FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

海外旅行 | 旅行 | EDIT

フェニックスを象徴するビアホールFour Peaks Brewing Company!

「空港から近くて便利なヒルトン フェニックス エアポート ホテル!」
からの続き!

(2日目) 平成28年4月29日(金) 19時00分 (アメリカ時間)

フェニックスに住んでいる妻の幼馴染のビルとまりに久しぶりの再会!
まさかフェニックスで会える日が来るとは嬉しいねと
キャッキャ!キャッキャ!と大はしゃぎ。
早速飲みに行こうと
地元で人気のビアレストランに連れて行ってもらいました。

連れて行ってもらったビアホールはこちら!

(グーグルマップの地図!)

(レストランの名前) 
  Four Peaks Brewing Company Arizona
    (フォア ピークス ブリュワリー カンパニー アリゾナ!)

(住所) 1340 E. 8th Street, #104 Tempe, AZ 85281
      (ちょうど川に沿ったフェニックス空港の東に位置します。)

(電話) (480) 303-9967

(ホームページ) http://www.fourpeaks.com/
        最初「ENTER」に入れない時はMM/DD/YYに
        月/日/年 で生年月日入れてENTERすると入れます。


DSC_0746_R.jpg
Four Peaks Brewing Companyの入口付近!
取りあえず酔っぱらっているのかすら分からないような
上機嫌な外人がわんさかといて
すっごい流行っているお店というのは一目瞭然の雰囲気である!

DSC_0748_R.jpg
店内に入るといきなり超巨大なビアタンクが目に入り
そしてスポーツバーさながらの大画面モニターでスポーツ観戦している。

DSC_0756_R.jpg
ビアタンクを近くで見ると
「ここは工場ですか!」 と言わんばかりの大きさにびっくりである!

DSC_0759_R.jpg
ビールの素となる酵母が山盛り積み上げられていて
これで実際ビールを作って出しているとの事!
日本では考えられないその規模に思わずあっけらかん状態です。

DSC_0749_R.jpg
壁にでっかく貼り出されているメニューはここのおすすめビールで
下に行くほどアルコール度数が高いらしい。
一番上が普通の濃度だとすると一番下は約3倍位の濃さらしく
ほとんどビールカクテルと言ってもいい位で
ビルはその一番下のビールをガバガバ飲んで上機嫌!
「これ飲んでみろよ!」って感じで差し出したビールを飲んでみましたが
濃いという雰囲気はなくてとってもフルーティーな味でした。
「本当にこれビール?」 って言う感じですごく飲みやすかったですが
ちょっとするとすごくアルコールが回ってきました。
ビル曰く!
「本当の生ビールはこんな感じですごく飲みやすいんだ!
だから日本の生ビールは全然違うんだぞ!」 って
ビール片手に上機嫌で説明してくれるビル!
そろそろエンジンがかかり始めてきた感じでした。

DSC_0757_R.jpg
メニュー表 ①

DSC_0758_R.jpg
メニュー表 ②

DSC_0761_R.jpg
まずはナチョスを頼んでみました。
なかなかのボリュームです!
これだけでも十分な量です。

DSC_0764_R.jpg
フィッシュ&チップスも来ましたが
食べれるかな~?

久しぶりの再会にお酒も入って
片言英語の私の話にビルも一生懸命答えてくれます。
言葉は上手く通じなくても身振り手振りとかで何とかなるもんですね。
思わず腕にしていたApple Watch 良いねって言うと
これは凄いぞ!って感じで写真を撮ったりしてそれでまた大盛り上がり!
楽しい時間は尽きることなく過ぎて行きました。

帰りの道中でフェニックスからロスに行った時の話をしてくれてたんですが
ロスで 
「どこから来たの?」 って言われた時
「フェニックスから」 と言うと
クスクスって笑われて
「フェニックスって道路大っきいよね~!」 て言われたらしい。
そうフェニックスの道路って5車線6車線とかあってすっごく大きく
そして車もそのせいかハマーみたいな巨大な車も多いのです。
なのでアメリカでフェニックスのイメージって言われると
とにかく何でも大っきいよね~って言われるらしい!
そう言われるとさっきのビアホールもその路線行ってましたよね。
まさにフェニックスを象徴する1軒であったことは言うまでもないって感じで
帰り道その話でまたケラケラと笑い転げる1日となりました。

続きはこちら!
 「Hilton Phoenix Airport Hoteの朝食は飛行機を見ながら始まる!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1015-b80d60d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT