FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

人も車も個性が大事!

車とどう向き合えるか?
道具としてみるだけなら自動運転なんかが付いた今の車は究極だろう。
しかしそんなものを求めてはいないという人には宝の持ち腐れである。
私もそちらのタイプである。
では車に何を求めているの?って事だが
車=運転させてなんぼ!なんてのが持論である。
物心ついた時から周りに乗り物があった。
最初は自転車!
駒付の自転車から駒を外して2輪だけで走れた時の感動!
あの時の衝撃は今でも体に染みついています。
自分の足だけでは行けない場所にも
自転車に乗るとどこまでも走って行けた。
一気に世界が広がった瞬間。
人生はなんて素晴らしいんだ!等と子供心に悟ったものである。
それが進化して原動機を搭載したバイクに代わり
そして自動車へと進化していく。
人の力以上の物を与えてくれた乗り物を運転して知らない世界に行く。
いつしかそれが全ての中心にある事に気づく。
確かに興味は尽きず色んな事をしてみた。
そしてその興味は時と共に変化して行く。
しかしこの車を運転するというのは今も昔も変わらない。
何十年と経った今でも毎日車と携わっている。
車も好きだがそれよりも走るという事が好きだと気付く。
だが面白い事に走るのは好きだがそれも乗る車によることを知る。
初めて乗ったCB400。
5つ上の兄が乗っていたバイクがあったので
16歳と同時に原付を飛ばしてすぐに自動2輪の免許を取って乗っていた。
そして自分のバイクが欲しくなりバイトをして
当時発表されたばかりのNSR250を予約して発売と同時に乗った。
この頃は規制がなかったので250㏄がこんなに走ってもいいのだろうか?等と
思いつつも当時狂気じみたバイクに夢中になっていた。
しかしある時転倒事故。
このまま乗っていたら今度は死ぬな!という事でバイクを卒業。
そこからは安全を取って車生活へと移行していく。
18歳になるとすぐに車の免許を取得。
初めて買ったのは大好きなホンダからでシビックをチョイス。
ハッチバックが人気でリアにカロッチェリアのブレーキランプに連動する
スピーカーを積んで音楽をよく聞いていた。
しかし2ドアは何かと不便。
外観は最高だが日常生活では特に買い物とか行った時は不便だったので
4枚ドアの車に乗り換える。
一度違うメーカーの車もいいかな!
今度は日産のプリメーラを購入する。
フロントにマルチリンクを搭載した足回りは
星野一義率いるカルソニック日産のツーリングカーレースでも活躍。
軽量シビックとは違った重厚な骨格の安定した走りは魅力的だった。
ただ唯一パワー不足は否めなかったか。
なのでパワー追及でボルトオンターボなども真剣に考えたが
予算を考えると新車を買った方がマシという事で
次に当時流行っていたWRCのベースカー
スバルのインプレッサSTIに乗り換える。
ランエボも良かったのだが営業マンの熱意がイマイチ。
それに引き換えスバルの人は今だから言えるのだが
会社に内緒ね!などと言って
駐車場で愛車のインプレッサでサイドターンなどをしてPRしてくれた。
どうやら趣味でジムカーナをしているようで
ラリードライバー顔負けのテクニックに
ホンダ好きなのに一気にスバルファンになってしまった。
それをきっかけに車がインプレッサのセダンに代わる。
4駆で規制限界にセッティングされたパワー。
WRCの技術がふんだんにフィードバックされたSTI仕様。
走りの面に関しては文句なしであった。
それでいて4枚ドアなので買い物も楽ちん!
走って良し!タウンユース良しの最強の車であった。
しかしこの車を脅かす存在が現れる。
当時ホンダが威信を掛けて作ったミニバンが発売された。
そう!オデッセイの誕生である。
これに目を付けていた兄が購入して我が家にやって来る。
当時スキーにはまっていた自分には注目の的であった。
「今度ちょっとこれ借りてもいいかな?」
兄も車好きだったのでインプレッサを交換でと言うと
いつも2つ返事で貸してくれた。
そしてスキーにはいつもオデッセイを借りて乗っていく。
快適そのものでこの安らぎの空間は何なんだ!等といつも感じたものである。
しかし兄が突然今度オデッセイを売ると言い出す。
焦りましたよね。
今度からスキーに行く時にオデッセイがないと考えた時。
なのでその時インプレッサを売るからそのお金で譲ってくれないかなと言って
そのオデッセイの名義を移してもらいました。
インプレッサは理想の車だったんですけど
でもあのオデッセイの快適空間には勝てなかったですね。
それから愛車がオデッセイに代わる。
ちょっと買い物に行こうとするとその巨体が細い角を曲がる時
いつも冷や冷やもんでした。
何せフロントなんか全然見えませんものね。
どこまでノーズがあるのか全く車両感覚無しです。
それは大変極まりなし。
でも何故か乗って行くのが楽しくて楽しくてしょうがなかったですね。
ほんと歩いてすぐのローソンでも乗って行ってましたから。
そしてそこからオデッセイと二人三脚が始まり
オデッセイのメンテナンス記事を綴り始めていく・・・。
20年経っても色褪せないこの気持ち!
もう他の車には乗り換えないかもしれないな。

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ21万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1634-2a9d9286

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT