FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

旧車 | 車・バイク | EDIT

オデッセイ!阪奈道路下りの最終チェック開始!!

「ZBPパッド & ディクセルローターでのブレーキ装着テスト結果!」
からの続き!

どんな環境になっても
そしてどんな立場になっても
生まれ持っての本能
幼き日に形成されたアイデンティティー
どうしてもやりたいと思うものはいつまでも変わらないものである。
阪奈道路
今にして思えばどうしてこんなにこの場所に固執するのだろう
それは潜在意識下に刷り込まれた記憶と感覚
この場所には本来の自分を呼び覚ますものが
ずっとここには存在している・・・。

そんな阪奈道路で今回、
満を持してのオデッセイの最終チェックを行う。
阪奈上り!
第1コーナーに向けて車速の乗ったオデッセイにフルブレーキング。
少し硬い踏み心地ではあるが踏んだ分だけ手応えがある。
なので試しにロック寸前まで踏んでみる。
すると以前の3分の2位の制動距離だろうか。
一般道では体感出来なかったストッピングパワーを感じる。
やはり慣らし完了直後は一皮剥けた程度の制動力といった内容だったが
今は2皮剥けたという感じか。
すごいディスクの摩擦係数を感じる。
そのまま残りのコーナーも行ってみる。
感じとしてはブレーキングすると一気に固められた足でもかなり沈み込む。
なので長期戦の時はタイヤが垂れるなどして無理かもしれないが
短期決戦の時はこのフロントのグリップ感を利用して
抜けたテールを一気に振ることが出来る。
なので突っ込んでからの旋回力は鋭敏で爽快感すら感じる。
実に面白い!
ブレーキがこれだけ効くと突発的な対応も安心して処理出来そうである。
大体雰囲気は掴めました。
それでは本番の下りで最終チェックをして行きましょう。
まずはサブロク手前の制動力テスト。
橋上から車速の乗ったオデッセイの巨体。
以前ならこのサブロク手前では一気に減速する事が出来なかったが
このZBP&ディクセルのブレーキだと
サブロク手前のストレートからコーナー入口に跨ぐ
左から右に回り込むこの瞬間にフルブレーキを入れると
コーナー進入時に若干過速度は残るが
一気にこのオデッセイの巨体でも減速させることが出来た。
多分ロックするまで踏んでいないのでこれが限界なのかは不明だが
しかし十二分な制動力である。
このセミレーシングタイプのパッドは超高速域になる程
ノーマルとの実力差が実感出来るといったパッドで
使用感は中々上場である。
ただ汚れ方が半端ないがそれを差し引いてもいいフィーリングである。
それでは次は
最終コーナーに掛けてのストレートでのフワフワ感をチェックして行く。
サブロクを立ち上がってオデッセイを1つ上の領域に持って行く。
すると以前のあの浮遊感はあるものの
しかしまだステアリングには接地感の手応えが残っていた。
なのでインチアップは高速域での上下動を減らすのには効果的で
結果直進安定度が増すというのは実証出来たといった所である。
この制動力と直進安定性の2点が今までの問題点であったが
今回のテスト結果では満足出来る仕上がり具合と言っていいかと思う。
それでは約1年位掛けての足回りのセッティングであったが
大体イメージしているオデッセイに仕上がった感じなので
これからはまたオデッセイの最長記録を目指すため
余り負荷を掛けないいたわり運転を心掛けて行きたいと思う。
現在19年19万5000km。
いよいよ大台の20万kmが現実味を帯びてきましたが
「まさか本当にここまで乗ることになるとは?」
もうここまで来たらこのオデッセイとは一蓮托生。
ほんといい車と巡り会えたとああ~感無量な気持ちですな。

続きはこちら!
「今も健在六甲山の猛者達!さすが関西屈指の峠である!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ19万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1368-2111088b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT