FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

自作パソコン | コンピュータ | EDIT

スターの恋人 あらすじ & 見どころ 第6話 「ひとりぼっちのクリスマス」!

(スターの恋人 第6話 「ひとりぼっちのクリスマス」 ストーリー紹介!)

(あらすじ)
チョルスに先生を頼み込むイ・マリ!だが断られて追い返されてしまう。しかし何度も
やって来るイ・マリに遂にチョルスも折れてしまう!そしてトークショーに向けての
勉強の為チョルスの家に泊まり込む事に!そして無事トークショーを終えると
約束していたクリスマスを一緒に過ごすのだった。この時イ・マリがチョルスに
とうとう告白をしてしまういう所までが第6話となる。

(みどころ)
スターの恋人を始めて見たのがこの第6話でそれをきっかけに見始める事に!
それほどこの回は充実していてチェ・ジウの魅力が思う存分に発揮されている。
スターの恋人の中でも必見のおすすめの第6話である!

チョルスの家に突然現れたビョンジュン!物陰に隠れて無事にピンチをしのぐと
イ・マリが隙を見て家の中に入ってしまう!
そしてチョルスの部屋に勝手に入ると机の上のウニョンとの写真を見つけて
「日本で見た人だ、ヨリを戻したの?帰国したの?」と色々と聞くのだった。
さり気なくチョルスの事を調べるイ・マリでしたね!
そして恋人が2ヶ月後に帰る事を聞くと
「恋人がいるなら私を好きになったりしないだろうし一緒に住んでも平気ね」と
勝手に話を決めて行くイ・マリ!
この辺りの押しの強さはさすがでしたね!
そして色々と理由を並べて「助けて」と言う彼女に
「好きな時、好きな所で好きな物に囲まれて読むのが秘訣です」と
3冊の本を渡して「とにかく読んで」と突っぱねるチョルス!
「私が嫌い?だったら最初からそう言えば、もう頼まない」と
へそを曲げて出て行くと
車の中で「はぁ~!」とため息をついて反省してしまうのだった!

静かになった部屋で本を読むチョルス!
すると入口を叩く音が・・・。
ビョンジュンかなと思って入口を開けると
本を小脇に抱えたイ・マリが押し入ってきて
さっき「好きな場所で読め」と言っていたチョルスに
「他に思いつかない、ここが一番楽なの」と言って居座ろうとする!
しかし逆にチョルスに追い出されてしまう。
「なんで閉めるの?開けて」と言って入口を叩く!
「ねえ私はイ・マリよ、キム・チョルス~!」と叫ぶシーン!
ほんとチョルスが「自分勝手だな」と言う通りのイ・マリでした!

本当に諦めて帰ったのかと気になり表を見に行くチョルス!
誰もいないので安心と振り返ると冬の寒空の中を
どこにも帰ることの出来ないイ・マリがしゃがみ込んでいる!
「どうして私を追い出すの?」と震えて凍えるイ・マリ!
それにはさすがのチョルスも根負けしてしまった。
「じゃここで何時間かだけ読んで…。」と
仕方なく家に入れてあげるチョルスを尻目に
迷う事無くチョルスの部屋へ入って行くイ・マリ!
「入っちゃダメだ」と言うのも無視して勝手にベッドで布団にくるまってしまう。
そして次は着替えを探し始め
「何を着ればいい?」とチョルスの服をあれこれと物色し始めるのだった。
堪りかねたチョルスが
「強引だな、着替えなくていい!」と怒り出すと
今度はさっきチョルスが楽な格好で本を読めと言っていたからと
屁理屈を捏ねるのであった。
もうこれにはチョルスもタジタジといったシーンでしたね!

ジスクおばさんに呼ばれて果物を取りに行くチョルス!
戻ると着替えの最中のイ・マリに怒られてしまう!
「僕の部屋ですよ、着替えました?」と目をそらすチョルス。
すっかりイ・マリのペースって感じでしたね!
振り返るとイ・マリがチョルスの服を着てお団子頭をしていましたね。
これは男子には結構グッとくる組み合わせでナイスチョイスです!!
そして「本には人間の本性の知識があり・・・」と
真面目に説明するチョルスの顔に笑ってしまうイ・マリ!
「イ・マリさん」と怒るチョルスだったがイ・マリはずっと笑っているのでした!

すっかりマイペースで居座り本を読んでいるイ・マリ!
「いつ帰るんです?」と聞くチョルスに本を読み終えたらと言うのだが
それはトークショーまでかなと答えると
「泊まる気ですか?」と目をむくチョルス!
「ただの演技だと思えばいいでしょ、設定は貧しい新婚夫婦?」
「からかってます?」と言うチョルスに
「夫婦ゲンカ?」とからかうイ・マリ!
そして怒って部屋を出て行くと
「戻って、戻らないと叫ぶ」と言って叫び始めるイ・マリ!
たまらずにチョルスが戻って来ると
果物を口に放りこんでニヤけるイ・マリであった!
ほんと小悪魔といった感じのイ・マリでしたね!

夜になっても部屋で本を読んでいるイ・マリに落ち着かないチョルス!
「あなたを警戒した方がいいの?」と言われると
真面目なチョルスは動揺して電気を点けて起き上がってしまう!
一方イ・マリはそんなチョルスを見ながら安心した表情で本を読むのだった。
うたた寝をしてしまったチョルスが起きると
本を抱えたままイ・マリが眠ってしまっている。
電気を消してそっと布団を掛けてあげると
イ・マリの寝顔を見つめながら部屋を出て行くチョルス!
その表情にはイ・マリへの優しさが溢れていましたね!
実にいいシーンでした!!

朝起きると部屋にはイ・マリの姿は無くやっと帰ったかとホッとしたチョルス!
しかし部屋を出ると後ろから2本の歯ブラシを持ったイ・マリが出てくる。
「これがチョルスさんの?」と聞くとそれを使おうとし始める!
慌ててチョルスが止めると
「だって買い物に行けないわ」と言ってチョルスに買い物をせがむのだった!
周りを気にせず見送りに出て来るイ・マリに
「とんでもない人だな、まったく」と慌てるチョルス!
「いってらっしゃい」と身を乗り出して手を振るイ・マリを
帰り途中のおばさん達に見られてしまう。
それに気付いたイ・マリは大変といった感じで顔を隠して
そそくさと部屋に戻って行くのだが困った感じでも無かったですね!
どちらかと言えばチョルスの方が可哀相かなって気がしましたけど!

おばさん達に友達だと言ってとぼけて出て行くチョルス!
部屋にいるイ・マリに電話をすると
「ねえ、本のことでメールしてもいい?」と聞いてくるイ・マリ!
「メールはちゃんと送って下さい」と返事をすると
「文字化けしてた?」と心配するイ・マリ。
どうやら絵文字や「そうだよ~ん」とかいうのが大嫌いなチョルス!
するとますます面白がって
「は~い、早く帰ってちょ!料理作って待ってるよ~ん」とからかうのであった。

この後ソ社長が会いに来てチョルスに代筆の事を内緒にといった内容を
伝えにやって来る。そして小切手を渡すと立ち去って行ってしまう。
それを脅しと受け取ったチョルスは部屋に帰ると
イ・マリに一方的に怒り始めるのだった。
「いつも私に怒るのね」そして「逃げるの得意よね」と言って
恋人や小説を書く事や代筆したことから逃げるチョルスに
「こっちから引き下がってあげる」と言って立ち去ろうとするイ・マリ!
すると手を差し出して彼女を引き止めると
「八つ当たりしてた、すまない」と謝るチョルス!
この時イ・マリに対して線を引き続けていたチョルスが
初めて彼女を受け入れたような気がします。
二人の距離が急速に縮まった瞬間でしたね!

授業を休講してイ・マリにつき合うチョルスに3冊全部読んだと言うイ・マリ!
これで一緒に暮らす約束よと言うとこれからが勉強の本番だと言わてしまう。
そんな時ウニョンからの電話が掛かって来る。
そして「クリスマスには思い入れがないんだ」とチョルスが言うのを聞くと
「明日一緒に過ごす?」と言うのであった。
そしてトークショーに向けての勉強が始まるのであった。

疲れ果てたチョルスが眠ってしまっている。
イ・マリがそっと枕を置いてあげようとすると
チョルスが寄りかかってきて身動きが取れなくなってしまう。
諦めてチョルスの寝顔を見つめるイ・マリ!
チョルスの無邪気な寝顔をずっと見ていると自分も眠ってしまうのだった。
イ・マリとチョルスが一緒に寝ている所にビョンジュンが部屋にやって来る。
びっくりしたビョンジュンはスクープにしようと写真を取って出て行ってしまう。
何も知らずに起きたチョルスの横には腕枕に眠るイ・マリの寝顔が!
声を殺して驚くチョルス!しかし安心仕切って眠っているイ・マリを見ると
自分もホッとして幸せを感じるのだった!

無事にトークショーを終えたイ・マリが
約束の本を読んだので今日から1ヶ月家に来る約束だと言うと
「今日は無理だ」と答えるチョルス!
しかし少しでも早く会いたいイ・マリは
「意味の無いクリスマスを一緒に」と言って
雪の中チョルスの所にやって来るのであった!
そして「私イチゴのケーキが好きよ~」とチョルスにウインクすると
嫌がるチョルスも渋々ケーキを買って一緒にイ・マリのマンションに行くのであった。

これから一緒にチョルスと過ごせるのが嬉しくて仕方ないイ・マリ!
喜んでケーキを出しているとチョルスにウニョンからの電話が入ってくる。
予定が変わって今チョルスの家に向かっていると言う。
これから帰らなければとためらいもなく言うチョルスに
「行かなきゃダメなの?行かないで!」と腕をつかむイ・マリ!
それでも彼女の方を優先しようとするチョルスに
「心配しないで、一人で食べる」と拗ねてしまうのであった。
そう言われるとやはり心配なチョルスが「誰か呼べばどうです?」と聞くと
「あなたがいいの」と答えるイ・マリ。
「どうして?」と尋ねると
「自分で考えて」とソッポを向いて答える!
「どうしてですか?」と何度も聞くチョルスにとうとう
「好きだからでしょ」と言ってしまうのであった!

スターの恋人!無料動画紹介はこちら!!

「スターの恋人」 アルバム紹介はこちらの記事で!
「スターの恋人!試聴 & CD アルバム紹介コーナー!!」

「スターの恋人」 ストーリー紹介はこちらの記事で!
「久々のチェ・ジウはまり役!スターの恋人全ストーリー紹介!!」

| スターの恋人あらすじ | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/142-2ecf9f4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT