FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

阪神環状線でテスト走行!オデッセイとピレリP6インプレッションレビュー!

「阪奈道路でテスト走行!オデッセイとピレリP6のインプレッションレビュー!」
からの続き!

私の愛車!初期型(平成8年式)のホンダオデッセイ4WD RA2!!
阪奈道路でのテスト走行でピレリP6タイヤの雰囲気は大体掴めたので
今度はハイスピードセクションでどんな挙動が出るのか検証してみる。
今回のステージは阪神高速の環状線!
それでは早速行ってみましょう~!

車は空いている方で走りやすい環境である。
ペースもまずまずでいい感じで流れている。
まずは1周軽く回ってタイヤを温める。
そして2周目から本格的にアタック開始である。

前回の阪奈道路はP6のシェイクダウンということもあったので
軽く流してデータ集めだったが
今回はP6の限界を確認するためにギリギリまで行ってみたいと思う。
まずは船場を過ぎて天王寺方面に進む。
そして手始めに内環第1コーナーを回って様子を見る。
ここは比較的緩くバンクも切っているのでテストというにはちょっとスピードが足りない。
やはりテストするなら外環の方がいいかな?
とりあえず裏のストレートを梅田に向かって再度外回りルートにてテストである。
今度は天王寺動物園前の外環第1コーナーをインベタで回ってみる。
若干車体は揺れ気味ではあるがタイヤも温まってきたので
程よくアウトにタイヤがスライドしながらコントロールはしやすい。
まだ周回を重ねていないので耐久性面は分からないが
やはりP6はタイヤを良く温めてから攻める方が調子よさそうなタイヤである。
とりあえず次はヤマダ電機のコーナーで様子を見てみよう!
緩いS字のヤマダコーナー!
そのままFM85.1の左コーナーを曲がるが
タイヤの限界を見るにはちょっと緩すぎでダメですね。
このまま裏のストレートを抜けて
次は中之島のS字から右の空港線合流前のコーナーで様子を見てみましょう!
ここはちょっと阪奈道路のサブロクと似たRで
テストにはちょうど良いコーナーかもしれない。
軽くペースを落とし前車と車間を確保したら車線変更のライン通過を確認した後
オデッセイにアクセルを入れていく。
そしてS字を抜けてそのままノーブレーキで一気にインベタ目掛けて
ナルディを右にクイックにハンドルを切る。
するとオデッセイの巨体が左アウトサイドに重心が移ると
横Gで体の血液が左半分に一気に偏る。
そして遠心力で減速していくオデッセイだがそのまま更にアクセルを踏み込むと
キュキュキュッツ!と小刻みにタイヤが鳴くと
車体が一瞬アウト側にフッっと抜けるように膨らむ。
若干曲がれるのか?って感じでアクセルを少し戻したが
少しフラフラしながらもそのままコーナーを抜け合流ラインに入る。
初めて一瞬だったがP6の限界を少し見れた瞬間であった。
このまま最終コーナーを回って船場前を抜けて
大体テスト向けのコーナーが固まってくる。
オデッセイで環状線でテストするなら外回りの天王寺動物園手前の第1コーナーと
梅田エリアの中之島合流前コーナーがベストポジションである。
そうと決まればこの2か所を徹底して走るのみ。
今日は2ケタ周回になりそうなのでついでにP6の燃費データも一緒に集計しておこう。
それでは再度2つのコーナーを中心にデータ集めのアタック再開である!
動物園前第1コーナーは車の流れに合わせた速度では
ちょっとスピード不足な感じです。
あと10km上乗せ出来たらいい感じのタイヤデータが取れるのですが
今回は諦めて梅田の中之島コーナー1点集中でテストして行きましょう。
車の流れに乗りつつコーナー前でクリアスペースを確保したらコーナーへ突入。
先ほど冷っとした速度を保ちつつまずはギアはDレンジのまま進入すると
同じくタイヤが小刻みに鳴きながら車体がアウトに膨らむ。
今度は先程一度体験していたので心の準備が出来ていたので
じっくりと観察することができた。
そして気づいたことだがどうやらフラフラと安定しない点は
加速Gが足りていない感じがする。
いわゆるギアが合っていないってことですね。
ですので次は3速に落として様子を見てみましょう!
どんな挙動が出るのか楽しみです。
それでは4回目のコースアタックです。
速度は同じく今度はギアを3速に落として進入!
すると先程よりタイヤが鳴きますがマシンは安定してますね。
少しタイヤがホイールスピンしているような感じがありますが
いい感じでグリップとスリップの境目を使っているような感触です。
ちょっとP6の特性が掴めてきた気がします。
次のアタックあたりでP6の性能を確信出来そうなイメージですかね。
5回目となるコースアタック開始です。
今度はちょっと本格的に実戦ぽく行ってみましょう。
少しオーバースピード気味でコーナーに進入!
フルブレーキを掛けながらリアの荷重を抜きつつギアを3速に落としながら
一気にタックイン!
するとずんぐりムックリのオデッセイの巨体が面白いように方向を変えます。
そしてテールが若干アウトに流れるのを感じたらインベタでアクセル全開。
タイヤは軽くグリップを失っていますが
パワーバンドに乗ったオデッセイのアクセルにタイヤは踏み堪えているようです。
そのまま宙に浮いたような感覚の中さらに踏み込みたくなって行きますが
これ以上踏み込むと今度はカウンターを入れつつの4輪ドリフト状態に入るので
ちょっとオデッセイでそれはまずいなと思い
そのまま余力を残したままコーナーを駆け抜けていく。
今回のコーナリングはまずまずの手応えでした。
大体P6の雰囲気も何となく分ったので
本日のコーナーアタックはこの辺までで良しと致します。
それではあとは何周かして距離を走ったら燃費計算して
本日のデータチェックは終了!
阪奈道路の中速セクションと
阪神高速環状線の高速セクションのテストは完了したので
残すは低速セクションのテスト走行のみ。
このテストするコースはホームコースとなるあそこが一番いいでしょう。
子供の頃から走りなれたあの峠!
それでは近々機会があったら行ってみたいと思います。

PS.
今回のオデッセイとピレリP6との燃費結果はリッター9kmという感じでした。

続きはこちら!
 「月ヶ瀬~柳生の里でテスト走行!オデッセイとピレリP6レビュー!」

碓氷峠、榛名山、妙義山、赤城山、いろは坂を走ってきた記事はこちら!
動画などもアップしてますのでどうぞ!
カテゴリ 「オデッセイ北関東峠巡り」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイの足回りテスト報告などはこちら!
「ショック&足回り情報」

愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

| ショック&足回り情報 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1035-8c2b73fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT