FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

海外旅行 | 旅行 | EDIT

セドナでの服装!迷った時はこの方法で選ぼう!!

「日本語で見やすいセドナのお天気情報サイト!」
からの続き!

セドナでは昼と夜とで温度差が10℃位あるのは当たり前!
なのでセドナに行く時は色んな状況を想定して服を持って行くと安心!
今回セドナに行った時期は
2016年(平成28年)4月から5月にかけてのゴールデンウィークだったが
今年はエルニーニョ現象の影響で行った日と帰る日では
温度差が20℃位あったので大変だった。
そんな予想外の気温を想定して服を選ぶのは大変だが
今回目安にしていた基準があるので書いておこう!

まずは旅行に行く時は事前にセドナの滞在日の週間予報を見る。
お天気サイトは先の記事で紹介したこちらのサイトが見やすいかな!
「日本語で見やすいセドナのお天気情報サイト!」

こちらで紹介したサイトで例えば気温が
5~10℃ ダウン必要!

10~20℃ パーカー付きのスウェットなど!

20~25℃ 綿100%のロングTシャツなど!

25℃以上 半袖OKだがセドナ初日は天気が良いと日焼けが激しいので
       初日だけは肌を慣らす為に長袖や帽子で肌を隠す方がいい。
       それでも日差しが服を透過して少し焼けましたけどね!

湿度35%以下もしくは風速10km/h 以上だと
体感温度は-5度~-10度位下がるので思った以上に寒いというか
見た目ほど暑く感じないのがセドナで感じた気温の印象でした。
そんなセドナに行く時に持って行った服リストはこんな感じ。

出国前に見た天気予報では
(気温) 5度~30度の範囲
(風速) 0~30km/h
(天候) 雨~晴天 という感じで

持って行った服装リストは
ダウンジャケット (写真は今回大活躍した小さく納まるダウン!)
        DSC_0642_R.jpg
   (ダウンの詳細はこちら!)
     「ノースフェイス ロゴ入り スタッフバッグ/黒 収納袋レビュー!」

長袖Tシャツ (綿100%)

半袖Tシャツ

半袖ポロシャツ

長袖ニットのカーディガン(ウールジップアップ)

ジーパン

綿パン

短パン

と日本の12月から6月に掛けての夏物から冬物の1通りを持って行きました。
色々と持って行くと荷物が多いので減らしたいなという時は
帽子やパーカーなどは
アップタウンのピンクジープの受け付け場所やセレクトショップなどで
いっぱい売ってましたので現地で寒い時に調達してもいいですね。

それで実際セドナで着た服は
雨の日は
(昼) ジーパン、半袖Tシャツ、長袖ニット
(夜) 追加でダウンを着ました。

晴れの日は
(昼) ジーパン、半袖Tシャツ、半袖ポロシャツ
(夜) 追加で長袖ニットを着ました。

という感じでほとんど短パンとTシャツ1枚の格好になることはなかった。
どちらかと言えば日本の3月の春先みたいな気候でしたかね。
全体的に涼しくて夜は寒いといったゴールデンウィークのセドナでした。

PS.
プールはとてもじゃないが寒くて入れませんでした。
川に足を入れるのは大丈夫でした!

続きはこちら!
 「2016年5月の最新セドナ情報メモ!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1007-208b4da3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT