FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

デジタル家電 | ライフ | EDIT

写真付き!BDZ-AT900でブルーレイを焼いていく手順!!

SONY(ソニー)のブルーレイレコーダー BDZ-AT900
編集し終わった映像を今度は
BD-R/BD-RWのブルーレイメディアに焼いていってみます。

まずは本機にメディアを入れて
リモコンの「ホーム」を選んで
そして「ビデオ」の所の「ディスクダビング」を選ぶ!
するとダビングモードが出てきます。

306
これがその画面で
「HDDからBD/DVDダビング」
「思い出ディスクダビング」
「BD/DVDからHDDダビング」
「まるごとDVDコピー」の4種類が出てきます。
ブルーレイやDVDに焼く時はこの中の

「HDDからBD/DVDダビング」
(普通にビデオの動画だけをブルーレイにダビングするタイプです。
タイトルのメニュー画面が無いタイプです。)

「思い出ディスクダビング」
(メニュー画面がある分で
ソニーのオリジナルインデックスのメニュータイプです。)

のどちらかで作って行きます。
それではまずは
「HDDからBD/DVDダビング」の時です。
こちらはタイトルを選んでいってそして「実行」を選ぶと
あとは自動で焼いていってくれます。

308
これがダビング中の画面です!

そしてもう1つのモード
「思い出ディスクダビング」の時です。
こちらを選ぶと
「メニューを作成しますか?」と聞いてくるので
「はい」を選ぶとダビングタイトルの選択画面が出てきて
タイトルを選択すると
インデックスメニューの付いたブルーレイを作って行けます。
(この時「いいえ」を選ぶと「HDDからBD/DVDダビング」と同じになります。)
こちらで出来る作業としてはメニューの背景を選ぶ位です。

310
ブルーレイの時は背景メニューはこんな感じで
3種類くらいしかありません。
DVDの時はもっと色々あるんですけどね!
それでディスクのタイトル名を入力したら
書き込みを実行して行きます。

309
こちらが「思い出ディスクダビング」の時の画面です。
こちらもほぼオートで勝手に進んで行きます。

そして完成するとこんな感じのインデックス付きの
ブルーレイが完成します。

311
これが「思い出ディスクダビング」で出来た
ブルーレイのソニーオリジナルのメニューインデックスです。
雰囲気は私が使っているビデオカメラ!
SONY(ソニー)のHDR-CX520V
インデックス画面と似ていて使いやすいですね。

こんな感じのハンディカムでこちらに詳しいレビューを書いています!
「HDR-CX520V!インプレッション・レビュー!!」

しかしこの使いやすいインデックスメニューの
「思い出ディスクダビング!」
ここに大きな落とし穴が実はあったのだった!
それはこちらの記事に続く・・・・。
「ソニーBDZ-AT900でブルーレイを焼く時の要注意点!」

お勧めブルーレイレコーダー、ソニーのBDZ-AT900のおすすめ情報の記事はこちら!
「BDZ-AT900 !インプレッション・レビュー!!」

| ブルーレイレコーダー | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/261-10e98032

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT