FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

海外旅行 | 旅行 | EDIT

立地良しサービス良しのお勧めサンタモニカのホテルシャングリラ!

「ロサンゼルス空港からサンタモニカへはエレファントツアーで行く!」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 16時00分 (アメリカ時間)

きて~きて~きて~きて~サンタモニカ~♪
サンタモニカと言えば桜田順子である!

すると間髪入れずに横から
 「バカじゃん!」

どうしてサンタモニカって言ったら桜田順子なのよ!
信じらんない!
しかしそれでもサンタモニカと言えば桜田順子のあの歌なのである。
子供の頃に聞いたあのメロディー!
小さい頃の記憶って怖いですね~!

さてさて夫婦漫才はここまでにして何わともあれ無事サンタモニカに到着です。
今回サンタモニカで宿泊するホテルはシャングリラホテル!
海沿いのメインストリートに面し
サードストリートプロムナード(Third Street Promenade)にも近く
立地的には抜群のホテルである。
建物はそんなには大きくないので気が付くといっつもホテルは満室状態。
しかしセキュリティー、サービス共に良しの
おのずと高級ホテルの部類に入ってくるホテルだが
短期間なので今回の旅行では真っ先に抑えたホテルでもある。

シャングリラホテルってこんな感じ!

ホテル シャングリラ サンタモニカ (Hotel Shangri-La Santa Monica)

 (ホームページ) http://www.slh.com/hotels/shangri-la-santa-monica/

 こちらは完全アウェーで日本語は全く通用しない。
 なので日本人もほとんど泊まっていないので逆に言うと
 純アメリカを堪能出来るホテルと言ってもいいです。
 「海外旅行先でハワイみたいに日本人にはあまり会いたくないの」
 って人にはピッタリのホテルですよ!

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)



DSC_1261_R.jpg
シャングリラホテルの正面玄関!

DSC_1270_R.jpg
玄関前に行くとセキュリティの人がドアを開けてくれてお出迎え。
出入口はこの正面玄関と横手に1つあるだけなので
怪しい人物はこのセキュリティの人によって完全にシャットアウトされる。
そんなに危険ではないサンタモニカだが
それでも犯罪都市ロスの一部であることには違いないので
要らぬトラブルに巻き込まれないよう
こうした安全対策をしっかし取ってくれているシャングリラホテルは
優雅と共に安心して泊まれるホテルでもある。

DSC_1255_R.jpg
部屋からの景色。
一応オーシャンビュー側の部屋で向こう正面にサンタモニカピアが見えている。
手前側はサンタモニカビーチ。
向こう側にはベニスビーチやシュワちゃんで有名なゴールドジムがあって
ビーチには体を鍛える器具などが置いているエリアがある。
一度見に行ったことがあるが
突然ガバチョのテレビにらめっこに出てくる退場マンみたいな
ムキムキのお兄ちゃんがビーチでトレーニングしていて
ちょっと日本の海水浴場からは想像出来ない異様な光景が広がっている。
ちなみに地元ではマッスルビーチ等とも呼ばれて有名なんですよ。
なので余りナヨナヨした格好でここを歩いていると
「退場~!」って感じで
そんなお兄ちゃんたちに間違いなくお持ち帰りされるので
サンタモニカピアの向こうに行く時は男らしくシャキッとして行かないといけない。
ある意味と~っても危険なエリアだったりするのである!

DSC_1253_R.jpg
正面にはサンタモニカビーチが広がっていて
朝からジョギングや散歩している人も多い。
またこちらの人はすっごくアクティブで
ローラースケートに3輪バギー風の乳母車に赤ちゃんを入れて
「散歩?」 って言うより
滑っている人もいたりする。

DSC_1254_R.jpg
サンタモニカビーチは結構広くかなり向こうまで延々と続いてる。

DSC_1257_R.jpg
ホテルの部屋写真!

DSC_1259_R.jpg
そんなに広くはないのでホテルでのんびりという人には向かないかもしれないが
必要なものは揃っているので利便性優先の人には良いと思います。

DSC_1260_R.jpg
コンセント、インターネット回線は必要十分な数が揃っている。

DSC_1263_R.jpg
ホテル前の歩道!
真っ直ぐ行くとサンタモニカピアの方に行ける道で
途中にはレストランなどが並んでいる。

DSC_1266_R.jpg
西海岸らしい景色と天気!

DSC_1268_R.jpg
午前中はどんよりとして昼からスカッと晴れる
まさにロサンゼルスらしい地中海性気候である!

続きはこちら!
 「食事お買い物ならサンタモニカ・サード・ストリート・プロムナード!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1066-e21f3e60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT