FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

(パターン5) F×3段 / R×なし、最下段、スライド-20

最下段から前方にスペーサー3枚入れる。
これがスペーサー限度で一番角度が付くポジションである。
腰を下ろすと次に起き上がるのが辛い位
かなりきつめの座面角度である。
ホールド感が太ももから肩までを覆う程がっちりとしている。
ほとんどフルバケットのようでF座面のイメージが無くなっていた。
ハンドルは何とか干渉せず回せる。
メーター視認性も確保出来ている。
ペダル距離は遠いのでシートをかなり前にスライドさせる。
踏ん張りも利く。
いいポジションではあるが圧迫感もある。
少し気になるが
一度これで阪奈道路を走ってデーターを収集してみよう。

阪奈道路、
上り 第2へアピン 右コーナー
下り 橋上 右コーナー
下り サブロク 右コーナー
この3ポイントが一番横Gが掛かるコーナーであるが
抜群のホールド性である。
なので姿勢が崩れずコーナリング中でも安定してステアリング操作出来る。
ローポージションでこのホールド性。
これは最強かも!
一番レーシーなポジションである。

PS.
走り終えて車を降りるとポタっと赤い物が落ちる。
「えっ!もしかして・・・」
鼻に手をやると赤い物が。
どうやら鼻血が出たようである。
走っている間は気付かなかったが
かなり圧迫による負荷が体に掛かっていたようである。
すると気が抜けたのか
今になって一気に疲労感が押し寄せてきた。
これで長時間走るのは危ないかも。
これはある意味最恐ポジションですね。

(結果) 不合格

TOPページはこちら!
「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」

| レカロ | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1471-896e7018

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT