FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

自作パソコン | コンピュータ | EDIT

スターの恋人 あらすじ & 見どころ 第3話 「奈良の休日」!

(スターの恋人 第3話 「奈良の休日」 ストーリー紹介!)

(あらすじ)
大学から戻った二人が小説を書く為に一緒に行動を!
そして二人の距離が急速に縮まり始める第3話。
過去の消えた彼との話をするイ・マリ!
ゆっくりとチョルスにも彼女の気持ちが伝わり始めるのだった!

(みどころ)
二人の距離が更に接近していく第3話!
借金を返す所を見てしまうイ・マリ。それをチョルスに知られてしまう。
怒って出て行く彼を引き止めて
「私が引き留めた男性はあなたが初めて」と。
そこにファンとの交流会の催促の電話が!
慌てて出て行く二人!何とか時間に間に合い挨拶するイ・マリを見届けると
これで最後かと静かに立ち去るチョルスであった。

韓国に帰ったはずのイ・マリが部屋から出てくる。
そして小説を書く為に一緒に行動しようと提案するチョルス!
チョルスの書いた原稿の一節を読んでみる。
自分の事を情緒豊かに書く彼の文章!
窓から見るとそこには本を読むチョルスの姿が!
そんな彼を見て優しく微笑むイ・マリ!
この時読んでいた本は「高慢と偏見」みたいでしたが
本の裏表紙がキーラ・ナイト・レイだったので「プライドと偏見」の方でしたね!
そして庭にいるチョルスに
「なぜ私が残ったか気になりません?ここにいる間答えを当ててみて」と
一緒に行動することを返事するイ・マリであった。

そして二人の奈良での休日が始まっていく。

大阪通天閣の新世界に来た時
「ドラマ見ないんでしょ?私のドラマも映画も見てない」
「いや、それは・・・」と返事に詰まってしまうチョルス。
「これから見たくなりますよ」と少し不満のイ・マリ。
これから自分の魅力で絶対映画を見させてやるって顔がまた良かったですね!

廊下でジャンスとウンシルがチョルスの事を喋っている。
「偽装作家を装ったファンだよ、マリさんを見る目が普通じゃない」
素知らぬ顔で雑誌を読みながら澄ましているが
しかし雑誌を逆に読んでいたので話を聞いていたと2人にバレてしまい
「あちゃー!」って顔をするイ・マリ。
チョルスの事がすごく気になっているのが分かるシーンでしたね!

今度は神戸の北野異人館でしたね。
ここは第2話でイ・マリが服を買っていた近所です。
たぶん一緒に撮影したんでしょうね!
そして「六甲牧場のソフトクリーム」の店の前で
「おいしそう、太っちゃう!」と言って食べなかったソフトクリーム!
これは本当においしいですよ。
太ってもいいからこれは食べないとと思わず言ってしまいましたね!

この後の焼肉屋でチョルスのメモ書きを取り上げるイ・マリ!
「ダメだから返して!」と言うチョルスに
「お肉でも食べて」と言ってメモを返さない。
「太るから要らない」とさっきのイ・マリの真似をするチョルス!
じゃれ合う2人を見ていたウンシル、別荘に帰ってから
「あの作家さんよりマリさんの方が怪しい!」
「マリさん日焼けが嫌いなのよ?本一冊のために毎日外出するなんて変よ」
それを聞いていたチョルスが何故イ・マリがここに残ったか
気になり始めるシーンでしたね!
次の日イ・マリにそっと日除けをしてあげるのだが
逆に「実は代筆作家を装ったファンでしょ?」とか言われてしまってましたけどね!

その夜、自分達の取材番組を見ていると
「周りの人に隠してるの?あなたも私の事秘密にしてるんだ」と言うと
「あなたも僕の事を・・・」
「そうですね、お互い秘密」と秘密を共有しているのがちょっと嬉しいイ・マリ!
そして「きれい?うん?」と聞くと
ちょっと緊張して目をそらしてしまうチョルス!
それを見てまたまたご満悦のイ・マリ!
だいぶ自分の事が気になって来ているなと感じ始めたシーンでしたね!

イ・マリに惹かれて行くチョルス!
TSUTAYAでイ・マリのDVD「ラブ」を借りていましたね!!
そんな帰り道、ジョギング中のイ・マリに見つかり
「何 それ?」と尋ねられ、「いや 別に」とDVDを後ろに。
それがすごく気になるみたいで一緒に帰り始めるイ・マリ!
「あの人好きなの?」と大学の彼女の事を言い始める!
「好きな人からお金を借りて代筆する事に?」
「なぜ聞くんです?」と答えるチョルス!
「好きな人がいて私とキスをするなんて変よね」
「何だって?」
「僕がしたわけじゃない、あなたこそ彼氏がいるのに」とムキになるチョルス!
そしてニヤッとするイ・マリが隠していたDVDに手をかけ取り上げてしまう。
中から自分のDVDを見つけると
「私の映画だ!」と微笑むと
自分に興味があるのを確信したように
「私が残った理由考えました?教えてほしい?」とチョルスに更に迫っていく!
「いや、僕は・・・」と自分がイ・マリを意識している事を
どう隠せばいいか分からずにひたすらたじろぐチョルス!
この時のイ・マリの可愛さとチョルスの慌てぶりが
すごく記憶に残る名シーンでしたね!

そしてここで彼氏のハヨンが出て来ましたね!
この後チョルスを運転手にイ・マリを連れて行くハヨン!
チョルスは内心腹を立て不機嫌に帰って行ってしまう。
この後も不機嫌な為イ・マリとはギクシャクしてしまう事に。
そして自分の原稿が気に入ってもらえず更に不機嫌なチョルス!
イ・マリに対するやきもちで機嫌が悪いのを察しているイ・マリ!
それをハッキリ言わないのが彼女は気に食わない!
そして大喧嘩になり「思慮のない人のために本を書くなんて情けない」と
イ・マリにひどい事を言って出て行くチョルス!!

この後ビョンジュンとの電話でイ・マリが
高校の時から働いて本を読む暇もなかった為に
芸能界に入ってからも苦労した事を知る事に!
さっき「思慮のない人」と勝手に決め付けた自分に反省するチョルス!
窓から表を見るとそこには一人酒を飲むイ・マリの姿が・・・。
その姿に心が痛むチョルス。
酔って池に落ちそうになるイ・マリを掴んで助けてあげると
びっくりして目を覚ますイ・マリ!
しかしさっきの事でまだ機嫌が悪い様子だったので
「さっきはすみません、確かに僕はウソをついていたと思う」
「正直彼には不快でした、原稿が不評なのもいい気はしなかった」
ポツリポツリと謝るチョルスに
「気取ってるって本音よ、こうして謝ってても結構気取ってるわ」
ちょっと気分が晴れてきたイ・マリ!
飲んでたお酒を差し出すと
「口を付けた物は飲まない」ことを知っているイ・マリが先に答えるシーン!
第1話の時にチョルスが言っていた事を覚えていたんですね!
「頭いいのよ」と冗舌に話が弾んでいく!
「タメ口ですね!」と言われると
「同じ年でしょ?」
若く見えると言われると
「そう、よく言われるわ」と上機嫌のイ・マリ!
そしてキャンドルナイトがある場所へ行こうとチョルスを誘って先に行ってしまう!

「キャンドルの真ん中で5つ数え目を開けると運命の人が見える!」
それを信じているイ・マリが目を開けるとそこにはチョルスの姿が!
「なぜそこに立ってるの?」と叫んでしまう。
それからチョルスを運命の人と信じたのか
昔の消えた彼の話や自分には家族がいない為
結婚して家族が作りたかった事を話し始めるイ・マリ!
ベンチの端にいるチョルスに
「思うんだけどー、離れすぎよ」と言うシーン!
これはチョルスを誘うイ・マリの名セリフですね!
あと後でも言うシーンが出てくるんですけどそれはお楽しみという事で!
そして隣にすり寄って来るチョルス!
すぐ隣に来るとイ・マリが寄りかかっていき
「すごく楽だわ、楽だと思ってた」と言って眠ってしまう!
この時イ・マリはやっとチョルスを信頼し安心したのでしょう!
そしてこの時チョルスはイ・マリが自分の事を好きだと確信したのでしょう!

眠り込んでいるイ・マリを背中に負ぶって部屋に向かう!
肩越しには無邪気な寝顔にあどけなく安心仕切った表情が・・・。
ベッドにそっと寝かせてあげるチョルス!
イ・マリの気持ちとチョルスの気持ちが複雑に交錯しながら
チョルスはそっと部屋を後にするのでした…。

スターの恋人!無料動画紹介はこちら!!

「スターの恋人」 アルバム紹介はこちらの記事で!
「スターの恋人!試聴 & CD アルバム紹介コーナー!!」

「スターの恋人」 ストーリー紹介はこちらの記事で!
「久々のチェ・ジウはまり役!スターの恋人全ストーリー紹介!!」

| スターの恋人あらすじ | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/139-55cbc682

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT