FC2ブログ

2018年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年11月

カスタム | 車・バイク | EDIT

レカロSR-7Fは夏と冬とでセッティングを変えて乗ろう!

「シートを落したら気分は一気にスポーツカー!」
からの続き!

SR-7F LASSIC グリーンを買った時はまだ寒くて冬服を着ていた。
しかし季節が変わり真夏になると薄着へと変化。
夏服と冬服で若干衣類の厚みが変わるのだが
これがレカロで座る時にはかなり影響が大きい事に気付く。
まあ体型もあるのだが細身だとレカロはちょっと大きく感じる。
多分外人サイズに合わせているのが原因だとは思うが
シートに深く座るとちょっとだけシートが深いように感じる。
その距離、約10mm位と言った所。
最初この違和感に中々気づかなかった。
「ノーマルシートと違いレカロはこんなものなんだろう。」
「まだ体が馴染んでいないからだろう。」
等と思い込んでいたが
ある時エアーランバーサポートを入れてみると
これが大当たり!
ランバーサポートの厚さ分、腰が少し前に出て
ハンドルとの距離とペダルまでの距離とのバランスが絶妙になった。
その距離はエアーランバーサポート分の厚み約10mm程度。
しかしちょっと腰が前に出るだけでレカロの座り心地は激変する。
最近は涼しくなったのでTシャツ1枚が
セーターを着たり等となってきたので
今は服の厚みがランバーサポートの代わりをしてくれているので
ランバーサポートは取り外している。
SR-7Fタイプのレカロの場合
体の線が細い人はシートが大きく感じるので
夏場はエアーランバーサポートを入れて
冬は外して乗ると
レカロはばっちり体にフィットすると言った所である。

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2018年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年11月