FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

最後の短筒火縄銃!九度山より遂に到着!!

一目惚れした短筒火縄銃が
遥か九度山よりやって来ました!

DSC03871_R.jpg
箱から出して見ると
何と丁寧に包装してくれているんだ!
おまけに薬莢も入れてくれている。
感動~!
ちょっと鳴らしてみよっと!

DSC03872_R.jpg
そうそうこれです、これです!
この短筒がず~っと忘れられずに脳裏に焼き付いていました。
こうして目の前にあるのを見ると
思わず顔がにやけてしまいます。
ちなみに引き金の所にある紐を引くと
先端に取り付け可能なクラッカーを鳴らすことも出来ます。
さりげなく遊び心満載の短筒火縄銃、
「いやぁ~ほんといい仕事してますよね!」

DSC03873_R.jpg
上部の蓋を開けるとそこにおもちゃの鉄砲が仕込まれています。
それに火蓋も可動式でかっこいい!

DSC03875_R.jpg
この取り付けられている金属部は
銅板を加工して取り付けられている感じである。
この市販品にはないハンドメイドな手作り感が
ものづくりな者にとってはたまらない部分である。
作った人のこだわりを感じれる瞬間である!

DSC03879_R.jpg
正面から見た状態だが
「う~ん!渋い!!」
なかなかいいアングルであるなと実感している。
ハイブリッド甲冑とこの短筒は似合うだろうな。
また1Day甲冑と合わせても似合うだろうな!

1丁1丁作るのはとても大変と言っていた短筒火縄銃。
なので作る時は5丁位まとめて作るらしい。
そういう事情なので今は中々作れていない状況という中
唯一残っていたこれが最後の九度山製短筒火縄銃。
その短筒が今自分の手元にあるのはもう感無量の極みである。

DSC03957_R.jpg
火縄銃を3丁連ねた感じ。

DSC03961_R.jpg
正面から見ると迫力があります。

DSC03959_R.jpg
ゴム銃用に買った台座の空き部分は
この短筒火縄銃用でした。
これですべて揃ったので今度は遂に
「いざ出陣じゃ~!」と言う所ですね。
桜が舞い散る春爛漫な空の下で
短筒の号砲を轟かせたいですね!
あ~っ春が待ち遠しい!!

先に述べたゴム銃式火縄銃の記事はこちら!
「火蓋をオーダーで付けてもらった火縄銃式ゴム銃到着!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ 「甲冑アイテム」

| 甲冑アイテム | 20:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 火縄銃ってかっこいい!

もぐら様へ

音の鳴る火縄銃はゴム銃ではないので競技には使えないのですが
音はおもちゃの鉄砲並みの音がします。
あとこんな仕組みの銃を改造して
陸上競技の鉄砲を仕込んだ火縄銃も存在します。
それは結構大きな音がしますけどね!
こちらの火縄銃式ゴム銃はおもちゃのレベルなので
プチさんや白牛さんのゴム銃程の精度がありません。
ですのでこの火縄銃のイメージに競技用ゴム銃の精度を組み込んだゴム銃が
自分のマイゴム銃になって行きそうな感じがしています。
また大会で上位に行くためにはコインペンドラムでいかに高得点を挙げるか!
その為の専用銃「キラーペンドラム」なんていうのも
別件でも今考案中です!
一つ試作を作ってまたご意見など聞けたらと思っていますので
その時はよろしくお願い致します。

あとこのゴム銃家の前に展示しているのですが
近所の子供には凄く興味津々な感じです。
なのでこの前撃たしてあげたら大喜びでずっと撃っていました。
その光景を見ているともっとすごいゴム銃を撃たせてあげたら
どんな反応を見せるのかなとも思いましたね。
今年は近所で色々なイベントがあります。
その時にもしトップクラスのゴム銃を展示して触れて貰ったら
一体どんな反響があるのかなとも思うのですが
まだ自分ではそこまでの銃を作る技術がないので
将来の夢と言うことでコツコツと今はゴム銃の知識を
身に付けて行くことが目標となりそうです。
それではいつかは大阪でもゴム銃の一大ムーブメントを起こすべく
コツコツとやって行きたいと思いますので
これからもどうぞよろしくお願い致します。

| ショーリン | 2014/06/16 11:20 | URL |

火縄銃ってかっこいい!

次回参加の大会では火縄銃型のゴム銃で参加ですか?
しかも大きな音がするんじゃないでしょうね?(笑)

| もぐら | 2014/06/16 10:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/580-ca7df198

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT