FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

ドライブ | 車・バイク | EDIT

走りに走った充実の1700kmであった!

「富士宮市で本場富士宮やきそばを初体験!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 12時30分

さて浜松まで帰ってきました。
これで大体48時間 / 丸2日間程経過した所です。
今回はこれで明日もう1日時間があるのでかなり余裕があります。
このまま帰れば今日中には大阪に楽勝って感じですけど
考えてみたら2日間で4時間程しか寝てないかも。
今はまだ気が張っているので大丈夫だが突然睡魔に襲われるかもしれない。
とにかくこの辺りで少し仮眠しておこうかな。
しかし天気なって来たのでこの気温で車中泊は危険である。
あまりに熱いのでTシャツを水で濡らして着用。
ヒヤ~っとして簡易クーラーの出来上がり!
窓にハンガーで服を掛けてシェード変わり。
これで窓を広めに開けておくと風があるので結構涼しい。
とにかくこれで少し寝れるかも。
ちょっと1時間程休憩です。
シャツが乾くと共に暑さで目が覚める。
時計を見ると14時位。
疲れが取れた程ではないが楽になった。
余りのんびりしていると名古屋で渋滞にハマるかもしれないので
そろそろ出発しよう。

P_20190817_151726_R.jpg
海が広いなでっかいな~!
この太平洋側の道は迫力があります。
延々と続く海岸線を走る。
ちょっとロサンゼルスの西海岸みたいで気持ちいいです。

国道1号線で名古屋を抜け三重県に入る。
そして西名阪国道で伊賀上野を抜けて月ヶ瀬まで帰ってくる。
時計を見ると現在22時。
ギリギリ今日中に大阪かなってペースである。
いつもの柳生の里を通って奈良市内へ。
しかし慣れ親しんだエリアに帰ってきた安堵からか
ここで一気に睡魔が押し寄せる。
「う~ん!もう目が開かない~!!」
余りの眠たさに今日中に大阪に変えるのを諦める。
とにかくこれは寝ないと危険。
夜で結構涼しいので今度はかなり本気で寝てしまいました。
目が覚めると時計は1時を指していた。
2時間位熟睡したかも!
余りにも深い眠りだったので中々意識が戻らない。
ちょっとコーヒーでも飲もうかな。
もしかして今回初めてコーヒー飲んだかも。
ずっと走りっぱなしだったからな~。
ほんと久しぶりに時間が経つのを忘れて夢中で走りました。
さ~て!それではボチボチと行きましょうか!!
我が家まであと僅か。
間もなく今回の旅も終わりが近づいてきました。

PS.
夜中の2時に帰宅。
大体2日半走った計算となる。
メーターを見ると今回走った距離は17000㎞位。
トラブルもなく良く走ってくれました。
かなり悪路も走ったので色んなお土産がオデッセイに付いてるね。
ちょっと勲章みたい。
とにかく明日はゆっくりと洗車したげるからね。
ありがとう!

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

富士宮市で本場富士宮やきそばを初体験!

「これが本栖湖なんだ~!ホントなんていい場所なんだ!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 11時30分

さて富士山1周を堪能した所で
最後は地元グルメも楽しんで行こうかな。
お昼だから食べれるグルメ!
そう一度本場地元で食べてみたかった富士宮焼きそば。
よくB級グルメのイベントで大阪でも見ることが多くなったメニューなのだが
やはり初めて食べるなら本場富士宮市で食べてみたいと
かねがね思っていた1品である。
それでは早速行ってみましょうかね!

とにかくお店がいっぱいあって悩んでしまう。
なので条件を絞って選んでいく。
早めの開店時間で駐車場があるところ。
するとこちらの1件を見つける。


富士宮焼きそば ひまわり
 (住所) 〒418-0063 静岡県富士宮市若の宮町32
 (営業時間) 11時~22時
 (駐車場) 裏に4台くらい
 (HP) 食べログ 

P_20190817_113315_R.jpg
お店玄関!
裏の駐車場に4台分ほど止める所がある。

P_20190817_111545_R.jpg
店内写真!
カウンターとテーブル少々と言う感じ。

P_20190817_111946_R.jpg
これがお目当ての富士宮焼きそば。
初めて見たかも!
焼く所から凝視。
すると大阪の焼きそばと違う所も見えてくる。
焼き方はシンプルで具を焼いたら袋を破ってダイレクトにそば投入!
そして水を浴びせる。
そして搔き回す様に焼く。
そしてまた水を浴びせる。
どうやらそのままでは麺が固いのだろう。
しかし一旦茹でてから焼くというのはないみたい。
そしてソースを掛ける。
ソースはウスターソースみたい。
これを手際よく炒めてハイ出来上がり!
どんな感じか?
初の富士宮焼きそば試食です。
麺はちょっと平たい?
軽く平打ち麺みたい。
しかしこれを使わないと富士宮焼きそばとは言えないのかもしれない。
そしてソースだがウスターなので薄いかと思いきや
結構味はしっかりしているかも。
見た目以上に味は濃いです。
でも大阪と比べると甘みは余り無いかも。
東に行くほどソースの味はさっぱりして行くのかもしれない。
それではあれよあれよという間に完食。
美味しかったです。

P_20190817_112548_R.jpg
次は隣のおっちゃんが食べていたお好み焼きが気になったので
これも頼んでおきました。
そして出てきて試食開始。
こちらはお好み焼きと言うよりも
少しトロ~っとしていて半分もんじゃ焼きみたいな感じ。
なのでお好み焼きと言われるとちょっと違和感ありかな~?
たぶん関西人程そう思うかも。
なので大阪で食べるお好み焼きをイメージしているのなら
富士宮やきそばダブルの方がおすすめかなって感じでした。
それでは初の富士宮焼きそばごちそうさまでした!

 続きはこちら!
 「走りに走った充実の1700kmであった!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

これが本栖湖なんだ~!ホントなんていい場所なんだ!!

「さすがフルーツ大国山梨県!道の駅なるさわの朝市は最高である!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 10時30分

本栖湖ふたたびである。
前回来た時は真っ暗の真夜中だったのでこんな大っきな湖だとは分からなかった。
しかし今日は天気でよく見える。
何か元気になってくる本栖湖。
ちょっとパワースポットしています。


本栖湖沿いのスタート地点に絶景ポイントがある。
天気が良ければ富士山が見える。
そしてそこから本栖みちを甲州いろは坂まで走る。
今回栃木県のいろは坂に行けなかったのだが
同じいろは坂と書かれていたのでついつい代わりに走ってみた。

P_20190817_101109_R.jpg
まずは本栖湖絶景ポイントから。
天気は良くなってきているのだが
まだ富士山には雲が掛かっていて見えない。
しかしあの雲がいい感じで動いて行っているぞ!

P_20190817_101922_R.jpg
15分後!
少しだけ富士山が見えた。
すっごく嬉しいかも!

そして意気揚々と本栖みちを走る。
昼間走ると景色が綺麗。
そしてオデッセイも軽快で何とも爽快!
いい場所だな~。
そしていい道の本栖湖である。
やはり富士山界隈はオデッセイと相性ばっちり。
遠路はるばるやって来た甲斐があるってもんです。

 続きはこちら!
 「富士宮市で本場富士宮やきそばを初体験!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

さすがフルーツ大国山梨県!道の駅なるさわの朝市は最高である!!

「やっぱ昼間に来ると山中湖は最高だね!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 9時30分

山中湖から次の目的地、本栖湖を目指していると
道の駅がチラホラと出てくる。
「そう言えばお土産とか買ってなかったな~。」
道沿いで売っているブドウや桃の直売を見るとフルーツがすっごく美味しそう!
これは次の道の駅で立ち寄ってみて一度どんなのが売っているか見てみよう。
少し行くと道の駅 なるさわと言うのが出てきた。
「よしっ!ここに入ってみよう!!」


道の駅 なるさわ
 (住所) 〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村ジラゴンノ8532−63
 (TEL) 0555-85-3900
 (HP) https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/370

「なに・なに・なに~!すっごく賑わってる。」
人も車もい~っぱい。
天気もいいし盆休みだし!
あっちこっちから遊びに来てるんでしょうね。
とにかく車を止めて本館の方に行ってみる。
すると青空市みたいなテントを発見!

P_20190817_093703_R.jpg
ふ~ん!ブドウのお店だ。
まだ準備中なのかな?
ちょっと覗いてみよっと!
すると1人がブドウを買っていた。
どうやら準備中みたいだがもう販売も始めているみたい。
並んでいるブドウを見ると色が濃くて大きいぞ!
何かすっごく美味しそう。
たぶん今日中には大阪まで帰ると思うので
山梨のお土産はこのブドウにし~ようっと!
「お姉さんどれがおすすめですか~?」って聞くと
何やら品種を言ってくれているのだがあまり聞いた事がない名前。
しかしすっごく美味しいよって言っているのでこれがいいみたい。
他にもまだ奥にあるらしいのだが後ろを見るともう行列が出来ている。
これはのんびり買っていたら巻き込まれそう。
とにかく出ている分ここからここまで全部下さいと言って
4種類ほど買ってみました。
どれがどのブドウか分からなくなるので
お姉さんが品名を書いたメモを入れてくれていた。
あっちに行って見てみると
藤稔(ふじみのり)、ブラックビート、ピオーネ、巨峰と書かれていた。
すっごく大きな実で1房800~1000位。
百貨店の大丸とかで贈答品でこのサイズのブドウを買ったら
金額4000~6000円位するんじゃないのかな。
何かすっごく得した気分。
ラッキーでした!

P_20190817_093729_R.jpg
あと中に入ると直産の野菜がい~っぱい!

P_20190817_093753_R.jpg
地元のお土産も目白押し!
何かすっごく充実している道の駅なるさわであった。
追加で美味しそうな桃を購入。
レジで待っていると後ろのお客さんがカゴに山盛りトウモロコシを買っていた。
聞いてみると入口で朝獲れのが安く売っているよって教えてくれた。
なのでこれもあとから追加で購入する。
見れば見るほどどれも美味しそうで
気が付くと行商のおばちゃんみたいになってしまった。
能勢のくりの郷状態である。
しかしちょうど時間が開店して間もないのもあってか
品物も豊富でいい買い物が出来ました。

PS.
大阪に帰って試食。
するとこれがまたすっごく美味しいのである。
ブドウは見た通り美味しかったが桃も驚くほどおいしかった。
トウモロコシも瑞々しいし
さすがフルーツ大国山梨である。
これは今度は家族で泊まりでまた訪れたいですね。

能勢のくりの郷ってこんな所!
「道の駅!能勢くりの郷の旬野菜はすっごく美味しいぞ!!」

  続きはこちら!
 「これが本栖湖なんだ~!ホントなんていい場所なんだ!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

やっぱ昼間に来ると山中湖は最高だね!

「恐怖の箱根芦ノ湖!濃霧で動くと落ちて行くかも!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 8時15分

霧で芦ノ湖は残念だったがその分次の到着地に早く着いた。
7か所目になる富士山一帯である。
前回着た時は真夜中だったのでほとんど車もいない静かな道を走った。
しかし今日は天気予報通りそろそろ台風も抜けていい天気である。
車も結構走っている。
しかし大阪だったら渋滞と言った規模でも
ここではほとんど影響なし。
ほんと大きいと言うか広いぞ富士山。
さすが日本一の山である。

P_20190817_081122_R.jpg
それでは富士五湖の1つ、山中湖に到着。
青空も見え始めていい感じ。
ただ富士山には雲が掛かっていてその雄姿は見えず。
昼頃になると快晴みたいな事が予報で出ていたが
ちょっとそれまではここには居られない。
残念だが山中湖からの富士山はまたの機会と致しましょう。

P_20190817_081129_R.jpg
こちらは新しいスマホ Zenfone5z ZS620KL の広角で試し撮り。
あまり使わない機能なのだがこうして見てみると
景色とかではすごくいいアングルで撮れる。
記念に1枚!
いい感じの山中湖であった。

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「さすがフルーツ大国山梨県!道の駅なるさわの朝市は最高である!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 08:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

恐怖の箱根芦ノ湖!濃霧で動くと落ちて行くかも!!

「奥多摩熱いぜ!関東勢最高!!」 からの続き!

令和元年8月17(土) 3時00分

奥多摩、燃えたね~!
あんなに活気があるとは思わなかった。
「ほんと!こういう場所を求めていたんだ!!」って感じの
素晴らしい峠であった。

それでは次は6か所目となる箱根は芦ノ湖の峠である。
箱根と言えばブラックバス!
昔釣りキチだった時に日本でルアーの聖地は芦ノ湖と言う感じで
一度だけ叔母に無理を言って連れてきてもらったことがある。
そして今回は自分でこの地に立っている。
何とも感慨深く走馬灯のように飽きることなくルアーを投入していたのを思い出す。
そんな芦ノ湖に真夜中に到着。
イメージと反して芦ノ湖ってかなり山の上にある事を知る。
飛騨高山山中と変わらないんでないの?
結構上の方まで上って来たぞ!
窓を開けると風がひんやり。
そして湿った空気。
しばらくすると辺りが白く視界がどんどん遮られていった。
「霧かっ!」
風向きが変わるとどこからともなく霧が舞い込んできた。
もうすぐ湖畔なのに参ったな~。
かなりの濃霧。
ヘッドライトを点けていても1m位しか見えなくなった。
もう目からの情報は皆無。
グーグルマップの情報だけが頼りであった。


ちょうどこの無料駐車場まであとわずかという時に
全く前が見えなくなってしまった。

対向車が見えた時はもうほとんど横に来ているくらい。
とにかく自分の位置を周りに知らせるべく
ハザードを点けながら進む。
するといきなりパイロン。
どうやら側道の施設の入口があるらしい。
しかし目の前にあるはずなのにその入口が見えない。
グーグルマップを見ると色々と施設があるエリアみたいだが
まったくそれも確認出来ない始末。
これは危険だ~!
止まっていても逆に当たって来られそうな状況。
とにかく安全な駐車場等に退避しないと危ないぞ。
すると湖畔沿いの無料駐車場を発見。
しかし霧で入口が分からない。
恐る恐る近づいてみると車が通れそうなスペースが。
更に進んでみる。
するとガクンとフロントが落ちる。
「えっ!」
一瞬湖に落ちたのかと思う段差。
よく見ると駐車場入口の歩道を諸に乗り越えてしまっていた。
「ふう~っつ!」
かなりヒヤッとした。
しかし奥に数台退避している車が見えたので
何とか無事駐車場には到着出来たようである。
状況が状況なので
ここは日が出るまでおとなしく仮眠でもして待つ事にしよう。

P_20190817_051221_R.jpg
現在朝の5時。
2時間位眠れた。
少し明るくなってきたので周りの景色が見え始めた。
まずは正面に芦ノ湖発見!

P_20190817_051217_R.jpg
場所的には遊覧船乗り場前の駐車場になる。

P_20190817_051444_R.jpg
向こうの方を見るとすごい速さで雲が動いている。
ちょっと風向きが変わればあの雲が霧になって一体を包む。
まだ天気は不安定。
しかしいつまでもここで足止めを食らっている訳には行かない。
とにかく移動出来そうなので少しでも先に行こう。
回りの車も同じことを考えているのだろう。
止まっていた車が1台、また1台と駐車場を後にする。

芦ノ湖北側から湖岸峠を南に走ると道の駅 箱根峠が見えてきた。

P_20190817_054941_R.jpg
標識を見ると芦ノ湖スカイラインがもうすぐそこと言った場所。
あともう少ししたらゲートオープンって感じなのだが
果たしてこの霧でも通行可能なのだろうか?
出来れば是非走ってみたい芦ノ湖スカイライン。
しかし余り状況が良くないので今回は諦めて先を急いだ方が良いのか?
悩みどころである。
正面の電光掲示板を見ると気温は21度。
これだけ一気に気温が下がると温度差で霧が出るのも頷ける。

P_20190817_055032_R.jpg
ちなみにこちらは道の駅の駐車場。
そんなに台数は止めれないが只いい場所に立地している。
多分芦ノ湖にドライブに来たら1度は立ち寄るのではないかな。
そんな道の駅 箱根峠であった。

PS.
どうも霧が晴れそうな気配がない。
今回は諦めて芦ノ湖を後にする事とする。

 続きはこちら!
 「やっぱ昼間に来ると山中湖は最高だね!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

奥多摩熱いぜ!関東勢最高!!

「やっぱいいよね道の駅 富士見温泉ふれあい館!充実してます!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 0時30分

今度はステージを群馬県から東京エリアに移動する。
今回目的地の1つに掲げたのが奥多摩。
東京エリアの走り屋の聖地と言っていいのかな?
一度は走ってみたいと思った峠である。


今回走った区間は青梅街道と呼ばれる国道411号線。
ここを真夜中ミッドナイトで駆け抜ける。

東京方面から青梅駅の辺りから奥多摩に入って行く。
最初は町中を抜ける道かなと思っていたが
だんだんと緑が増えてきて奥多摩らしさが出始める。
盆のそれもこんな真夜中。
あんまり車もいないな~と思っていると後方から近づく数台のライト。
「この感じ!走り屋かも!!」
近くで見たい気はあるのだが何せこの道は初めて。
なのでさりげなく加速して交わそうと考える。
しかしそれでもライトが近づいてくる。
気が付くともうミラー越しに車が確認出来る所まで。
ここは道を譲ってゆっくり行こうかな。
しかしこの奥多摩。
走ってみると意外と道が狭い事に気が付く。
譲るポイントが分からない。
気が付くとテール・トゥー・ノーズ状態。
かなりアピールされてしまってます。
相手は完全にその気になっているみたいである。
さっきチラッと見えた車影だと軽自動車かな?
しかしボンネットにインタークーラーが見えたので何だろう?
そのヘッドライトの形から察するとスズキあたりかな?
ちょっと古いが思い当たるのはスズキKeiスポーツのイメージである。
そうするとそんな車を今の若い子が乗るのだろうか?
もし乗っているとしたらかなりの玄人職人である。
しかし完全に相手の方はスイッチが入ってますね。
他府県ナンバーでオデッセイなのにターゲットでロックオンですか。
それは認めてくれてるのって感じでちょっとうれしいかも!
もうこのシチュエーションは待ったなしでしょう。
これは関東勢のお手並み拝見って雰囲気プンプンでござりまする。

PS.
奥多摩を初めて走った感想であるが
温泉街みたいな町中を抜けたりもするんですね。
(まるでマン島TTレースみたい。)
それにアップダウンはそんなにないのでオデッセイでも走りやすい。
走り屋っぽい車も多い。
関東で走り屋の聖地と言われる奥多摩。
何か昔の阪奈道路と雰囲気が似ていて気に行ってしまったかもしれない!

 続きはこちら!
 「恐怖の箱根芦ノ湖!濃霧で動くと落ちて行くかも!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月