FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

韓国映画 | 映画 | EDIT

スターの恋人 あらすじ & 見どころ 第16話 「旅立ちの日」!

(スターの恋人 第16話 「旅立ちの日」 ストーリー紹介!)

(あらすじ)
付き合ったことを後悔していると言って去って行ったチョルス!そして迷いながらもマリは
手術を受けるソ・ウジンと日本へ行こうと決める。しかしソ・ウジンはマリを残して1人で
日本へと旅立って行く!少し落ち着いた2人は会う約束をするのだがビョンジュンが
ソ社長の悪事を暴いた事により世間で騒動となりチョルスの本の出版が保留に
なってしまう!そしてチョン・ウジンがチョルスを守る為には自分との結婚発表を
するようにと言うのだがマリは決断に悩んでしまうという所までが第16話となる!

(みどころ)
遂にソ・ウジン編完結といった第16話なのだがストーリーはまたまた次の段階へと
入って行くのであった!いやぁ~!ほんと目が離せないって感じです!!

チョルスと抱き合うマリだったがそれも束の間!チョルスはマリが母親に渡したお金を
返す為にこの仕事を受けそしてその仕事の件だけでここに来たと言う!
「どういう意味なの?ねぇ、別れるってこと?」と言うマリに
「そうだ」と一言だけ言うチョルス!
するとマリが妹さんを助けるにはお金を渡すしか出来なくてほっとけなかったと言うと
「どうしたい?」とチョルスが切り出すと
「付き合っていたい?そばにいてほしい?何があってもか?」
「お前からの金を素直に受け取り、お前が初恋の人といても見て見ぬふりを?」
「何があっても”愛してるお前だけだ”そう言えと?」
「正直どうなんだ?彼に求められたらそばにいる気だろ?」と
今の自分の気持ちをマリにぶつけると何も言い返せないマリ!
「そうなんだな?」とショックを受けたチョルスが立ち去ろうとすると
「ダメよ行かないで、お願いだから・・・」と引き止めるが
チョルスはそんなマリの手を振りほどいて
「あんなに軽々しくいくら女優でもニセモノでもひどい」
「こうなるならなぜ僕と付き合った!」と後悔が一気に噴き出すチョルス!
「そして後悔しているのね?」と言うマリに
「そうだ後悔してる、できることならお前と出会う前に戻りたい」と言って
振り返る事無く去って行くチョルス!
そのうしろ姿を見ながら本当の事を言えずに苦しみしゃがみ込んでしまうマリ!
この2人の姿が実に辛く映っていたシーンでしたね!

部屋に帰って来たマリとソ・ウジン!
料理を作るのが嫌いだったマリがご飯を作るようになったのは
それはチョルスが好きだからなんだなと気づくソ・ウジン!
そしてチョルスに病気の為僕を泊めていると僕とはもう終わっていると
素直に話せよと言うのだがマリは
「終わっているなんて言えないわ」と言う!
「じゃ、今でも俺のこと好きか?」と質問してくるソ・ウジン!
すると話を逸らしてご飯を作りに行ってしまうのだった!
ちょっと本心を言ったソ・ウジン、気持ちが揺れているマリといったシーンでしたね!
しかしこの後やっぱりチョルスの事が気になるマリは出かけて行ってしまうんですけどね!

今度書く小説の件でウニョンと会っているチョスル!
そしてチョルスにペンを取らせるのはいつもマリだと言うと
今度から後輩としてチョルスと会う事にするとウニョンは言うのであった!
原稿を取りに家に帰って来るとマリがベランダで待っていた!
そして2人の別れ話の件を聞いてと驚くウニョン!
部屋に入るとチョルスが悲しみのあまりに愕然としてうな垂れている!
その姿を見てウニョンは一体どうして?としか言いようがない!
そしてあまりのチョルスの落ち込みようにウニョンはマリに
「ちょっと話しませんか?」と言うのであった。
そして自己中心的なマリに許せないと言いつつも
マリの真っ直ぐにチョルスに向かって行く姿に対しては自分は冷静で嫌になると言う!
あなたに会う前は物書きはやめると言ってたチョルス!
しかしマリの事でなら文章を書いていく!
そんなチョルスを唯一刺激できるマリが羨ましいとウニョンは言ってしまう!
それに対してやっぱり「チョルスさんのそばにいてあげられない」と言うマリ!
ここは複雑な女心といった心境をうまく表現しているシーンでしたね!

マリが部屋に戻るとソ・ウジンがホテルに帰る準備をしている。
そしてマリを困らせたくないから1人で日本に帰って手術を受けると言う。
それにマリの気持ちも分かったからと…!
しかしソ・ウジンが心配なマリは一緒に日本まで行くと言うのだった。
またチョルスにとっても自分はいない方がいいからとも言うのであった。

仕上がった写真集の原稿を渡しにチョルスがやって来る!
そこでマリがソ・ウジンは重い病気だという事を初めてチョルスに伝えて
一緒に日本まで行くと言うと
なぜ最初から言わなかったとケンカ別れになってしまうのだった!

このあと電気も点けず真っ暗な部屋で落ち込むマリがソ・ウジンに
「あの人にとって私はいない方がいいんだと思うとすごくつらいわ」と言う
短いシーンがあるのだが
この時の膝を抱えながら悲しむマリの姿がとても可哀相で
見ているこっちも思わず辛くなってしまいましたね!!

次の日ソ・ウジンがソ・社長に「写真を送ったのは見つけてほしかったから」と
見つけられたふりをしてソウルに来たことを告げている。
そして昔の過ちを「必ず後悔させますよ」と言って電話を切るソ・ウジン!
そう、ソ・ウジンはマリをソ社長から守る為にソウルにやって来ていたんですね!
そして昔マリと別れさせる為にソ・ウジンにリンチを行ったソ・社長!
その時の診断書や近況証拠をソ・ウジンは用意していたんですね。
ほんと最初はちょんまげをしたヨン様のそっくりさんって感じでしたけど
実はソ・ウジンはとってもいい人だったんですね!
ちょっとマリには未練がいっぱいでしたけど…!
そしてその証拠をマリを陰ながらでも守りたいと言ったチョン・ウジンに託していくんですね!

マリが翌日起きてくるとソ・ウジンの姿は無く代わりに手紙が置いてある。
そこにはマリへの別れの言葉が書いてあった!
「これを読む頃は俺は空港にいるだろう」
「そばにいてくれると言ってくれてうれしかった、いい思い出だ」
「でもいつまでも輝く星でいてほしくてお前のもとを去ったあの時もそう願ってた」
「それに日本には俺を待つ人がいる」
「長い間思ってくれているのに過去に縛られ彼女と向き合えなかった」
「たぶん俺が一緒になるべき人は彼女なんだと思う」
「苦しんで耐え抜いて立ち直る場所はきっと彼女のそばだ」
「幸せを祈ってる、体に気をつけて、いつまでも輝いていて」
そしてソ・ウジンはマリへの想いを胸に日本へと旅立って行くのであった。
う~ん、ソ・ウジン!なかなかの硬派でしたね!!

この後ユリが手術をする為のアメリカ行きが決まり母親と旅立って行く!
またマリの写真集「恋人イ・マリ」が発売される事に!
そしてチョルスはプサンで講師をすることが決まり
次に出版予定の小説の校正が出来上がるのだった!

本を買いに来ていたチョルスと偶然出会ってしまうマリ!
足早に帰ろうとするチョルスの後を追いかけて
「待ってチョルス」と声を掛けると立ち止るチョルス。
そしてマリが「元気?」と少し作り笑いで話しかけると
少し微笑んで「日本は?」とチョルスも言葉を返してくれる。
そしてソ・ウジンは日本に好きな人がいるみたいで1人で帰ったと伝えると
「そうか」といった感じでうなづくチョルス!
そして話に詰まってしまうマリがまた「ねえ、元気だった?」と言うと
「さっき聞いたろ」と答えながら小さくチョルスが笑うと
「今、プサンにいる」とちょっと優しい顔で言ってあげるのだった!
色々とあって話が出来なかったマリ!
この時のチョルスと話しているマリはすごく嬉しかったんでしょうね、
喋り方や仕草に気持ちが溢れ出ている感じですごく良かったシーンでした!!

家に帰ったチョルスにマリから電話が掛かってくる!
そしてまた「元気?」と聞くと少し笑うチョルス。
「3回も聞いてる」と言うマリに
「それが一番気になってたのか?」と言うと
「他にもある、あなたに会いたい、会いたいの」
「会いましょ、ねえ余計なこと考えずにまた会って話しましょ」と言うマリ!
ずっとチョルスに会いたくて会いたくて仕方なかったんでしょうね。
そしてそんなマリにチョルスが「どこで?」と言うのであった!

ANCとTSの合併の記者会見の時にビョンジュンがソ社長はわざと代筆の暴露記事を出して
イ・マリを脅し契約を更新させたと発表してしまう。
そして証拠もあると言うと騒然とした中ソ社長は席を立ち出て行ってしまうのだった。
事実を問い詰めてくるチョン・ウジン!
しかしソ・社長はマリは私個人と契約しているから自分の了解がなければ合併しても
私の許可がなければ何も出来ないと言ってマリを手放さないと言うのだった!

この騒動でまたマリとチョルスは世間の逆風にさらされていってしまう!
チョルスは間もなく出版予定だった小説がストップしてしまい
マリはソ社長からの呪縛にまた捕われてしまう事になっていってしまう!
そしてこの呪縛から解放する為に
チョン・ウジンはマリに自分との結婚発表を公表するように言うのだった!
そうすればチョルスがマリを利用したという噂は消えてチョルスを守れると言うのだ。
チョルスが苦しむのを見るとマリも苦しんでしまう。
そんなマリを見るのが自分は辛いからと言うチョン・ウジン!
チョルスを守る為そしてソ社長から解放される為に判断を迫られるマリ!
チョルスと会う約束をしているマリがエレベーターの入口まで行くのだが
そこで足が止まってしまう!
そして涙を浮かべるマリの顔を映しながらゆっくりとエレベータの扉が閉じて行く。

あの第12話の湖の畔でずっとマリを待っているチョルス!
そしてまだ来ないマリの携帯は繋がらないまま!
そしてチョルスを照らしていた陽の光が沈み次第に夜へと変わっていく!
しかしそこにはまだマリの姿は見当たらない!
たった一人待ち続けるチョルス!
そしてその右手には繋がらない携帯だけがただ強く強く握りしめられているのであった!

スターの恋人!無料動画紹介はこちら!!

「スターの恋人」 アルバム紹介はこちらの記事で!
「スターの恋人!試聴 & CD アルバム紹介コーナー!!」

「スターの恋人」 ストーリー紹介はこちらの記事で!
「久々のチェ・ジウはまり役!スターの恋人全ストーリー紹介!!」

| スターの恋人あらすじ | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/153-460d94dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT