FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

最新家電・雑貨・家具 | 結婚・家庭生活 | EDIT

パナソニックのおすすめ加湿器!FE-KXH05-S買いました!!

今回加湿器を新調することになり何がお勧めかを
価格.com(カカクコム)の口コミ(クチコミ)でチェ~ック!
すると何やら聞いたことのないタイプの加湿器がちらほらと見受けられる。
「スチーム式、ハイブリッド式、気化式、超音波式・・・。」
よくわからないが満足度では気化式が良いような感じなので
今回は気化式タイプからお勧めを探してみることにしよう。

どうやら巷ではパナソニックの評価が群を抜いているのかな?
機種で言うと最新機種の

FE-KFJ03-A [ブルー]
メーカーカタログはこちら! (スペックなど)

パナソニック FE-KFJ05-A 気化式加...

パナソニック FE-KFJ05-A 気化式加...
価格:15,257円(税込、送料込)

FE-KFJ05-A [ブルー]
メーカーカタログはこちら! (スペックなど)
と言った所か。
よくわからないのでちょっともう少し調べてみる。

ふむふむ!なるほど!!
どうやら気化式は電気代がお得で
そしてパナソニックがお手入れ簡単と言う感じみたいなんだな。
ということで今回はパナソニックの気化式タイプの
加湿器を購入することにしました。
色々悩んだ末選んだ機種はこちら!

去年発売の機種ではあるが
1ランク上の機種で「ナノイー」機能が付いている
ちょっとお得感のある機種である。
詳細機能などのメーカーカタログはこちら!
「FE-KXH05」

それでは商品が届いたので早速色々とチェックしてみようっかな!
レビューはこちら!!

DSC03690_R.jpg
お手入れは月1回みたいな感じである。

DSC03691_R.jpg
付属品としては説明書位である。

DSC03693_R.jpg
後ろに電気コードがあって本体と一体式である。

DSC03694_R.jpg
上位機種の「Xシリーズ」にはこのナノイーが付いている。
一応ナノイーがあると質感アップでうるうるしてくれるらしい。
また最新機種の先に記述したFE-KFJシリーズだとこのペン先部分に
「おやすみモード」という弱風での自動運転省エネモードが付いている。

DSC03696_R.jpg
タンクの給水部分は75mm位の大きさである。

DSC03695_R.jpg
ちょっと手の大きい私でも何とかすっぽりと入る大きさである。
これは洗う時楽かも!

DSC03697_R.jpg
パナソニックを選ぶ人が言っていたお手入れ部分であるが
裏側のカバーを外すとこのようにトレー一式取り出せる。

DSC03698_R.jpg
加湿フィルターを外すと
下にイオン除去ユニット(防カビ剤入り)が入っている。

DSC03701_R.jpg
中身はこんな感じのものが入っている。

DSC03699_R.jpg
加湿フィルターは枠のこの爪を外すと分解出来る。

DSC03700_R.jpg
取り出すと加湿フィルターはこんな形!

DSC03702_R.jpg
お手入れは
タンク
トレー
フィルター枠
フィルターカバーは洗剤を溶かした水で洗い
イオン除去ユニット
加湿フィルターは主に浸けおき洗いでいいみたいである。

DSC03704_R.jpg
通常はおまかせ自動運転にしてタイマーを掛けておけば大丈夫。
湿度50~60%辺りを行ったり来たりしながら
運転したり止まったりという感じで動いてくれる。

それではレビュー記事で色々書かれていた使用感だが
一番興味があった音について。
これはどんな音かというと扇風機みたいな大きな羽根の風切音ではなく
もっと小さなファン!
そう身近で言えばトイレの換気扇の音に似ている。
また強風にすればそれ位の音がするが
弱風だとほとんど気にならないかも!
まあそうですね、
この弱風の時の音に関しては冷蔵庫のブ~ンって言う音の方が大きいかも!

風はレビューの評価通り壁などに風が反射して体に当たると寒いです。
冬に扇風機当たっている感じですね。
ですので出来るだけ暖房の効いた部屋で使うのがお勧めかな。
その方が水も蒸発しやすくなって効率がいいかも。
とは言え寒い部屋でも加湿は十分しているようである。
タンクの水はしっかり減っているので。

今回は和室12畳で入り口を開けたまま
真ん中のサイズであるFE-KXH05を使っていますが
60%の湿度は取れていましたね。
よっぽど乾燥した時はちょっとパワー不足な所はありますが
閉め切った部屋では十分ですね。
まあこのタイプは電気代はあまりかからないので
予算があれば大きいのを買っておいた方が安心でしょう。

あとは大きさはスチーム式と比べると圧倒的に大きいです。
ほとんどゴミ箱と同じ大きさがあったので
4畳半にベッドという部屋に置くには場所を取るでしょうね。
あと寝室だと加湿器と距離を取れないので音は気になるかも。

今回使ってみた印象です。
気化式タイプの加湿器は省エネなのが嬉しい人向けですね。
あと使う場所は寝室よりはリビング向きと思った方がいいでしょう。
機種に関しては仕組みがシンプルなので
色んな機能がついた最新機種よりはちょっと前の機種でも問題ないので
在庫処分などで売っている物を買った方がお得かな。
最低タイマーだけ付いていればいいって位です。
あと重要視する部分はネットなどの評価をあまり気にせず
自分がお手入れがしやすいものを選ぶ!
これは店頭などで実際に見て確認してから購入した方が
後で後悔しないかと思います。
それではこれで今年の乾燥対策は万全です。
安心して冬を過ごしたいと思います。

余談!
ナノイーはあまり効果が分からないですね。
特に無くても全然問題ないって感じでした!!

パナソニックネタのおすすめドライヤー編はこちら!
「パナソニックドライヤー対決!EH-NE57 対 EH-NE67!!」

| おすすめ情報 | 13:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/564-c777d0c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT