FC2ブログ

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

お役立ち情報 | 車・バイク | EDIT

20年20万キロ乗るためにしてきた事!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
最初10年10万キロ乗れたらと思いながら
気を付けて大事に乗ってきましたが20年という月日もあっという間!
気が付くと走行距離は20万kmオーバーで
現在もすこぶる快調に走ってくれています。
それでは何をしたら車がこんなに長持ちするのか?
何をしてきたからここまで車が長持ちしたのか?といった
今までしてきたメンテナンスと乗り方をメモしておきます。

(普段乗りの時)
1、水温計が上がるまで暖機運転。
2、完全にエンジンが温まるまでアクセルは優しく!
3、クーラーは極力使用しない。(お陰で1度も故障、ガス補充はしたことがない。)
4、ハンドルは目一杯切らない。(最大舵角ちょっと前で止める。)
5、ブレーキは極力踏まない。(結果加速、減速が少ない運転が身に付く。)
6、停車中はギヤはニュートラルに外す。
7、ドライブに入れてもギアショックが切れ完全にギアが噛み合うまですぐ踏まない。
  (これらは車を傷めない効果抜群。)

(峠乗りの時)
1、ブレーキのガツン(一気)踏みはしない。(じわっ~で素早くが基本)
2、シフトダウン時はオーバーレブさせないギア比まで減速。
3、エアコンは掛けない。

(高速走行時)
1、80Km以上でエアコンのオン/オフをしない。
  (急激な負荷でコンプレッサーが壊れる。)
  (昔の車は高回転時のエアコンON/OFFは弱い!)

(レジャーの時)
1、スキーに行ったら錆び防止ですぐに床下洗車する。
2、海に行ったら潮風による錆防止で早めに洗車、床下洗うこと。
3、炎天下ではドアバイザーあれば5mm窓透かして駐車!(室内焼け対策)

(メンテナンス)
1、部分合成油以上でエンジンオイル交換は半年もしくは7000~1万kmでする。
  (最近はもっぱらこのオイルがお気に入り!)
2、オイルエレメントは1万km
3、エアフィルターは1万km毎に交換。
4、ATFオイルは3万kmもしくは3年毎に交換。
5、デフオイルは4万kmもしくは4年毎に交換。
6、ブレーキオイルは4万kmもしくは4年毎で交換。
7、ラジエター液は4万kmもしくは4年毎で交換。
8、ブレーキホースは12年10万km持ちました。
9、ラジエターホースは10年10万km持ちました。
10、10万kmでエンジンオイル漏れ開始。パッキン交換は10万km毎交換が目安。
11、タイミングベルトは10年もしくは10万km毎に交換。
12、ラジエター本体は20年20万km持ちました。
13、パワステギヤボックスは10年10万kmで1度交換。
14、エンジンマウントブッシュは10年10万kmで1度交換。 などなど。。。

(ポイント)
「急」 の付く運転を控え消耗品は適度に交換するで
ここまで長持ちしたオデッセイ。
日々のちょっとした気遣いですが寿命は大きく変わりました!

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スニーカー | ファッション・ブランド | EDIT

ゴルフルックによく似合うホワイトレザーシューズ!

最近どんどん暑くなってくる今日この頃。
雰囲気だけでも涼しくと白系のスニーカーを探す事に。
まずは白系のパンツに合いそうな白地をベースに
真っ白だけでは味気ないので
ワンポイント目に留まる色を配色したデザインをイメージ。
素材はカッチリしたのが好きなのでレザー系にする。
これで先にネットで検索。
キーワードは
「ゴルフ 白 靴」 辺りで。
するとボーリングの時借りるような靴がズラリ!
まあゴルフも似たようなデザインなのでこの辺りをイメージで探してみる。
そしてあれこれ探すこと1時間。
1つ好みのシューズを見つける。

リーガル 66MRAD
このホワイトレザー&紺色が地味からず派手からすでいい感じ。
まずはこのシューズをリーガルショップで探してみよう。
確か大阪心斎橋に直営店があったと思うので早速行ってみます。

ショップに行くと店頭に実物がありました。
写真で見るより全然発色性があって色が際立っています。
でも素材が革というだけあって落ち着いた色味に重厚感、
そして垣間見える上品さ!
これは惹き込まれますね。
衝動買い一歩手前でございます。
しかし慌てない慌てない!
足に合うかどうかも見てない状況。
まずは試しに履かせて頂きました。
大体いつもは27cmを買うのだが
同じサイズを出してもらうと異様につま先が遊んでいる。
どれくらい遊んでいますかね~。
指2本位あるので4cm程あるかも!
「本当に靴サイズ合ってますか?」って聞いてしまいました。
すると実際の足サイズが幾らか採寸してくれた。
するとリーガルで計ると25.5㎝が実サイズらしく
今までは靴の形状もあって比較的大きめを履いていたのではという事になる。
そこで25.5㎝のサイズを履かしてもらう。
するとピッタリサイズ!
あまりにもちょうどすぎるので1サイズ大きい26.0㎝も履かしてもらう。
こちらはちょっとゆとり有り。
履いてる内に足が馴染むことを考えると25.5㎝がいいのだろうが
運動する訳ではないのでゆったり目のサイズに決めました。
それでは早速持ち帰ってズボンと色合わせしてみましょう!

DSC09407_R.jpg
ソフトな質感のホワイトレザーにスウェード調のライン。
間を走るパステルなステッチはかなり念入りに縫われている。
堅牢な縫製が好印象。
こうして間近で見ると中々の存在感です。

DSC09406_R.jpg
靴底は真っ平らなフラット面にギザギザの溝加工。
ゴム質はちょっと柔らかめで
雨でもあまり滑らないかもといった造り。
履いた時の足裏感はかなり詳細に地面の感触を伝えてくれる。
これだとドライビングシューズとしても使い勝手良さそうである。

DSC09405_R.jpg
「MADE IN CAMBODIA」
どうやら製造はカンボジア製みたいだが
中国製ではないのでまだ造りはしっかりしているかと思われる。
この辺りの耐久性は履いて検証してみましょう。

DSC09404_R.jpg
インソールは本体と1体式で少し柔らかめ。
リーガルのロゴがワンポイントであしらわれている。

DSC09403_R.jpg
後ろからの写真!

DSC09402_R.jpg
イン側からの写真!

DSC09401_R.jpg
斜め正面からの写真。
このアングルがこの靴の場合一番格よく見える。

DSC09400_R.jpg
アウト側からの写真。

DSC09379_R.jpg
薄いグレー系のチノパンとの組み合わせ!
これ位近付くと各ステッチの色を識別出来るが
少し離れるとこの紺の部分しか分からない。
さりげなくカラーといったデザインである。

DSC09386_R.jpg
正面からだとトップの紺色部分が良く目立つ。
なので遠くからでも足元はかなり目立つという感じである。

DSC09387_R.jpg
試しにジーパンでも合わせてみる。
おっと!最近はデニムって言わないといけなかったかな。

DSC09399_R.jpg
ローファーみたいな形状なのでブーツカットのデニムとよく合います。
また白パンツでは目立っていた紺色部分も
濃いブルー色のデニムとだとスウェード調の質感と相まって
よく合ってます。

DSC09389_R.jpg
この絶妙な被り具合!
大好きなブーツカットラインとベストマッチです。
ジーンズと合わせるならヒールがあると絶妙な感じだが
しかし靴底がフラットな分使用環境の幅はかなり広い。
これで靴底にピンが付いていたらほぼゴルフシューズといったデザイン。
なのでゴルフルックで普段履きという組み合わせの時は
合わせやすいレザータイプのスニーカーである。
中々の履き心地とオリジナリティーあるデザイン。
これから夏に向けて活躍してくれそうです。

真夏のおすすめクールビズシューズはこちら!
「真夏に快適!靴底穴開きシューズは-5度の爽快感!!」

秋から真冬に掛けてお勧めのシューズはこちら!
「41%オフのサロモン xa pro 3d ultra 2 gtxはお買い得だった!」

| こだわり靴 | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

お役立ち情報 | 車・バイク | EDIT

格好より実用性!シート高は目一杯高めが運転しやすい!!

「レカロの肘干渉にはランバーサポートは有効!」 からの続き!

オデッセイRA2にレカロを装着した時はホールド性とスポーツライクの追及で
どんどんローポジション化に舵を切っていたが
しかしそれも一段落して最近のんびり運転する事が多くなってくると
逆にそのタイトなポジションから来る運転のしずらさが気になってくる。
なので今度は見た目重視のセッティングから
運転しやすいといった実用性重視のセッティングを詰めて行ってみる。
まずはRA系の初期型オデッセイの場合
シート高は最大まで上げてしまった方が姿勢とハンドル位置は安定する。

P_20180601_121641_R.jpg
なのでここでシート高調整!
(変更前) フロント 3段 / リア 2段 のスペーサーに
     リアにスペーサーを1つ追加するためにロングボルトに変更する。
(変更後) F3段 / R3段 最後方から7ノッチ
     最下段 +12

2_vHDR_Auto_R.jpg
そして更に後部4段調整の最下段から1つ上げてヒップポイントをアップ。
これで大分ノーマルシート高に近付き結果
肘干渉の緩和。
屈み気味になっていた姿勢の解放で
一気に各部に掛かっていた圧迫感が抜けて体が楽になる。
ちょっとシートが天井にかなり近づく感じにはなったが
視界、ハンドル操作、ペダルまでの距離と踏み下ろすような操作性は
かなりノーマル時の乗り心地に近くなった。
ローポジション時のあの強烈なホールド性はないが
普段乗りレベルではこちらの方が断然ストレスがないだろうか。
アブソルートみたいなスポーティなポジションとはかけ離れた
ちょっとハイエースチックなハイポジションなレカロシート高。
でもこの辺りが一番このオデッセイには合っている感じである。
これだと操作性の評価は90%位はありそうです。
もし100%目指すならあともう1段前後にスペーサーが欲しい所。
しかし強度面の限界を超えるかもしれないのでこの辺りを
オデッセイの普段乗り&長距離ベストポジションとしておこう。

 続きはこちら!
 「真夏にこそ真骨調!グラスメッシュはかなり涼しい!!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

レカロの肘干渉にはランバーサポートは有効!

「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」
からの続き!

オデッセイRA2にレカロを装着して早3ヶ月程が過ぎた。
しかし色々と改善しない部分も出始めてくる。
その中でも気になるのは
長距離を運転して行くと太もも付け根が痛くなったり
背中が痛くなったり、
またそれを調整しようとシート高、背もたれを触ると
腰部分から出っ張るサイドサポートに肘が当たる等の不具合が発生する。
ただしばらく乗って原因もはっきりしてきたのでその対策も幾つか思い付く。
基本この初期型オデッセイとレカロシートの場合
構造l的に相性がいいとは言い難い。
特にオデッセイのノーマルのシートポジションはかなり高く
レカロのシートレールを最高位にポジショニングしても
まだノーマルポジションよりも低い。
原因はこの足りない高さを補なおうとして
シート高、前後スライド、背もたれ角度などを調整して行くが
行き着く所どんどん窮屈になって最期は腰から出っ張っている
サイドサポートに肘が当たるという結果に行きついてしまう。
なので解決策としてはこの構造を変更する必要がある。
理想像としては
1、ハンドルがもう少し奥に入るとちょうどいい。
  (対策) ショートボス、チルト機構などが必要。

2、もっと高床なシートレールがあるとベストポジションになる。
  ただこれ以上スペーサーで調整すると強度面が心配である。
  お勧めはオーダーでハイポジションシートレールを作成するのがいいが
  車検対応?ローポジション化出来ない?等の問題が悩みどころ。

3、サイドサポートの低いシートにする。
  お勧めは
  快適性重視なら LX-F
  ホールド性重視なら RS-G 
  (どちらもサイドの出っ張りが低いのでオデッセイには向いている。)

しかし実際の所それならノーマルシートの方が使い勝手がいいので
最期に思い当たる対策を今回試してみる事にする。

P_20180406_131503_vHDR_Auto_R.jpg
その方法とはランバーサポートという補助クッションを使う。

P_20180406_131542_vHDR_Auto_R.jpg
付属品でウレタンパッドみたいなものが付いていて
これを腰部分に入れると体が半分位前に出て来て
心持ち肘がシートと当たりにくくなる。
しかしこれはポジション変更出来ないので
オプションで売っていたエアーランバーサポートなるものを試してみる。

P_20180419_163820_vHDR_Auto_R.jpg
ポンプが付いていて手動で空気を入れると無段階で調節可能。
そして空気を抜くと萎んで薄くなる。
製品自体はそんなに厚くはないので空気が抜けている状態では
ちょっとだけシートが厚くなったかなと言った程度である。
しかし満タンに膨らますとかなり大きくなり
付属のランバーサポートの倍くらい膨らむかも。
なので全開にするとかなり体が前に出てシートに肘が当たりにくくなり
ハンドル操作はかなり向上する。
(しかし不安定なので峠向きではない。)
あと長距離は若干楽になるのでお守り代わりに装着していると
お勧めといったアイテムである。

DSC09207_R.jpg
装着はランバーサポートと同じく
背面カバーのマジックテープを剥がして後ろに滑り込ませる。

DSC009377_R.jpg
チューブはお尻横から引き回し
シートベルトステー根本の穴に配線バンドで止め
そしてシート下にポンプを入れると邪魔にならず操作しやすかった。
それでは現時点でのポジション評価は80%位。
また少し乗ってみて残り20%改善出来るセッティングが無いか模索してみます。

 続きはこちら!
 「格好より実用性!シート高は目一杯高めが運転しやすい!!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ベンツも納得?極小文字仕様の明朝体カッティング!!

今回オーダーでベンツの
すっごく小っちゃい明朝体のカッティングステッカーの依頼が入る。
角ゴシック系だと全体的に均一の線種の太さがあるのでまだ作りやすいが
明朝体は文字先端のあのハネ部分が細いのでカット出来るかかなり不安?
しかし展示車両の何かと一緒に貼るのにどうしても必要みたいで
「何とかなりませんかね~?」という事だったので
とりあえずテストしてみてOKだったら製作するという事で引き受ける。
まずは何度かチャレンジ!
しかしカット圧の負荷に耐えれず巻き込んでめくれてしまう。
「やはり書体的に無理があるかな~。」
微妙なカット圧、刃長、データ調整を繰り返しテストして行く。
すると6回目位かな?
上手くカット出来たパターンに辿り着く。

DSCB09367.jpg
写真では拡大しているので分かりにくいが
雰囲気はこんな感じ!
これで文字高は5mmを切っている。
かなりシビアな諸条件が合致して切れた状態なので
通常ならちょっと無理と言っているデザインだが
今回は1、2枚程度なのでOKとしておきましょう。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

| カッティングシート | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

虫の知らせ?本日地震発生する!

平成30年8月18日(月)AM 7時58分
いきなりの地震!
2秒遅れで緊急地震警報が鳴る。
今までとは違う突き上げるような強い揺れ。
「大丈夫なのか?」
神戸大震災の時よりは弱い揺れではあったが
もし、あと10秒揺れが続いていたら物が倒れてきたりして危なかったかも。
地震、雷、火事、親父!
この世に怖い物の例えで昔の人はよく言ったものである。
そう言えば昨日異様にカラスが鳴いていた。
ゴミの日にカラスが鳴くのはよくある事だが
何にもない日曜日のあのカラスの騒めき。
今思い起こせばあれは動物の本能が察知した地震予知なのかもしれない。
窓を開けるとまたカラスが至る所で鳴いている。
何事もなかったような青空広がる昼休み。
しかし何でしょうね。
今はすごく胸騒ぎが収まりません。

| 天王寺区真田山便り | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!

「店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2用の
レカロシートポジションがやっと固まったので
再セットアップ用に位置関係を写真で撮影しておきます。

P_20180408_103455_vHDR_Auto_R.jpg
現在スペーサーは 
(パターン12) の
前方×3つ / 後方×2つ、
最下段 +12、
前後位置 ±0.、

そして追加で新しくスペーサーもらってきて設定した位置は
(パターン13) の
前方×3つ / 後方×2つ、
最下段、
前後位置は±0、

ただ後述の場合は少し真上にアップするのか
ペダルまでの距離が半ステップ遠くひざ下の隙間が少し広い。
(ペダル距離遠い時は更に1つ前でハンドル少し上げて対応は可能。)

これはスペーサーと後方4段上下調整機構とでは
上がって行く角度が若干違うので
ベスト1は 「パターン12」
ベスト2はスペーサーで調整分の 「パターン13」 としておく。

P_20180408_103613_vHDR_Auto_R.jpg
背もたれは心持ち前傾気味セットでホールド性良し!
しかしレカロ推奨角度は
座面と背もたれが90度と言っていたが
現時点では80度位。
この前屈気味の姿勢が思いの外体力を消耗させる。
しかし目一杯上げてもノーマルシート高の前後比が0にはならないので
ベストな座角設定は無理かもしれない。
最終的手段としては凹むお尻部分を前に出すために
ランバーサポートを入れるという方法もあるが
これはどうしよもないという時に試す事としよう。

P_20180408_103033_vHDR_Auto_R.jpg
ハンドル最下段状態の写真!

P_20180408_102922_vHDR_Auto_R.jpg
付け根隙間が隠れる位で
メーターがちょうどギリギリ見えるこの位置まで
ちょっとだけハンドルを上げる。

P_20180311_153017_vHDR_Auto_R.jpg
「レカロシート!-25mmのオデッセイの視界!!」で比較した
ローポジション時の視界!

P_20180408_103305_vHDR_Auto_R.jpg
調整後の視界!
視界はかなり上がるが視認性は良く運転はしやすく
またステアリング操作も良好!
バランス的にはこの位置にしておくのが
オデッセイの場合ベストポジションとなる。
それでは点検等で位置がズレた時は
写真を見ながらこの位置に合わすようにしよう。

(追記!) 
H30.04.16 現在!
ポジションは 「パターン22」 で推移中。
問題なければこのポジションで固定する予定。

H30.04.16!
街乗りポジションは 
「パターン1-1」 を適用中!

H30.06.25!
最近は長距離用ポジションのこちらを適用中!
 「レカロの肘干渉にはランバーサポートは有効!」 (続きです。)

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!

「レカロのローポジション化は購入時は一番高くで慣れたら落そう!」
からの続き!

オデッセイにレカロを入れてからだが
大きいシートが後方視界を遮り
かなり視認性が悪くなった。
特に後方側面の視界が見えないのが問題か?
戦々恐々の進路変更!
これは至急対策が必要と今回新たな補強アイテムを取り寄せる。


ブロードウェイのBW-851
メーカー名をナポレックスにして検索すると見つけやすいかも。
アマゾンで金額¥1,031円でした。

DSC09211_R.jpg
(メーカーHP) ナポレックス
(品名) Broadway BW-851 ワイドミラーA 400R
360mmのBW-849までは店頭でもよく見かけるが
この400mmのBW-851は
たぶんほぼ見掛けたことがない商品ではないだろうか。
それ位巨大で個性的な曲面ルームミラー。
その特徴を少し紹介しておきますね!

DSC09216_R.jpg
(下) 今まで使っていた360mmタイプ。
(上) 今回購入した400mmタイプ。

DSC09215_R.jpg
重ねると横幅だけが大きいのかと思ったら
縦方向にも大きかったBW-851である。

DSC09217_R.jpg
取り付けるとこのように
フロントガラスとミラーの隙間が5mmと空かないギリギリサイズとなっている。
オデッセイはまだフロントガラスが立ち気味だったので取付けれたが
スポーツカーや軽自動車では当たって装着出来ないかもしれない。
もうほとんどトラック用?って感じです。
なのでもし
「大きいのが欲しかったから!」
と思って買って帰ったら
「えっ!取付けれないよ!!」ってなりそうなBW-851。
この辺りが店頭では中々販売されない理由なのかもしれない。

DSC09219_R.jpg
一長一短な巨大ミラーではあるがその分
後方の視認性は抜群である。
今まで写らなかった側方視野!
死角が大幅に無くなり
レカロで塞がれた視野もよく見えます。
かなりドキドキの進路変更もこれで安心。
レカロシートにこの超巨大曲面ワイドミラーは
実用面的にも良く似合います。

 続きはこちら!
 「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

取付けたレカロシートはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

丸座用のアクリル治具を作る!

今回丸座の加工が入って来たので
NCで穴あけ出来るようアクリル治具を作る。

DSC093361_R.jpg
まずは旋盤の頭を外してアクリル板に取付け
このサイズのアクリル治具がはまる感じにする。

DSC09337_R.jpg
手始めに取り付け部分の寸法を計測。
サイズは16.0mm幅といった所。

DSC09340_R.jpg
外形をー0.1mm、
取付部をー0.2mm辺りでまずは様子を見て行ってみよう。

DSC09338_R.jpg
切削データを作成!
ちょっと雰囲気は以前作った
ハイブリッド甲冑の六文銭と作り方は似てるかも。

DSC09341_R.jpg
幅部分を削る。

DSC09342_R.jpg
輪郭を抜く。

DSC09343_R.jpg
試作治具完成!

DSC09346_R.jpg
ちょっと固いかな?
もう少し幅を広げてみる。

DSC09345_R.jpg
今度はばっちり!
ガタつき無しでジャストフィット。
中々いい感じで仕上がりました!

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 08:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

生活・暮らしに役立つ情報 | ライフ | EDIT

家電リサイクル!持込むとクーラー1式¥1000円也!!

自分で指定処分場所に家電を持込んで処分する方法!

 1、処分したい家電の種類(エアコンとか)とメーカー名をメモ!

 2、その情報を持って郵便局で荷物に貼る家電リサイクル券を購入する!

 3、発行してもらったリサイクル券と処分品を持って近くの処分場に持ち込む。
   近所の処分場はこちらから検索可能!
   「一般財団法人 家電製品協会 家電リさ来るセンター RKC」

 4、処分場で荷物を下ろし受領証をもらうと無事完了といった流れになります。

(それでは写真で処分方法をご案内!)

(地図) グーグルマップ

大阪市天王寺区近くの場合はこちらがおすすめ!
「日本通運(株) 天王寺支店八尾倉庫」
 (住所) 〒581-0067 大阪府八尾市神武町2-24
 (TEL) 072-991-2957
 (FAX) 072-991-5303
 (営業時間) 9時~17時 (12時~13時は昼休みで持ち込み不可)
 (休業日) 日曜、祝日で土曜日はバラツキあるので事前確認が良い。

P_20180605_161041_R.jpg
日通倉庫内の構内地図!
左上(北西)に出入口があり
事務所、駐車場が配置されている。

P_20180607_105734_R.jpg
自動車でのアクセス方法は
阿倍野天王寺駅から国道25号線を東へどんどん進んで
中央環状線 八尾神武町交差点を右折する。

P_20180607_105859_1_R.jpg
交差点からの景色で
右前方に見える入口方向に進入して行く!

P_20180605_161118_R.jpg
入ると正面に駐車場が見えて来るので
ここに車を止める。

P_20180605_161106_R.jpg
振り返った景色で
手前が荷受け場で奥が事務所となる。
荷物は社員さんがいて代車で取りに来てくれるので
とりあえず車に荷物を積んでセンターまで来れば
1人でも何とかなるといった感じである。

P_20180605_160914_R.jpg
奥に見えた受付事務所!
ここで持ってきた家電リサイクル券を渡し受付をしてもらい
そして先程の荷受場の人に荷物を引き取ってもらい判をもらう。
それを持って再度事務所で処理してもらえば
最期処分完了控えをくれるので
それをもらえれば無事リサイクル完了といった流れになる。

P_20180605_161023_R.jpg
帰りは前に見えるトラックのように出て行くのだが
出口は左折しか出来ないので来た道には戻れないので
とりあえず中環を南に向かう格好になる。
そして、

1、堺方面に行きたい人は高架を越えてそのまま直進。

2、北方面に行きたい人は高架を越えて一気に右車線に移るとUターン出来る。

3、来た道(国道25号線)で市内方面に戻りたい人は
  側道を通って高架下をくぐりUターンすると早いです。

(道路の雰囲気は上のグーグルマップのストリートビューが分かりやすいかな!)

今までは業者に頼んで処分していましたが
リサイクル料金自体はクーラー1式で¥1,000円程度でしたので
処分料のほとんどは取り外しと送料といった感じみたいですね。
誰か手伝ってくれる人と車があるなら
ちょっと手間と体力は必要ですが
自分で処分した方が断然お得な家電リサイクルでした。

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

おすすめ自転車処分方法はこちら!
「お勧めの自転車無料廃棄処分方法!大阪編!!」

| 天王寺区真田山便り | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

修理 | 車・バイク | EDIT

オデッセイのタイミングベルトまわりの交換費用一式!

「30万kmに向けての最後のメンテナンスはタイミングベルト交換!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2の
タイミングベルト周辺の部品交換した内訳です。

タイミングベルト(チェーン)取替え
ウォーターポンプ取替え
カムシャフト・オイルシール取替え
クランクシャフト・フロント・オイルシール取替え
タイミングベルト(部品)
タイミングベルトバランサー
タイミングテンショナー
タイミングテンショナーバランサー用
ウォーターポンプ(部品)
カムシャフト・オイルシール
クランクシャフト・フロント・オイルシール
バランサーシャフト オイルシール
エンジンフロントカバーパッキン

オイルポンプ パッキン
ファンベルト
パワーステアリング・ベルト

パワーステアリング・オイルポンプ取替え
パワーステアリングポンプ(部品)
パワーステアリングプーリー
パワーステアリング・オイル
パワーステアリング・パイプ取替え
パワーステアリング・パイプ(部品)
パワステ スイッチ取り付けOリング
パワステホース・ホースバンド

以上交換および部品代金 
合計 ¥142,819円+消費税¥11,425=¥154,244 / 一式

(修理日数) 14日間(約2週間)

今回はリビルト品のパワーステアリングポンプが不良の為
オイル漏れが発生。
その原因追及にかなりの時間を要し
結果修理日数が大幅に伸びてしまった。

後日代品が届きその時
リング、シール類も一緒に交換するとオイル漏れは止まる。

修理後1週間経過する。
現在特に異常は見られなかった。

修理代は少し掛かったが
乗り換えでローン2万円/月位だとすると
これで8ヶ月無事乗れれば元が取れる計算となる。
まだまだ乗り続けている方がお得かな!
ほんと長持ちするオデッセイである。

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

旧車 | 車・バイク | EDIT

30万kmに向けての最後のメンテナンスはタイミングベルト交換!

「タイミングベルト交換でエンジン音が変わる!」
からの続き!

長らくお待たせしましたと言わんばかりの
今回のタイミングベルト交換+他一式でしたが
無事、私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2が帰ってきました。
どんな感じに仕上がったのでしょうね?
山野自動車様より
いつもの修理箇所写真のお土産をもらっていますので
それを見ながらかチェックして行ってみましょう。

P_20180530_174323_R.jpg
エンジンオイル漏れ修理で最後に残った箇所がここ!

P_20180530_174409_R.jpg
(上部) パワステパイプ
(真ん中) タイミングベルト、パワステポンプ、
(下部) ウォーターポンプ、カムシャフト&クランクシャフトシール等が
納まっている。

P_20180530_174236_R.jpg
今回修理を急ぐ事になった原因はオイルと書かれた
このパワステパイプ先端からのオイル漏れがきっかけとなる。
普通に乗っている時は漏れないのだが
激しくステアリング操作すると漏れるみたいで
これは経年劣化による消耗が原因で
言わば寿命といった所になる。
手前のベルトと書いた部分はタイミングベルトで
ここは20万キロを越えたら交換する予定となっていた場所である。

P_20180510_134016_R.jpg
これは下部と書いたエンジン下部分で
見えているのがウォーターポンプ!

IMG_5162_R.jpg
こちらは分解前の拡大写真となる。
それでは作業開始!

IMG_5155_R.jpg
エンジン上部カバーを外す!

IMG_5156_R.jpg
とても20万km走っているエンジンとは思えないと
いつも褒めてくれる自慢のオデッセイのエンジン内部!

IMG_5141_R.jpg
パワーステアリングポンプ、
タイミングベルト、
交換前!

P_20180530_174221_R.jpg
交換後!

IMG_5144_R.jpg
パワーステアリングパイプ
交換前!

P_20180530_174207_R.jpg
交換後!

P_20180522_093813_R.jpg
古いタイミングベルト!
表面からでは分からなかったが
裏面を見るとかなり劣化が進んでいた。

P_20180522_093827_R.jpg
新品のタイミングベルト!

IMG_5172_R.jpg
新旧2つを並べた状態!

P_20180522_093858_R.jpg
古いパワステポンプ!

IMG_5178_R.jpg
新旧2つを並べた状態!

P_20180522_093843_R.jpg
古いウォーターポンプ!

IMG_5170_R.jpg
新旧2つを並べた状態!

P_20180522_093906_R.jpg
古いパワステパイプとホース!

IMG_5176_R.jpg
新旧2つのパワステパイプ!

IMG_5301_R.jpg
新旧2つのパワステホース!

今回はかなり大量に部品交換した結果となったが
これで目安としていた20万キロを迎える時にする予定だった
部品交換は一通り完了しました。
だいぶ交換部品が廃番になって入手不可となってきた
オデッセイ20年目ではありますが
何とか無事修理を済ませることが出来ましたね。
これも山野自動車様のお陰であります。
ほんと今回もどうもありがとうございました。

 続きはこちら!
 「オデッセイのタイミングベルトまわりの交換費用一式!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

旧車 | 車・バイク | EDIT

タイミングベルト交換でエンジン音が変わる!

「これだけ乗ったらもう自分の車みたい!」 からの続き!

いや~今回はと~っても大変だったと工場長に言わせてしまった
愛車オデッセイのタイミングベルト交換。
幾らやっても止まらないオイル漏れ。
原因を見つけるのに
何度も分解しては組み立ててを繰り返しましたとの事であった。
ほんと古い車でお手数をお掛けしました。
しかしさすが絶大なる信頼を寄せる山野自動車!
それでもきちんとメンテナンスしてくれたので
これで安心して更なる未開の30年30万キロを目指して行けます。
それではやっと帰って来るオデッセイ。
2週間ぶりのご対面です。

久しぶりに見る私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!
ヘトヘトに疲れた様子の工場長より説明を受ける。
今回オイル漏れが併発した原因は
どうやらリビルト品の新品オイルポンプが原因だったようである。
少し不具合があったのでしょうね。
元に戻すとオイル漏れしなかったとの事で
一応シール等のパッキン類を交換して対処してくれた。
たぶんオイルポンプ自体は綺麗な状態だったので
このまま使っていても不具合はないと思うとの事だったので
何か支障が出るまでは継続で使って行く予定である。
それでは久しぶりのオデッセイ!
早速家路へと急ぎましょう。

エンジン始動。
暖機運転をしっかりとした後発進。
ゆっくりとアクセルを踏み込む?
しかし以前起こった症状と同じでとりあえずアクセルがすっごく固いです。
今回は代車のアブソルートを2週間みっちり乗っていたので
その柔らかいアクセルに完全に体が馴染んでいて
この固さ!
そりゃ~もうびっくりする位の固さです。
またアクセルだけではありません。
ハンドルも重いの重いのって!
修理前まではあんなに普通に回していたハンドルなのに
今の車ってやっぱり全てが柔らかいんですね。
自分のオデッセイの硬派ぶりにちょっとにんまり。
やっと帰って来たんだなとこの手応えに実感です。
そんな状態でアクセルを踏み込む。
するとアイドリング700回転から2000回転に回る途中ですかね。
今までと違うエンジン音です。
何て言うんでしょうか?
トグル様なエンジン音です。
この地を這うようなエンジン音!
以前乗っていたスバルインプレッサのボクサーエンジンみたいな感じですが
ただこの違和感は音だけでもなさそうです。
ステアリングから伝わる振動。
耳からだけでなく体に直接響いてくる微動を感じます。
金属音とは違うこの振動。
「はっ!これはもしかして・・・。」
そうこの振動。
この車体を刻むような振動は
どうも新しくなったタイミングベルトの溝が響いているような感じです。
なので固い振動というよりはもう少し柔らかく
そう、ゴムっぽい?って感じと言えばいいでしょうか?
ちょっとVベルトのスクーターに乗っているような振動です。
この振動とゴム質な低音のエンジン音が相まって奏でるエキゾーストノート。
マフラーから聞こえる音ではなくエンジン本体から聞こえる
何とも言えない
実に心地よいエンジン音である。
これは立ち上がる時の加速感というか音質が気持ちいいですね。
ナルディのステアリングを握り
そしてレカロのシートに包まれていると
オデッセイの室内は何とも贅沢な至極の空間へとなっていました。
いや~また1つ惚れてしまうねオデッセイ。
やはり我が相棒はお前だけってひしひしと実感させられます。

  続きはこちら!
 「30万kmに向けての最後のメンテナンスはタイミングベルト交換!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月