FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

レカロで肘(ひじ)が当たる時のセッティング!

「亥年の初走りは粉雪舞い散る気温0度の阪奈道路にて!」
からの続き!

どこにやってもしっくり行かないステアリングとペダルとの距離。
原因は大きく張り出したサイドサポートにある。
これは構造上の問題で
まあ相性と言ってもいだろう。
ほんとレカロを取り付ける上での永遠の課題である。

P_20190210_110920_vHDR_Auto_R.jpg
では問題の1つ目、ハンドル角度。
初期型オデッセイRA2は座面が高いので
基本ハンドルは寝ている。
こうなるとハンドルトップを握った時は
余裕があるので肘はサイドサポートに当たらない。
しかしアンダーを握った時は腕が縮むのでサイドと当たってしまう。
それではシートを後ろに調整とすると
ハンドルが遠退くので背もたれを起こす。
するとまた肘が当たるのでシートを下げる。
そしてこれを繰り返すと堂々巡りに陥る。
気が付くと足は伸び切ってペダルが遠いといった状態になる。
これが2代目オデッセイのRB3とかだとすると
低重心でスポーティーなポジションなので
ハンドルはかなり立っている。
その為アンダーに手が来た時でもあまり腕が縮まず肘は当たらない。
また前後するテレスコピック機構も付いていて
かなりハンドル位置の調整にも融通が利く。
まあ実際使ってみると気付くのだが
レカロのシートはスポーツカーみたいな
ハンドルが立った車によく合うといった形状をしている。
もしSR-6が腰のサポートが小さくて肩のショルダーが大きかったとすると
このオデッセイにはベストマッチかもしれない。
ではセッティングのしようが無いのかと言うと
色々と試行錯誤の結果
ミニバンに向いているセッティングというのが見つかったのでメモしておく。

P_20190210_110705_vHDR_Auto_R.jpg
まずはハンドルまでの距離を決めて行く!
街乗り用だと背もたれに肩を付けて
ハンドルトップをこれ位しっかり握れる位置にする。

P_20190210_110722_vHDR_Auto_R.jpg
峠を走る時は更にもう1歩奥深く
手首がすっぽり被さる位まで近くする。
しかしハンドル位置をこれ位寄せると
肘がサイドに当たってハンドルを回せないので
次は座面高さと前後長を調整して行く。

P_20190210_110807_vHDR_Auto_R.jpg
まずはシートを後ろに下げる。
その距離、
トライアルの初期設定位置からすると3ノッチ程後ろ。
するとハンドルトップとの距離を保てないので背もたれをかなり立てる。
イメージ的には前傾してるのではという位。
しかし峠とかを走るならこれ位にしておかないと
横G中のステアリング操作をスムーズに行えない。
でも短時間ならいいが長時間走る時はさすがにポジションがしんどい。
これが今まで最後に行き詰ってくるオデッセイのポジション問題である。

「ほんともう少しサイドの出っ張りが低かったらいいのに。」

するとサイドを下げれないならシートを厚くしてみたらという発想が生まれる。
そこであるアイテムを使ってこの問題を解決して行く。

P_20190210_111026_vHDR_Auto_R.jpg
シートを買った時に付いていた付属のランバーサポート。
これを中腹位に埋める。
すると少し背もたれを寝かせれてポジションが楽になる。
しかしまだちょっと肘が当たる。
その時は別途購入でもう一つ1段下にランバーサポートを埋める。
すると背もたれ部分がかなり飛び出てきて肘が当たらなくなる。
ちょっと左右のホールド性は下がるが
しかしかなり使い勝手はいい感じとなる。

P_20190210_111103_vHDR_Auto_R.jpg
今回は持っていたエアーランバーサポートを中腹に入れて
下部にランバーサポートを入れてみた。
するとお尻半分体が前に出てペダルとの距離も改善。
またお尻後ろにもスペースが出来て
圧迫感も抜けるいいポジションになってきた。
「これは肘干渉対策+αの効果ありである!」

P_20190210_111143_vHDR_Auto_R.jpg
最後はシチュエーションに合わせて
シートレール後部にある4段階調整のアジャスターを調整。
峠とかを走る時は安定感重視でローポジションの最下段のままで使用。
街乗りや長距離の時は1つ上げて
高さをノーマルとほぼ同じにすると視界もよく運転しやすかった。
さっきまであれ程合わなかったレカロポジションが嘘のよう。
ミニバンポジションには付属のランバーサポートを使うと
肘干渉は解消出来るようである。

 続きはこちら!
 「ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!」

他のシートデータはこちら!
「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/1676-3b12409d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT