラスです。
こんなのでは前が見えなくて一般道は走れませんね。
でも思いっきりローポジションって言ったら
こんな感じなんでしょうか。
オデッセイでこの目線だったら車庫から出た途端
壁に激突してしまうかも。
やはりシート高は落とせばいいってもんではなさそうですね。
それでは取り付けが完了したみたいですが
シート高の話が出たので
ここでノーマルのシート高とレカロ装着後のシート高を比べてみましょう。

P_20180311_113231_vHDR_Auto_R.jpg
ノーマルシート!

P_20180311_113358_vHDR_Auto_R.jpg
大体サイドステップからH=290mm。

P_20180311_113832_vHDR_Auto_R.jpg
中から見た状態!

P_20180311_113912_vHDR_Auto_R.jpg
ドアインパネ下から140mm位の高さです。

P_20180311_153105_vHDR_Auto_R.jpg
ノーマルシートとレカロシートの高さ比較写真。
最初合わせてもらった時は-18mm位。
しかしもしSR-7を入れていたらどうだったかが知りたかったので
可能な限り落として欲しいと言ったら
写真のようにノーマルシートより-25mm程低くなりました。
でもこれは落とすならこの辺までが良いよという許容範囲内のセッティングで
最下段まで落としたらまだ落ちるそうです。
現時点でのシート取り付け位置は
ノーマル比
シート前方 -28mm
シート後方 -23mm 
フロントスペーサー3段(20mm分)
リアスペーサー1段(6mm分) といった感じである。

 続きはこちら!
 「レカロシート!-25mmのオデッセイの視界!!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

素直で行こう!ミニバンには絶対レカロSR-7Fがいいんだってば!!

「レカロを選ぶ前に自分のドラポジを見てもらおう!」
からの続き!

遂にオデッセイにレカロシートを取り付ける日がやって来る。
しかし当日になっても当のシートを決めきれていない現実。
予約の2時間前にやって来て今も心ゆらゆら
優柔不断炸裂中です。

あれだけイメージトレーニングしてSR-7 lassic グリーンにすると決めていたのに
まだ決断しきれない自分。
何かが足りない。
そうこれで間違いないという決定的な何かが足りないのである。
そしてもう1つはあのシート取付位置問題。
果たして実際に取付けるんだったらどのポジションになるのか。
これが見えていないのも決めれない理由の1つでありました・・・。

まずは社長に現時点でのドライビングポジションを見てもらう。
すると前に来ることはないかなとの事。
どちらかというと後ろになりますと言われてしまった。

「えっ!そうなの?」

完全に前に来るものと思っていたレカロポジション。
意外な返事であった。
まさか後ろに行くとは。
想定外である。
これならもう心配ないかな。
迷う事なくSR-7で大丈夫そうである。
それではカウンターで正式注文!
そして最後に
「取付けたら交換は出来ませんのでもう大丈夫ですか?」と言われる。
するとさっきまで固まっていた気持ちに少し戸惑いが生じる。
「どうしてここでこんな事を言うんだ?」
これには何か意味があるのか?
まあ何回もここに来て試座しては迷いに迷っている姿を見ているからだろうか?
自分では気づいていないSR-7を選ぶことによって起こりえる
想定の事案がこの子には見えているのかもしれない。
時計を見るとまだ取り付け時間まで1時間ある。
今しばし考える時間がありますね。
「これはちょっと待ったぁ~!」 ですか~。
土壇場に来て少しタイムを掛けてしまいました。
頭の中でSR-7とSR-7Fがグルグル回っています。
ここで判断を誤るとこの先ず~っと後悔するレカロ選び。
「考えろ!考えるんだ!!」
あらゆるシチュエーションを今一度おさらいして再度シートを考えました。
そして以前社長が言った
「ミニバンだったらそして乗降性優先だったらSR-7Fがいいよ!」
って言葉を思い出しました。
そう!今まで色んなお客さんに何台も
レカロシートを取り付けた社長さんが言ったあの言葉。
色んな人の悩み、そして体験談を知っているあの社長の言葉。
これはもしかしたら天の声かもしれない。
人の意見は聞くもんだという神の思し召しかもしれない。
そう思った時もし取り付けたとして10年使ったら
どれが一番不満が少ないかという点で計算してみた。
すると走りに関しては迷う事なくSR-7だが
1年そしてまた1年と年月を重ねると乗り降りしにくいというのが
日に日にストレスとなっていつしか
「どうしてあの時SR-7Fの方にしなかったんだ。」と
後悔している自分が見えた。
そう先日の記事にも書いたが

「一時の満足感より

あらゆるシチュエーションで不満がないといった方が

長い間使っていて後悔しない。」


今自分が乗っている愛車オデッセイがその答えである。
20年同じ車を気に入って乗り続けた者にしか分からない理由。
そう魅力だけでは決して長続きはしないという事である。
色んな状況を乗り越えられる術というか懐の深さがないと
長い年月色んな変化がやって来た時乗り越えられない。
それを考えると
今回の場合はSR-7Fって感じでした。
ここは素直に行きましょうかね。
シート的には大衆的で平凡って感じですが
今までの経験からするとその方が後悔しないような気がします。
それでは機種はSR-7Fに決定。
しかし生地は耐久性、縫製などを考慮して
GK100のカムイ+グラスメッシュではなく
今回は超派手派手ですがlassic グリーンに決めました。

 続きはこちら!
 「レカロ!トライアルのシートレールはかなり落ちるぞ!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 07:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

レカロを選ぶ前に自分のドラポジを見てもらおう!

「レカロSR-7 lassicのサイドサポート乗り越え特訓!」
からの続き!

さあいよいよオデッセイにレカロを付ける日が近付いてきた。
しかし未だ決まらないレカロシート。
一番欲しいのはサイドサポートのあるSR-7 lassicなのだが
もしかしたらサイドサポートを乗り越えられるようになったとしても
1箇所どうしても乗り降り出来ない可能性がある場所がある。
それがこちら!

P_20180311_113433_vHDR_Auto_R.jpg
ちょうど運転席とセンターコンソールの間に
足1本ちょうど通れる隙間がある。

P_20180311_113701_vHDR_Auto_R.jpg
長さにして120mm位。

まあ普通の人には問題ない場所ではあるのだが
私の場合車庫の乗り降りは基本後部座席からとなる。
なので乗り降りする時はこうして足を通してウォークスルーを通り
後ろから降りるといった感じになる。
なのでもし!もしもですよ!!
SR-7が今のシートより前に取付けられると
この隙間が確保出来ない状態となる。
するとサイドサポートを潰さないように特訓して
跨いで運転席ドアから降りるのは出来るようになったのだが
この後部座席に行く時は跨ごうとすると
どうしてもシートに靴を擦ってしまう。
そして更にその点をあらゆる環境を想定して考えた時
雨の日、靴がドロドロになった足を
果たして上手くサイドサポートに触れずに
越えれるのだろうかという不安が生じました。
たぶんこの不安!
最初は上手くかわせるかもしれないが絶対どこかのタイミングで
シートに接触するだろうな~?
たぶん!絶対!!
なのでシート選択の最終ポイントとして
果たしてSR-7 lassicは
ノーマルシートより前に来るのか来ないのかというのが
最終決定の基準になってきた。
そんな不安を抱えながらYouTubeで
レカロのドライビングポジションの設定がないか探していると
正しいドライビングポジションの動画が幾つか流れていた。
何気に内容を見てみる。
するとどれも今の自分のドライビングポジションより
遥かにかなり近めにシートをセッティングしていた。
もしレカロのベストポジションが自慢のトライアルで取り付けてもらったら・・・。
たぶん間違いなく今のポジションより前にシートが来そうである。
何てたって今の自分のオデッセイのポジションは
腕はまっすぐハンドルに触れるくらいで
シートはヘッドレストどころかショルダー部分だって当たらない位の
ゆるゆるのポジションで普段は乗っているので
たぶんきちんとセッティングされたらサイドサポートのあるシートでは
乗り降りが出来ないかもです。
だったらSR-7Fにしたらってなるのですが
レカロを入れようとした当初の目的が足元のホールド性アップだったので
この点を妥協してしまうと本末転倒って感じです。
しかしあとから交換は出来ないのでどちらかのシートに決断しないといけない。
シートに関しては採寸など全てして大丈夫と見ているのだが
最期の最期に入れたは降りれないという事もあるので
ここは念には念を入れて取り付け当日に
社長と相談してシートを決定したいと思います。

 続きはこちら!
 「素直で行こう!ミニバンには絶対レカロSR-7Fがいいんだってば!!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月