FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

車高調のタイヤローテーションしたらハンドルがブレる原因!

「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」
からの続き!

先日六甲山の奥再度ドライブウェイを走った辺りから
オデッセイのハンドルがブレ始める。
「原因は?」
想定される原因を抜粋!

1、タイヤの編摩耗。

2、ホイールのセンターがズレた。

3、コーナリング中の過負荷によりアライメントが狂った。

4、ショックが馴染んで車高が落ちアライメントが狂った。

まずはこの辺りが思い当たる点である。

(症状)
タイヤローテーション前は特にハンドルのブレ、直進性は問題なかったが
ローテーション後からは若干不安定になる。
しかしまだ許容範囲かと言う所。
しかし今回六甲山を走った後は20kmの速度でも
手を離すとハンドルがブレているのが確認出来る。
また50km位ではかなり右に左に振られる感じで
一般道の轍などではズバッ!という感じでハンドルを持って行かれる。
かなりの暴れん坊に変貌したオデッセイ。
知らない人が運転したら狂気の沙汰である。
まあ高速などのきちんと平坦が取れている道路では大丈夫だが
しかし原因がタイヤ関係ならまだ交換すれば解消されるかと思うが
これがアライメント系だと少してこずるかも。
なのでまずは原因究明でローテーションしたタイヤを元に戻してみる。

(結果)
元に戻すとハンドルのブレは消えた。
やはり原因はタイヤの編摩耗のようである。
しかしそう思って乗ってみると気付くが
フロントのステアリング感覚はしっかりとバランスが取れているが
後輪の方が少しバタバタと暴れている感じがする。
その辺りの症状を整理すると今回の原因が見えて来た。

(原因)
車高調を入れて車高は一番高い所にセッティングするも
前輪は大丈夫だったが後輪側はノーマルよりも少し車高が落ちた。
その為キャンバー角はフロント真っすぐ、
後輪少しネガティブといった感じで乗っていた。

その時の4輪アライメント結果!
「いよいよ大詰め!4輪アライメント開始です!!」

そのまま乗っているとタイヤの減りは
フロントは均等にもしくは外側が減るといった感じだったが
後輪は極端に言うと内側が片減りするといった状態であった。
しかしこの片ベリも見た目は分からないといったレベルである。
しかしその状態でタイヤローテーションすると今度は
フロント内減り、リヤ外減りといった
前後輪が干渉しあうアンバランスな状態になり
これが先の六甲山での走りで編摩耗に拍車が掛かり
その結果激しく轍を拾うようになったと思われる。
まあインチアップでタイヤ幅が広くなったのも影響しているとは思うが
ローテーションを元に戻して改善されるという事は
やはり片減りしたタイヤが一番の原因だと思われる。

(対策)
タイヤを均等に消耗させることは出来なくなるが
タイヤローテーションをしなければまっすぐ走るといった所。
しかしバランス的には良くはないので
きちんとセッティングするならリアにクスコの
調整式リヤアッパーアーム&調整式トーコントロールロッド を
入れるのが良いだろう。
しかし車高調を取り付けたミスタータイヤマンの店長が言っていた
車検対応品と謳われていてもよくアームが折れる事があるといった
強度問題が気になる所。
しかしそんなすぐ折れるものではないとも思うので
きちんとした足回りにするならこのリヤ側のセッティングはした方がいいのだが
悩みどころである。
まあ近々タイヤは交換する予定なのでその辺りはまたその時考えてみよう。
それでは今週辺り
そろそろフロントスタビライザー用のブッシュが入手するかと思うので
まずは先にこちらの方を仕上げてみてその結果がいい仕上がりなら
最後リヤ側のセッティングも考えるようにしよう。

続きはこちら!
「突然の悲劇!オデッセイ2度目のラジエーター液漏れ!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ19万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1407-dc1b718c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT