FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

ブリッツ タコメーター用アクリルカバー&台座完成!

「ナイスなカーショップ!オートリアル Auto Real!!」
からの続き!

オデッセイ用にブリッツの外付けタコメーター
BLITZ RACING METER SD TACHO METER 52Φ を付けるにあたって
少し追加パーツを製作して行こう!

このSDタコメーターはスモールとイグニッション電源に対応しているので
ライトのオン、オフで明るさが変わる常時点灯型のバックライトを搭載している。
なのですごく見やすいのだが
少し明るすぎてどうも運転中気になってしまう。
なのでこの明る過ぎを抑えるためにスモーク系のアクリルカバーを付けて
サングラスで見る程度の明るさに抑えようと思う。
あと付属のホルダーだと少し背が高いのと
ピークホールドの設定をするのにスイッチを付けないといけないので
それを解消するためにオリジナルのアクリル台座も一緒に作ろうかと思う。
そこで用意するのは
端材であったアクリル板5tのスモークブラウンを使う。

DSC07654_R.jpg
付属のホルダーに入れるとこんな感じでかなり背が高くなる。
そして背面をカバーで隠すのでスイッチが押せず
代わりに線を引っ張ってスイッチをホルダー横に取付けるのだが
これがまた52Φのタコメーターにだとかなり大きく目立ってしまう!

DSC07655_R.jpg
遠目で見るとこんな感じなのだが
フロントサイドピラーに近く
そしてサイドのガラスにも映り込み易いので
やはりもう少し低床と言うか低く配置したい所である!
なので余計なスイッチ排除と低床化の為に台座も作って行く。

DSC07627_R_20170111081049c36.jpg
本体は奥行き28mm位。

DSC07628_R_20170111081909396.jpg
そして4mm厚のアクリル板に載せると
先端部分に1mm程隙間が出来る。
そこで本体の52ΦのRを考慮すると
4t板2枚を貼り合わせた物を削って行くと
ちょうどタコメーターの収まりが良いと思うので
ベースとなるアクリルを貼り合わせて切って行く!

DSC07631_R_20170111081051f88.jpg
ベースとなるアクリルをまずはベルトサンダで大まかに削る。
そしてタコメーターと重ねながら微調整して行く!

DSC07642_R_20170111082825721.jpg
少し隙間が大きく直線的なラインだが
まずは雰囲気はこんな感じで良しとする!

DSC07640_R_20170111082827919.jpg
今で隙間は2mm位なので
今度はもう少し直線部分を削ってなだらかな曲線にして行きましょう!

DSC07636_R_201701110810528c1.jpg
続きはグラインダーでもう少し小径のRを付けて行く!

DSC07641_R_201701110828260a0.jpg
0.5mm位までギリギリに削っておいて
あとは両面テープの厚さを加えて隙間は微調整して行く!

DSC07644_R_20170111083613421.jpg
両面テープはコーナン等のホームセンターで売っている
1mm厚の再剥離タイプの物を今回は使う!
大きさは先に貼って耳を切り落として調節。

DSC07646_R_20170111083614acb.jpg
タコメータ自体は軽いので
多分これで粘着力の強度は足りていると思うが
もし走行中に振動で外れるようだと
もうすこし深い台座を作ってもいいだろう。

DSC07645_R_2017011108361583e.jpg
これで隙間は1mm位。
このままだとアクリルカバーを入れる隙間はないのだが
あとは前後の傾斜をつけると思うので
もう少しフロントが上がってカバーを入れる隙間が確保出来る計算である。
それでは次はアクリルカバーを作って行こう!

DSC07661_R.jpg
これはちょっと精度が欲しいので本業のNCを使って行く。
カバー内径はジャストフィットさせる為に0.1mmずつオフセットして加工!
そしてピッタリとなる寸法が出たらくり抜いて貼り合わせる。

DSC07662_R.jpg
見た感じもう少し濃い色が欲しいと言った所だが
今ちょうどこれしか端材がなかったので
一応これで様子を見てみましょうかね!

DSC07663_R.jpg
はめてみるとカメラのレンズカバーみたいに
見た目もバッチグ~です!
ちょっと板厚があったのでカバーが底付きしてしまうので
両面テープを底に重ね貼りして高さを調節しておきましょう!

DSC07718_R.jpg
それではデフロスターの穴から引っ張って来ている線と接続!
低く接地出来たのでピラーに手が当たらず
裏面のスイッチも押しやすいです!

DSC07743_R.jpg
取付け完了!
なかなかいい感じだね!

オーダーで仕事で製作なら
アクリルは張り合わせではなく1枚物の厚板を使い
CADで図面を引いてNC加工してバフ仕上げといった所なのだが
今回はプロトタイプという事で
端材と手作業で一気にハンドメイドで作ってしまいました。
しかし思いのほか景観も損ねることなく
さりげなくタコメーターって感じで取付けれたかなと思う。
また照度もノーマルよりも大分落ちて見やすくなっので良かったです。
それでは使用感などについてはこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

 続きはこちら!
 「オデッセイとブリッツSDタコメーター!昼&夜レビュー!!」

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
もしくはブログコメント欄にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1227-752c393d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT