FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

オデッセイ de レカロ in 柳生の里~月ケ瀬区間!

「オデッセイ de レカロ in 阪奈道路!」 からの続き!

さてホームコースの柳生の里&月ケ瀬でのテストです。
ここで大体の仕上がり具合が分かるでしょう。

まずは阪奈道路で良好な結果だった
ポジション パターン8 でテストです。

かなりタイトに背もたれとハンドルとの距離を詰め
そしてハンドル高さもメーターギリギリ上部が見納めれる高さで突入!
しかし低速タイトコーナーの連続する区間では
深い舵角に若干手がステアリングから離れそうになる。
ほとんどハンドルにしがみ付く位シートを寄せているのに
まだ離れているのか?
もう少し背もたれを起こす必要がありそうです。
しかしシートを起こすと肘とサイドサポートが干渉し始めました。
なので1段シートを後ろに下げる。
するとペダルが遠くなりアクセルがしっかりと踏み込めなくなる。
どうやら座面前方を少し下げる必要があるようですね。
これはポジション変更で パターン9 にしてみます。

少し緩めのシート位置のはずなのですが
以前のテストの時より若干背もたれが立っている分
ペダルまでの距離が縮まりギリギリアクセルを踏み込める感じです。
ただ太もも部分のサイドサポートがないのでホールドは弱いですが
しかしフットレスはしっかりと踏めるので
背もたれに思いっきり腰を押し付けることが出来ます。
またステアリングとの距離も近いので腕でしっかりと体を押すことが出来るので
ショルダーのホールドがかなり機能しています。
力を抜くと緩いポジションですが踏ん張りが利く分
体に力を入れるとしっかりとホールド出来る状態である。
この状態で再度低速タイトコーナーを攻めてみる。
すると車が傾いてもシートがガッチリと抱きしめてくれているようなホールド感。
なので視線、ステアリング操作もブレる事なく
コーナー入口から出口に掛けて
優しくスムーズな曲線でコーナーを抜けて行けました。
安心してシートに身を任せれるからでしょうか。
実に気持ちのいい旋回です。
また苦手だった右コーナーではアウト側いっぱいに車を寄せ
そして途切れることなく流れるように逆方向に車の向きを変えアクセルオン!
今まで路面が荒れて車が激しく揺れていたと思っていたコーナーが
すごくなだらかなコーナーであるかのようにオデッセイが曲がって行きます。
これも運転姿勢が安定していることによる影響なのか?
今までより更に1段上の滑らかな運転が出来るようになりました。
一見派手なレーシーなレカロシートに見えますが
こうして実際走ってみると運転技術が向上し
結果スムーズな運転=車に負担を掛けない優しい運転が出来るようになりました。
これは思わぬ副産物!
何か今までの運転が一皮剥けたような新鮮さであります。

 続きはこちら!
 「オデッセイ de レカロ in 箕面~能勢区間!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1479-83dfef7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT