FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

旧車 | 車・バイク | EDIT

写真で見るオデッセイのハンドル交換方法!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2に付いている
ナルディのハンドルも早17年。
そろそろ革もめくれて来てたので今秋、
取り置きしていたNewナルディへと交換する事に致しました。

DSC08719_R.jpg
現在装着中の
NARDI(ナルディ)GARA3TYPE3ブラックレザー(ガラ3タイプ3)のステアリング。
STIのロゴが懐かしい初代インプレッサ専用のナルディで
ほんとこのハンドルはよく使いましたね!

DSC08720_R.jpg
それでは早速交換をして行きましょう!
まずはラバーを外して行く。

DSC08724_R.jpg
次にステアリングの六角ネジを外して行く!

DSC08726_R.jpg
そしてボスとステアリングの間に噛ましていた
追加用のマイナスアースを外す!

DSC08728_R.jpg
ちなみにスバル用のナルディは2本端子だったので
こんな感じでマイナスアースを繋げていました。

DSC08730_R.jpg
左が今まで使っていた2代目ナルディ!
右が3代目となるNewナルディ!

DSC08553_R.jpg
MADE IN ITALY の刻印が走り心をくすぐります。

DSC08734_R.jpg
こちらは純正ナルディのホーンボタン!
通常はこのように1本端子となっていて
取り付け方がちょっと違うので
この部分については少し書いておこう!

DSC08737_R.jpg
まずはボスのTOPに合わせてステアリングを固定する!
もし純正のハンドルからナルディに交換する時は
ボス部分も交換するかと思うが
ポイントはハンドル付け根とボスTOPを合わせれていれば問題はない!

DSC08738_R.jpg
次に重要なのがこの赤丸で囲んだマイナス端子部分。
この部分がボスの金属部分にしっかりと接触していないと
ホーンが鳴らないので装着したら先に音が鳴るかテストしておこう!

DSC08739_R.jpg
無事ホーンボタンが装着出来たらこの状態。
あとはカバーを取り付けたら出来上がりとなって行く!

DSC08740_R.jpg
それではステアリング交換完了である。
マットな質感にしっくりくる手触り!
細身のラインと程よい口径が実によく手に馴染みます。
やはり堅実なハンドリングにはこのナルディが一番いいですね。
新たなステージに向けて世代交代した3代目となるNewナルディ!
これからもオデッセイと共に活躍してくれる事でしょう。

続きはこちら!
「ナルディの鳴りにくいホーンボタンを改造する!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ19万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 09:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

さえこ 様へ

すみません業者ではないのでそれは無理ですね。

| ショーリン | 2017/10/21 14:43 | URL |

私の車も来年車検なんでそちらに頼みたいです

| さえこ | 2017/10/21 14:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1393-25aa75b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT