FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

海外旅行 | 旅行 | EDIT

ちょっと別格の高級レストラン!サンタモニカ IVY AT THE SHORE!!

「サンタモニカのThe Coffee Bean & Tea Leafで朝食を!」
からの続き!

(8日目) 平成28年5月5日(木) 11時30分 (アメリカ時間)

前々から行ってみたかったレストランがサンタモニカにある。
その名は Ivy At the Shore
ロサンゼルスはビバリーヒルズのRobertson BlvdにThe Ivy Restaurantという
ハリウッドスターやセレブご用達のレストランのサンタモニカ店で
いつもいっぱいで入れないお店があるのだが
何と今日店の前を通ると空いているではないですか。
これは神の思し召しかもしれません。
こんなチャンスは滅多にないので迷うことなくお店に入りました。

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

ホテルシャングリラからだと同じ通り沿いにあって
歩いて6分位の所にあります。l
場所はちょうどサンタモニカピアの前で
サンタモニカでも一番最高の場所にそのお店は建っています。

DSC_1303_R.jpg
赤い花が咲いた植物がたくさんあります。

DSC_1302_R.jpg
南国チックな木もありますね!

DSC_1301_R.jpg
いつもはここに長蛇の列が絶え間なくあるのですが
今日はそれがありません。
ホントこれは奇跡みたいな出来事です。

DSC_1300_R.jpg
Ivy At the Shoreの看板が入口にあります。
さりげなく置いている所に風格がありますね。
緊張してるのかな?
ちょっとドキドキしてます。

中に入ると花がたくさんあって明るく華やか!
そしてそこで楽しそうに食事をしている人達がいます。
そうまるで映画の1シーンみたいな景色が飛び込んでくる。
違います。
何かが全然違いますよこの空間と言うか世界は。
普通に会話しているだけなんですけどその1つ1つの仕草に気品が漂ってます。
何気に身に付けている装飾品。
そして身なりに身のこなし方。
何なんでしょうね。
余裕?
そう全てに対してあくせくしていない落ち着いた余裕が漂っています。
そしてこの雰囲気に似たオーラを発する人を日本で見た事があります。
そうそれは天皇陛下ご夫妻。
あのご夫婦の雰囲気がここにいる人達とよく似ています。
「この人達はどこかの国賓の方たちですか?」
THE IVY!
ハリウッドセレブに愛されしレストラン!
確かにここには本物の優雅さが存在しておりました。

DSC_1297_R.jpg
それではまずはオレンジジュースを頼んでみたんですが
見た目は普通のオレンジジュースですが飲むと全然普通ではないですよ~。
まずはオレンジの香りも違いますし1種類だけで作ってないんじゃないかな?
幾つかの風味、苦み、酸味が感じ取れます。
また今そこで採って来て絞ってくれたんですかと言う位の新鮮さを感じます。
果肉もそのまま入っていて
まるでコップの中にサンタモニカの自然が凝縮されているかのような、
そんなIvyを象徴するかのようなオレンジジュースです。
たぶんこれはまだ序の口なんでしょうね。
他の料理も幾つか頼んでみましょう!

DSC_1296_R.jpg
次はシーザーサラダを頼んでみました。
一応これはシーザーサラダなんですよ!
でも普段よく食べているシーザーサラダみたいに
チーズ大盛り、ドレシングたっぷりなんてなっておりません。
「Ivy流シーザーサラダとはこんな感じなんですよ!」って
何も言葉にしなくても料理が語っているかのように
さりげなくチーズが降りかかっており
ドレッシングは私は脇役ですのでと言わんばかりにその姿を隠しておりました。
そしてサラダですがIvyを代表する料理の1つですと言わんばかりに
ド~ンと真ん中にチキンが添えられてました。
しかしこのチキンも同様で添え物のレベルなんかでは全然なく
しっかり焼き目を入れつつも焦がしておらず
油もきちんと取り払われているようで野菜の見た目を損なわれないように
調理され飾りつけされておりました。
味は文句なしで見た目も優雅さを前面に出しつつも派手ではなく
ここに来ているお客さん同様落ち着いた上品さが溢れているといった感じでした。
和食洋食はありますがこの雰囲気!
京都の懐石料理と相通ずるものがありますね。
実に美味しいシーザーサラダであります。

DSC_1298_R.jpg
最後にもう一品ピザを頼んでみました。
これは見た目通り普通にピザと思ふことなかれで
やはりただのマルゲリータではなかったです。
まずはこのかわいく乗っかっているプチトマトの味が濃いこと濃いこと!
酸味もしっかりしていればそれに負けじし甘みもあるかな。
たぶん焼いているので味が凝縮されているんだと思うが
元々の素材がしっかりしているのでここまでの味が出ているのだと思う。
また赤、青、黄の3原色になるように色味にも工夫を凝らしていて
サンタモニカの華やかな雰囲気とマッチしています。
またチーズも幾つか混じっているんでしょうか?
クアトロみたいにくっきりと分かれていませんが
単品チーズだけでもないような気もします。
それらの具材全てを余すことなく受け持つパン生地はもっちりとしているんですが
ふんわりとして食べやすいです。
また適度に焦がした部分がまた香ばしく何とも言えないですね。
たぶんこのピザは誰が食べても納得する美味しさがあるんではないでしょうか。
「あ~!なんて美味しんでしょう!!」
自然と普通に気が付くとこんな事を口走ってしまうような
そんなIvyのピザでありました。

DSC_1299_R.jpg
Ivyの料理はどれもすっごく美味しかったです。
それは料理の素材から徹底したこだわりもあるんでしょうが
それ以外に見た目にも重きを置く姿勢とそして礼儀、マナーなど
料理以外のものも折り重なってこの美味しさを醸し出しているのだと思います。
そんなIvyに共感するから今も多くのハリウッドセレブに
支持されているんだと思います。
「まさに一流!」
高級レストランと言うのは色々あるけれど
このIvy At the Shoreは本物の高級レストランだと思います。
それではレシートを見たらやはり内容も一流でしたが
それでも来てよかったと納得出来るいいお店でした。
是非サンタモニカに来たら食べてみて下さいね!
ほんとこのお店は美味しいですよ!

続きはこちら!
 「ゴールデンウィークのサンタモニカピア!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1074-a428eec4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT