FC2ブログ

2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

ASUSオンラインサポートのチャット方法!

それではZenfone5z(ZS620KL)のネット接続も完了したので
次は待ち受けをレイアウトして行く。
そこで1つ不明点。
ショートカットに入れたいアプリが見当たらない。
なのでメーカーサポートに問い合わせ!
その時便利だったのがオンラインチャット!
しかしアクセスしてみるとチャットの開始ボタンが無くて四苦八苦。
何とかチャット開始画面までたどり着けたので
忘れないようにチャットの流れを書いておく。

まずはASUSのホームページから
アカウントにサインインしないと使えないので要注意!

それでは最初に ASUSのホームページ にアクセス。

DSC00040_R.jpg
「サポート」 を選択!

DSC00041_R.jpg
出てきた画面の一番下右端の
「チャットでのお問い合わせ」 を選ぶと
左側にクイック検索の付いた画面が出てくる。
最初ここからどう進めばチャットが始まるか分からなかった。

DSC00042_R.jpg
チャット画面を出すには
どれでもいいので質問に答えて最後まで答え切ること。
今回は例えば4番の 「スマートフォン」 を選んでみる!

DSC00043_R.jpg
出てきた項目の中から適当に
「6、Androidのバージョンを確認する方法」 を選んでみる!

DSC00044_R.jpg
するとこれで最後まで答えた感じになり
「チャットサポートをご希望の方は、下記(クイック検索)に9999をご入力下さい」
と出るので
左下の入力エリアに 「9999」 を入力して送信ボタンを押す。
ちなみに
ここに質問に答えないで先に9999を入力してもチャットは始まらない!

DSC00046_R.jpg
あとアカウントにサインインしていなかったら
この画面が出てきてチャット画面へは進めないが
サインイン出来ていたら
個人情報の取り扱い画面が出てきて
了解するとチャットが始まる。

後は通常サポートでよくあるオンラインチャットと同じ感じ。
返事は比較的早く丁寧。
問い合わせは電話やメールよりチャットがお勧めである。
雰囲気はノートンのオンラインサポートと似ている。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

格安SIMのセットアップはすこぶる簡単!

それではZenfone5z(ZS620KL)の初期設定に入ってゆく。

DSC00025_R.jpg
まずは電源を入れて
カードスロットをイジェクトピンで開ける。

DSC00026_R.jpg
そしてSIMカードを挿入!
使用するのはIIjmioの格安SIMで
SIM1に格安SIM。
SIM2にメモリーカードを入れる。

DSC00027_R.jpg
差し込むとモバイルデータが自動で有効になる。

DSC00028_R_20190515211531f94.jpg
そして次にAPN設定するのに赤丸の
「アクセスポイント名」 を選択!

DSC00029_R_20190515211531819.jpg
するとIIjmioの設定が登録されており
この時点で自動接続されネットに繋がる。

DSC00030_R.jpg
中を開いてみるとすでに接続設定がインポートされていた。
IIjmioもメジャーになりましたね。
もう標準でSIMフリー機に設定が登録されていました。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

さすがZenfon!イジェクトピンは相変わらず!!

Zenfon3の時に大問題となったイジェクトピン問題!
しかしその問題はZenfone5z(ZS620KL)でも健在であった。

DSC00022_R.jpg
前回、箱の内側にあったイジェクトピン!
改善されたのかなと思いきや今回も箱の内側に貼ってあった。
Zenfonを使った人なら慣れている問題だが
初めてZenfoneを使うという人は
「イジェクトピンはどこ?」と探している人も多い事であろう。
この辺りはさすが海外メーカー!
日本のキャリアメーカーのようなきめ細やかな心遣いは
されていないのであった。
ただ今回は前回のように埋まるように付いていない分
箱を開くと見つけやすいかもしれない。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

Zenfone5zはとにかくよく滑る!

それではZenfone5z(ZS620KL)を手にしてみる。
見た目より軽く感じる。
多分握り感が良いのだろう。
あとすごく滑る。

DSC00047_R.jpg
この側面の丸みを帯びた部分が特に!

素材からなのか?
あるいは何かしらワックスのようなもので拭かれているのか分からないが
Zenfone5zはよく滑る。
これはスマホケースは必須だね!

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

さすが安心のソフマップ!Bランクなのにほぼ新品並みのZenfone5z!!

ASUS Zenfone5z ZS620KLを買う時

「新品か中古か?」

「ヤフオク、メルカリのオークション系か安心量販店か?」

で悩んだ。
しかし令和元年は5Gと新機種の目白押しもあり
今回はあまり長期的には使わない可能性もあったので
価格優先で購入先を絞って行った。
そして決まったショップはこちら!

日本橋で有名な ソフマップ
今回はBランクのおすすめ機種を発見!
すぐに問い合わせ先の電話番号に
画面(傷など)の状態や
紹介文に書かれていない他の傷などを聞いてみた。
するとBランク扱いではあるが
綺麗な液晶にそんなに目立たない擦り傷程度と判明。
なので売り切れてしまう前に購入してしまう。
翌日には商品到着。
早速状態を確認してみる。

DSC00017_R.jpg
スマホケース以外の付属品が揃っている。

DSC00019_R.jpg
液晶は確認通り無傷ですごく綺麗!

DSC00020_R.jpg
目立たない傷とあったが最初見た時は分からなかった。
しかしよく見ると裏面の端の方に
スマホケースで付いたと思われる微々たる薄い擦り傷があった。
しかし光の加減と角度では見えないので
ほとんど外傷は無しと言ってもいい程の機種であった。
「ソフマップのBランクってすごく基準が高いの?」
初めてソフマップで中古スマートフォンを買ったが
ほぼ新品に近い商品が届いてこれは嬉しい限りであった。
それではこれ位の擦り傷だったら
またバフで磨いたらピッカピカになりそう!
ただ買ったばかりなので磨きはしばらく使ってからする事にしよう。
それでは次は動作確認をして行こう!

バフで磨くとこんなに綺麗になったりするんですよ!
「ここからが本業!携帯をリペアして一気にランクアップ!!」

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Android | 携帯電話・PHS | EDIT

今が旬!ASUS ZenFone5z ZS620KL 狙い撃ち!!

愛用中のASUS ZenFone3 ZE520KLは
今まで不具合なく動いてくれた名機である。
また動きも不満ないレベルで
5.2インチサイズがオデッセイにセットすると
これまたぴったりと合って相性が良い。
しかし3年近く使っているといくら2台持ちであまり使用頻度が少ないからと言っても
電池がいつまでも持たないのも事実。
最近は買った頃と比べると4日持ったのが2日位と言ったペースである。
そこで代替え機になる機種はと調べてみると
圧倒的にHuawei(ファーウェイ)が人気である。
実機を触ってみたがカメラ機能は突出していた。
しかしタダでさえセキュリティの甘いスマートフォンに
いま情報漏洩で取り沙汰されているファーウェイを選ぶのはちょっと勇気がいる。
また低価格でこんな優秀なスマホを提供しているのも
大阪人感覚から言ったら

「タダほど怖いものはない!」 と紙一重である。

なので今使っているZenfoneがすごく良かったので
同じ機種で検索してみる。
すると明日にも新機種のZenfone6が発表とある。
そしてその機種はスライドするといった
今使っている F-03A を踏襲させるデザインである。
これは心揺さぶられますね。
でもスマホサイズでスライドするのはカバンに入れた時とか大丈夫?って気になります。
そこで白羽の矢が立ったのが
現行Zenfoneシリーズで一番評価が高かったZenfone5z ZS620KL!
下位機種もコストバリューが高く人気であったが
実機を見てみてこの機種は確かにいい!と
実感出来た評判通りのスマートフォンであった。
AI機能は実際あまり実感しない部分であるが
しかし基本性能が高そう。
カメラもほぼオートのみで及第点ではないだろうか!
ゲームをしないので基本
ネットサーフィン、グーグルマップ、メール、カメラが使えればOK!
その点だけを踏まえればほぼ不満なしの機種であった。
ただ問題は価格!
「どうしてこんなに高いの?」という
ドコモで機種変更で買うキャリアスマートフォンとどっこいどっこいであった!
ただ次のZenfone6の日本発売が内定したのもあるからだろうか?
最近の価格下落はめまぐるしいものがあった。
多分待てば待つほどこの値下がりは底なし状態かもしれないが
時期と状況の折り合いが付けば一気にGO!を掛けるかもしれない。
そんな時に条件が揃う。
そして間髪入れずに購入!
賽は振られた!
もう後には戻れない。
近日中に届く手はずなので実機が来たら検証して行ってみたいと思う。

TOPページはこちら!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| スマートフォン | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月