FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

デジタル家電・AV機器 | 趣味・実用 | EDIT

UX-600CL-Wの使用感!

シャープの「UX-600CL-W」の使い勝手をレビューしておきます。
大きさはかなりコンパクトだと思う。
冷蔵庫の上においているのだが十分に乗っかる大きさである。
子機は表示が漢字で写るんですね。
そして本体の方もです。
電話の感度はノイズもなくいい感じです。
無線LANの電波が飛び交う中を考慮するとその性能は優秀というところでしょうか。
さすが今どきのFAX電話です。
受信は「見てからプリント」の機能がないので
普通に受信してFAXが流れてきます。
ちょっと使い方でアドバイスがあったのは
内部にほこりが入らないように通常は用紙吸入口のカバーを閉めておくみたいです。

「えっ!最近はそんな使い方をするの?」

ちょっとここで疑問が発生!
用紙を設定しないということは受信データがいつもメモリにプールされるということ?
それをその都度用紙を配置してプリントして使うのが
「俺流?」というか今のFAX事情なようですね。
確かにこうしてカバーをしておくとほこりが入らずに
紙を巻き込むローラーなども滑らなくていいみたいです。
実際今まで使っているFAXの故障原因は
このほこりが内部に溜まって紙を給紙しなくなったのが原因でしたので!

紙を節約するなら上位機種の「見てからプリント」機能が付いた
「UX-900CL/CW」がお勧めだと思います。
コストパフォーマンスで選ばれるといいでしょう!

あとちょっと一点だけ気が付いた部分が!

FAXを送信してみて分かったのですが
少し余白部分があるみたいですね。
実質の送信用紙の読み取りエリアは
A4用紙で205㎜幅までとなるみたいです。
なのでプリンターなどでフチなし印刷などした分は
FAXすると受け取り側フチの部分に余白が出来て
写っていないのが出てくるみたいです。
ですので送信する用のレイアウトは少し小さめにしておく方が
レイアウトが途切れないでいいようです。
この症状はこのタイプのFAXにはつきものみたいで
パナソニックのFAXよりはまだシャープのFAXの方が
その読み取り不可エリアは小さいみたいです。
余談でした!

シャープ UX-600CL-W の詳細はこちらをどうぞ!
http://www.sharp.co.jp/fappy/products/600/ 「メーカーホームページ」

シャープのFAX 「UX-600CL-W」のレビューのTOPはこちら!
「お勧めFAX!UX-600CL-Wを選んだポイント!!」

| FAX | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/304-d993b6ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT