FC2ブログ

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

大阪 | 地域情報 | EDIT

三光神社でオリジナルの六文銭うちわ!

今日三光神社に行くとおNewの六文銭うちわがあった。

P_20180830_150409_R.jpg
裏面に真田の抜け穴と真田幸村像の写真入り!
(個人的にはこの矢立てが写っているのが最高!)

ちょっとミーハー心をくすぐるデザイン!
宮司さんに

「在庫まだあるの~?」 って聞くと

「OK!」 との事!

迷わず@200×4枚程をゲット!
これは六文銭好きには大ウケしそうなデザインである。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

おすすめ商品案内 | ライフ | EDIT

今年の穴あきシューズは超クールで超ワイド!

長年愛用していたお気に入りの穴あきシューズも限界を迎えたので
今年は1つ新調してみようと見に行ってくる。
穴あきシューズと言えばアディダスのクライマチルライド!
(今年は名前が変わってクライマクールって言うみたい。)
そしてお店はやっぱり展示数が一番多いABCマートでしょう!
今回行ったのはエキスポシティーにあるABCマート。
現在セール中で特価で色々売っていました。

店頭でもほぼネット価格でセール中のABCマート!
今回これだと思ったシューズはこちらで
アディダス クライマクールフレッシュワイド
(型番) AQ0050 18SP ブラック
ABC-MARTでしか売っていない限定仕様である!

先代の穴あきシューズは赤がちらりほらりとあったので派手だったが
今回のは真っ黒で中々渋い!
一発でお気に入り。
在庫があるうちに1足買って帰りました。

P_20180820_092651_R.jpg
(型番) CC Fresh wide AQ0050

DSC09526_R.jpg
ワイドタイプなので以前みたいに窮屈ではなく楽ちん!
サイズはいつも27㎝がジャストサイズとすると
同サイズの27.0㎝を選ぶとピッタリ。
ハーフサイズアップの27.5㎝だと脱ぎ履きは楽であるといった感じ。
しかし特に遊ぶという事はないので
今回は27.5㎝を選ぶ。

DSC09537_R.jpg
製造はインドネシア製。
中国製ではないので耐久性は少し期待していいかも!

DSC09528_R.jpg
白黒グレーのロゴマークが格好いい!
テールスタイルも締まりが合って決まっている。

DSC09531_R.jpg
中敷きも白黒で統一していて好感が持てる!

DSC09532_R.jpg
靴底の穴はセンターからフロントに掛けて6ヵ所開いている。

DSC09536_R.jpg
インソールの通気口も抜け目なし!

DSC09534_R.jpg
靴底ゴムは少し安っぽい。
溝は切っているがお飾り程度といった感じ。
多分雨の時はツルっと滑るかもしれませんね。
けど完全ドライ仕様で履くので
雨の日に履くというシチュエーションは考慮しなくていいので
この辺りは気にしなくていいだろう。
でも減りは早そうなラバーである。

DSC09535_R.jpg
靴底ゴムが柔らかいので軽く負荷を掛けただけで簡単に反る。
なのでウォーキングには向いているかも!

DSC09540_R.jpg
黒のズボンと合わせると色味はすごく馴染む。
またコントラストの強い色が無いので
溶け込む様な配色である。
仕事で履くのでこの辺りは良いですね。
やっぱり思った通り!
普段履きに持って来いのデザインです。

DSC09541_R.jpg
表面布地は完全メッシュで透け透け!
かなり涼しいです。

こちらは初代の穴あきシューズ!
「真夏に快適!靴底穴開きシューズは-5度の爽快感!!」

| こだわり靴 | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

400年目を節目に戦勝式が三光神社真田まつりと改名される!

「目指す場所は唯1つ!大阪城目指して1day甲冑始動!!」
からの続き!

2014年(平成26年)11月2日(日)
第5回 三光神社真田まつりが開催される。
今年は大阪冬の陣から数えて400年目となり
三光神社以外でも真田のイベントが幾つも行われていた。
そんな中、三光神社では宮司さんの念願であった
大阪城までのパレードが決行される。
4人だけで作った手作り兜100個を用意して
地元小学生を中心に50人程が集まる。
そして親御さんやスタッフを入れると総勢150人位で
当日は大阪城に行くチームと
三光神社でイベントするチームの2手に分かれる。
かなりの大所帯で大阪城を目指す事となった真田まつり。
この時は大阪城の足掛かりとして豊国神社さんに協力を依頼。
そして豊国神社に到着するとお祓いをしてもらい
そして三光神社に戻ってイベントに合流となる。
夏祭りのスタッフが手伝ってくれていたので
事故等もなくパレードは無事終了。
宮司さんの夢も叶い
私も宮司さんとの約束を果たせて感無量。
これでやっと責任から解放されたような思いである。
宮司さんと出会って5年。
自分にとって1つの節目を迎えた真田まつりであった。

メモ!
(この辺りからイベント内容を記事にアップする。)
 1、「1day甲冑3号機!幸村ロードで試着体験イベント決定!!」

 2、「幸村ロード祭りの試着体験!無事終了致しました!!」

 3、「無料イベント!三光神社子ども幸村隊のお知らせ!!」

 4、「三光神社子ども幸村隊デビューイベントは大盛り上がり!」

 5、「三光神社子ども幸村隊!目指すは大阪城豊国神社なのだ~!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

目指す場所は唯1つ!大阪城目指して1day甲冑始動!!

「初めての雨が降った年となる。」
からの続き!

独り歩きを始めた三光神社の戦勝式!
そんな2013年の第4回戦勝式前に子供用甲冑試作機
1day甲冑は完成した。
これで最後のもう1つの願い!
あの宮司さんがもう1度大阪城に行きたいと言っていた悲願。
この願いを叶える為の甲冑が出来上がった。
しかし今年の戦勝式には間に合いそうもない。
なのでここは焦らずじっくりと時間を掛けて準備を進める。
立てた計画は翌年行われる2014年(平成25年)第5回戦勝式に

「子供100人連れて大阪城まで行く!」 である。

しかし1day甲冑が1日で作れると言っても
それでも単純に100日は掛かる計算である。
また製作費用も莫大である。
この時点で実現不可能は一目瞭然。
なので実現可能な計画に修正して行く。
兜だけなら100個作れそう。
そして胴体は夏祭りで作った半被を代用する。
三光神社の半被は六文銭があしらわれており
兜と一緒に着ると陣羽織みたいでかなり様になる。
「よ~し!これで行こう!!」
製作費はボランティアで作って無料とし
費用は紙代などの必要最小限に抑える。
当日までの猶予は約1年。
いよいよ製作の準備を進めて行く。
まずは手伝ってくれる人間と時間である。
この時は宮司さんと有志3人の合計4人だけ。
また神社に集まれるのは月1回といったペース。
なので普通にしていてはとても出来上がりそうもない。
そこで各自分担作業として行く。
ショーリンで材料調達、型紙カット、穴あけをする。
それを宮司さんに色塗りと紐通しをしてもらう。
かなり無謀な願いを言ったと思うが
宮司さんはそれを時間の許す限り
記帳の合間、神事の空いた時、はたまた夕食を食べた後とかの時間を使って
毎日ひたすら子供用兜の製作に取り掛かってくれた。
それを月1回の甲冑教室の時に4人で組み立てる。

DCF00029_R.jpg
この時の兜!
 「100人分のリトル赤備え用兜!遂に完成!!」

他力本願にならず自分たちだけでやる。
この兜100個を作り上げた自信は
後の三光神社真田まつりへの大きな原動力へとなって行った。
そして残った半年の期間を使い大阪城への道を確保すべく
地元の協力を得る為に宮司さん奔走!
その結果やっとの思いで警察の許可を取り大阪城まで行ける事となる。
今年は大阪冬の陣(1614年)から400年目となる年で
他にも天王寺区がする真田幸村博や大阪城でする天下一祭等が顔を連ねる
まさに真田ブーム到来といった年であった。
そして遂にあの大阪城へと行進する日がやって来る。
400年という節目を迎え
この時から戦勝式改め三光神社真田まつりと命名される。
遂に宮司さんの最後の願いを決行する日がやって来た。
時は2014年(平成26年)11月1日
第5回 三光神社真田まつりの幕開けであった。

 続きはこちら!
 「400年目を節目に戦勝式が三光神社真田まつりと改名される!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

オデッセイで行く 淡路島 日帰り 堪能 ドライブコース!

平成30年8月15日(水)
大阪から近くて遠い離れ島と言えば淡路島。
しかしそれは昔の話で
今は高速に橋も整備されてかなり近い存在となった。
でもどこがお勧めでどんなルートで行くのがお勧めかと言われると
そう頻繁に行く所ではないので悩んでしまう場所でもある。
しかし今回通ったルートはなかなか面白く
お食事処も何件か見つけたので
淡路島のオデッセイドライブコースとしてメモしておきましょう!

(それではオデッセイで走るのに楽しいドライブコースのご紹介です!)

(地図拡大は右上のターゲットマークをクリックです!)

(地図内の場所)
  (A地点) 阪神高速 法円坂入口
  (B地点) 阪神高速 神戸線 湊川JCT 分岐点
  (C地点) 淡路SA内 淡路ハイウェイオアシス
  (D地点) 道の駅あわじ
  (E地点) 魚増鮮魚店 炭焼あなご
  (H地点) 道の駅うずしお となっています。

それではルート説明です。
明石海峡大橋を渡って淡路SA内の淡路ハイウェイオアシスでお食事。
そしてそこから下の道に降りてちょっとUターンするみたいに行って
明石海峡大橋の麓にある道の駅あわじに寄り海鮮丼やお好み焼きを食べる。
そして海沿いの国道31号線を西回りで反対側の道の駅うずしおを目指す。
途中にアナゴのお店がありそこのアナゴのかば焼きは食後のデザートみたいに
別腹でも食べれるちょうどいいサイズのおやつである。
走行距離 134km(2 時間 47 分)コースです!

続きはこちら!各地点の紹介も書いておきました!!

  (C地点) 「大盤振る舞いの淡路玉ねぎスープ!」

       「淡路ハイウェイオアシスへ無料で通行する方法!」

  (D地点) 「道の駅あわじは淡路島一般道でのお勧めランチポイント!」

  (E地点) 「雰囲気抜群!淡路島は魚増鮮魚店の炭焼あなご!!」

  (H地点) 「道の駅うずしおレストランは様変わりしていた!」


オデッセイで走ったお勧めのドライブコースはこちら!
カテゴリ 「ドライブ」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ20万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイに装着中のショックレビューはこちら!
カテゴリ「ショック&足回り情報」

ユーザー車検レビュー 一覧はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

| ドライブ | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

道の駅うずしおレストランは様変わりしていた!

「雰囲気抜群!淡路島は魚増鮮魚店の炭焼あなご!!」
からの続き!

さて目的地の道の駅うずしおに到着。
今回は下の道で淡路島を縦断してやって来ました。
ここの一番人気は相変わらずのあわじ島バーガーみたいですね。
行列の人数が抜きん出ていました。
以前来た時とメニューは特に大差はなかったですが
売店がある方のレストランは様変わりしていましたね。
以前なら1000円以下のお手頃メニューが多かったレストランだったんですけど
今は和食懐石みたいな高級レストラン風になってましたね。
ちょっと家族でランチって訳には行かない敷居の高さになったかな~?
なので人気は
あわじ島バーガーの方に軍配は上がっているかなって感じでした。

ご参考にどうぞ!
 道の駅うずしおレストラン メニュー表 
 あわじ島バーガー メニュー表

淡路島へのおすすめルートと今回のレビューはこちら!
「オデッセイで行く 淡路島 日帰り 堪能 ドライブコース!」

| お出掛けイベント情報 | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ記 | 車・バイク | EDIT

雰囲気抜群!淡路島は魚増鮮魚店の炭焼あなご!!

「道の駅あわじは淡路島一般道でのお勧めランチポイント!」
からの続き!

道の駅あわじから国道31号線を海沿いに走って行くと
車の出入りが激しい
煙モクモク!
いい匂いが漂うお魚屋さんらしきお店を発見。

「何をそんなに買いに来ているんだ?」

ちょっと試しに立ち寄ってみました。

P_20180815_121643_R.jpg
「魚増鮮魚店 炭焼き穴子!」
どうやら穴子を売っているようです。

P_20180815_121659_R.jpg
近くへ行ってみると
次から次へと穴子を焼いています。
他のお魚も売っているようですが
今はあなご専門店みたいになっていますね~。
家族でしているのかな?
一家総出で穴子を焼いている模様であります。

P_20180815_121826_R.jpg
焼けた穴子をどんどんとパックに乗せ
待っているお客さんに次から次へと手渡して行きます。
回転は早いですね。
あっという間に順番が回ってきました。

P_20180815_121923_R.jpg
ちょっと小振りの焼き穴子。
2匹買って1000円位だったかな?
頭以外は丸かじりで一気に完食出来る大きさでした。
淡路島の下の道って余り走ったことがないので知りませんでしたが
近くを通る時は
このお店は絶対押さえておいた方がいい焼き穴子のお店でした。

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「道の駅うずしおレストランは様変わりしていた!」

淡路島へのおすすめルートと今回のレビューはこちら!
「オデッセイで行く 淡路島 日帰り 堪能 ドライブコース!」

| 兵庫 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ記 | 車・バイク | EDIT

道の駅あわじは淡路島一般道でのお勧めランチポイント!

「淡路ハイウェイオアシスへ無料で通行する方法!」
からの続き!

淡路SAを降りて一般道に入り明石海峡大橋の方に走って行くと
右手に道の駅あわじが見えてくる。

P_20180815_114935_R.jpg
明石海峡大橋の麓に道の駅あわじはあります!
初めて来ましたが先程立ち寄ったハイウェイオアシスに負け時劣らじと
結構グルメ系のお店が入っています。
特に海鮮丼シリーズが人気みたいですが
行列がすごいので今回はスルーしておきます。
そんな中、
1軒、目に留まるお店を発見!

P_20180815_113153_R.jpg
淡路たまらん焼き?
淡路B級グルメ味わい隊??
ネーミングから察するに粉門系のB級グルメっぽい感じである。
試しに1枚注文してみる。

P_20180815_113232_R.jpg
見た目は100円で売っている洋食焼きみたいな姿をしている。
しかし箸を入れてみると
淡路島名物の玉ねぎが入っている模様。
「こんな所にも玉ねぎが~!」
中々地元PRに抜かりない淡路たまらん焼き。
大将のその心意気の方こそたまらんとです。
あと味は阪神百貨店で売っているイカ焼きに
ちょっと玉ねぎの甘さを加味した感じかな。
関西人には馴染みの深い食べやすいたまらん焼きでした。

P_20180815_114558_R.jpg
裏手に回ると
とれとれ市と書かれた売店を発見。
玉ねぎが山盛り売られています。
張り紙には
「淡路島でたぶん一番安いかも?」の文字。
これでもかって言わんばかりのすっごい量の玉ねぎです。
お土産に1袋買って行きました。

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「雰囲気抜群!淡路島は魚増鮮魚店の炭焼あなご!!」

淡路島へのおすすめルートと今回のレビューはこちら!
「オデッセイで行く 淡路島 日帰り 堪能 ドライブコース!」

| 兵庫 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

淡路ハイウェイオアシスへ無料で通行する方法!

「大盤振る舞いの淡路玉ねぎスープ!」
からの続き!

淡路SA内にある淡路ハイウェイオアシスは
上り、下りどちらからでも行けるようになっている。
しかし場所は上り側エリアの方にあるので
そこに行く時は
上りからは標識の矢印に従って行けば問題ないが
下りから行く時は一度ゲートを通る。


(グーグルマップで言うとこの部分!)



(ストリートビューで見るとこんな感じ!)

これが初めての時だったら
「これって行くのに料金掛かるの?」って思う人が多いかと思う。
私もその1人でしたけどね!
でもETCを装着していれば
そのままETCゲートを通れば無料で通行して行けたのでご安心を!
ETCが非装着の人は左側の一般車線で通行券をもらいましょう。

 続きはこちら!
 「道の駅あわじは淡路島一般道でのお勧めランチポイント!」

淡路島へのおすすめルートと今回のレビューはこちら!
「オデッセイで行く 淡路島 日帰り 堪能 ドライブコース!」

| お出掛けイベント情報 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

大盤振る舞いの淡路玉ねぎスープ!

淡路サービスエリア内にある淡路ハイウェイオアシスに行くと
入口に行列の人だかりがあった。
「何をそんなに並んでいるの?」
気になったので横から覗いてみました。

P_20180815_111200_R.jpg
「淡路玉ねぎスープ?」
蛇口からスープって
淡路島は遂に水道管にも玉ねぎを投入したという事か?
しかしすごい人気ぶりである。
次から次へと人が並んでいく。
「美味しいの?」
ちょっと気になったので並んでみました。
順番が来たので手元のカップを取り蛇口をひねる。
すると勢いよくスープが出てきたではありませんか。
そしてカップの上からでもよく分かる位すっごくあっつあつ!
そして漂う香りも美味しそうであります。
試しにひと口!
「あらっ!美味しいやん!!」
雰囲気はほとんどコンソメスープなんですけど
ほのかに玉ねぎの甘みが漂っている。
これを無料で奉仕とは淡路ハイウェイオアシス!
かなりやる気満々であります。
これは淡路島の名物になりそうですね。

P_20180815_105154_R.jpg
時間はまだ11時といった所だったので軽く腹ごしらえという事で
丸ごと焼あなご巻とこだわりの地だこ巻を食べました。
どちらも淡路島名産品!
でも昼を過ぎると売り切れ続出ってお店の人が言っていたので
食べたい人は早めに淡路ハイウェイオアシスに行きましょう!

PS.
帰りに寄った時はこちら!

P_20180815_150320_R.jpg
センザン醤油玉ねぎラーメン(あっさり醤油) ¥780
ちょっとまったりとした醤油ラーメン。
どこからともなくほんのりと甘みを感じるスープが
玉ねぎの甘さかなと思われる1品。
アクセントに玉ねぎのフライが入っていて
雰囲気は切り干し大根みたいな玉ねぎ。
でも目をつぶって食べると玉ねぎって分からないかも?
ハハハッ!

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「淡路ハイウェイオアシスへ無料で通行する方法!」

淡路島へのおすすめルートと今回のレビューはこちら!
「オデッセイで行く 淡路島 日帰り 堪能 ドライブコース!」

| お出掛けイベント情報 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

菊正宗酒造記念館のソフトクリームは最高!

今回新たなお出掛けスポットの開拓で
兵庫県にある菊正宗酒造記念館に行ってきました!

(地図拡大は右上のターゲットマークをクリックです!)

菊正宗酒造記念館
(住所) 〒658-0026 神戸市東灘区魚崎西町1-9-1
(TEL) 078-854-1029
(ホームページ) http://www.kikumasamune.co.jp/kinenkan/index.html

(無料駐車場への行き方!)
菊正宗駐車場

(無料駐車場ストリートビュー!)

場所はほぼ阪神高速3号神戸線沿いで
大阪方面からだと芦屋で降りると近いかな。
乗用車25台程の無料駐車場があり
入館料は無料なので近くで

「どこかいい所ないかな~?」 って時にはお勧めのスポットである。

P_20180814_111557_R.jpg
菊正宗酒造記念館の入口!

P_20180814_111601_R.jpg
駐車場からは70mの場所!

P_20180814_111946_R.jpg
伝承の生酛造りを実感出来る酒造展示室。
酒樽がすっごく大きくてびっくり!

P_20180814_114640_R.jpg
酒蔵ソフトクリームなるものも販売中!

P_20180814_114829_R.jpg
酒粕が入っているみたいでほんのりと日本酒の香りが漂う。
アルコールが少し入っているので家族が味見。
ほわ~んって感じがあるみたいですが美味しい模様。
顔がニヤついてました。
ドライバーさんは飲酒にならないよう胸にワッペンを貼られます。
忘れて付けたまま帰ると
「あの人、酒造記念館に行ってきたんだ~!クスクスっ!」 って感じです。
一目で分かるデザインですので帰る時は忘れずにね!

(写真は ZenFone3 ZE520KL のスマートフォンにて撮影しました。)

神戸お勧め情報はこちら!
カテゴリ 「兵庫」 へどうぞ!

| 兵庫 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

初めての雨が降った年となる。

「潮目が変わる!」 からの続き!

2013年(平成25年)11月 第4回 戦勝式。
この時は雨が降ったので執り行ったイベントは
神事、真田の抜け穴開放、鎧武者との記念撮影、オカリナ演奏のみ。
午前中はまだ小雨だったので何とかイベント実施は可能だったが
昼頃になると地面がぬかるみ始め
抜け穴見学も難しくなりほとんどお客さんもいなくなる。
なので昼からは事実上中止と言った内容となったのが
第4回 戦勝式といった所である。

メモ!
2013年8月 「1day甲冑」 が完成する。

 続きはこちら!
 「目指す場所は唯1つ!大阪城目指して1day甲冑始動!!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

潮目が変わる!

「伝説の始まり!三光神社 秋の戦勝式 よみがえる真田丸!!」
からの続き!

2011年(平成23年) 第2回戦勝式が無事終わる。
今までで一番達成感あるイベントであった。
しかしこの後、甲冑隊では内部分裂が起こり
メンバーが1人、また1人と抜け始めて行く。
そして甲冑隊も様変わりしてゆき
そして大きな節目を迎えて行く。

翌年2012年(平成24年)
甲冑隊と神社の関係は良好。
しかし慣れが出始めてきたのも事実。
以前は神社で催しをする時は逐一神社に承諾を取って物事を進めていたが
この時は戦勝式の内容を先に決めて後日承認報告と言った流れになった。
すると神社に確認してから戦勝式と言うのが筋なのだが
この確認を行ったために良好だった関係が崩れ
そして以後甲冑隊は戦勝式を行うことが出来なくなってしまった。
またこの辺りになると戦勝式にも色々な人が関心を持ち
参加しようとする人が増えた。
その時ボランティアで来てくれる人は歓迎だったのだが
営利目的で参加したいという内容だと
場所が神社という事もありお断りの説明をする。
するとこれが後に大問題。
言った本人に言うのではなく
所属していた甲冑隊に矛先が向けられてしまった。
お陰で本人、お断りを言われた人、そして関係のない甲冑隊とで話が大こじれ。
気が付くと本人は甲冑隊を退団する羽目になり
お断りを言われた人も不参加。
甲冑隊は事前確認を怠って不参加。
今年イベントに来れるメンバーは
三光神社と知人数人。
とてもこの人数で昨年のイベント内容をすることは不可能であった。
そこで決断を下す。
「どれだけ小さくてもいいので他人を頼らず自分たちだけでやる!」
これが自立してイベントを始めるきっかけとなる。
この年行った第3回戦勝式は
神事、真田の抜け穴開放、そして2名程の武者による記念撮影のみ。
余りにも寂しいので親類のオカリナ部隊を招集するが
真田と関係ない催しだからか観客はほとんどなし。
イベントを実行するのもほとんど素人同然のメンバー。
しかし誰も頼らずやると決めた以上みんなで協力して進めて行く。
今までで一番小規模の真田まつりだったかと思う。
しかしこの時の経験が自信となり
そして次第に自力を付ける事となって行く。。。

メモ!
2012年7月 「ハイブリッド甲冑」 が完成する。

 続きはこちら!
 「初めての雨が降った年となる。」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

伝説の始まり!三光神社 秋の戦勝式 よみがえる真田丸!!

「真田まつりの理念は三光神社真田丸化計画にあり!」
からの続き!

2011年(平成23年)11月6日(日)
第2回の戦勝式はよみがえる真田丸と命名される。
イベント内容はほぼ前年と同じ。
神事と真田の抜け穴開放と試着体験である。
しかし今回は前年の実績と1年という十分な準備期間があったので
内容は同じでもイベントとしての質は格段に向上していた。
試着体験は人海戦術で昨年の倍ほど着付けする人を増やす。
抜け穴開放は昨年1人当たりの見学時間を設定しなかったので
今年も同じようにするとあっという間に隣の公園を通り越し
裏の陸軍墓地まで長蛇の列が出来てしまった。
十分な宣伝とやはり真田の抜け穴に入れるといった
希少なイベント効果もありその人気は想像をはるかに超える。
急遽見学時間の短縮を施して対処するも
想像をはるかに超える見学希望者。
無料イベントというのも相まって集客力は天井知らずとなっていた。
今まで体験したことのない人の波。
甲冑隊はひたすら応対するので精一杯であった。
しかし何とか無事終了。
この時のやり切った感は凄かったです。
あとでテレビ局の人に聞いたのですが
当日の来訪者は2000人位って言ってました。
でしょうね!
三光神社に人が納まりきれてなかったですもの。

メモ!
この年は大河ドラマがお江で
長浜で江・浅井三姉妹博覧会が開催されていた。
そこに遊びに行った時
「長浜歴ドラ隊」 という博覧会所属のおもてなし隊と知り合い意気投合。
そしてお誘いしているとこのイベントにも遊びに来てくれた。

 続きはこちら!
 「潮目が変わる!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

真田まつりの理念は三光神社真田丸化計画にあり!

「今まで味わったことのない充実感!」
からの続き!

毎年三光神社でしている真田まつりの起源は
2010年11月に行われた
第1回 三光神社 秋の戦勝式である。
これが発展して今の真田まつりに名前が変化して行くのだが
年々色んな団体の参加希望者が増えるにあたって
当時の有志達の思いが年を経ると共に薄れてきている感があるので
今一度基本に戻ってこの真田まつりを振り返ってみたいと思う。

ボランティアにほとんど興味が無かった自分が
初めて衝撃を受けたイベントが秋の戦勝式 「よみがえる真田丸」であった。
そしてその影響力の余韻冷めやらぬ翌月に
何かが舞い降りたように思い付いたのが三光神社真田丸化計画!
多分秋の戦勝式がすごく盛り上がったのもあるのだが
宮司さんも乗り気で

「ここに砦を作ったらええ!」 っていうのも後押しし

「それならいっちょやってみますか!」 ってことで考えたのが

 「三光神社真田丸化計画の企画書!」

真田幸村が憑りついて執筆しているのっていう勢いで
どんどんアイデアが出てきましたね。
お金を掛けずに知恵を使い、
そして営利目的でするのではなく
自分たちの力でボランティアで進めて行く。
これが良かったんでしょうね。
善意が少しずつ集まり大きなうねりへとなって行きました。
とにかく神社に迷惑が掛からないよう、掛からないよう。。。
ただこれだけに気を付けて進めて行きました。
そして道半ばではあるが
2011年(平成23年)に矢立てが完成する。

 続きはこちら!
 「伝説の始まり!三光神社 秋の戦勝式 よみがえる真田丸!!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

今まで味わったことのない充実感!

「全てが手探りの真田の抜け穴開放!」 からの続き!

戦勝式は長野県は上田市でしている真田まつりと比べると
それは規模も内容も比較にならないほど小さなものである。
しかし現場でお客さんの笑顔を見ていると
どれだけ自分たちのしたことを喜んでくれていたのかを実感する。
この喜んでもらえる、感謝してもらえるということが
ボランティアをする人達にとってはお金よりも大事なものなのである。
物事をお金で済ませるのは簡単である。
しかしお金で買えないもの=善意でする所にボランティア活動の神髄はある。
現在も続く三光神社真田まつりが
行政の力を借りて行われるイベントみたいに一過性のイベントにならないのは
この善意が集まって行われている
ボランティアをモットーとするイベントだからである。
未来永劫を目指すのならば目先の利益を優先するのではなく
それに来る人、参加する人
すべてのそこに携わる人達の善意を大事にする事が大切なのである。

  続きはこちら!
 「真田まつりの理念は三光神社真田丸化計画にあり!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

全てが手探りの真田の抜け穴開放!

「ボランティア精神ここにあり!」 からの続き!

試着体験は他のイベントでもしているので慣れたものだった。
しかし真田の抜け穴は違った。
一般公開でこんなに大々的に開けるということがない三光神社。
なので一体どんなことに注意してどんな段取りをすればいいのか
まったく見当つかずである。
でもこの抜け穴開放を今回一番のメインイベントとして持ってきているので
出来ないで終わらせるというのは考えられない状態であった。
けが人が出ないようにする事だけを一番重視し
安全第一で抜け穴開放の計画を練っていく。
試行錯誤の計画案。
毎日メールでのやり取りが続く日々であった。
そして遂に当日を迎える。
初の真田の抜け穴開放は
一番奥まで行ってもらうと危ないのと時間が掛かるのとで
奥まで入れないように一番奥手前に祭壇を設け進入禁止とする。
後は滑ってケガとかしないよう見守りながら1人1人抜け穴に入ってもらう。
この時は特に時間制限とかしてなかったかな~?
なので結構1人当たりの時間は長かったような気がする。
当日は抜け穴開放を告知するには時間がなかったのだが
それでももうネットが普及していたので情報は思った以上に拡散しており
東は関東、西は九州からといった所から
この真田の抜け穴を一目見ようと来ている人もいました。
自分には昔からここにある抜け穴って感じだったんですが
そんな見学者の存在を見ると
この真田の抜け穴って本当はすっごく凄いんだなって思いました。
そして無事抜け穴開放は終了。
特にトラブルもなく、けが人もなかったので良かったです。
これも大阪城甲冑隊の人がいてくれたお陰。
普通なら警備会社を雇ってしてもらわないといけない程の内容ですが
それらをすべてボランティアでやってくれた甲冑隊。
素人集団の三光神社側からしましたら
この時は只々感謝だけしかありませんでしたね。

 続きはこちら!
 「今まで味わったことのない充実感!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ボランティア精神ここにあり!

「疾風怒濤で戦勝式決定!」 からの続き!

確か第1回目のこの時した内容は

1、戦勝祈願

2、真田の抜け穴開放

3、試着体験(大人&子供用)  だったかと思う。

しかし場慣れしていた大阪城甲冑隊は
メディアにも声を掛けていたみたいで当日はテレビ局とか新聞も来ていた。
そして大阪城でいつも来訪者を相手にするような感じで戦勝式は始まって行った。

「うわ~っ!これ何?」
初めて見るのか。
子供が興味津々で試着体験用の甲冑を見ていた。
「どうぞどうぞ!着てみる?」
すると子供は着る気満々。
しかし親御さんはちょっとお金の方が心配?
そして
「これ試着するのいくらですか?」って聞いてきたので
「試着?大丈夫ですよ。お金は要りませんからどうぞ1度着てみて!」というと
親御さんの顔がほころび
「それじゃ~お願いします。」と
三光神社初の試着体験第1号が決定しました。
紙甲冑と言ってもその造りは実物さながらの本格仕様。
当時の試着体験で使っていた甲冑は
甲冑隊の隊員さんが丹精込めて1領1領作った手作りの甲冑。
今の真田まつりで使っている子供用甲冑とは比べ物にならない品質です。
なので当時この甲冑を着た人は本当いい経験をされたと思います。
そして子供ちゃんが甲冑を身に纏って行く。
そして
「いや~、カッコいいやん!似合ってるよ。」等と言ってあげると
子供ちゃんのボルテージは急上昇。
「それじゃ~一緒に写真撮ろうか!」
鎧武者の人と一緒に記念撮影。
しかしちょっと甲冑の威圧感に怯えたのか?
少し緊張した表情になる子供ちゃん!
しかしこんな事はお茶の子さいさい。
腰に刺したる刀を抜かせてあげるとそれを見て
「ふふふ~!」 
親御さんも思わず大爆笑!
そう!
甲冑隊の刀ってゴミ拾いをする為に刀身の代わりに
バーベキューとかで使うトング型のハサミが仕込んであります。

346
通称 ごみ刀!  詳細は 「こちら」

そして一気に気が緩んでいい笑顔が出来たシャッターチャンス。
すかさず親御さんも今まで見た事ない子供ちゃんの笑顔を見て写真を撮る。
子供ちゃん大喜び!
親御さんニッコニコ!!
その光景を見て甲冑隊の人も大満足!
これが来ている人たちを思いっきり喜ばすと言ったボランティアをモットーとする
大阪城甲冑隊であり三光神社で行った戦勝式であった。
参加者も楽しみ来訪者も満足して帰るイベント。
これが後々受け継がれる事になる真田まつりの原点であります。

 続きはこちら1
 「全てが手探りの真田の抜け穴開放!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

疾風怒濤で戦勝式決定!

「宮司さんとの出逢い!」 からの続き!

2010年(平成22年)10月16日
まず最初にしたのは
大阪城甲冑隊と三光神社の顔合わせとする真田山会談である。
そして三光神社の提案はお金はないのと問題があった時は責任が取れないので
「自己責任と自前で準備とか出来るようなら神社の中でなら好きにしたらええ!」
であった。
甲冑隊の方は
「真田の聖地でイベント出来るなら何でもやります!」であった。
そしてお互いの希望が合致した瞬間
隊長が一言!
「来月ここでイベントしましょう!」 であった。
一切の段取り無し。
隊員の意見も出る間もなし。
宮司さんも
「えっ!えっ!」 って余りの唐突さに驚いていた。
私も傍からその光景を見ていたがこの時は内心
「本当に出来るの?」 と思っていた。
しかし約束の翌月!
三光神社にあの真田の六文銭を印とする大旗がなびいていた。
時は2010年(平成22年)11月20日(土)
三光神社に真田まつりの先駆けとなる戦勝式が生まれた日であった。

 続きはこちら!
 「ボランティア精神ここにあり!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 09:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

宮司さんとの出逢い!

「真田まつりの始まりは日本一之兵化計画から!」
からの続き!

2010年(平成22年)10月
当時は大阪城甲冑隊に所属していて
その時、地元真田山が真田幸村の聖地という事もあり
真田丸情報を集めるという使命を受けていた。
そして近所の人に「真田に詳しい人知りませんかね~」等と聞いて回っていた所
元会長さんで今は陸軍墓地の管理をしている人が詳しいよという事を教えてもらう。
そして元会長さんに会うともっと詳しい人がいるという事で
三光神社の宮司さんを紹介してもらい
そして私と宮司さんの馴れ初めと相成りました。
その時初めて会った宮司さんの言葉が今も忘れられない。
「昔は桜が綺麗でここで一度桜まつりをしたことがある。
その時は長野県の上田からも人が来たり地元自治会や議員さんもいた。
大阪城にも練り歩いて行った。
あの真田の抜け穴前にある真田幸村像もその時寄贈された記念のもの。
しかし多くの人が来たのはいいが
近所にゴミとかが散乱したりで地元からのクレームなどもあり
このイベントは続くことはなかったとの事。
しかしその時の光景は今まで見たことがない盛り上がりで
その時の記憶が今も懐かしい。」
閑散とした神社を見ながらポツリポツリと語る宮司さんの言葉。
胸に刺さりました。
そしてあの頃の活気ある神社を今一度見たい。
そしてあの時のように今一度大阪城に行きたい。
それがワシの切な願いとも言っていた宮司さん。
実際問題お金はないしそんな事もしてくれる人もいないし
儚い夢物語といった状況の三光神社。
それが初めて行った時の三光神社でしたね。
なので今でもよく覚えています。

「宮司さん!微力ですけど力になります。」 って言ったのを。

この時の出会いがこの言葉が今思えば真田まつりの原点だったと思います。
もし三光神社真田まつりが伝説の祭りと言われる時が来るとしたら
それはこの瞬間がすべての始まりだったと思います。
いつか宮司さんも私も土に還る時が来るでしょう。
しかしこの時の思いを後世に残せるよう
何故真田まつりが生まれたのかという理由を書き記しておきたい。
いつか私たちの意志を引継ぎし者たちの為に。。。

 続きはこちら!
 「疾風怒濤の戦勝式決定!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

真田まつりの始まりは日本一之兵化計画から!

毎年11月の第1日曜日に行われることになった
大阪は天王寺区にある三光神社の真田まつり。
今では多くの人達に慕われるイベントになりましたが
全ての始まりはこの 「日本一之兵化計画」 から始まったように思う。
しかし最近は色んな意味で危機感も感じている。
「それは何故?」
たぶんその原因は原点の中にあるからだろう。
これからもっと三光神社と有志達には未来を目指して行ってほしい真田まつり。
その道標を示せるようにするには
確固とした揺るぎない理念と誇り高き崇高な大儀が必要である。
真田まつりを次の世代に承継し未来永劫目指すためにも
今一度この真田まつりの原点=理念を見つけるために
過去に遡って行く必要があるようである。

 続きはこちら!
 「宮司さんとの出逢い!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 日本一之兵化計画 | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

久しぶりに来ると草木と一体化していた三光神社の矢立て!

平成30年8月のよく晴れた週末。
宮司さんに用事があったので久しぶりに三光神社にやって来る。
ここに来たらまずは何と言っても真田の抜け穴かな。
緑色濃き先にある真田幸村像が
「待ってたよ!」 って感じで迎えてくれました。

P_20180804_152938_R.jpg
春の桜まつりの時はピンク色の幸村でしたが
夏は緑一色に染まっています。

P_20180804_152907_R.jpg
矢立ての所も天気が良いので草もボーボー生え放題。

P_20180804_152917_R.jpg
矢立ては2011年(平成23年)に作ってるから
もう7年目って所でしょうか。
細部までしっかりと作り込んであるから今でもしっかりとしています。
大分風格が付いてきた矢立て。
雰囲気は三光神社っていうより真田丸って感じになってきましたね。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

問題と解決 | コンピュータ | EDIT

ストリートビュー復活!

「ストリートビューのぼかしを解除する代替案!」
からの続き!

Google mapのストリートビューで
一度プライバシー問題でモザイク処理の依頼をしたら
全部モザイク掛けられて大変なことになってしまった。
何度もグーグルに元に戻してと削除依頼掛けるも
一度修正した画像は元に戻せませんの一点張り。
無料という事もあるので文句も言えない所ではあるが
それでも諦めずに解除出来ないか色々と修正依頼を掛けていた所
依頼始めて4年位した時かな?
突然ストリートビューのモザイクが消えていた。
もう完全にモザイクを外すのは無理と思っていたので
これは嬉しかったですね。
諦めずに修正依頼かけ続けていて良かったです。
それではどんな方法でモザイクが削除されたか書いておきますね!

まずはグーグルマップのモザイクの掛かったストリートビューを表示。
そこから 「問題の報告」 をクリック!
そして 「画質の報告」 の 「全体的に画質が悪い」 を選ぶと
コメントを書けるのでそこに
「改装してモザイク不要になりましたのでモザイク削除お願いします。
無理な時は新しい今の外観写真ですと問題ないので
新たにストリートビュー撮影して頂きモザイク写真と交換お願いします。」
と依頼し続けていたら
ある日突然新しい今の外観写真のストリートビューに切り替わっていました。
たぶんグーグルも日々新しいストリートビューを更新しているのだろうが
モザイク処理した分は少なくとも訂正もしくは差し替え依頼をしておかないと
いつまでもモザイク処理依頼の履歴に従って放置され続けるみたいな感じである。
時間は掛かるかもしれないがグーグルも一生懸命更新しているようなので
諦めずモザイク不要依頼は
きちんとした理由を付けて掛け続けておくといいですよ!

| パラレルポート付き自作PC | 15:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

超難関カッティング極小文字「プ」の巻!

「対極小文字専用カッティング7つ道具!」
からの続き!

DSC09481_R.jpg
文字高=5.5mmの「プ」。
丸の中のめくる部分は0.4Φと
今回一番の難関となった部分である。

DSC09490_R.jpg
5円玉と比較すると分かりやすいが
普通の方法ではこの部分をめくる事は不可能である。
しかしこれをめくって行く所に極小文字カッティングの醍醐味はある。

DSC09486_R.jpg
フォークとナイフを器用に扱うが如く
爪楊枝と待ち針で立ち向かう。
めくり方は至ってシンプルなのだが
歯医者さんの顕微鏡治療に匹敵する位その作業は緻密で繊細である。
少し待ち針で突く位置がズレると失敗。
余りの小ささに拡大鏡が欲しい位である。
でもハズキルーペ位では追いつかない。
出来ればスライド式の電子顕微鏡が欲しい所である。
この極小文字を仕上げて行く時は技術的な部分よりも
むしろその瞬間に対する集中力が重要。
そして集中力が極限に達すとその瞬間は時間が止まって感じる。
多分息もしていないのではないかな?
無我夢中でその一点に集中してますので。
シチュエーションは違うが
愛車オデッセイで走っている時と相通ずる所ですね。
一番楽しい時間であります。
しかし終わるどっと疲れに襲われて体が重くなる。
もう何もしたくないって状態。
でもやり切ったという充実感で気分は晴れ晴れ。
これが走りの魅力に匹敵するカッティングの魅力ですかね。
彫刻の方も然りですけど
ものづくりって夢中になれる部分多いですね。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

| カッティングシート | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

対極小文字専用カッティング7つ道具!

時々作っている極小文字のカッティングシート。
しかし通常のカッティング用具では製作出来ないので
幾つか専用道具を用意している。

(対極小文字用7つ道具!)
DSC09487_R.jpg
 1、カッターナイフ
 2、お箸
 3、画鋲
 4、爪楊枝
 5、待ち針
 6、定規
 7、ピンセット
大体この7つで極小文字は仕上げていく。
7つ道具という程大げさなものではないが
しかしこれが一番使い勝手がいい!
意外とシンプルな極小文字の道具。
あとは根気と集中力で仕上げて行きます。

続きはこちら!
「超難関カッティング極小文字「プ」の巻!」

| カッティングシート | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月