FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

真田丸終ってその後の三光神社はこんな感じ!

(平成29年1月の三光神社情報!)
昨年28年11月に行われた三光神社真田まつりが終わって以降
全然神社の方に来れてなかったのだが
やっと本日久しぶりに覗きに来れた。
大河ドラマの真田丸が終わって近所の真田山界隈の雰囲気も
今はブームが去ったような感じでもう盛り上がり感は
地元民から見るとあまり実感しないのだが
果たして三光神社の方はどんな感じなのであろう?
その辺りも含めて宮司さんに聞いてみよっと!

P_20170117_151928_vHDR_Auto_R.jpg
入口の階段を上ると何やら工事がしている。
見てみると囲いの周りの足場を改装しているようである。
出来上がっている部分を踏みしめてみると
砂利石風だがしっかりと固められたコンクリートっぽい足場である。
今までの土のイメージが変わって何かお城っぽい雰囲気もあるかも。
これはやっぱり真田丸をイメージしているのかもね!

P_20170117_151947_vHDR_Auto_R.jpg
そこに建っていた今年の真田まつりの案内板!
今回はかなり早い時期から掲示されてますね。
真田まつりに掛ける意気込みを感じます。
一応平成29年11月5日(日)が開催日と書かれてあった。

P_20170117_152014_vHDR_Auto_R.jpg
真田の抜け穴前は少し地面が綺麗になったのかも!
たぶん土を足したのかな?
綺麗になってました。

P_20170117_152049_vHDR_Auto_R.jpg
本殿に行くと昨年地元から頂いた真田幸村ねぶたがあった。
もう今は定番でここに置いているみたいですね!
それではちょっと宮司さんに挨拶しに行ってきましょう!

最近の状況と真田丸が終わって如何ですか?って聞くと
とにかく今でも人は多いらしい。
特に外国人が多く
中国人はYouTubeにアップされた真田丸のドラマを見て、
台湾人は現地のNHKで放送された真田丸を見てという感じで
アジア系の人を筆頭に毎日今でもよく来るとの事であった。
あと去年の真田まつりで地元近隣の人と協賛で行ったが
特に問題もなくそれでいて出店も繁盛したみたい。
あと三光神社にも多くの人が来たので神社の方も
久しぶりの活気に嬉しかったようである。
それを考えると上手く行くかな~って思いながら去年は参加して見ていたが
この話を聞くと参加した者すべてが納得するイベントになったようである。
まあ上手く行ったと聞けてこちらもホッとしました。
あと今年は真田丸ブームは終わった感はありますが
ここ三光神社の場合ブームに便乗して祭りをしているわけではないので
今年も多くの人が来そうな気がする。
その理由としては中からイベントを見ていて
とにかく去年の来訪者の中身であるが
近所の人がいつにも増して多く来ていたという事。
これは町会長さんを筆頭に地元に一生懸命PRしてくれたお陰であり
それは地元の人が協力してくれたという事で
今までは少しまとまりにくい所もあったが
昨年は一致団結して執り行えたのかなと思う。
なので今までと違う所は
外的要因の一過性のブームに便乗してイベントをすると言ったことではなく
自分たちの力、いわゆる自力で盛り上げたと言う所が大きな成果だろう。
この流れを今年も継続して出来ればたぶんこのまま軌道に乗って
定着して行けると思うが
それにはまだまだ多くの試練と多くの協力が必要となって来るだろう。
一気に結果を求めるのではなく、
そして無理して背伸びしてイベントをするのでもなく、
今まで通りコツコツと地道にやり続けて行けばきっと求める結果にたどり着けるだろう。
その日はまだ少し先だとは思うが
その日にたどり着けるまで共に見守って行きたいと思う。
それでは今年も新たな協力者、参加者が手を挙げてくれる事を願いつつ
11月に向けてぼちぼちと始めて行きましょう!

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
(今までの真田まつりレビュー記事もありますよ。)
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 09:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1229-43243420

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT