FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

海外旅行 | 旅行 | EDIT

サンタモニカ!Sushi Roku行くなら隣のRobata Barの方がお勧め!

「ゴールデンウィークのサンタモニカピア!」
からの続き!

(8日目) 平成28年5月5日(木) 18時30分 (アメリカ時間)

サンタモニカのオーシャンアベニュー(Ocean Ave)沿いに
Sushi Roku Santa Monica(スシロク・サンタモニカ)という炉端屋がある。
いつも賑わっていて美味しそうなのだが
アメリカに来てまで和食を食べるのもな~と思ってしまうと中々入れないお店でもあった。
しかし今日は時間が早いからかまだガラガラの状態だったので試しに入ってみました。

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

ホテルシャングリラから2分とすごく近い炉端バーになります。


DSC_1352_R.jpg
すし六のメニュー表 写真①

DSC_1353_R.jpg
すし六のメニュー表 写真②
ローマ字表記なので何となくどんな料理かが分かりやすいです。

DSC_1357_R.jpg
まずはビールを注文!
銘柄はサッポロを置いてました。
何かが違うかなと飲んでみましたが
日本で飲むサッポロビールと同じでした。

DSC_1354_R.jpg
居酒屋メニューの王道、枝豆ちゃんも注文!
食べてみましたがごく普通に美味しいです。
ですのできちんとした日本料理がスシロクでは提供されていると言うことで
日本人が食べても納得出来る内容だと思います。
「・・・・。」
ここまではね!
それでは引き続きどんどん頼んでみましたので行ってみましょう!

DSC_1356_R.jpg
料理が出てくる間
窓から見えるサンタモニカピアの景色を見ながらビールと枝前を食べる。
普通に居酒屋メニューなんですけど
このシチュエーションで食べるとまるで別物に思えるから不思議です。

DSC_1360_R.jpg
それでは TUNA SASHIMI CARPACCIO こと
マグロのカルパッチョが出てきました。
これは素材は和食テイストなんですがイメージは完全に洋風ですね。
ですのでこれは完全に居酒屋メニューには見えません。
どちらかと言えばイタリアンな盛り付け方です。
さすがアメリカだな~って思わせる料理であります。
早速食べて行ってみましょう。
バルサミコ風のソースが掛かっておりかなり酸味の強い味付けである。
日本人感覚の和食メニューで想像するとこれはかなり濃い味になるのですが
アメリカ人の感覚からするとこれ位しっかり味が付いていないと
お酒と合わないと言ったところか。
しかしこれはこれで美味しいかも!
かなり大胆なマグロのカルパッチョであります。

DSC_1362_R.jpg
次は BEEF RIB EYE WRAPPED ASPARAGUS こと
アスパラガスの肉巻きが出てきました。
これは何と豪胆な巨大アスパラでしょうか!
さすがアメリカと言わんばかりのボリュームです。
さりげなく石の上に盛り付けているのは日本風をイメージしてのことでしょうか?
ちょっと日本文化が若干違って伝わっている節はありますが
そのお味は如何なものなのか!
いざ試食です!
アスパラは大きいですけど柔らかくてすっごく美味しいです。
そしてタレはとっても甘~い照り焼き風のタレがたっぷりです。
これもかなりの濃い目の味ですかね。
こってりと言うよりはまったりと言った雰囲気のアスパラ肉巻きであります。
思わずビールが進む君ですかね。
飾りに並んでるパプリカの角切りが
異文化風満載でアメリカンな和食道を突き進んでいっております。
酔っぱらってきたのかな?
何か右肩上がりで盛り上がってきましたぞ!

DSC_1364_R.jpg
次はロスと言えば
カリフォルニアロールは外せないでしょうと言うことで頼んでみましたが
これは最高です!
アボガドも美味しいし酢飯も程よくいい感じの味付けです。
これはさすが本場地元といった感じでベリーグ~ッ!
文句なしに旨いです!

DSC_1365_R.jpg
今度は GRILLED OCTOPUS こと
タコの焼き物を頼んでみました。
これはタコを塩コショウで焼いている程度の味付けで
「ちょっと焼きすぎだなこれは!」
って思えるタコの焼き物でありました。
なので瑞々しい弾けるようなタコの食感はなく
この料理が$18ドルって言われると
これははっきり言ってストラックバッターアウト!
ベンチから監督飛び出して帽子を投げ捨ててゲームセットっていうような感じですかね。
瀬戸内の美味しいタコを是非食べさせてあげたいな~って節に思ってしまう
そんな1品でありました。

DSC_1366_R.jpg
それでは最後は締めのラーメンです。
頼んだのは HAKATA RAMEN こと博多ラーメン!
「おお~!博多ラーメンを作れるんだ!!」と
そのメニュー表に感動の敬意を持って注文して出てきたラーメンを見てみると
どうも何やら別物感満載のラーメンが出てきました。
豚骨スープをイメージしていたんですがどうも違う色をしていますね。
恐る恐るスープを少し飲んでみる。
「はっは~ん、なるほど!そう来るんですね!!」
飲んでみるとこれはこってこての味噌ラーメンです。
それもどちらかと言うと北海道の味噌ラーメンとは全然違って
韓国ラーメンに近いですかね。
ですので博多ラーメンって書いてますけど
もっと北上してソウルまで行ってしまった感があります。
まあアメリカから見れば日本も韓国も同じって見えるかもしれませんが
これはもう1つの器に色んな文化が入り乱れ異種格闘技戦みたいになっていました。
さりげなく乗っている海苔が白旗に見えてきます。
いけませんよ!いけませんよ~!
これはいけません!!
かなり独自文化がこのお店では育ってしまっているようでした。

PS.
スシロクの隣にRobata Bar Santa Monica ってお店があってはしごしてみました。
たぶん同じお店だと思いますが
しかしこちらは日本の焼き鳥屋さんに近いメニューが並んでいて
こっちの方が炉端屋さんぽいかな!
つくねや焼き鳥は普通に美味しくスシロクで食べたカリフォルニアロールも食べれました。
高級路線のスシロクよりはメニューが少ないですが
こっちの方が日本人からしたら美味しくて落ち着けるかと思います。
もしサンタモニカで日本食って思ったときは
スシロクの隣にあるRobata Bar はお勧めですよ!
サンタモニカでは希少なお手頃価格で食べれる
日本チックなこじんまりしたそんな炉端屋さんでありました。


写真正面のRobata Bar って書いてあるところが入口で
この一画だけがお店スペースとなります。

メニューなどはこちら!
(メニュー表) 
http://www.innovativedining.com/download/RoBar1a_Food_12.09_v2.pdf
(ホームページ) 
http://www.innovativedining.com/restaurants/robata-bar/menu

続きはこちら!
 「ひと際目立つサンタモニカ Georgian Hotel のパンケーキ!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1078-785e0013

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT